仁美 乙武洋匡に関するニュース

乙武洋匡「面倒を見ないと訴える」モラハラ発言?元夫人提訴の泥沼騒動に

デイリーニュースオンライン / 2017年08月09日20時00分

昨年、5人の愛人が発覚するという衝撃の不倫騒動の末に離婚した作家の乙武洋匡氏(41)が、元妻の仁美さんに訴えられたと発売中の『週刊新潮』(新潮社)が報じている。仁美さんに対する悪質な「モラハラ発言」があったとも伝えられており、障害者のイメージを悪化させかねない騒動になったことで乙武氏のTwitterが大炎上するなど物議を醸している。 ■乙武さん元妻の提訴で [全文を読む]

「乙武別居報道」に率直な疑問…介護や家事育児の外注を選択しなかったのはなぜなのか?

messy / 2016年06月25日17時00分

また、不倫したのは夫であるのに、なぜか妻である仁美さんも謝罪文を発表したことから「妻には何の責任もないのに謝罪させるなんて」と、不倫そのものに加えてその後始末についても相当なバッシングを受けることになる。しかし揃って謝罪文を公表したことで、夫婦としてはひとまず元サヤにおさまったかと思いきや、そうではなかったようだ。 6月23日発売の「週刊新潮」と「女性セ [全文を読む]

乙武洋匡氏が家族と別居、離婚を視野に入れた話し合い

NEWSポストセブン / 2016年06月22日18時00分

乙武さんの妻の仁美さんがこう切り出したそうです。“疲れました。もう今の状況は耐えられません。別々に暮らしましょう”──乙武さんはショックを受けて、別居はしたくないと伝えましたが、彼女の意志は固かった。“彼女のためにも、もうそれしかないのか…”と、家を出たんです」(乙武夫妻の知人) 以来、夫は自宅マンションに帰っていない。トイレや寝室を備えた事務所に寝泊まり [全文を読む]

モラハラ乙武洋匡の虚言…不倫相手もろとも元妻が提訴 今井絵理子も慰謝料請求され…

messy / 2017年08月09日19時00分

報道後、乙武氏は当時の妻・仁美さんと連名で謝罪文を発表。関係各位への謝罪と『一生かかっても償いきれないほどの過ちであるにもかかわらず、妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました』という言葉を綴り、『「夫として、父として、もう一度、あなたを家族として迎え入れたい」と言ってくれた妻に、今度こそ応えたいと思っています』『いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合 [全文を読む]

乙武洋匡氏「息子は最低…」実母が“献身15年妻”に謝罪

WEB女性自身 / 2016年03月29日00時00分

《このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております》 報道各社に乙武氏本人のみならず、妻・仁美さん(37)の謝罪文が送られてきたことで、ネット上にはたちまち、《3人の子供を育てている間に5人と浮気されて、それでも反省しなきゃいけないの》というような批判コメントが溢れかえった。そんななか本誌が乙武氏の母を取材したのは3月 [全文を読む]

乙武ガールズも解散!? 「もう限界」不倫スキャンダルで離婚した乙武洋匡氏の悲しい現状とは?

tocana / 2016年09月21日07時00分

今年3月に「週刊新潮」(新潮社)で不倫問題が報じられた作家の乙武洋匡氏が14日、自身のサイトで妻・仁美さんとの離婚を発表した。同氏は「この度、私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます」とした上で 「夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。今後も彼らに恥じぬよう、父 [全文を読む]

「死にたい…」別居報道の乙武氏から衝撃発言! 関係者が心配するほどに意気消沈か?

tocana / 2016年06月28日09時00分

3月に5人の女性との不倫が報じられた作家の乙武洋匡氏が仁美夫人と別居中であると、複数の週刊誌が報じた。「女性セブン」(小学館)では、すでに離婚の話し合いが進んでいるとも。乙武氏の不倫は「週刊新潮」(新潮社)がスクープし、同氏はこれを認め謝罪。夫婦は再スタートを切ったかに見えたが…。 ここにきての不協和音の原因は一連の報道により、それまでの夫婦生活が乱れてし [全文を読む]

乙武洋匡氏「大好きな手料理を」妻が用意した家族再生の晩餐

WEB女性自身 / 2016年04月13日06時00分

仁美さんと長年の交流がある知人が、本誌の取材に答えてくれた。 「囲む会も大騒動になってしまいました。でも乙武さんと仁美さんがホテルの部屋で、今後の人生についてゆっくり語り合う時間を持てたのは良かったのではないでしょうか」 誕生日当日に本誌が目撃したのは、会場だったホテルから帰宅した乙武氏の姿だったのだ。 今回の不倫騒動の最大の被害者といえば、妻・仁美さん、 [全文を読む]

乙武氏 妻の負担軽くするため家に帰らないこともあった

NEWSポストセブン / 2016年03月31日16時00分

乙武氏が2才年下の妻・仁美さん(37才)と結婚したのは、2001年のこと。長男は結婚から7年目に授かった。30時間を超える難産の末、長男が生誕した時の喜びを乙武氏は当時、女性セブンにあてた手紙でこう綴っている。《分娩室でその元気な産声を聞いたときには、自然と涙があふれ出てきました。偉大なる大役を果たしてくれた妻には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです》 [全文を読む]

乙武洋匡の別居、離婚危機で「愛人と別れ妻の介護負担が増えた」と障がい者への偏見報道! 乙武氏自らリークか

リテラ / 2016年06月24日11時30分

「それまでは週の半分以上、家を空けていた乙武さんが24時間自宅に"謹慎"するようになり、(乙武夫人の)仁美さんにかかる負担が目に見えて重くなったんです。3人の子供の世話と家事に加えて、夫の風呂、トイレ、着替えなどで気の休まる時間がまったくない状況でした」(乙武夫妻の知人のコメント、「女性セブン」より) しかも、この介護負担増は乙武氏が不倫相手と別れたことに [全文を読む]

乙武洋匡さんの元夫人が提訴。不倫夫から取れる金額はどのくらい?

女子SPA! / 2017年08月18日15時47分

同年9月には離婚が成立、その後は徐々に活動を再開していましたが、今月4日、元夫人の仁美さんによって提訴されていたことが分かりました。 提訴の内容は、「精神的損害の賠償」および「不貞行為による損害賠償」。ともに乙武氏と不倫相手に対しての提訴となっています。◆ズバリ!請求される額はどの程度? 「週刊新潮」8月17・24日号によると、提訴のきっかけとなったのは、 [全文を読む]

2016年しらべぇ重大ニュース!世間を騒がせた「ゲス不倫」を振り返り

しらべぇ / 2016年12月27日09時00分

Twitter上での意味深な発言や、自身の著書のAmazonレビューが荒れる事態も起こるなど、世間をにぎわせ、最終的に15年連れ添った妻・仁美さんとの離婚を9月に発表。11月には、およそ9ヶ月ぶりとなるテレビ復帰を『ワイドナショー』(フジテレビ系)で果たし、不倫の経緯と子供たちに会えない現在の心境を語った。▽元記事はこちら■乙武洋匡氏の不倫発覚に騒然! 過 [全文を読む]

【速報】乙武洋匡さん「離婚」を発表!ネットでは「奥さん可哀想」の声

秒刊SUNDAY / 2016年09月14日21時41分

乙武さんは、「週刊新潮」で女性5人との不倫を報じられた以降、夫婦との関係が悪化し先ほど「私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます。」と発表した。ー別々の道へ乙武氏はご自身のサイトでこの度、私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます。私自身に至らない点が多々あったにも関わらず、15 [全文を読む]

乙武洋匡氏に離婚報道! ささやかれる“ほかの浮気”とは?「親友の元カノ、妻の友人とも……」

日刊サイゾー / 2016年06月24日09時00分

ただ、うなだれる乙武氏に代わり、妻の仁美夫人が「夫は世の中に必要な人間」と熱いスピーチをしたことで、騒動は一件落着していた。 ここに出席していた前出の知人は「みんな奥さんの話に感動したし、このときは夫婦の結束を強く感じた」というが、その後に状況の変化があったようだ。 「乙武さんは『あったことを全部話して許してもらう』というようなこと言っていたんですが、知 [全文を読む]

乙武氏妻のスピーチに絶賛の嵐?イメージ回復で狙う”再出馬”

デイリーニュースオンライン / 2016年04月06日19時05分

これに助け舟を出したのは、本来なら「被害者」であるはずの妻・仁美さんだった。 「妻の仁美さんがスピーチを行ったんです。“ウチのバカな夫がすいません”と切り出し、夫への介護疲れが彼を追い詰めてしまったと改めて自分に非があることを強調する発言を繰り返したんです。ときに笑いを取りながら、ユーモアたっぷりに話す姿はまさに政治家を支える妻そのもの。彼女の聡明なスピー [全文を読む]

“妻の謝罪”にドン引き……5人不倫告白の乙武洋匡氏に、周囲から「5人で済むわけない」の声も

日刊サイゾー / 2016年03月24日16時20分

450万部を超える大ベストセラー『五体不満足』(講談社)の著者で、2013年から昨年末まで都の教育委員を務めていた乙武氏は、01年に大学の後輩、仁美さんと結婚。長男(8)、次男(5)、長女(1)の3人の子を持つ父親だ。 しかし「週刊新潮」では昨年末、20代後半の女性とフランス、チュニジアを旅行し、「ダミー」として男性も同行させていたと伝えられている。同誌 [全文を読む]

元妻に訴えられた“モラハラ離婚”乙武洋匡氏を、テレビ関係者は「もう使えない!」

日刊サイゾー / 2017年08月18日13時00分

昨年3月に5人の女性との不倫が報じられていたタレントの乙武洋匡氏に対し、同年9月に離婚した元妻の仁美さんが8月4日、損害賠償などを求めて東京地裁に提訴していたことが伝えられた。不倫の第一報を報じた「週刊新潮」(新潮社)によると、乙武氏とその不倫相手、2者への訴状が出されているという。「これで、乙武さんを番組で使いにくくなったことは確か。自身のことでなくても [全文を読む]

元妻に訴えられた乙武洋匡氏はモラハラ常習犯だった!? 離婚後、知人に送ったメールの内容に驚愕!

tocana / 2017年08月10日08時00分

発売中の「週刊新潮」(新潮社)が、昨年離婚した元妻・仁美さんが今月4日に乙武氏らを相手取り、東京地裁に民事提訴したというのだ。訴状は2通あり、1通は精神的損害の賠償などを乙武氏に求めるもの、もう1通は不貞行為による損害賠償を乙武氏と愛人女性に求めるものだ。 同誌によれば、きっかけは離婚成立後に放送された昨年11月のフジテレビ系「ワイドナショー」で、乙武氏が [全文を読む]

「乙武ファースト」の声も…… 週刊新潮の「元夫人が提訴」記事で乙武洋匡さんの『Twitter』炎上

ガジェット通信 / 2017年08月09日09時15分

昨年3月に「週刊新潮」に5人の女性との不倫疑惑を報じられ、9月に離婚した作家の乙武洋匡さんが元妻の仁美さんに提訴されたというもの。離婚の経緯については他言しない約束があったにも関わらず、乙武さんはフジテレビ『ワイドナショー』にVTR出演した際に経緯について語り、しかも内容は虚偽だったという。 翌8月9日発売の「週刊新潮8月17・24日夏季特大号」では、 参 [全文を読む]

転換期迎えた『笑点』 ブームの中で醜聞狙われた円楽

NEWSポストセブン / 2017年01月03日07時00分

『女性セブン』(4月14日号)は騒動直後に妻・仁美さんの告白を報じた。〈私は日常生活に困難を抱える彼と生活する大変さをわかって結婚したつもりでしたが、子供を育てる中で、手足のない体をぞんざいに扱ってしまったことで、彼がとても屈辱的な思いをしたこともあったと思います〉「先天性四肢切断」という障害を抱えて、着替えやトイレ、風呂、そして“性の処理”も一人ではでき [全文を読む]

フォーカス