インタビュー 北野武に関するニュース

スターチャンネル 北野武監督 独占インタビュー!『映画監督・北野武の世界』2か月に渡るオンエアで、北野ワールドの神髄にスターチャンネルが迫る

PR TIMES / 2017年01月31日15時19分

そして「北野武監督スペシャルインタビュー」をオンエア! [画像: https://prtimes.jp/i/8010/51/resize/d8010-51-244042-1.jpg ] スターチャンネル(株式会社スター・チャンネル:東京都港区・代表取締役社長:小坂恵一)は、『映画監督・北野武の世界』と銘打ち、日本を代表するクリエイターとして、日本のトップコ [全文を読む]

【最新作『アウトレイジ 最終章』公開直前】映画監督・北野武の「現在」を思考する書籍が発売!

PR TIMES / 2017年09月08日13時30分

北野武監督/出演俳優/スタッフへのロング・インタビューを収録 株式会社フィルムアート社(本社:東京都渋谷区)は、本人へのインタビューなどを収録した『映画監督、北野武。』を2017年9月30日(土)に全国書店、各ネット書店にて発売します。 [画像: https://prtimes.jp/i/21545/4/resize/d21545-4-887927-0.j [全文を読む]

「それって普通じゃねえか」苦しい時に読みたいビートたけしの一言

まぐまぐニュース! / 2017年02月01日14時13分

今回のメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』では、著者で米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEO 兼発行人の高橋さんが、ビートたけしこと北野武さんにインタビューで聞いたという、「ある話」をご紹介します。 苦しいときに思い出す話 なかなか厳しいご時世になってきました。 新大統領の話ではありません。 いや、関係なく [全文を読む]

世界が認めた北野武の原点が明らかに!スターチャンネルにて『2ヵ月連続 映画監督・北野武の世界』 放送!

PR TIMES / 2017年03月03日13時54分

さらに、スターチャンネルによる北野監督の独占インタビュー「北野武監督 スペシャルインタビュー」を合わせてオ ンエア。インタビューのなかで北野監督自らが、なぜその作品を選んだのか、その理由も語られております。北野監 督が“愛した洋画たち”5作品と合わせてインタビューを観ることで、北野武の原点を明らかにするとともに、新たな視 点から作品を楽しむことが出来る、 [全文を読む]

中居正広が表紙の「デジタルTVガイド」2017WBC総力特集号が本日発売!

PR TIMES / 2017年02月24日10時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/6568/173/resize/d6568-173-683180-0.jpg ] 「デジタルTVガイド」4月号では、“侍ジャパン公認サポートキャプテン”に就任した中居正広の表紙&野球への愛を語る巻頭グラビアインタビューをはじめ、筒香嘉智スペシャルインタビュー、侍ジャパン全選手名鑑、ライバル国戦力分析など [全文を読む]

ユニークリー・ジャパン 豪華ゲスト第3弾 1/20(金)放送のCNNj「トーク・アジア」に 「日産復活」の立役者、社長兼CEOカルロス・ゴーン氏が登場!

PR TIMES / 2012年01月19日16時54分

アジアのさまざまなジャンルで活躍する人物をゲストに招き、ロング・インタビューするCNNjの人気番組「トーク・アジア」では、1月20日(金)放送回のゲストに、ブラジル生まれのフランス人でありながら、世界トップクラスの自動車メーカー、日産の社長兼CEO、また「日産復活」の立役者であるカルロス・ゴーン氏を迎え、成功までの道程、日産、そして家族に対する思いを語って [全文を読む]

スターチャンネル 北野武監督 独占インタビュー!『映画監督・北野武の世界』2か月に渡るオンエアで、北野ワールドの神髄にスターチャンネルが迫る

PR TIMES / 2017年01月31日17時29分

そして「北野武監督スペシャルインタビュー」をオンエア! [画像: https://prtimes.jp/i/8010/52/resize/d8010-52-117083-0.jpg ] スターチャンネル(株式会社スター・チャンネル:東京都港区・代表取締役社長:小坂恵一)は、『映画監督・北野武の世界』と銘打ち、日本を代表するクリエイターとして、日本のトップコ [全文を読む]

『アウトレイジ 最終章』北野武&大森南朋インタビュー「不条理な話はエンターテイメントとして面白いんだよね」

ガジェット通信 / 2017年10月07日12時30分

インタビューでは「ヤクザの不条理さはサラリーマンにも共通している」など数々の名言が飛び出しました。 ――本作、最終章ということでシリーズのファンとしては寂しくもありますが、見事な終わり方で感動してしまいました。監督はどの様にこの物語を終わらせようと思いましたか? 北野武:(日本最大の暴力団組織となった)花菱会に元証券マンの“現代ヤクザ”が組長として入って [全文を読む]

『POPEYE』の映画特集が約2年半ぶりに帰ってきた!「映画とドーナツ。」10月10日発売 山田太一、黒沢清、北野武、宇多丸、蒼井優、ロバート秋山、藤井隆、ミッツ・マングローブ、古舘佑太郎、コムアイらが、好きな映画について語る!~ドーナツハンドブック付き~

@Press / 2017年10月06日15時00分

※崎は正しくは「タツサキ」 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/139767/LL_img_139767_1.jpg 「POPEYE」2017年11月号(10月10日発売)表紙 『POPEYE(ポパイ)』公式サイト http://magazineworld.jp/popeye/ (10月9日最新情報に更新予定) [全文を読む]

『アウトレイジ 最終章』北野武監督が明かす“シリーズ完結”のワケ「映画よりも現実のほうが……」

日刊サイゾー / 2017年10月05日18時00分

ありがたいことに、筆者は数社からの依頼を受け、北野監督に今作についてのインタビューをさせていただいた。 なぜ、3作目を最終章にしたのかという筆者の問いに対し、北野監督は「本当は世界戦争までやろうと思っていたけど、9・11の米国同時多発テロで、映画や小説は、現実にはかなわないと思った。ツインタワーにジャンボ機が突っ込んだ映像が、映画をはるかに超えていたのと同 [全文を読む]

ビートたけしの金言集「ケンカ慣れした殿が実戦から得たご意見」

アサ芸プラス / 2017年07月24日17時57分

その中で「私とたけし」といったコンテンツで、高田文夫先生の3万字インタビューを敢行したのですが、先生が語る、殿とのファーストコンタクトが、もう最高なんです。 漫才ブーム前夜の70年代後半、放送作家として多忙な日々のヤング高田先生は、当時、ポール牧さんから、こんな噂を聞かされたといいます。「高田ちゃん、見た? ツービート。頭おかしいのがいるんだよ。浅草行って [全文を読む]

1冊丸ごと菅田将暉! 意外な素顔や原点を「別冊カドカワ」が総力特集!

Smartザテレビジョン / 2017年05月12日11時48分

東京の街でのロケを敢行した、50ページ超の撮り下ろしグラビアや、デビュー曲「見たこともない景色」に関しての思いやエピソードはもちろん、原点となる少年時代のエピソードから、表現者としての位置を確立しつつある今日までの軌跡などを本誌に明かした1万字インタビュー、縁のあるミュージシャンとの対談などを掲載。さらに、菅田と縁のあるミュージシャンやクリエイタ―たちに [全文を読む]

デヴィッド・ボウイの哲学に触れる、大回顧展「DAVID BOWIE is」がついに日本へ!【レポート】

FASHION HEADLINE / 2017年01月06日16時00分

さらに、入場者がヘッドフォンでボウイの音楽やインタビューを聴きながら鑑賞する体験型の展示が話題で、会場に一歩足を踏み入れると、まだ生きているかのようなデヴィッド・ボウイの息づかいが感じられ、圧倒的なスターの輝きに鳥肌が立つことだろう。展示の最後には、巨大モニターでボウイのライブ映像が見られる“ショウ・モーメント”も用意されている。 本展はイギリス・ロンドン [全文を読む]

「日本人」といえば誰!?中国の若者にインタビューしてみたら…

Record China / 2016年12月07日07時10分

2016年12月4日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国の街頭インタビューの様子を収めた動画が掲載された。 動画では、街行く若者に「日本人と聞いて最初に思い浮かぶ人は?」と尋ねている。 最初に登場する女性は「蒼井そら」と回答。理由を聞かれると「有名だから」といい、「山下智久」も挙げ、「カッコいいから」と答えた。続く男性は「山本五十六」を挙げ、「戦争が好 [全文を読む]

イレズミと性の関係とは? 外国人観光客のタトゥーへの対応はどうすべきか? 【『イレズミと日本人』著者インタビュー 後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月16日06時30分

人類にとってもっとも古い身体装飾のひとつであるイレズミだが、現代ではアウトローのイメージが強い。しかし『イレズミと日本人(平凡社新書)』(平凡社)の著者・山本芳美さんによると、イレズミ=ならず者という視点はそう古いものではないそうだ。では一体、いつごろからそう思われるようになったのだろうか?「江戸から明治の半ばまで、イレズミは町人文化でもありました。『イレ [全文を読む]

“ビートたけし責任編集”ネットマガジン「お笑いKGB」内で高田文夫が語った“たけし”という人物

アサ芸プラス / 2016年03月23日01時57分

そんなKGB内の「私とたけし」といったコンテンツで、高田文夫先生の3万字インタビューを敢行したのですが、先生が語る、殿とのファーストコンタクトが、もう最高なんです。 漫才ブーム前夜の70年代後半、放送作家として多忙な日々のヤング高田先生は、当時、ポール牧さんから、こんな噂を聞かされたといいます。「高田ちゃん、見た? ツービート。頭おかしいのがいるんだよ。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】西島秀俊、ビートたけしの役者のあり方に共感するも弱音「辛いしな~!」

TechinsightJapan / 2015年10月26日19時41分

西島秀俊が主演映画『劇場版 MOZU』で共演するビートたけし、羽住英一郎監督と3人で、バラエティ番組のインタビューに応じた。その際に、ビートたけしから「役者として順調に成長し過ぎた」ことを指摘された西島。「僕も考えているので…」と返しながらも、それを行動に移す難しさを想像して叫びながら頭を抱えてしまった。 『劇場版 MOZU』が11月7日に公開されることか [全文を読む]

“ちょっと普通の神経じゃない” 名優:藤竜也が語る世界の北野武の魅力

Entame Plex / 2015年10月09日19時10分

それを記念し、今回は改めて主演の藤竜也にインタビュー。“けったいな映画”について聞く前に、まずは北野監督について伺うことに。――今回、北野作品に初出演。北野監督の印象はいかがでした?「ビートたけしとしてテレビに出てるときと一緒でしたね。全然変わらないから、それはそれでまた面白かった。ピコピコハンマーを持って頭を叩いたりとか、テレビでよく見る(お笑い芸人的な [全文を読む]

北野武監督、「ジジイが面白いのはタチ悪いから。この映画はグラフィティに近い」【後編】

AOLニュース / 2015年04月29日10時00分

『龍三と七人の子分たち』大ヒット公開記念、北野武監督インタビューの【後編】は、本作に登場する痛快"ジジイ"たちの人間臭い魅力などについて。"ジジイ"たちに特定のモデルはいないけれど、下町で育った北野監督の記憶や想い出の投影があることは確かで、「これはグラフティーに近いんだよね」と監督もおっしゃいました。それと、"ジジイ"が大暴れすると、どうして痛快になるの [全文を読む]

北野武監督「結果的に笑う状態を作らないと、映画はつまらない」【前編】

AOLニュース / 2015年04月28日17時00分

北野武監督の17作目となる、待望の最新作『龍三と七人の子分たち』が公開に! 引退した元ヤクザのジジイたちが、オレオレ詐欺や悪徳訪問販売でやりたい放題のガキどもと対決する、気分爽快"ジジイ大暴れエンターインメント"について、北野監督を直撃! インタビューの【前編】では、魅力的な"ジジイ"たちについてうかがいます。 ――宣伝コピーの気分爽快"ジジイ大暴れエンタ [全文を読む]

フォーカス