森鴎外 芥川龍之介に関するニュース

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

■配信中作品一覧≪田中芳樹作品≫ 銀河英雄伝説本伝・外伝(朗読:下山吉光)、アルスラーン戦記(朗読:下山吉光)、薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ(朗読:土師亜文)、創竜伝、ラインの虜囚(第22回うつのみやこども賞受賞作 朗読:浅井晴美)、タイタニア(朗読:岸尾だいすけ)、アップフェルラント物語(朗読:吉崎亮太)、ゼピュロシア・サーガ 西風の戦記(朗読:浅井晴 [全文を読む]

明治、大正の名作がズラリ! 「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2015年03月13日16時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年3月13日(金)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、iBooks、ならびにニコニコ静画にて、電子書籍「近代文学セット 夏目漱石『こゝろ』『三四郎』『それから』森鴎外『舞姫』芥川龍之介『羅生門』など」の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地 [全文を読む]

田端の記念館と「文豪ストレイドッグス」がコラボ

Walkerplus / 2016年10月20日08時00分

■ 描き下ろし作品も登場 朝霧カフカ原作、春河35(さんご)漫画の「文豪ストレイドッグス」は、文豪の芥川龍之介や中島敦、太宰治、森鴎外らをモチーフにしたキャラクターが登場するアクション漫画。現在、テレビアニメも放映中の人気作品だ。企画展の開催地である田端は、かつて芥川龍之介が暮らした街として知られており、「田端文士村記念館」には彼の貴重な原稿や書簡などが [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』のキャラクターたちが「ぷにっ」とした可愛らしい表情になって登場!~ぷに1.5『文豪ストレイドッグス』アニメイトポイント景品12月下旬より交換開始~

DreamNews / 2016年12月14日13時30分

今回のポイント景品では、中島敦、太宰治、芥川龍之介、中原中也、森鴎外、フランシス・Fの6種の缶バッジに加え、缶バッジを収納できるケースも登場いたします。 12月下旬より全国のアニメイト、アニメイトオンラインショップにて交換開始となりますので、お近くのアニメイトでご交換ください。 ■ポイント景品情報 ・『文豪ストレイドッグス』缶バッジ ぷに1.5 交換開始 [全文を読む]

黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.5 (3/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2017年06月02日09時00分

森鴎外っていう作家のお墓も。そういう歴史上の人物とか著名人の墓参りを趣味にする人を、最近では“墓マイラー”とかって呼んだりするんだけど、せっかくだし、太宰のお墓参りをしてみようと思ってさ」 ―――へぇ、そんなのがあるんですね。でも、好きな作家のお墓参りなら、ちょっとやってみたいかも。 太宰治のお墓に手を合わせる文学少女 それから、半歩先を歩くマリナの背中を [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

【50%オフ】つい人に話したくなる! 「雑学本」半額キャンペーン【学研リレーSALE】

PR TIMES / 2017年06月09日14時36分

「夏目漱石は自分の間違いを認めない」「森鴎外は元祖キラキラネームの名付け親」「太宰治は芥川龍之介が好きすぎ」など、文豪のトンデモ話が盛りだくさん。ちょっとためになって、だいぶ笑える日本文学コミック決定版!通常価格926円→SALE価格463円『一流の人は、なぜA3ノートを使うのか?』一人で責任を負うプレゼンも、300人の力を結集するプロジェクトも、成功の法 [全文を読む]

TVアニメ『文豪ストレイドッグス』より 「武装探偵社」「ポートマフィア」「黒の時代」 それぞれのキャラクターモチーフをあしらったデザインの【モチーフボールペン】が登場!

DreamNews / 2017年05月09日15時00分

《ポートマフィアver.》には、芥川龍之介、中原中也、梶井基次郎、尾崎紅葉、樋口一葉、夢野久作、森鴎外、計7名それぞれの能力や髪飾りなどのモチーフをあしらい、キャラカラーを使用してステンドグラス風に仕上げた1本です。 《黒の時代ver.》には、太宰治、織田作之助、坂口安吾、計3名のキャラクターのモチーフを使用しました。3人が乾杯をしたウィスキーや銃痕、鞠 [全文を読む]

「文豪ストレイドッグス ぺたん娘トレーディングアクリルストラップ Vol.2」新登場

DreamNews / 2017年03月31日18時00分

【商品概要】 商品名 :文豪ストレイドッグス ぺたん娘トレーディングアクリルストラップ Vol.2 絵柄 :全10種 本体素材 :アクリル製品サイズ :全長約65mm 価格 :単品 ¥650+税 / BOX ¥6500+税 JAN :単品 4589499080527 / BOX 4589499080534発売予定日 :2017年6月【ラインナップ】○中島敦 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

PR TIMES / 2016年10月17日15時20分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』公式サイト更新! リリース直前プロローグを実装!! 一部文豪のボイス公開のお知らせと初公開の文豪もご紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月17日15時00分

芥川龍之介(CV:諏訪部順一) 太宰治(CV:中村悠一)泉鏡花(CV:神谷浩史) 夏目漱石(CV:鳥海浩輔)宮沢賢治(CV:代永翼) 萩原朔太郎(CV:野島健児)中原中也(CV:柿原徹也) 江戸川乱歩(CV:斉藤壮馬)森鴎外(CV:大川透) 島崎藤村(CV:立花慎之介)尾崎紅葉(CV:緑川光) 中島敦(CV:石川界人)北原白秋(CV:花江夏樹) 志賀直哉( [全文を読む]

『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』発刊のお知らせ

@Press / 2016年07月29日17時00分

【収録作】 夏目漱石『坊っちゃん』 織田作之助『夫婦善哉』 国木田独歩『武蔵野』 芥川龍之介『地獄変』 チェーホフ『桜の園』 尾崎紅葉『金色夜叉』 徳冨蘆花『不如帰』 小林多喜二『蟹工船』 ウィーダ『フランダースの犬』 作者不詳『マザー・グース』 吉田兼好『徒然草』 有島武郎『カインの末裔』 太宰治『斜陽』 スウィフト『ガリバー旅行記』 陳寿『魏志倭人伝 [全文を読む]

たった16ページの本! 短編一編ずつの美しいデザイン文庫

anan NEWS / 2015年11月24日20時00分

◇左から『走れメロス』太宰治、『注文の多い料理店』 宮沢賢治、『白』 芥川龍之介、『変な音』 夏目漱石、『堕落論』 坂口安吾、『檸檬』梶井基次郎、『手袋を買いに』 新美南吉、『高瀬舟』 森鴎外 ※『anan』2015 年11月25日号より。写真・水野昭子 文・瀧井朝世 [全文を読む]

42歳で遅咲きデビューの巨匠・松本清張 貧しさと悔しさに満ちたその半生

太田出版ケトルニュース / 2015年11月17日11時04分

探偵小説雑誌『新青年』を購読して海外の探偵小説や江戸川乱歩の作品に衝撃を受け、新潮社の『世界文学全集』、芥川龍之介、夏目漱石、森鴎外の作品に触れたのです。青年時代には東洋陶器(現・TOTO)や八幡製鉄所の文学青年たちと交流し、短編を書いてみせたこともありました。 しかし、仲間から借りたプロレタリア文芸雑誌を読んでいたことで、不遇にも小倉警察署の赤狩りに遭 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

【半額セール】電子書籍『教科書では教えてくれない日本文学のススメ』セール実施!

PR TIMES / 2015年08月31日11時40分

そこで繰り広げられるドタバタと文豪たちの隠された素顔……「夏目漱石は自分の間違いを認めない」「森鴎外は元祖キラキラネームの名付け親」「太宰治は芥川龍之介が好きすぎ」など、文豪のトンデモ話が盛りだくさん。ちょっとためになって、だいぶ笑える日本文学コミック決定版です。 ◇学研BookBeyond http://bookbeyond.jp/d/134062150 [全文を読む]

「ノートを借りてみたい東大卒小説家は?」1位はダントツで夏目漱石! その理由は?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月13日21時40分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら ノートを借りてみたい東大卒小説家は? 1位 夏目漱石 (276票) 2位 星新一 (132票) 3位 芥川龍之介 (122票) 4位 森鴎外 (55票) 5位 三島由紀夫 (52票) 6位 中島敦 (45票) 7位 川端康成 (39票) 8位 東浩紀 (23票) 9位 内田百閒 (21票) 10位 安部公房 (1 [全文を読む]

知っていないと赤っ恥!日本人が海外で聞かれる「日本のこと」3つ

WooRis / 2014年04月02日16時00分

『平家物語』『源氏物語』『枕草子』はもちろんのこと、森鴎外や三島由紀夫、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治から、村上春樹など現代の作家の作品についてまで、多岐にわたって聞かれることがあります。 それと、もともと英文で発行された新渡戸稲造の『武士道』も、よく読まれているようなので、目を通しておくとよいかもしれません。 ■3:日本の文化 着物のことから、茶道、華道 [全文を読む]

綾野剛、内田篤人、EXILE TAKAHIRO……清川あさみが旬の男性被写体を縫いおろす話題のシリーズ「男糸 DANSHI」待望の書籍化!

PR TIMES / 2013年11月15日09時35分

■収録作品(敬称略・50音順) 浅野忠信×日本武尊(ヤマトタケルノミコト) 綾野剛×芥川龍之介 内田篤人×アキレス EXILE KEIJI×陸遜 EXILE TAKAHIRO×太陽神ヘリオス 金子ノブアキ×大天使ミカエル 桐谷健太×東洲斎写楽 窪田正孝×沖田総司 隈研吾×松尾芭蕉 栗原類×スナフキン 高良健吾×岡本太郎 斎藤工×高杉晋作 瀬戸康史×シャ- [全文を読む]

ハヤシライスの語源はHashed beef with Riceが転訛したもの?

NEWSポストセブン / 2013年01月23日07時00分

森鴎外が愛し、中国へ派遣される芥川龍之介は壮行会を開き、太宰治が処女作品集出版記念会を開くなど、数々の文豪に愛されてきた精養軒を、作家の山藤章一郎氏が訪れ、開業以来のメニュー・ハヤシライスについて綴る。 * * * 冬の某日、上野公園と精養軒を訪ねた。平日の正午前、背中にバッグを背負った男女の老輩がぞろぞろと美術館をへめぐっていた。精養軒も年配が目立った [全文を読む]

フォーカス