乙武洋匡 週刊新潮に関するニュース

乙武洋匡が不倫相手と海外旅行、5人の女性との肉体関係も判明! でも政治家不適格の理由は別のところにある

リテラ / 2016年03月23日20時00分

本サイトで今朝お伝えした、自民党からの参院選出馬が確実視されている作家・乙武洋匡氏の"不倫スキャンダル"。明日3月24日発売の「週刊新潮」(新潮社)がスクープしたのだが、その概要が判明した。 「週刊新潮」が突き止めたのは、昨年末、乙武氏が20代の元ショップ店員の女性とチュニジアのリゾート、そしてパリに4泊の"不倫旅行"へ行っていた事実だという。「週刊新潮」 [全文を読む]

乙武洋匡氏が謝罪も…過去の笑えない「爆弾ツイート」を発見

しらべぇ / 2016年03月24日17時15分

乙武洋匡氏が3月24日発売号の『週刊新潮』で不倫をしたことを認め、世間を騒然とさせている。しらべぇでは昨日、乙武氏の過去の意味深なツイートをお伝えしたが、別の過去ツイートがネットで話題になっているようだ。これは「笑えない」内容であり、乙武氏擁護派も言葉が出ないのではないだろうか。■『五体不倫満足』と自虐していた問題のツイートがこちらだ。ハッシュタグ「#名作 [全文を読む]

【マジかよ】乙武洋匡さん不倫認めネット騒然!手も足も出ないと揶揄

秒刊SUNDAY / 2016年03月23日19時04分

しかも5人とか 幻滅でしかない・ 乙武洋匡氏の障害者プロレスデビュー熱望します。・ 乙武不倫とかくそうけんだけどwwwwwwwwwww・ 見た目や能力、生まれ育ち的に別に不倫のひとつやふたつしててもあまり違和感ないよね。・ 乙武氏、不倫?もうネタになっていない?・ 乙武苛つくわ・ 乙武さん酷いわ。奥さんかわいそうだなぁ・ 乙武さんってモテるんだな。 きっと [全文を読む]

乙武洋匡さん「なるほど、これが世に言う“忖度”か」 渡辺謙さんの不倫を報じるマスコミの姿勢に皮肉

ガジェット通信 / 2017年04月01日18時45分

しかし、昨年”センテンススプリング”で大騒動となったベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音さんの不倫報道や、『週刊新潮』が報じた乙武洋匡さんの5人の女性との不倫報道等に比べると、そこまで盛り上がっているようには見えず、またマスコミの報じる姿勢もおとなしいように思える。 30日に『J-castニュース』には 渡辺謙「不倫」に甘いテレビ ベッキーの時と「まるで違 [全文を読む]

【速報】乙武洋匡さん「離婚」を発表!ネットでは「奥さん可哀想」の声

秒刊SUNDAY / 2016年09月14日21時41分

不倫などの問題で騒動となっていた作家でスポーツライターの「乙武洋匡」さんがご自身のサイトで「離婚」を発表した。乙武さんは、「週刊新潮」で女性5人との不倫を報じられた以降、夫婦との関係が悪化し先ほど「私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます。」と発表した。ー別々の道へ乙武氏はご自身のサイトでこの度、私、乙武洋匡は、妻・ [全文を読む]

「乙武ファースト」の声も…… 週刊新潮の「元夫人が提訴」記事で乙武洋匡さんの『Twitter』炎上

ガジェット通信 / 2017年08月09日09時15分

8月8日、『デイリー新潮』が 「乙武洋匡」元夫人、乙武氏と愛人を提訴 『ワイドナショー』出演で https://www.dailyshincho.jp/article/2017/08081658/[リンク] という記事を掲載した。昨年3月に「週刊新潮」に5人の女性との不倫疑惑を報じられ、9月に離婚した作家の乙武洋匡さんが元妻の仁美さんに提訴されたというもの [全文を読む]

「清原逮捕」「乙武不倫」「ホラッチョ」「保育園落ちた日本死ね」……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その2

ガジェット通信 / 2016年12月25日07時15分

「ホラッチョ川上」さんの経歴詐称 クリス・ペプラーさんやジョン・カビラさんへの風評被害が懸念される http://getnews.jp/archives/1431384 一方で文春砲ならぬ「新潮砲」(!?)、『週刊新潮』3月31日号は「一夫一婦制では不満足『乙武クン』5人との不倫」と、乙武洋匡さんの不倫疑惑を大々的に報じました。 「『五体不倫満足』#名作 [全文を読む]

乙武ガールズも解散!? 「もう限界」不倫スキャンダルで離婚した乙武洋匡氏の悲しい現状とは?

tocana / 2016年09月21日07時00分

今年3月に「週刊新潮」(新潮社)で不倫問題が報じられた作家の乙武洋匡氏が14日、自身のサイトで妻・仁美さんとの離婚を発表した。同氏は「この度、私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます」とした上で 「夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。今後も彼らに恥じぬよう、父 [全文を読む]

乙武洋匡氏が家族と別居、離婚を視野に入れた話し合い

NEWSポストセブン / 2016年06月22日18時00分

不倫報道によって、参院選不出馬となった乙武洋匡さん(40才)が、離婚に向けた話し合いを始めているとの情報が入った──。世間を大きく騒がせ、夫婦が揃って謝罪した不倫騒動から3か月。再出発したはずの夫婦の絆が、切れた。「6月上旬のことです。乙武さんの妻の仁美さんがこう切り出したそうです。“疲れました。もう今の状況は耐えられません。別々に暮らしましょう”──乙武 [全文を読む]

不倫発覚の乙武洋匡氏がそれでも”選挙不出馬”にならないウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2016年03月29日12時07分

週刊新潮が報じた元教職員で文筆家の乙武洋匡氏(39)の"5股不倫問題"。その渦中で揺れる乙武洋匡氏の参院選出馬の話が、なぜだか止まる様子がない。その背景には、障がい者に対する意識の問題が見え隠れしている。 ■平等社会の盲点を世間に突きつけた乙武氏 週刊新潮に不倫問題をすっぱ抜かれた乙武氏。1998年に発売された著書『五体不満足』がベストセラーになったことで [全文を読む]

乙武洋匡氏の不倫謝罪文に私が心底落胆した理由

NEWSポストセブン / 2016年03月26日16時00分

乙武洋匡氏の不倫騒動が波紋を広げている。コラムニスト・オバタカズユキ氏が謝罪文から読み解く乙武氏とは。 * * * 古いかもしれないが、私は、不倫をするなら結婚するな、まだまだ遊びたければ独身で居続けろ、と考える人間である。同時に、ヒト様の下半身問題を云々するのはゲスであって、週刊誌が騒ぐのはそんなものだとしても、一緒になって「許せぬ、不倫野郎!」と世間が [全文を読む]

“5人不倫“乙武洋匡をテレビが障害者タブーと自民党への配慮で全面擁護、妻の謝罪を美談に! 出馬強行で手記の出版も

リテラ / 2016年03月24日21時30分

「テレビは"障害者"というだけで腰が引けてしまうから、乙武氏の場合は出馬取りやめにはいたらず、逃げきってしまうのではないか」 自民党からの参院選出馬が確実視されていた乙武洋匡氏に不倫スキャンダルが浮上したことをいち早く紹介した昨日の記事で、本サイトはこんな指摘をしていたが、どうやらこの予測は当たってしまいそうだ。 乙武洋匡の"5人不倫"スキャンダルを報じた [全文を読む]

2016年、不倫騒動の神対応は誰だ!?謝罪対応No.1決定戦

WEB女性自身 / 2016年03月24日17時00分

川谷絵音米米CLUB 石井竜也元衆議院議員 宮崎謙介落語家 六代・桂文枝元教員でタレント 乙武洋匡【採点方法】各自の不倫報道の対応に対して、以下の4項目で不倫のゲス度を割り出します。各項目対応のよかった人物を25点とし、5点ごとに減点。最も対応の悪い人を5点とします。なお、満点は100点。【採点項目】・対応方法・スピード・家族への配慮・脇の甘さ■対応方法 [全文を読む]

「不倫議員」は全員辞職するべきなのか?

プレジデントオンライン / 2017年09月13日15時15分

■林真理子も瀬戸内寂聴も乙武クンをかばった 政治家ではないが、昨年3月、参院選出馬を取り沙汰されていた乙武洋匡氏に不倫騒動が持ち上がった。報じたのは週刊新潮で、見出しは「『乙武クン』5人との不倫」だった。記事のリードには「想像を絶する」とか「まさかの乱倫正体」といったすさまじい表現が並んでいた。この「特ダネ」は、テレビやスポーツ紙などが相次いで追いかける [全文を読む]

菊川怜に上原多香子も…30代女性タレントに相次ぐ”男で失敗”の恋愛事情

デイリーニュースオンライン / 2017年08月28日11時50分

24日に発売された『週刊新潮』(新潮社)は、乙武洋匡氏(41)との間にかつて男女の関係があったのではと指摘している。二人は、上原が結婚する前にライブを見に行ったり、食事をするなど親密な交際があったのだという。 「上原はこういった不倫について、元SPEEDのメンバーであった今井絵理子参議院議員(33)に相談していたようで、今井は上原に熱心に指南していたという [全文を読む]

乙武洋匡さんの元夫人が提訴。不倫夫から取れる金額はどのくらい?

女子SPA! / 2017年08月18日15時47分

昨年3月に5人の女性との不倫関係が明らかになった乙武洋匡氏(41)。同年9月には離婚が成立、その後は徐々に活動を再開していましたが、今月4日、元夫人の仁美さんによって提訴されていたことが分かりました。 提訴の内容は、「精神的損害の賠償」および「不貞行為による損害賠償」。ともに乙武氏と不倫相手に対しての提訴となっています。◆ズバリ!請求される額はどの程度? [全文を読む]

元妻に訴えられた“モラハラ離婚”乙武洋匡氏を、テレビ関係者は「もう使えない!」

日刊サイゾー / 2017年08月18日13時00分

昨年3月に5人の女性との不倫が報じられていたタレントの乙武洋匡氏に対し、同年9月に離婚した元妻の仁美さんが8月4日、損害賠償などを求めて東京地裁に提訴していたことが伝えられた。不倫の第一報を報じた「週刊新潮」(新潮社)によると、乙武氏とその不倫相手、2者への訴状が出されているという。「これで、乙武さんを番組で使いにくくなったことは確か。自身のことでなくても [全文を読む]

芦田愛菜が子役から作家に?年間300冊の読書で身に着けた”処世術”

デイリーニュースオンライン / 2017年08月17日11時45分

読書で培った国語力が実を結び、女子の中学受験では最高峰とも呼ばれる超難関校に合格しました」(週刊誌記者) 芦田の好きな本は、乙武洋匡氏(41)の『五体不満足』(講談社)や赤川次郎の『セーラー服と機関銃』(主婦と生活者)、『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(講談社)などバラエティに富み、博識に磨きをかけているようだ。 「芸人で芥川賞作家の [全文を読む]

アメリカと北朝鮮の緊張エスカレートは本物か? 不倫記事ばかりの日本は不思議な国

J-CASTテレビウォッチ / 2017年08月10日14時42分

乙武洋匡氏が元妻から提訴されるところで、週刊誌は今週も不倫記事ばかり。外国からは、日本では不倫ばかりが横行し、『不倫口論』という雑誌まで出ている不思議な国だと思われているのではないか。まずは、昨年大騒ぎになった「5人不倫」の乙武洋匡氏のその後。彼は離婚して子どもとも別れ、一人暮らしを続けているらしいが、昨年(2016年)11月にフジテレビの『ワイドナショー [全文を読む]

元妻に訴えられた乙武洋匡氏はモラハラ常習犯だった!? 離婚後、知人に送ったメールの内容に驚愕!

tocana / 2017年08月10日08時00分

昨年3月の“愛人騒動”で株を下げた乙武洋匡氏に、またも醜聞噴出だ。発売中の「週刊新潮」(新潮社)が、昨年離婚した元妻・仁美さんが今月4日に乙武氏らを相手取り、東京地裁に民事提訴したというのだ。訴状は2通あり、1通は精神的損害の賠償などを乙武氏に求めるもの、もう1通は不貞行為による損害賠償を乙武氏と愛人女性に求めるものだ。 同誌によれば、きっかけは離婚成立後 [全文を読む]

フォーカス