総務大臣 増田寛也に関するニュース

都知事候補・増田寛也、舛添並みの悪行露呈!ファーストクラス出張三昧、岩手の借金2倍膨張

Business Journal / 2016年07月16日06時00分

有力といわれているのは、自民党などが推薦している元総務大臣の増田寛也氏、野党4党が推薦しているジャーナリストの鳥越俊太郎氏、自民党前衆議院議員で元防衛大臣の小池百合子氏の3人だ。 だが、3氏ともに決め手に欠ける感は否めず、大混戦となっている。 小池氏は強い反対派がいる一方で、支持する人も多い。だが、自民党の推薦を受けられなかったことは大きなマイナス要因だ [全文を読む]

第一回 「結婚・婚活応援アワード」独自の婚活への取り組みを行う企業・団体を表彰 元総務大臣の増田寛也氏も婚活についてコメント

PR TIMES / 2016年12月12日17時43分

2016年12月6日(火)、一般社団法人 結婚・婚活応援プロジェクトは、ベクトルスタジオにおいて、結婚・婚活メディアカンファレンスを開催しました。結婚・婚活メディアカンファレンスでは、辻村都雄(結婚・婚活応援フ゜ロシ゛ェクト 代表理事) により、婚活に関して独自の取り組みを行っている企業・地方公共団体へ、「結婚・婚活応援アワード2016」の表彰が行われまし [全文を読む]

都民ファースト幹事長「自民党が奪った都民の5万円」

プレジデントオンライン / 2017年03月23日09時15分

第1次安倍内閣で総務大臣だった菅義偉氏と後任の増田氏は、都心から法人二税(法人事業税と法人住民税)を巻き上げ、地方の公共事業等にバラ撒く政策を実施してきました。現在、東京都から他道府県へ流出する税金の総額は、有識者の調査によると7兆2233億1200万円(平成25年度)にのぼり、東京都民一人あたり月額4万5482円になります。菅氏は、この一連の法案の実施 [全文を読む]

菅官房長官が発した「小池都知事の政治的抹殺」指令

日刊大衆 / 2016年12月13日18時00分

最初に出馬が取り沙汰された“桜井パパ(元総務事務次官の桜井俊氏=人気グループ『嵐』櫻井翔の父)”は総務大臣時代の直接の部下です。実際に出馬した増田寛也氏(元総務相)にしても、やはり総務大臣時代の人脈から絞り込みました」(菅氏に近い関係筋) つまり、都知事選は“菅人脈”VS小池氏という構図だったわけだ。「菅氏は、街頭演説に立つ機会こそ少なかったものの、選挙中 [全文を読む]

【永田町炎上】なぜ東京都民や横浜市民はタチの悪い知事ばかり選ぶのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月31日12時04分

かえって旧厚生省出身の元浅野史郎宮城県知事や旧建設省出身で、第一次安倍内閣や福田康夫内閣の総務大臣を務めた増田寛也元岩手県知事、旧自治省出身で、菅直人内閣の総務大臣に抜擢された片山義博元鳥取県知事のような行政手腕に選れ、識見の高い、優れた人物が多い。 ■都会の有権者はなぜか問題児がお好き ところが都市部ではそうはいかない。メディアは誰に頼まれたわけでもない [全文を読む]

コマツ、SBプレイヤーズ 課題山積の地方を救う「大企業」の知恵

Forbes JAPAN / 2016年05月24日10時00分

のちに地方創生の旗振り役となる元総務大臣だ。増田は孫に地方経済の窮状を訴え、こんな願い事をした。「経営難の岩手競馬をネットの力で何とか救ってもらえませんか」本来、地方競馬の収益は自治体の財源として地域振興に役立つはずだ。ところが赤字に陥り、00年代から各地で競馬場の廃止が相次いでいた。当時、岩手競馬の累積赤字は100億円超。中央競馬と違い、地方は興行エリア [全文を読む]

地方移住礼賛ブームのまやかし 生活費アップ、低福祉や寿命縮める恐れ

Business Journal / 2015年06月18日06時00分

6月4日、日本創成会議の増田寛也座長(元総務大臣)は記者会見を行い、「このままでは、高齢化によるニーズ急増で、東京圏では介護・医療が行き届かなくなる恐れがある。介護が必要になる前に地方に移住する『日本版CCRC』の推進が、その有力な対策になるだろう」という認識を示した。それは、安倍晋三内閣が進めている「地方創生」にもかなうものだ。 CCRCとは「Conti [全文を読む]

地方消滅のまやかし、東京に出てくると出生率が下がるはウソ?

週プレNEWS / 2015年04月14日12時20分

* * * 山本 そもそも地方創生の議論の発端になったのは増田寛也さん(元総務大臣・元岩手県知事)が座長を務める日本創成会議・人口減少問題検討分科会が昨年5月に発表した「消滅可能性自治体リスト」と「ストップ少子化・地方元気戦略」。これを基に編集された『地方消滅』(中公新書)も話題になりました。 ところが、実はこれは“インチキ”と言ったら失礼ですが、正当性 [全文を読む]

「一般社団法人 結婚・婚活応援プロジェクト」設立から2周年を記念して会員総会を実施 増田寛也 元総務大臣、石崎徹 衆議院議員も出席

PR TIMES / 2017年05月31日15時00分

総会には、元総務大臣で、当社団アドバイザーの増田寛也、婚活・ブライダル振興議員連盟事務局長の石崎徹 衆議院議員も出席し、婚活・結婚事業に対する期待と激励の言葉がありました。そのほか、当社団の参画企業でもあり、全国で100店舗以上を展開する「相席屋」を運営している株式会社セクションエイト代表取締役の横山淳司氏より、新しい婚活事業のポイントなどについてマーケテ [全文を読む]

小池百合子氏 針路変更の巧みさでケンカに勝ってきた

NEWSポストセブン / 2016年08月05日11時00分

所属する自民党からも支援されない孤立無縁の中で選挙戦に挑み、自民党と公明党が推薦した元総務大臣の増田寛也さん(64才)、野党4党の支援を受けたジャーナリストの鳥越俊太郎さん(76才)を見事に振り切った。彼女の勝因について、政治アナリストの伊藤惇夫さんは次のように分析する。「小泉純一郎元首相が“自民党をぶっ壊す”と言ったように、小池さんも東京都連との対立の構 [全文を読む]

鳥越俊太郎氏、池上彰との中継依頼を拒絶…敗戦の弁で「女子淫行疑惑報道」への批判展開

Business Journal / 2016年08月01日01時00分

今回の都知事選では、小池氏、元岩手県知事で元総務大臣の増田寛也氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が有力候補として、最後まで三つ巴の選挙戦を繰り広げたが、鳥越氏に関するさまざまなニュースがしばしば話題を呼んだ。 公示2日前に突如出馬を表明した鳥越氏は、出馬会見で「公約はこれから考える」と発言。さらに他の候補者とくらべて極端に一日当たりの演説回数が少なく、候補 [全文を読む]

小池百合子氏、猪瀬元知事に指南役を要請「東京都連の闇を暴き立てることを期待。戦争に」

Business Journal / 2016年07月31日23時00分

今回の選挙で小池氏は、東京都選出の自民党所属衆院議員であるにもかかわらず、党の推薦を受けられず、一方で党は元岩手県知事で元総務大臣の増田寛也氏を擁立。異例の「保守分裂選挙」となったことが話題を呼んだ。 これについて池上氏から質問を受けた小池氏は、「今回は(自民党東京)都連が公認権を持っておられるわけですが、そこに至るまでのさまざまな決定ということについて [全文を読む]

小池百合子氏、池上彰に猛反論…自民党を公然と批判「東京から過疎地に金を配る方を担いだ」

Business Journal / 2016年07月31日22時00分

今回の選挙で小池氏は、東京都選出の自民党所属衆院議員であるにもかかわらず、党の推薦を受けられず、一方で党は元岩手県知事で元総務大臣の増田寛也氏を擁立。異例の「保守分裂選挙」となったことが話題を呼んだ。これについて池上氏から「(小池氏は)自民党を敵に回してしまった。なんで、こんなにみんなから嫌われているのですか?」と聞かれると、小池氏は「自民党全部を敵に回 [全文を読む]

東京の未来に向けて、若者からの質問―都知事選公開討論会

政治山 / 2016年07月13日11時50分

登壇したのは宇都宮健児氏(元日弁連会長)、小池百合子氏(元防衛大臣)、中川暢三氏(元加西市長)、増田寛也氏(元総務大臣)、山口敏夫氏(元労働大臣)の5人(50音順)。公益社団法人東京青年会議所が主催し、NPO法人YouthCreate代表の原田謙介氏がコーディネーターを務めました。 討論会では、すべての候補者が政治とカネの問題を重視し、給付型奨学金制度など [全文を読む]

上杉隆氏 都民の税金取取り戻し待機児童問題解決を公約

NEWSポストセブン / 2016年07月12日07時00分

この法人事業税などの東京イジメの税制改悪を行なったのが、総務大臣時代の増田寛也氏でした。ある都庁幹部職員に依頼した試算では、これまでに都から奪われた法人事業税の総額は1兆2300億円にも上ります。さらに今後、五輪までに1兆2800億円もの税金が都から奪われる試算になる。 私の公約は、本来なら東京都に入るはずの税収を、都民に取り戻すことです。年間3200億 [全文を読む]

小池百合子「時の権力者」に乗り続けた女の「勝負勘」

WEB女性自身 / 2016年07月07日06時00分

だが7月1日、自民党東京都連内では、増田寛也元総務大臣(64)の擁立論が急浮上。同日深夜、出馬の決意を小池氏本人にあらためて聞いた。 「覚悟があるから、会見で『崖から飛び降りる』と言ったわけです。もちろん、自民党の議員ですから、党の推薦をいただくのが前提ですよ。ただ、今後の状況次第で変わる(出馬する)こともあるでしょうね」 政界渡り鳥、不退転の勝負である [全文を読む]

舛添要一氏 「もちろん自費で」自宅を耐震リフォーム

NEWSポストセブン / 2016年07月06日16時00分

奥さんはたまにいらっしゃるようですが、舛添さん本人はめっきりお見かけしなくなりました」(近隣住民) 舛添氏の辞任を受けて急遽行われることになった都知事選には、元防衛大臣の小池百合子氏(63才)や、前岩手県知事で元総務大臣の増田寛也氏(64才)などの名前があがっている。 そんななかで、ひっそりと自宅のリフォームを進める舛添氏。自宅の中からは、電動ノコギリや釘 [全文を読む]

優木まおみ、岸博幸も...復活した原発広告に文化人や芸能人がまたぞろ登場! 500万円の高額ギャラも

リテラ / 2016年03月11日11時35分

表向きは、経済評論家の勝間和代、元総務大臣で現野村総研顧問の増田寛也、最近は"ママタレ"として活躍する元グラドル・優木まおみが、橋本五郎・読売新聞特別編集委員をコーディネーターにして「これからのエネルギー」について語るという体裁になっているが、実際は完全に、電力業界の司令塔・電力事業連合会(電事連)の広告である。内容は、こんな感じだ。〈勝間 原発が停止し [全文を読む]

新婚の釈由美子 結婚・婚活のカンファレンス登場でにっこり

NEWSポストセブン / 2015年12月05日16時00分

カンファレンスには、代表理事で元総務大臣の増田寛也氏、株式会社ワーク・ライフバランス社長の小室淑恵氏のほか、来賓として衆議院議員で婚活・街コン推進議員連盟会長の小池百合子氏も登場した。 小池氏が所属する議連は、安倍政権の「一億総活躍社会の実現」において、希望出生率を1.8にすると掲げられていることを受け、婚活・結婚政策をさらに前進させようとしている。その [全文を読む]

元総務大臣 増田氏が結婚・婚活メディアカンファレンスにおいて企業・団体に対し、結婚・婚活推進を提言 ゲストの釈由美子さんは新婚生活について語る

PR TIMES / 2015年12月01日18時17分

結婚・婚活メディアカンファレンスには、増田寛也(結婚・婚活応援フ゜ロシ゛ェクト 代表理事、日本創成会議座長、元総務大臣) に加え、来賓の小池百合子 氏(衆議院議員、婚活・街コン推進議員連盟 会長)、小室淑恵氏(株式会社ワーク・ライフハ゛ランス 代表取締役社長)、釈由美子 氏(女優)にご参加いただき、結婚や婚活に関して、語っていただきました。 また、カファ [全文を読む]

フォーカス