厚化粧 増田寛也に関するニュース

初の女性都知事誕生!世界的にはこんな女性リーダーも

しらべぇ / 2016年08月02日17時00分

今回の都知事選で増田寛也氏の応援に駆けつけた石原慎太郎前都知事が、小池氏に対し「厚化粧」と発言したのが原因による女性票離れと近いものを感じる...。韓国国内では北朝鮮対策の評価が高い一方で、外交での評価の低さが目立っている。■イギリス:メイ首相※画像はwikipediaのスクリーンショット有名な故マーガレット・サッシャ―氏以来の女性の首相テリーザ・メイ。 [全文を読む]

石原慎太郎 逆憤会見で「対小池百合子“百条バトル”」への全内幕!(2)2人は本当に敵対しているか…

アサ芸プラス / 2017年03月13日05時55分

息子のためにと増田氏の応援弁士に立った石原氏は、小池氏を「大年増の厚化粧」と罵った。 この辺りから両者のバトルが始まったと解説するメディアもあるが、小池支持の都議会会派幹部は言う。「厚化粧発言に小池さんは傷ついたかもしれませんが、逆にそれをネタにして訴え、多くの女性の共感を得ました。小池さんは、そんなことで石原さんを生涯恨むような小さな器ではなく、一枚も二 [全文を読む]

2016年政治家失言大賞は石原慎太郎氏の「厚化粧の女」か

NEWSポストセブン / 2016年12月22日16時00分

「大年増の厚化粧がいるんだな。やっぱり厚化粧の女に任せるわけにはいかない」(7月26日の増田氏の決起集会) これが女性有権者の怒りを買い、勝敗は決した。都知事選に決定的な影響を与えたという面で「失言大賞」の有力候補だろう。 ※週刊ポスト2017年1月1・6日号 [全文を読む]

最側近「自民党・若狭勝」が小池百合子都知事の“オンナの器”を語り尽くした!(3)社会で女性が輝くためには…

アサ芸プラス / 2016年11月02日05時55分

その日、自民党が擁立した増田寛也元総務相の応援に立った石原慎太郎元知事が小池氏を「厚化粧の大年増」と罵った。若狭氏はこのことを取り上げた時に、言葉を詰まらせたのだ。「小池さんのために泣いたとかいろいろ言われました(笑)。でも、あれは僕なりのちゃんとした理由があるんです。僕は女性の人権問題に関しては、どうかすれば小池さんより思い入れが強い。僕のライフワークで [全文を読む]

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(1)小池百合子VS石原慎太郎「愛憎50年」

アサ芸プラス / 2016年10月01日09時55分

両氏の遺恨と言えば、今年7月の都知事選で、石原氏が「大年増の厚化粧」などと小池氏を罵倒し、敵対したことが記憶に新しい。政治部デスクが解説する。「本来2人はタカ派的思想で政治家としてのイデオロギーも近い。実際、14年に5000万円の資金提供問題で辞任した猪瀬直樹氏(69)の後任候補として、小池氏を擁立しようとしたのが当の石原氏。『必要な金も出す』と言うほど小 [全文を読む]

職員が見た“頻繁に立ちくらみ・化粧で顔色隠し…”小池百合子都知事にささやかれ始めた「健康不安」

アサ芸プラス / 2016年09月19日05時55分

選挙戦で対抗馬の増田寛也氏(64)を応援していた石原慎太郎氏(83)から「大年増の厚化粧女」と罵られた小池氏だが、「揶揄する意味ではなく、都知事就任後、化粧はさらに厚くなりましたね。石原氏の『厚化粧発言』に対して、小池さんは『アザを隠すため』と語っていましたが、最近は『顔色の悪さを隠すため』ではないかとされています」(都庁担当記者) さらにこの担当記者は [全文を読む]

小池百合子氏 針路変更の巧みさでケンカに勝ってきた

NEWSポストセブン / 2016年08月05日11時00分

「小泉純一郎元首相が“自民党をぶっ壊す”と言ったように、小池さんも東京都連との対立の構図を作り、既得権益に敢然と立ち向かう姿勢を示して世論を味方につけた」 元東京都知事の石原慎太郎さんに「大年増の厚化粧」と罵倒された時には、街頭演説で「今日は薄化粧で来ました」と切り返し、逆に“一本”取って話題を集めた。「ブラックボックスだ」などと激しく批判してきた都議会と [全文を読む]

都知事選敗北の責任を入院中の谷垣に押し付け! 石原伸晃の絵に描いたような“無責任アホボン“言行録

リテラ / 2016年08月03日21時00分

さらに、石原は自分の父親である石原慎太郎を増田の応援に担ぎ出したが、その慎太郎が「厚化粧の大年増」などと発言したことで、女性が完全に増田にそっぽ。小池の当選を決定づけてしまったのである。 そう考えると、最初から最後まで、今回の都知事選敗北の戦犯は明らかに伸晃なのだ。それを、伸晃はこの辞任表明会見で、選挙は党本部が管理してきたのだから都連会長の自分には責任 [全文を読む]

小池百合子都知事誕生「内ゲバ」収束の鍵は2人の「茂」

WEB女性自身 / 2016年08月02日06時00分

「大年増の厚化粧」7月26日、石原慎太郎元都知事(83)の、小池百合子氏(64)への暴言だ。本人は、街頭演説で皮肉たっぷりにこう反撃。「今日は薄化粧で来ました!」 オトコの「口撃」へのカウンターで、オンナの票を掴むしたたかさが、勝利のゆえんだった。 では、自民分裂選挙で誕生した小池都知事に、安倍晋三首相はどう対峙するのか。 「今回の都知事選が『内ゲバ』とも [全文を読む]

小池百合子氏、猪瀬元知事に指南役を要請「東京都連の闇を暴き立てることを期待。戦争に」

Business Journal / 2016年07月31日23時00分

このほかにも番組内では、池上氏から「選挙戦の最中に小池さんのことを“厚化粧の女”と呼んだ人がいます。それを聞いて“しめた”と、思ったんじゃないですか?」と問われると、小池氏は「私は(鼻の横を指で差して)ここにアザがありまして、それでもうまく隠して、アザがある方って結構苦労しておられるんですよね。そういう意味では、ちょっとグサッときたかなあと思いました」と [全文を読む]

進化か退化か?都知事選が人気投票から脱して”失点合戦”へ|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日14時05分

自民党本部で決起大会を開いたことろ、応援演説の石原慎太郎氏が鳥越氏を「売国奴」、小池氏を「厚化粧」と言ったのだ。 もういけない。わかりやすいワイドショー物件である。実際にデカデカと報道され、どう考えても鳥越、小池陣営を奮起させるひと言になった。石原慎太郎の心情も想像できる。息子の伸晃が今回「分裂選挙」を演出してしまったからだ。 「自民党都連会長・石原伸晃の [全文を読む]

フォーカス