あらすじ 芥川龍之介に関するニュース

【文豪ストリエ】で名作読破にチャレンジ“トークアプリ風”読み物フォーマット『ストリエ』「太宰治」「宮沢賢治」「中島敦」らの文豪作品を新たにスタート!

PR TIMES / 2016年04月25日12時30分

<公開作品あらすじ>『走れメロス』[画像2: http://prtimes.jp/i/11240/81/resize/d11240-81-507556-2.jpg ] [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』の美麗ビジュアルが池袋駅に登場!!

PR TIMES / 2016年04月11日12時11分

【コミックス「文豪ストレイドッグス」CM第4弾】 [動画: http://www.youtube.com/watch?v=LXK7QrA0U0Y ] 【書誌情報】 [画像5: http://prtimes.jp/i/7006/2290/resize/d7006-2290-438962-8.jpg ] 『文豪ストレイドッグス』 原作:朝霧カフカ 漫画:春河 [全文を読む]

上村祐翔&宮野真守ナレーションによる『文豪ストレイドッグス』コミックス最新CMが公開!!

PR TIMES / 2016年04月06日17時37分

実際にどういった掛け合いになっているかは、是非CMを見てご確認ください! [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2276/resize/d7006-2276-520248-1.jpg ] [画像2: http://prtimes.jp/i/7006/2276/resize/d7006-2276-363774-2.jpg ] [画像3 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』シリーズ史上初、現役作家のキャラクターが小説内で異能力バトル!? スピンオフ小説『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』が1月30日に発売決定!

PR TIMES / 2015年12月04日12時09分

二人の知と力を尽くした死闘が、今、幕を開ける!!綾辻の監視役・辻村深月の運命は?連載時から話題騒然!!『文豪ストレイドッグス』の原作者自らが描く スタイリッシュ・アクション&ミステリ!!【あらすじ】綾辻行人は、殺人事件の真相を見抜くと犯人が必ず事故死するという異能「Another」を持ち、“殺人探偵”と呼ばれている。危険異能者を管理する異能特務課の新人エー [全文を読む]

芥川賞受賞の又吉直樹『火花』 芥川龍之介のひ孫はこう読んだ!

しらべぇ / 2015年07月16日20時00分

あらすじ 売れないお笑い芸人の僕・徳永は、花火大会の夜の営業で先輩芸人・神谷に出会い、その圧倒的な存在感に惹かれ弟子入りを申し出る。 自分の伝記を書いてくれるなら、ということを条件に神谷のもとへ弟子入りした徳永。それ以来ふたりは何かとつるむ様になり、徳永はいつも神谷に奢ってもらっていた。 しかし神谷は、やがて借金で首が回らなくなり行方不明に。徳永も相方 [全文を読む]

【著者に訊け】夏川草介氏 『本を守ろうとする猫の話』

NEWSポストセブン / 2017年02月09日16時00分

続く第二の迷宮「切りきざむ者」では、『走れメロス』=〈メロスは激怒した〉等々、〈あらすじ〉を読めば十分だと豪語する男が。第三の迷宮「売りさばく者」では、目先の利益だけを追求する出版社社長が登場。実はどの敵も自身に近いという。 [全文を読む]

『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』発刊のお知らせ

@Press / 2016年07月29日17時00分

意外と知らない名作のあらすじも、ざっくりつかめる一冊。読書感想文のサブテキストとして、また文学の教養を身に付けたい人のための入門書として活躍します。 【収録作】 夏目漱石『坊っちゃん』 織田作之助『夫婦善哉』 国木田独歩『武蔵野』 芥川龍之介『地獄変』 チェーホフ『桜の園』 尾崎紅葉『金色夜叉』 徳冨蘆花『不如帰』 小林多喜二『蟹工船』 ウィーダ『フラン [全文を読む]

吉川英治の小説「宮本武蔵」に隠された秘密

メディアゴン / 2015年12月06日12時00分

読者はもちろん、新聞社幹部は手のひらを返したように吉川英治を持ち上げ、あれほどパワハラを受けた編集担当も、小説の今後の展開、あらすじを知人から尋ねられたりして面目を施したそうだ。吉川も原稿アップが極めてハイペースになったという。さて、唐突だが巌流・佐々木小次郎のモデルは同時代の大衆作家・直木三十五である。直木三十五、菊池寛、吉川英治については「宮本武蔵」論 [全文を読む]

フォーカス