販売 北野武に関するニュース

「アウトレイジ 最終章」公開記念!北野武監督シリーズ13作品Blu-ray Discを発売

@Press / 2017年09月25日11時00分

バンダイビジュアル株式会社では、北野武監督最新作「アウトレイジ 最終章」の公開を記念して、これまでBlu-ray化されていなかった北野武監督シリーズ13作品のBlu-ray Disc(各3,800円 税抜)を2017年9月27日(水)に販売開始します。※商品詳細ページ: https://v-storage.bandaivisual.co.jp/sp-sit [全文を読む]

幻冬舎の電子書籍フェア「電本フェス」を8月2日より8週連続で開催!!

PR TIMES / 2013年08月02日15時25分

『弟』石原慎太郎(著)、『解夏』さだまさし(著)などのベストセラー作品の電子化と、好評既刊『渋谷ではたらく社長の告白』藤田晋(著)、『アウトバーン』深町秋生(著)の通常価格の約40%OFF販売。幻冬舎の電子書籍フェア「電本フェス」を8月2日より8週連続で開催いたします。『弟』石原慎太郎(著)、『全思考』北野武(著)、『irodori』高島彩(著)、『解夏』 [全文を読む]

ビートたけしの金言集「単独ライブ・第二弾に向けてソワソワ」

アサ芸プラス / 2017年05月15日17時57分

で、この日はチケット販売の3日程前だったため、「まだ販売前なんで‥‥。でも、また即完売になるんじゃないですか」と、誰もが予想できる真っ当な意見を述べると、「だけど実際販売したら全然売れなくてよ、ネットに半分くらいの値段で出回ったらカッコ悪いな。大丈夫か?」 と、まったくもって必要のない心配を軽くされてもいました。さらに、「ダメだったらいいけどよ、知り合いか [全文を読む]

荒木経惟写真展「男―アラーキーの裸ノ顔―」5/2からサイン本限定販売!さらに、アラーキー本人が5/5“こどもの日”に「男」展会場に登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月01日17時30分

写真集や関連書籍、DVD、ポストカードのほか、男展オリジナルグッズも販売中だ。 ここで朗報が! ゴールデンウィークの初日5月2日(土)から、アラーキー特製サイン入り『男 アラーキーの裸ノ顔』写真集を会場限定50冊で販売!! ※なくなりしだい販売終了 そして、5月5日(火)“こどもの日”の午後、我らがアラーキーこと荒木経惟氏が会場に登場!! <開催概要> [全文を読む]

北野武、初日を迎えた『アウトレイジ 最終章』は「かなりの自信作です」

マイナビニュース / 2017年10月07日15時30分

西田が「本日は小説『アナログ』(9月に発売されたビートたけしの長編小説)の販売促進会にお出でいただきましてありがとうございます」とあいさつして会場の笑いを誘い、「毎回すべてのシーンで思い出がありますが、初日の時に塩見三省さんと2人の絡みがあって、塩見さんも脳出血の後遺症があって歩行が自由じゃなかったし、私も頚椎を亜脱臼して歩行が定かではない状況で、2人を4 [全文を読む]

『POPEYE』の映画特集が約2年半ぶりに帰ってきた!「映画とドーナツ。」10月10日発売 山田太一、黒沢清、北野武、宇多丸、蒼井優、ロバート秋山、藤井隆、ミッツ・マングローブ、古舘佑太郎、コムアイらが、好きな映画について語る!~ドーナツハンドブック付き~

@Press / 2017年10月06日15時00分

●定価 :800円(税込) ●全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で販売 http://magazineworld.jp/popeye/ (10月9日最新情報に更新予定) 詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説『2015年honto9月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年10月06日11時55分

-ハイブリッド型書店サービス「honto」-~ファン待望の村上春樹『職業としての小説家』が人気~ ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、hontoポイントサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhonto.jpサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データ [全文を読む]

ビートたけしの名言集「書き下ろし純愛小説『アナログ』にサイン」

アサ芸プラス / 2017年10月08日09時57分

ちなみに、この“まともにサインを書かない”といった遊びは、わたくしが3年程前に、こちらの連載をまとめて出した単行本「たけし金言集」をライブで販売する際、〈殿のサインが入ってたら、みんな喜ぶだろうな〉と思い、サインをお願いすると、殿が笑いながら〈ビートきよし〉と、書いたのが始まりで、最近では、もはや名前ボケではない言葉で、どんどんひどくなっています。わたくし [全文を読む]

北野武、新たなバイオレンス映画のギャラは車代のみ!?「仲代さんは500円」

映画.com / 2017年10月07日13時08分

ステージに上がった西田が、開口一番「本日は小説『アナログ』(著:ビートたけし)の販売促進会においでいただき、誠にありがとうございます。おかげさまをもちまして、沢山おいでいただき、感謝に堪えません。心から御礼申し上げます」とギャグを交えて挨拶すると、会場は大盛り上がり。本作を象徴する“誰が生き残るのか”というテーマにちなみ「役者の世界で生き残る術は?」と問 [全文を読む]

心の拠り所は大切な人の死…究極の“夫婦愛と家族愛”の物語『ユリゴコロ』

dmenu映画 / 2017年09月27日12時30分

デビュー以降、なかなかヒットに恵まれなかった沼田ですが、2011年に刊行したミステリー小説『ユリゴコロ』は、発売からまもなくセンセーションを巻き起こし、累計販売部数25万部を超える話題作となりました。 そんな『ユリゴコロ』が満を持して、『君に届け』(2010年)、『近キョリ恋愛』(2014年)、『心が叫びたがってるんだ。』(2017年)の熊澤尚人監督の手に [全文を読む]

アジアで唯一、日本で開催!デヴィッド・ボウイ回顧展が寺田倉庫G1ビルにて開催決定

NeoL / 2017年01月22日23時42分

■一般発売(チケットぴあにて販売) ・販売開始:2016年10月28日(金)10:00~ 対象入場日:2017年1月8日(日)~1月31日(火) ・販売開始:12月2日(金)10:00~ 対象入場日:2017年2月1日(水)~2月28日(火) ・販売開始:2017年1月13日(金)10:00~ 対象入場日:3月1日(水)~4月9日(日) ※入場可能な日時 [全文を読む]

デヴィッド・ボウイの哲学に触れる、大回顧展「DAVID BOWIE is」がついに日本へ!【レポート】

FASHION HEADLINE / 2017年01月06日16時00分

1階のオフィシャルショップでは、日本限定のグッズを販売。会場限定の7インチ・アナログ盤を始め、完売していた公式図録「DAVID BOWIE is」の復刻版、スワロフスキーを施したアクセサリーの他、本展のビジュアルにもなっている「アラジン・セイン」のジャケット写真を使用したポスターやノート、トートバッグやマグカップなどがそろう。 【展覧会情報】 「DAVI [全文を読む]

東映、Vシネ、アウトレイジ……任侠映画は大物俳優への近道?

日本タレント名鑑 / 2015年11月11日09時55分

劇場公開はせず、ビデオ販売(レンタル)のみを目的とした低予算映画は「Vシネマ」と呼ばれ、バブル景気の煽りも受け、実に多くのタイトルが流通しました。 任侠モノのVシネマは、「ヤミ金融」「ギャンブル」といった身近に潜むテーマを取り扱ったものが多いことや、映画というよりはテレビドラマ寄りのわかりやすいキャラクターが多いことも特徴で、哀川翔、竹内力、小沢仁志など [全文を読む]

背景は無に非ず!荒木経惟写真展「アラーキーの裸ノ顔」表参道ヒルズで開催中

FASHION HEADLINE / 2015年04月24日08時10分

会場内の特設ショップでは、「アラーキーの裸ノ男」でこれまでに撮り下ろした作品をまとめた写真集『男―アラーキーの裸ノ顔-』(KADOKAWA/4,930円)の他、トートバッグやTシャツなどのオリジナルグッズも販売している。 [全文を読む]

ドンキホーテ谷村ひとし「ZENTから高級感あふれる巨大ホール誕生」

アサ芸プラス / 2014年05月18日09時52分

それこそ地元のローカル情報誌のほうが、全国販売の情報誌より活気のある記事であふれていて、最先端の情報が見られたのです。ZENTは地元名古屋テレビから取材されるなどマスコミも注目しており、名古屋城並みの名所になっています。2100台の圧巻のフロアや店内をくまなくチェックしたのですが、休憩スペースとトイレの設備のよさは、恐らく全国一と言っていいでしょう。 ド [全文を読む]

ビートたけし 金を見せびらかす等金持ちも下品になったと指摘

NEWSポストセブン / 2012年10月20日16時00分

大量生産・販売の大きなスーパーやらがドンドン幅を利かせて、古くからの商店街はなくなっちまった。大資本のおかげで安くていい物が簡単に手に入るようになったけど、その代わりに店と客の人間関係は消えちまった。小泉サンや橋下サンみたいな強引な政治もいいけど、規制緩和や改革で壊れちまうものもあるってのも本当なんだよ。 昔は用もないのになじみの店のおばちゃんと世間話を [全文を読む]

神田うののすごい"業界力"! 倖田來未も"うのファミリー"入りで安泰?

サイゾーウーマン / 2012年03月22日12時00分

この4人もうの個人の交友関係によるものでしょう」(芸能プロ関係者) 2000年頃から下着やパンティストッキングを販売し、ウエディングドレス「シェーナ・ドゥーノ」の名は芸能界だけでなく一般にも広く浸透するようになった。05年にはブランドの利益で、推定5億円の通称『パンスト御殿』なる新居を、都内に完成させたことも話題に。「うのはブランドに深く関わりだした頃から [全文を読む]

フォーカス