河童 芥川龍之介に関するニュース

日本映画の傑作をオーケストラで!八つ墓村、八甲田山、赤穂浪士!芥川也寸志生誕90年メモリアルコンサート開催(5月31日品川大井町)

DreamNews / 2015年05月26日10時30分

ほかにも、芥川の父である龍之介の小説「河童」によるバレエ音楽や、NHK大河ドラマ「赤穂浪士」による組曲などが演奏される。新聞やラジオで話題となっているコンサートをお聴き逃しなく。日本映画の傑作「八つ墓村」「八甲田山」をフルオーケストラで! 生誕90年!作曲家 芥川也寸志(あくたがわやすし) 5月31日に記念コンサート開催 日本映画の傑作を音楽で支えた作曲家 [全文を読む]

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

オペラへの出演も、カヴァッリ「ラ・カリスト」、グルック「思いがけない巡り会い」、ハイドン「騎士オルランド」、トマ「ミニヨン」、マスネ「マノンの肖 像」、プッチーニ「トゥーランドット」、ドビュッシー「アッシャー家の崩壊」、セヴラック「風車の心」、石桁眞礼生「河童譚」、三木稔「うたよみざる」、 青島広志「火の鳥(ヤマト編)」など、日本初演作を含んで多彩である [全文を読む]

末期癌の医師・僧侶 仏陀が説く「苦」の意味を解説

NEWSポストセブン / 2016年05月10日16時00分

芥川龍之介さんの『河童』という小説です。 『河童』は昭和2年に書かれました。物語は認知症の主人公によって語られています。 〈けれどもお産をするとなると、父親は電話でもかけるように母親の生殖器に口をつけ、お前はこの世界へ生まれて来るかどうか、よく考えた上で返事をしろ、と大きな声で尋ねる……すると細君の腹の中の子は多少気兼ねでもしていると見え、こう小声に返事を [全文を読む]

坂口安吾もヒロポン常用者だった!? 薬物を大量摂取していた作家5選!

tocana / 2016年03月26日08時00分

晩年に書かれた『河童』『歯車』(ともに新潮文庫ほか)などは、妄想と現実が入り交じるドラッギーな世界観を表現しているといえるだろう。芥川は、自分とそっくりな人間が現れるドッペルゲンガー現象を恐れ、実際に遭遇したとも言われ、それが自殺の引き金にもなったといわれる。だが、ドッペルゲンガーは実在する現象ではなく、薬物中毒による妄想と見るのが現実的だろう。芥川は19 [全文を読む]

火に焼かれる娘さえ見殺しにする壮絶な“創作欲”―芥川龍之介『地獄変』| 連載第6回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月25日11時30分

主な作品に『羅生門』『芋粥』『蜘蛛の糸』『藪の中』『侏儒の言葉』『河童』『歯車』『或阿呆の一生』など。1927年(昭和2年)7月24日、田端の自宅で致死量の薬物(何の薬物だったかについては諸説あり)を飲み自殺。 芥川の初期の作品は古典文学を下敷きにしたものが多く、平安時代などを舞台にしていることから「王朝物」と呼ばれていて、『羅生門』『鼻』『芋粥』などは『 [全文を読む]

プラス思考に疲れたら。珠玉の「後ろ向きな名言」7選

TABIZINE / 2015年07月27日18時00分

■「阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている」 芥川龍之介が社会を痛烈に風刺した小説『河童』より。こう言われると人のことを馬鹿にできなくなりますね。 ■「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」 夏目漱石の『草枕』の冒頭シーンで、主人公の画家がこう独白します。どのように生きても、結局この世界は住み [全文を読む]

フォーカス