ソナチネ 北野武に関するニュース

「監督・北野武」その男、鬼才につき(5) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月12日10時59分

「僕はめまいがするぐらい感動しまして、これは北野組に入れなくてもいいや、この思い出を支えに俳優を目指していける、と思いましたね」 それから約1年が過ぎ、北野監督は「ソナチネ」(93年、松竹)を撮ることになる。 クランクインの前日、監督はスタッフを連れて喫茶店に姿を現すと、「お~あんちゃん、久しぶり。元気だった?」 と津田に声をかけてきた。 「覚えててくれた [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(6) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月16日10時55分

ハリウッドとかでも、ウエーターを俳優に抜擢、みたいな話を聞いたことはありますけど、いきなり出演シーンまで決まるもんじゃないですよね」 津田は約束どおり、「ソナチネ」で喫茶店のウエーター役を与えられた。 客の女性をナンパするシーンもプラスされた。助監督に、手書きで5行ぐらいのセリフをその場で渡されると、すぐに本番が始まったという。 「その当時、北野監督は『用 [全文を読む]

北野映画でのビートたけしは、これで見納め?『アウトレイジ 最終章』の凄み

dmenu映画 / 2017年09月20日07時00分

『その男、凶暴につき』(1989年)、『3-4x 10月』(1990年)、『ソナチネ』(1993年)、『HANA-BI』(1998年)、『BROTHER』(2001年)。とりわけ、初期の監督作で演じた荒くれ者たちの「末路」がこの最新作にある気がしてならない。今年1月、たけしは70歳になった。4月に公開されたハリウッド映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』では [全文を読む]

「日本を代表する映画監督」と言えば…やはりあの人

NewsCafe / 2014年07月15日12時00分

[男性/50代/その他]■「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」「ソナチネ」![男性/40代/その他]■天才的![女性/20代/会社員] [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(7) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月17日10時54分

有名な話ですが、『ソナチネ』の時に“隠れが”として、家を一軒建てたんですね。セットとしてではなく、本建築で。でも、監督は結局、それを最後まで使わなかったんですよ(笑)」 日本映画の中では資金が潤沢な北野映画ならではの豪快なエピソードである。 そして北野映画の信条は、ナチュラルな演技だ。 津田は、「キッズ・リターン」で監督が安藤政信に指導している姿をたまたま [全文を読む]

“世界のキタノ”の集大成!?叙情と暴力衝動とエンタメ性が融合した『アウトレイジ 最終章』

dmenu映画 / 2017年09月10日07時00分

初期の傑作『ソナチネ』を彷彿とさせる寂しさと叙情性 『アウトレイジ 最終章』10月7日(土)全国公開 配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野 (c)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会 シリーズの代名詞でもあるバイオレンスに裏切り、騙し合いはもちろん健在。当然、名物たる「バカヤロウ」と「コノヤロウ」も、随所で耳にすることができる。だが、前2作 [全文を読む]

北野武映画全作品ブルーレイ化決定!監督作ふり返り映像も公開

CinemaCafe.net / 2017年09月08日10時00分

』『ソナチネ』『みんな~やってるか!』『HANA-BI』『菊次郎の夏』『BROTHER』『Dolls』『座頭市』『TAKESHIS’』『監督・ばんざい!』『アキレスと亀』の13作品が新たに登場。 最新作『アウトレイジ 最終章』公開直前に、『アウトレイジ』シリーズの復習だけでなく、北野監督作品全てをブルーレイで復習することができる。 そして今回公開されたのは [全文を読む]

初ブルーレイ化だバカヤロー!北野武13作品スペシャル映像公開

映画.com / 2017年09月08日10時00分

」「ソナチネ」「みんな~やってるか!」「HANA-BI」「菊次郎の夏」「BROTHER」「Dolls(ドールズ)」「座頭市」「TAKESHIS'」「監督・ばんざい!」「アキレスと亀」。すべて9月27日に発売される。 今回のブルーレイ化に合わせ、“女子高生が北野映画の歴史を学ぶ”という趣旨のプロモーション映像も製作された。中間テストの範囲が“たけし”と聞いた [全文を読む]

エドガー・ライト監督がカーチェイスでスバルのWRXを起用した理由とは?

Movie Walker / 2017年07月31日13時25分

でも、『その男、凶暴につき』(89)、『ソナチネ』(93)、『HANA-BI』(98)は、当時劇場で観たよ」と北野武監督ファンであることを明かした。 『ベイビー・ドライバー』は全米では6月28日より公開され、公開初週の5日間で3000万ドルを記録する大ヒット作となった。天才的なドライビング・センスを買われ、組織の逃がし屋を務める青年“ベイビー”が、運命の女 [全文を読む]

北野武監督作、全てブルーレイ化へ!『アウトレイジ 最終章』公開記念

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月20日11時00分

』『ソナチネ』『みんな~やってるか!』『HANA-BI』『菊次郎の夏』『BROTHER』『Dolls ドールズ』『座頭市』『TAKESHIS'』『監督・ばんざい!』『アキレスと亀』の計13タイトルのブルーレイは、9月27日より発売される(税抜き価格:3,800円)。 また併せて最新作『アウトレイジ 最終章』の場面写真も公開。全ての因縁に決着をつけるため日本 [全文を読む]

再現VTRのステータスを上げた!? “スカッとジャパン”の個性派キャラ

日本タレント名鑑 / 2016年04月12日10時55分

1993年に北野武監督作品『ソナチネ』で俳優デビューし、その後も『キッズ・リターン』など数多くの北野作品に出演していますが、最初に『ソナチネ』に出演したきっかけが、アルバイト先の喫茶店に来た武さんに自ら売り込んだことというのは有名な話です。 飲食店やスーパーでがめつい振る舞いやクレームを連発する“ケチケチ母ちゃん”を演じる宍戸美和公さん(50)。見ているだ [全文を読む]

フジロックを楽しんだ鬼才エドガー・ライト監督「日本で、ぜひ映画を作りたい」

CinemaCafe.net / 2017年07月31日13時06分

「英国にいたときは『HANA-BI』、『ソナチネ』、『その男、凶暴につき』と北野武作品をよく観ていました。日本で、ぜひ映画を作りたいと思っています」と、ライト監督は日本で撮影することに想いを馳せていた。 『ベイビー・ドライバー』は、『ショーン・オブ・ザ・デッド』、『ホットファズ-俺たちスーパーポリスメン!』などで名を馳せたイギリス出身の鬼才ライト監督が、本 [全文を読む]

LINE WORKS、俳優 大杉漣さんを起用したTVCM第二弾「働き方改革篇」を公開

PR TIMES / 2017年07月21日11時00分

1993年に映画「ソナチネ」に出演以降、北野武監督作品の常連となる。2008年に映画「ネコナデ」で主演を務める。またテレビドラマにも多く出演しており、フジテレビドラマ「JOKERジョーカー 許されざる捜査官」、「ハングリー!!」、TBSドラマ「名もなき毒」、「夜のせんせい」、日本テレビドラマ「花咲舞が黙ってない」などに出演し存在感は大きい。2016年には映 [全文を読む]

西田敏行&ピエール瀧ら“顔面世界遺産”レベルの『アウトレイジ』場面写真到着

CinemaCafe.net / 2017年07月20日17時00分

』『 ソナチネ』『みんな~やってるか!』『HANAーBI』『菊次郎の夏』『BROTHER』『Dolls』『座頭市』『TAKESHIS’』『監督・ばんざい!』『アキレスと亀』 [全文を読む]

【DeNA】不条理を抱えた男・久保康友が私を狂わせる

文春オンライン / 2017年06月22日11時00分

「久保は……去年のアレをなんも反省しちゃいない」 久保投手の去年の出囃子は、そう、『ソナチネ』でした。あの世界の北野武監督のやくざバイオレンス映画。キャッチコピーは「凶暴な男、ここに眠る。」。てか、眠っちゃダメでしょうが。……さぁこれからプレイボール。期待と興奮ではちきれそうなスタンドにテロリテロリと鳴り響く、重々しいピアノの旋律。あのときの観客のガチな [全文を読む]

ピエール瀧『アウトレイジ 最終章』は“顔面世界遺産”

Entame Plex / 2017年04月18日09時10分

大杉は「24年前の『ソナチネ』が、初めての北野映画でした。ちょうど今回の出演で10本目になりますが、常連などと思ったことはありません。やはり作品は、ひとつひとつなのだと痛感します。北野組のあの独特な緊張感と世界観はたまりません。また味わいたくなるのは僕だけではないはずです」とコメント。 [全文を読む]

ビートたけしが目を丸くした日本とハリウッド映画の“撮影の違い”とは?

アサ芸プラス / 2017年03月22日17時58分

『これはお金かかるなとつくづく思いました』と目を丸くしていた」(映画ライター) とはいえ、たけしも4本目の監督作となる映画「ソナチネ」で、とんでもない贅沢をしていた。「それまでの監督作は映画評論家の評価が低く、観客の反応も悪くてコケてばかりいたので、製作時に『自分の最後の作品にしようと思って、好きなもん撮ってやろう』と、5億円もの製作費をかけ、“隠れ家”と [全文を読む]

北野武が『アウトレイジ』完結編を撮る理由

日刊大衆 / 2016年12月19日16時00分

『その男、凶暴につき』『BROTHER』『ソナチネ』など、北野作品は“死んで終わる”のが流儀です。『最終章』でも、たけしが演じる主役の大友を含め、主要メンバーが壮絶な死に様を見せるのではないでしょうか」(前出の映画関係者) さらに、サプライズが準備されているという情報も。 「小日向文世演じる悪徳刑事の片岡です。反社会的組織の動きを裏で操るキーマンとして存在 [全文を読む]

もはや恐怖…過剰すぎる気持ち悪さ&嫌みで主演を食う!中年男優3人の秘密と過去

Business Journal / 2016年02月24日07時00分

チャンスに恵まれない中で北野監督に突然指名され、93年の映画『ソナチネ』(松竹)に出演。その後は96年の『キッズ・リターン』(オフィス北野、ユーロスペース)、98年の『HANA-BI』(日本ヘラルド映画)、03年の『座頭市』(オフィス北野、松竹)など、立て続けに北野映画に出演しており、まさに北野監督の秘蔵っ子といえる。 木下同様に津田も下積みが長く、かなり [全文を読む]

大杉漣、ミムラ、しょこたんが映画愛を熱く語る! 映画好き著名人がおススメする意外な映画とは?

PR TIMES / 2015年08月26日12時00分

この映画の冒頭やエレベーターのシーンは、『ソナチネ』の影響もあるのではないでしょうか」との分析も披露。「予定調和でない、予測出来ない世界、人間の機微を深くえぐる描写、とにかくチカラある映画!」とハリウッドリメイクも決定している本作を強力プッシュだ。「年間300本以上は映画を見ています」と語り、新作、大作、B級、C級、Z級と、製作規模やジャンルにこだわらず、 [全文を読む]

フォーカス