身体 乙武洋匡に関するニュース

乙武洋匡氏の不倫謝罪文に私が心底落胆した理由

NEWSポストセブン / 2016年03月26日16時00分

要は、あの身体でどうやって性交渉をしてきたのかについて、ものすごい数の人々が興味津々なのであった。 私は、「えー、そこかぁ??」と一瞬たじろいたが、だからと言って、人々の衆愚性を腐してみたいとは思わない。ゲスなニュースの反応はその程度にゲスであって当然。あの身体でどうやって~と想像することは、氏のことを人間として見ていないのに近い態度だが、氏自身も、あの身 [全文を読む]

4月1日から「障害者」も放送禁止用語リストに追加!と乙武氏

秒刊SUNDAY / 2014年04月01日11時32分

これから身体障害者は、「身体に恵まれない方々」が正式名称になるのだとか。僕としては恵まれたと思ってるんだけどなあ…。— 乙武 洋匡 (@h_ototake)March 31, 2014乙武氏によると「今朝のニュースを見てビックリ。今日から、「障害者」も放送禁止用語リストに追加されるらしい。これから身体障害者は、「身体に恵まれない方々」が正式名称になるのだと [全文を読む]

不倫はそこまで悪なのか? 誰にでも起こりうる、防げないウイルスに必要な“不倫ワクチン”とは…

週プレNEWS / 2016年05月18日06時00分

例えば、重度身体障がいで両腕が麻痺している人は自由に自慰行為をすることすら叶(かな)いません。母親が手伝うことも珍しくありませんが、これは当事者・母親の双方にとって大きな精神的負担になる。こういった現状を打破するために、私は「ホワイトハンズ」という、障がい者に射精介助サービスを提供するNPOを創設しました。障がい者にとって、まず自分の性を肯定し、他人の性 [全文を読む]

「性欲大満足」!? 乙武洋匡氏の不倫騒動、貞操観念高き韓国でもイメージダウン必至か

日刊サイゾー / 2016年03月25日19時00分

身体的ハンデに負けないバイタリティーや深い教養、TwitterなどSNSを通してのブラックユーモアなどは、韓国でも絶賛されていたのだ。 また、韓国版『五体不満足』も、約50万部の売り上げを誇るベストセラーになっている。日本に比べて紙媒体の販売率が低い韓国において、これは脅威の販売数である。 それだけに、今回の不倫騒動は大きな注目を集めてしまった。韓国ネット [全文を読む]

不倫・乙武洋匡も唖然! 障害を超えて人生を謳歌した最強の身体欠損人間4選

tocana / 2016年03月25日07時00分

23日、タレントの乙武洋匡氏が5人の女性と不倫関係にあったことが「週刊新潮」(3月31日号)で報じられた。先天性四肢切断という重い障害を持ちながらも、明るく、社会活動をしてきた姿とはかけ離れた行状に、がっかりしている人も多い。 今回の不倫騒動は、彼の並外れた行動力が悪い方に発揮された事例だが、強い行動力や意志が社会で活躍することに必要なのは間違いない。そこ [全文を読む]

不倫・乙武洋匡も唖然! 障害を超えて人生を謳歌した最強の身体欠損人間4選

tocana / 2016年03月25日07時00分

23日、タレントの乙武洋匡氏が5人の女性と不倫関係にあったことが「週刊新潮」(3月31日号)で報じられた。先天性四肢切断という重い障害を持ちながらも、明るく、社会活動をしてきた姿とはかけ離れた行状に、がっかりしている人も多い。 今回の不倫騒動は、彼の並外れた行動力が悪い方に発揮された事例だが、強い行動力や意志が社会で活躍することに必要なのは間違いない。そこ [全文を読む]

乙武氏の発言またもや物議「刺青が嫌われるのはガラパゴスな文化」

秒刊SUNDAY / 2013年12月29日23時46分

おしゃれをするのに身体を傷つけるのは間違い・人の身体は観音様からの借り物、と言います。・インドネシアでも多く見かけます。分かりますが抵抗はありますね・じゃあ自分や息子、妻に対してタトゥーを入れてみればいい [全文を読む]

「死にたい…」別居報道の乙武氏から衝撃発言! 関係者が心配するほどに意気消沈か?

tocana / 2016年06月28日09時00分

「これまでの彼は身体的なハンデをバネに、健常者以上にエネルギッシュにふるまっていた。それが一連のスキャンダルで意気消沈し、妻にまで“お荷物扱い”されては、自身の存在意義を見失うのも当然です。“自分は何もできない”とマイナスイメージばかりが膨らんでいるようです」(同)。 本来ならば22日に公示された参議院選挙に出馬し、政治家への道を歩む予定だった乙武氏。そ [全文を読む]

乙武洋匡の不倫報道を障がい者はどう受け取った?...「障がい者も性欲はあるし、それをタブー視するな」

リテラ / 2016年05月06日11時49分

では、乙武氏と同じく身体に障がいを抱える人たちはこの不倫報道をどう受け取ったのだろうか。「SPA!」(扶桑社)2016年4月26日号には、こんなコメントが掲載されている。「おとちゃん(乙武氏)が何人もの女性と不倫をしていたというニュースは、身体障害者にとって大きな希望と勇気を与えるものだった。まぁ、とはいえ不倫は否定も肯定もしませんけどね(笑)」 この発 [全文を読む]

乙武クン不倫騒動で露呈、根深い障害者の性欲処理問題…30分3千円で射精介助の団体も

Business Journal / 2016年04月26日06時00分

事実、ホワイトハンズのケアにおいてはスタッフの身体に触れたり、脱衣を要求したりといった行為が禁止されている。ケアスタッフの性別は選べても、年齢や容姿の細かい指定はできないという決まりもある。公式サイトには「利用者の性的な快感を、意図的に最大化するような手段や技法を、ケアの過程で用いることは一切ありません」と注意書きされているほどだ。 [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない! 乙武氏の妻による謝罪コメントは「どこの昭和の政治家の奥さんだ!?」という印象…

週プレNEWS / 2016年04月06日10時00分

ただ、もし「子育てで忙しい妻にさらなる心理的・身体的な負担をかけないために納得ずくでそうしていた」のだとしても、複数と派手に遊んでいた様子からは女性への敬意はかけらも感じられません。 家族公認ならいくら遊んでもいいじゃん!というのはあまりにも子供じみた発想。「こんな人が小学校の先生だったの!?」とドン引き。思わず、子供部屋の本棚に並んだ乙武氏の小説『だいじ [全文を読む]

聞く力に続け!今年注目の「○○力」新書 売上ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月05日11時30分

【5位】『大人の精神力』(齋藤 孝/ベストセラーズ) 幼稚で頼りない大人が急増中! 精神とは言葉と身体を使い身につける「技」である。言葉のスペシャリストが送る、不安な時代を生き抜く“柔軟”な精神を作る最強メソッド10を紹介。 (ダ・ヴィンチ電子ナビ「○○な本ベスト5」より) [全文を読む]

フォーカス