北野武 オフィス北野に関するニュース

「アウトレイジ 最終章」公開記念!北野武監督シリーズ13作品Blu-ray Discを発売

@Press / 2017年09月25日11時00分

バンダイビジュアル株式会社では、北野武監督最新作「アウトレイジ 最終章」の公開を記念して、これまでBlu-ray化されていなかった北野武監督シリーズ13作品のBlu-ray Disc(各3,800円 税抜)を2017年9月27日(水)に販売開始します。※商品詳細ページ: https://v-storage.bandaivisual.co.jp/sp-sit [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(1)六平直政が体感した「テスト1回」の本番主義

アサ芸プラス / 2012年10月09日10時59分

その間、そして現在も世界と対峙する日本の鬼才・北野武監督は数々の現場で撮影哲学や秘話を生み出し続けている。まずは「北野組」の常連・六平直政が口を開いた。 切腹して腸が出てる横で飯 六平(むさか)直政が初めて北野武監督と出会ったのは、99年のことだった。以後、5作の「北野映画」に出演する常連となったが、当時をこう回想する。 「芸能界をはじめ、各界の大物たちが [全文を読む]

山本モナもあったのに! 北野武、「あの子は面白い」と美元にラブコール!?

サイゾーウーマン / 2012年08月25日09時00分

北野武ですよ。彼は過去、所属タレントだった山本モナが不倫スクープによる番組降板を2度も食らっても、最後まで面倒を見続けました。モナは新番組がスタートした直後に、プロ野球選手の二岡智宏とラブホデートをすっぱ抜かれ、新レギュラーをたった1回で降板するという“伝説”まで残している。しかし、それでも北野はモナを解雇することなく、本人が『引退宣言』をするまで、オフ [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(4)「3-4×10月」の衝撃場面

アサ芸プラス / 2012年10月12日10時54分

08年のドラマ「あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」(TBS系)で、北野武は東条英機役、六平は軍令部総長・永野修身役だった。 そこには、北野組の現場とはまったく違う、役者・北野武がいた。 「楽屋で他の役者さんがいるのに、監督とずっと2人だけでしゃべってたよ。あまりにもしゃべるもんだから、助監督に『うるさいです。迷惑になりますから、静かにしてください [全文を読む]

“世界のキタノ”の集大成!?叙情と暴力衝動とエンタメ性が融合した『アウトレイジ 最終章』

dmenu映画 / 2017年09月10日07時00分

思わず台詞を真似たくなるバイオレンス・ムービーの系譜 『アウトレイジ 最終章』10月7日(土)全国公開 配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野 (c)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会 その系譜を継ぐバイオレンス・ムービーを挙げるなら、北野武監督・ビートたけし主演の『アウトレイジ』シリーズ(2010年)を置いて、ほかにはない。劇中のセリフに [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(6) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性

アサ芸プラス / 2012年10月16日10時55分

案の定、クランクインしたら、連絡が入って、僕の役はなくなってました(笑)」 【関連記事】 「監督・北野武」その男、鬼才につき(5) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性 「監督・北野武」その男、鬼才につき(7) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の感性 「監督・北野武」その男、鬼才につき(4)「3-4×10月」の衝撃場面 「監督・北野武 [全文を読む]

もはや恐怖…過剰すぎる気持ち悪さ&嫌みで主演を食う!中年男優3人の秘密と過去

Business Journal / 2016年02月24日07時00分

津田の役者人生は、北野武監督の「あんちゃん、出番だよ」という一言から始まった。チャンスに恵まれない中で北野監督に突然指名され、93年の映画『ソナチネ』(松竹)に出演。その後は96年の『キッズ・リターン』(オフィス北野、ユーロスペース)、98年の『HANA-BI』(日本ヘラルド映画)、03年の『座頭市』(オフィス北野、松竹)など、立て続けに北野映画に出演し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ビートたけしは“努力の天才”。オフィス北野・社長がその素顔を語る。

TechinsightJapan / 2015年04月18日17時25分

オフィス北野は、タレント・ビートたけしのマネジメントや映画監督・北野武のプロデュースを行っている会社であり、森氏はたけしと30年以上の長い付き合い。一時期、たけしのマンションに一緒に住んでいたこともあるそうだ。 当時は、よく飲みに行っていた2人。酔っぱらって帰宅するとそのまま寝てしまうのが普通だが、たけしはシャワーを浴びてお酒を全部覚まし、自分の部屋でネタ [全文を読む]

追悼・高倉健さん──果たせなかった北野武監督との約束「一緒に映画を撮ろう」

日刊サイゾー / 2014年11月19日21時30分

生前、北野武監督ことビートたけしに「一緒に映画を撮ろう」と語っていたが、実現しないまま他界。さぞ、無念だったことだろう。 たけしと健さんの出会いは、1985年に公開された映画『夜叉』での共演だった。たけしは「『夜叉』で共演することになったんで、ロケ先の福井県に向かったんだけど、健さんは雪の中で、花束を持ってオイラを福井の駅のホームで待っててくれたの。『た [全文を読む]

美元、起死回生のヌードは実らず!? 『花と蛇』への出演を高嶋家が阻止

サイゾーウーマン / 2012年11月10日13時00分

「その1つが、北野武のオフィス北野に所属させてもらおうという作戦でした。美元は近しい関係者を使って、一部マスコミに『武が美元に興味を持っている』というガセ情報を流しました。しかし、この動きを察知した武は、『冗談じゃない。いらないよ』と早めの火消しを図り、美元のオフィス北野所属説はすぐ立ち消えになりました」(芸能プロ関係者) さらにもう1つ、美元の起死回生 [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(3)テレビの「たけし」とは別人

アサ芸プラス / 2012年10月11日10時59分

お金がないからあんな立派な絵は買えないけど、今度貯金して北野監督の絵を譲ってもらおうかな(笑)」 【関連記事】 「監督・北野武」その男、鬼才につき(2)信頼ゆえの充実感と緊張感 「監督・北野武」その男、鬼才につき(4)「3-4×10月」の衝撃場面 「監督・北野武」その男、鬼才につき(1)六平直政が体感した「テスト1回」の本番主義 「監督・北野武」その男、鬼 [全文を読む]

「監督・北野武」その男、鬼才につき(2)信頼ゆえの充実感と緊張感

アサ芸プラス / 2012年10月10日12時59分

ここはしっかり書いておいて(笑)」 【関連記事】 「監督・北野武」その男、鬼才につき(4)「3-4×10月」の衝撃場面 「監督・北野武」その男、鬼才につき(1)六平直政が体感した「テスト1回」の本番主義 「監督・北野武」その男、鬼才につき(3)テレビの「たけし」とは別人 「監督・北野武」その男、鬼才につき(5) 津田寛治を素人から抜擢した「アドリブ撮影」の [全文を読む]

北野武監督を支え続ける森昌行プロデューサーが語る『アウトレイジ』三部作の舞台裏と北野映画の今後(前編)

日刊サイゾー / 2017年10月06日18時00分

“世界のキタノ”こと北野武監督が衝撃デビューを果たした『その男、凶暴につき』(89)から、常に北野映画を支えてきたのが森昌行プロデューサーだ。またオフィス北野の社長として、テレビの第一線で活躍を続ける人気タレント・ビートたけしのマネジメントも手掛けている。多彩なキャストを配し、経済至上主義となった現代社会の風刺にもとれるバイオレンスエンターテイメント『アウ [全文を読む]

【松坂屋名古屋店】『アートたけし展』開催~天才たけしの創造の出発点がここに!絵画や版画約100点を大公開!~

PR TIMES / 2017年09月28日12時57分

そして俳優として、映画監督として名だたる国際映画祭での受賞、また3度にわたり芸術の国フランスから勲章を授けられた「世界のキタノ」こと『北野武』さん。 「映画を撮るときは、まず1枚の絵もしくは写真が頭に浮かんで、そこからストーリーを作っていく」という北野監督の制作秘話は有名です。 そしてまた、お笑い芸人ビートたけしの伝説のギャグ「コマネチ!」も、あのポーズ [全文を読む]

ビートたけしの名言集「殿が語る“家柄や学歴が関係ない世界”」

アサ芸プラス / 2017年09月11日17時57分

本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中! [全文を読む]

第74回ベネチア国際映画祭はギレルモ・デル・トロ監督新作に金獅子賞!

映画.com / 2017年09月10日20時50分

セレモニーの後は、今年のクロージングフィルムに選ばれた北野武の「アウトレイジ 最終章」が上映された。ベネチアでの北野人気の高さは相変わらずで、レッドカーペットの見物には地元の北野ファンクラブの面々が、ビートたけしのお面を被って勢揃いし、北野監督を驚かせたほど。北野監督は、「(ファンが多い)ベネチアに来るとホッとする反面、気に入ってくれただろうかと気になっ [全文を読む]

ビートたけしの金言集「ビートたけし“ほぼ”単独ライブ・第三弾での出来事」

アサ芸プラス / 2017年07月26日17時57分

本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中! [全文を読む]

元大関の把瑠都、化粧まわしを前掛けにかえて鮮魚店店員役で俳優デビュー

アサジョ / 2017年05月08日07時15分

今後は他に類を見ない容姿を活かして、北野武監督作品の『アウトレイジ』や『HANA‐BI』のような作品に出演したら面白いでしょうね。たとえセリフがなくても印象に残るはずですから、キーパーソンを演じることができそうです。相撲も演技も相手とのやり取り勝負ですから、元大関である把瑠都ならすぐに演技の何たるかを身体で覚えられるのではないでしょうか」(舞台演出家) 前 [全文を読む]

ツービート復活でたけしの“きよしいじり”が加速する!

アサ芸プラス / 2014年06月04日09時59分

たけしの弟子・アル北郷氏が著した「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」 には、観客が100人に満たない弟子のライブの楽屋にきよしとともに突然現れたたけしが、 「おい、前説で漫才やってやるからよ、出してくれよ」 と凄み、新ネタの漫才を披露した時の模様や、その後、再び漫才をやる機会があり、練習のために久々に再会した相棒に向かって、 「お前、痩せ [全文を読む]

森昌行が北野監督に説いたプロデューサーの流儀

アサ芸プラス / 2012年11月20日10時00分

「30秒話をするのに1週間待つこともあったよ」 映画監督・北野武をプロデューサーとして支え、芸人・ビートたけしを所属事務所社長としてマネジメントする森昌行氏(59)。「芸能界の豊臣秀吉」との関わりを「軍師・森」にたっぷり語ってもらった。 * 私とたけしさんが常に行動を共にしていると思っている方が多いのですが、それは大きな誤解。仕事以外での接点はほとんどない [全文を読む]

フォーカス