出産 乙武洋匡に関するニュース

乙武氏「都民がバカにされている」 女性議員に対するひどすぎるヤジに著名人から批判噴出

ウートピ / 2014年06月20日10時05分

6月18日、東京都議会の本会議で、みんなの党の塩村文夏議員が一般質問で女性の妊娠・出産への都の支援の必要性を訴えたところ、男性議員から「早く結婚したほうがいいんじゃないか」「産めないのか」などとヤジが飛んだことが報道され、各方面から批判が殺到している。 女性の悩みについて質問中に人権侵害発言 塩村議員はツイッターで以下のように発言。 都議会での初の一般質問 [全文を読む]

2016年しらべぇ重大ニュース!世間を騒がせた「ゲス不倫」を振り返り

しらべぇ / 2016年12月27日09時00分

男性国会議員初の育休取得を宣言し、「イクメン議員」で知られていた宮崎謙介元議員が妻の出産入院中に、グラビアアイドルの女性を自宅の部屋に連れ込んだのだ。その後、宮崎元議員は謝罪会見を開き、議員辞職。一時は妻である金子恵美議員との離婚の噂もささやかれたが、離婚はしないと後に発表した。▽元記事はこちら■イクメン議員が不倫スキャンダル炎上! 裏の顔に引いた人は?■ [全文を読む]

「清原逮捕」「乙武不倫」「ホラッチョ」「保育園落ちた日本死ね」……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その2

ガジェット通信 / 2016年12月25日07時15分

妻の出産入院中に女性タレントと不倫をしていたということで猛批判を受けます。宮崎氏は議員辞職と相成りましたが、以前、山本モナさんと路チュー不倫を報じられた民主党(現・民進党)の細野豪志衆議院議員への批判も再燃。民主党の岡田代表は「自民党の責任は重い」と発言しましたが、「細野議員に言え」とツッコミが入る事態に。 ちなみに、今年の『ユーキャン新語・流行語大賞』の [全文を読む]

都知事選“ドタキャン”不出馬の石田純一に、民放各局「しばらく起用を避けるように」

日刊サイゾー / 2016年07月17日12時00分

政治色の強さが災いしたか、直後に妻でタレントの東尾理子が第二子を出産しても、長男の時のように出産から育児の過程をドキュメンタリー番組で取り上げるようなことはなく、その様子は夫妻自らブログで伝えていた。 「ほかのタレントの不倫騒動の時に、石田さんにコメントを求めに行ったりはしましたが、以前より扱いにくくなっていたのは確か」と前出ディレクター。 ただ、フジテレ [全文を読む]

“性豪”乙武洋匡氏の口説きテク「母性本能をくすぐる」「ホテルのバリアフリー状況も熟知」

日刊サイゾー / 2016年03月28日13時00分

くしくもこのメールマガジンが出された直後、その出版社の女性誌では、乙武氏が出産した妻を介護する内容の独占手記が掲載された。この手記では、女性誌の記者がおなかの大きな妻と一緒にいる乙武氏を目撃したことで後日、取材を申し込んだところ、乙武氏から編集部に丁寧な手紙が届いたことで実現したものだとされたが、「プチバッチ」はこれを「できすぎた話」と疑い、夜のご乱交ニ [全文を読む]

堀北真希「電撃引退」で浮上した乙武洋匡とのドロドロ因縁

アサ芸プラス / 2017年03月11日09時57分

「直前まで何も知らされなかった事務所側は最後まで結婚に反対していました」(前出・芸能関係者) 昨年12月に第1子を出産した際には、すでに両者の亀裂は決定的になっていたようだ。「事務所としては一刻も早く産休を終えて復帰してほしい。しかし、堀北さんは復帰オファーから逃げ回っていました。最後には、社長でも直接連絡を取ることは難しく、弁護士を通してやり取りしていた [全文を読む]

“清潔感タレント”の不倫転落劇、今年前半はこんなにあった!?

日刊大衆 / 2016年12月29日20時00分

2月には他にも、元衆議院議員の宮崎謙介氏(35)が、妻の金子恵美衆議院議員(38)の出産直前に元グラビアアイドルと不倫していたことが『週刊文春』の報道により発覚。これには世間はもちろん、政界からも多くの批判の声が上がり、結局、宮崎氏の議員辞職という結末を迎えた。 3月には米米CLUBの石井竜也(57)が、宮城県で行われた東日本大震災追悼法要に出席したのち、 [全文を読む]

五体満足なのにダメ…?「挫折・失敗」に打ち勝つための自己肯定感の育み方

It Mama / 2016年11月01日13時31分

平凡な夫婦の、平凡な出産。ただひとつ、その男の子に手と足がないということ以外は。手足のない我が子との対面。「かわいい」母の口をついて出てきた言葉は、そこに居合わせた人々の予期に反するものだったさらに、この母子初対面の成功は、傍から見る以上に意味のあるものだったと思う。・・・中略・・・母が、ボクに対して初めて抱いた感情は、驚き悲しみではなく、喜びだった。生後 [全文を読む]

母親による射精介助、タブー視される性教育……世間が黙殺する「障害者と性」の実情とは

日刊サイゾー / 2016年05月10日22時00分

「障害のある人も障害のない人と同じように、毎日の生活の中で恋愛やセックス、結婚や出産、育児の問題にぶつかり、時には笑いながら、時には悩みながら、それぞれの現実に向き合っています」と、坂爪氏が語る障害者の性の現実とは、一体どのようなものなのだろうか? 平成25年度版の障害者白書によれば、全国の障害者の数はおよそ741万人。うち、身体障害のある人の数は357万 [全文を読む]

乙武氏の妻は寛容なのか?日本女性の7割「夫が浮気しても離婚しない」―中国紙

Record China / 2016年04月08日22時10分

2月には、衆議院議員だった宮崎謙介氏が妻の出産6日前の2016年1月末、女性グラビアタレントを自宅に泊めたことが発覚。議員辞職したものの、妻である金子恵美衆院議員が離婚を選ぶことはなかった。 日本の女性が離婚を選ばないのは経済的に独立していないからだと分析されている。ほとんどの女性は結婚後、主婦になり夫の給料で生活を賄っている。つまり、離婚するということは [全文を読む]

乙武氏 妻の負担軽くするため家に帰らないこともあった

NEWSポストセブン / 2016年03月31日16時00分

偉大なる大役を果たしてくれた妻には、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです》 しかし、この出産と育児が夫婦にとって大きなターニングポイントとなった。乙武夫妻の知人が語る。「子供が生まれるまでの間は、仁美さんは乙武さんの介助を行うだけでした。でも、長男が生まれてからは、赤ちゃんの世話もしなくてはなりません。仁美さんにとっては体力的にとても厳しい闘いの日々が始まっ [全文を読む]

乙武洋匡氏「息子は最低…」実母が“献身15年妻”に謝罪

WEB女性自身 / 2016年03月29日00時00分

いっぽう法学部の仁美さんは弁護士を目指していました」(乙武夫妻の知人)仁美さんにとって、乙武氏と結婚し、出産することは 弁護士になる という自分の夢を諦めるということでもあったのだ。夫の介助に3人の子供たちの育児 、仁美さんの15年にも及ぶ献身を間近で見守っていただけに、実母の言葉は、乙武氏に厳しく、嫁への感謝に溢れていた。 「息子が至らないことは、お嫁さ [全文を読む]

【炎上】教育委員「障害児減らせる」発言が物議!乙武氏「生まれてこなければ・・・」

秒刊SUNDAY / 2015年11月19日18時00分

長谷川センセイ、私も生まれてこないほうがよかったですかね? / 障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言 https://t.co/2Q1AO5SDUZ #NewsPicks— 乙武 洋匡 (@h_ototake) 2015, 11月 19 朝日新聞の報道によりますと、教育委員である長谷川智恵子氏は障害児について「生まれてきてからじゃ本当に大変 [全文を読む]

フォーカス