息子 北野武に関するニュース

金属バット、ドスにチェーンソー上等!凶器と狂気の狭間に見る仁義『チング 永遠の絆』

AOLニュース / 2014年09月05日22時00分

地元を牛耳るヤクザを父に持つジュンソク(ユ・オソン)、葬儀屋の息子ドンス(チャン・ドンゴン)、優等生のサンテク(ソ・テファ)そして、調子のいいジュンホ(チョン・ウテク)。彼ら4人の幼馴染が成長し、それぞれの道を歩むも悲劇的な結末を迎え、ノスタルジックな切なさに叩きのめされる傑作『友へ チング』。2002年に日本の劇場公開を迎え、韓国映画のブレイクに先駆けた [全文を読む]

平成29年度高齢者虐待防止市民講演会を開催します

News2u.net / 2017年10月13日11時00分

認知症の母と向き合いながら、息子としての葛藤・介護をして感じられたことをお話しいただきます。 (手話通訳、筆記通訳あり) テーマ 認知症の母に向き合う息子が語る「介護はしないぞ~私と母の1000日戦争~」 日時 11月8日(水曜日)14時~16時(13時30分~受付開始) 場所 ヴェルクよこすか(横須賀市勤労福祉会館)6階ホール 講師 (作家)井上雅義氏 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(10月5日付)見ごたえある邦画が続々公開

ガジェット通信 / 2017年10月06日13時30分

一か所に定住できない母親とその息子、そして彼らと一時的に同居した男の娘である主人公を取り巻く人間模様を映す。メガホンを取るのは、『花芯』の安藤尋監督。脚本を、『人のセックスを笑うな』などの本調有香が担当する。 【『Yahoo!映画』とは】 映画情報の総合サイト。上映中の映画、ランキング、クチコミ、レビュー、試写会プレゼントなどに加え、予告編の動画配信も行っ [全文を読む]

ビートたけしの名言集「殿が語る“家柄や学歴が関係ない世界”」

アサ芸プラス / 2017年09月11日17時57分

以前、あるお笑い芸人の息子、いわゆる二世の方が、ネタを披露している番組を殿と拝見する機会があったのですが、この時、殿は、「俺たちの世界ほど正直なものはないな。親がどんなに有名だろうと、だからって息子がネタやってウケるなんてことはなくてよ。ダメならダメで、ちゃんとお客が判断するんだから」 と、やはり“お笑いは甘くない”といった見解を示していました。 そうい [全文を読む]

<ギャラクシー賞受賞「赤めだか」>二宮和也と北野武らによる落語家青春グラフィティ

メディアゴン / 2016年02月27日07時30分

先代中村勘九郎役を息子の勘九郎が演じ、先代三遊亭圓楽を現・圓楽(元・楽太郎)が演じる。春風亭小朝と春風亭昇太は本人役で出演。さだまさし、柳家喬太郎、リリー・フランキーも大事な役どころ。談志の弟子を辞めてたけし軍団入りした立川談かん、ことダンカン本人も配達員役で出演。落語界やその周囲への造詣と深い愛情が感じられる。この信じられないようなキャスティング、タカハ [全文を読む]

外国人はホラーやグロがお好き? フランス人が選んだ「絶対に見るべき日本映画8作品」

tocana / 2014年05月24日16時30分

続編では、撮影中に監督が亡くなったため、息子の深作健太氏が引き継いだようですが、そちらはイマイチでしたね。4. ゴジラ(1954年/監督:本多猪四郎) 日本映画の中でも、数多くシリーズ化されている作品のひとつ。ゴジラは核のせいで現れた怪獣という設定で、1950年代の社会問題が反映されています。5. HANA-BI(1997年/監督:北野武) 北野武が監督、 [全文を読む]

細川ふみえ「月収10万で生活保護寸前」の貧困生活に

messy / 2013年12月27日14時00分

細川は現在、都心のマンションに幼稚園児となった息子と二人で暮らしているという。祖父である細川の父は「お受験をしてほしい気持ちもあったが、私立に通わせる金銭的余裕はない」と嘆き、「ふみえの月収は僅か10万円で、幼稚園の保育料も最低限に設定してもらっているほど」と続ける。息子を両親の元や保育園に預けて働きに出る選択肢はないのか疑問であるが、「男性誌の表紙に出 [全文を読む]

深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル

アサ芸プラス / 2012年12月04日09時59分

息子が生まれて初めてオヤジに牙をむいて驚いたと思います。予算ひとつ、セリフひとつ取っても衝突だらけでしたよ。キャストに当てはめれば、オヤジは教師キタノの目線であるだろうし、僕は七原の目線になっていくんですよね」 それでも、生徒の1人1人が死ぬたびに出席番号と名前のテロップが入る手法は「仁義なき戦い」を想起させる。これは健太のアイデアだったそうだが、初め [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(6) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月16日10時55分

さらに、『あんちゃん、ラーメン屋の店員というよりはヤクザだな』と、ただの店員から、ラーメン屋で働いてる息子なんだけどヤクザ、という役に変更になったんです。『カズオ』という役名をいただいて、どんどんシーンが増えた。最後はピストルでヤクザを殺した兄貴分の身代わりで刑務所へ、というシーンまで加わってましたよ」 撮影現場における監督の直感で、予定はどんどん変更され [全文を読む]

本物の極道だった“元アウトローのカリスマ”瓜田純士が見る『アウトレイジ 最終章』

日刊サイゾー / 2017年10月12日23時30分

その遺伝子を継ぎ、幼少期から悪名を轟かせてきた息子・純士。そうした親子にも物怖じすることなく、「暴力は嫌いや!」と言い切る関西人の嫁・麗子。 三者三様の感想を鑑賞後に語ってもらった。 * * *――いかがでしたか?純士 いい面、悪い面、両方あったけど、トータルとしては面白かったし、よかったですよ。恭子 私はものすごく楽しみにしていたんですが、期待が大き過ぎ [全文を読む]

『東スポ映画大賞』ビートたけしとベッキーがツーショット「ないことばかり書かれましたが……」

日刊サイゾー / 2017年02月27日22時00分

三浦は『葛城事件』(監督:赤堀雅秋)にて、無差別殺人犯の息子の父親を好演したことが受賞のきっかけだったという。 たけしいわく「美男俳優のイメージだった三浦友和に悪役(『アウトレイジ』の二代目会長役)をやらせたのは、オイラが最初だからな」と、自身の慧眼ぶりをあらためて強調した。 また監督賞は、2016年夏の話題を独占した『シン・ゴジラ』の庵野秀明総監督・樋 [全文を読む]

大沢樹生“実子騒動”後に北野武プロデュースで「光GENJI」再結成?

アサ芸プラス / 2015年12月11日09時59分

さらにその中で、元夫の大沢樹生に対し「息子の父親は大沢に間違いない」と反論し、「借金の連帯保証人にされた」と暴露した。 突然の引退表明は何を意味するのだろうか?「いまさら“引退します”と言われても、ここ数年芸能活動をしていませんからね。喜多嶋はすでに一般男性と再婚し娘もいるので、相次ぐバッシングを終わりにしたかったのではないでしょうか」(芸能ジャーナリスト [全文を読む]

「こどもの日」に見たい映画はこれ!“おじいちゃん力”爆発のこの1本

太田出版ケトルニュース / 2015年05月04日07時23分

映画の主人公である、藤竜也演じる龍三は、息子夫婦に疎まれています。ヤクザの子どもとしてつらい目にあった過去があり、現在の世間体を気にしているから。けれど、近所の子どもたちが龍三を見にやってきたり、孫との絆をひそかにつくっていたり、孫世代とおじいちゃん世代の相性が抜群なことを暗に示しているシーンもあります。 「こどもの日」に見るのにおすすめの一本。“おじい [全文を読む]

早乙女太一の“子育て放棄・浮気”激白した西山茉希が離婚へ!?「実際には西山の遊び癖が原因で……」

日刊サイゾー / 2015年01月22日11時00分

円満移籍といわれたが、実際には父親が金を稼ぐようになった息子をそそのかしたとして、斎藤会長が激怒。これを機に、たけしも手を引いた。 たけしという後ろ盾を失ったが、すでにおばちゃんファンが多かった早乙女の仕事が激減することはなかった。むしろ、興行を中心にしたことで仕事は増加。しかし、稼いだ金は父親がギャンブルで浪費してしまうため、親子関係は悪化。一部で西山へ [全文を読む]

金子賢 業界内の意外な評判

アサ芸プラス / 2014年09月05日09時59分

『あのお父さんの息子なら、そんなに悪い事はしないだろう』という声は多いですよ」 父親の躾は厳しく、殴られる事もあったという金子。父親のおかげでイメージが多少救われている面があるのは確かなようである。 [全文を読む]

聞く力に続け!今年注目の「○○力」新書 売上ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月05日11時30分

【2位】『自分を愛する力』(乙武洋匡/講談社) 息子として—両親の愛に満ちた子育てを振り返り、教師として—現代の親子が抱える問題を見つめ、父親として—自らの育児を初めて明かす。対談「自分を愛せない人への処方箋」も収録。 【3位】『群れない力 「人付き合いが上手い人ほど貧乏になる時代」における勝つ人の習慣』(関口智弘/経済界) 3年で転職5回、東京でビジネ [全文を読む]

ビートたけしが振り返る、“しずちゃんのボクシング師匠”故・梅津正彦氏の素顔

日刊サイゾー / 2013年08月07日13時00分

友人は九州の焼酎の蔵元の息子だったが、高校進学で東京に出てから、ゲイの世界に入ったために、家を継がなかった。その彼ががんの告知を受けて入院。退院後、筆者の誕生日パーティーに来た時に「大丈夫か?」と声を掛けたが、「大丈夫よ、私は本多の葬儀委員長をやるんだから、あなたより先に死なないから」と言ったにもかかわらず、2カ月後に他界した。亡くなる前日、九州から駆けつ [全文を読む]

上戸彩が新居マンション探し中! 芸能人の自宅事情とご近所さん

サイゾーウーマン / 2012年02月04日08時00分

息子もタレントで、北野武なんかと関わりが深い人物だよ。その人が言うには昨年末あたりから、上戸とHIROが世田谷区の物件を探し回っていたそう。何部屋もあるような広い物件ばかりで、「あぁ、子づくり・子育ても視野に入れてるんだなぁ~」って感じだったってさ。 [全文を読む]

フォーカス