著書 北野武に関するニュース

西田敏行の”アドリブ暴走”に関係者も困惑?ビートたけしは「全カット方針」

デイリーニュースオンライン / 2017年10月03日21時00分

著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。 [全文を読む]

ビートたけし初の恋愛小説が好スタート 文芸・小説部門TOP3入り

ORICON NEWS / 2017年09月28日04時00分

『たけしくん、ハイ!』(太田出版/新潮文庫)など著書を多数もつたけしだが、自身初の恋愛小説について「人生で一度だけ、こんな恋がしたいと思った」と語っている。 なお、北野武監督としては10月7日から映画『アウトレイジ 最終章』が前作から5年ぶりに公開。また11月23日に公開される映画『火花』では、ダブル主演の菅田将暉と桐谷健太がビートたけし氏作詞・作曲の「浅 [全文を読む]

フジテレビ『27時間テレビ』たけしフガフガ問題と字幕放送の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2017年09月11日20時50分

著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。 [全文を読む]

ビートたけしが安倍政権に吠えた!「軍国主義を狙ってると思うくらい」「拒否反応を示さない日本人はヤバい」

リテラ / 2017年02月07日12時06分

「このところ昔みたいに自由が利かなくなってる」「テレビの自主規制が年々ひどくなっていて、かつてのような言いたい放題、やりたい放題がドンドンできなくなってきてるんだ」 たけしがこうぼやいているのは、先日発売された著書『テレビじゃ言えない』(小学館新書)でのこと。たけしにとって主戦場たるテレビ界の自主規制によって、過激な発言や毒舌を吐いてもカットされたり話を変 [全文を読む]

北野武も非難?日本アカデミー賞に早くも”出来レース”の声飛び交う

デイリーニュースオンライン / 2017年01月22日12時00分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

明治大学ゆかりの文人たちの系譜をたどる労作!明治大学出版会より『明治大学文人物語―屹立する「個」の系譜』を刊行~全国の書店にて6月発売~

@Press / 2016年05月20日11時15分

著書に『上司小剣論――人と作品』(翰林書房)、『事件「大逆」の思想と文学』(明治書院)。詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press [全文を読む]

ビートたけしが暮らした時代の足立区が「お笑いKGB」で甦る!

アサ芸プラス / 2016年02月26日09時58分

荒川だってあんなに汚くなかったからな〉 毎週更新の同コンテンツでは今後、著書「たけしくん、ハイ!」でもおなじみの居酒屋「信濃屋」の現在をレポートしたり、実家近隣での聞き込みを敢行している。http://www.owarai-kgb.jp/ [全文を読む]

ビートたけし、愛人との「老いらくの恋」に本気モード。妻の悲しみを思う

messy / 2015年11月02日18時00分

たけしは68歳の現在も精力的に仕事をこなしており、今年は4月に北野武の名で監督・脚本・編集をつとめる『龍三親分と七人の子分』が公開され、9月には著書『新しい道徳』(幻冬舎)が16万部を超える大ヒットとなっている。さぞかし印税ががっぽり入り、昨年の報道よりさらに推定資産は増えているに違いないと下卑た想像をしてしまうのであるが……。 その『新しい道徳』にて、「 [全文を読む]

スタイリストの草分け、高橋靖子さんと著書から学ぶ! 一生可愛く生きる秘訣

Woman.excite / 2015年10月13日12時00分

何でこんなに人気者なの? その秘密を知りたくて、彼女の著書を繰りながら、ヤッコさんご本人に自宅でインタビュー。彼女から、一生可愛く生きる秘訣を探ります。70年代の原宿が生き生きと描かれた自伝的エッセイ「表参道のヤッコさん」それまで日本に存在しなかったスタイリストという職業を、自身のイマジネーションと心配りと遊び心を頼りに、模索しながら体現化していく様子がワ [全文を読む]

たかじんさんの妻さくら氏『殉愛』に書かれなかった元夫が結婚認める

WEB女性自身 / 2014年12月17日07時00分

百田尚樹氏(58)の著書『殉愛』は故人のメモに加え、さくら氏の証言などをもとに構成しているが、イタリア人男性との結婚は書かれていなかった。これに対して“重婚疑惑”が指摘されていたが、彼女は「12年3月に日本国内での離婚が成立した」と疑惑を否定している。だが、行政書士の荒木康宏氏は「原則的に国際結婚や離婚は双方の国で書類を提出しなければなりません。イタリアで [全文を読む]

フォーカス