自民党 増田寛也に関するニュース

渡る世間で鬼退治。政界渡り鳥・小池百合子は、なぜ出世していくのか?

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時30分

そして、自民党東京都連会長・石原伸晃さんに推薦を依頼。石原さんは、「7月10日の参院選の投票後に結論を出したい」と即答を避けました。 これ、面白い行動ですね。普通は、最初に自民党東京都連と話をつけてから、「立候補します!」と宣言するのではないでしょうか? 自民党に所属しているのですから。ところが小池さんは、まず「立候補します!」と宣言してから、自民党東京都 [全文を読む]

空気の読めない菅長官「千代田区長選で小池百合子退治」

プレジデントオンライン / 2017年01月27日15時15分

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの小池百合子都知事は現職の石川雅己区長を応援するが、これに対抗して都議会自民党のドン・内田茂都議は与謝野馨元官房長官の甥・信氏を擁立。昨年夏の都知事選で激突した小池氏と自民党東京都連の構図が再び浮かび上がった。さらに注目度が増すのは菅義偉官房長官の存在だ。都知事選で増田寛也元総務相を担ぎ出し、小池氏に惨敗した菅氏は千代田区での「代理 [全文を読む]

都知事選で増田氏が苦戦 背景に自民党の過度な党員引き締め

NEWSポストセブン / 2016年07月24日07時00分

そもそも参院選で“大勝利”したはずの自公両党が推薦する増田寛也氏が、東京都知事選で苦戦に追い込まれている原因は、自民党の過度な党員引き締めが反発を買ったからだ。 参院選投開票日翌日、自民党東京都連の石原伸晃・会長と同幹事長で「都議団のドン」と呼ばれる内田茂・都議は連名で、 〈党員は党推薦候補以外を応援してはならない〉 〈各級議員(親族含む)が非推薦の候補を [全文を読む]

「都議会のドン」に追われた男が、小池都知事と共に仕掛ける復讐劇

まぐまぐニュース! / 2016年08月19日05時00分

(中略)都議会自民党など議会各会へのあいさつも済ませました。このあいさつには石原都政で副知事を務めた浜渦さんも同行しました。 選挙期間中、小池の攻撃の標的にされた「都議会のドン」内田茂によって、副知事辞任に追い込まれたかつての「都庁の支配者」が、まるで用心棒のように小池に付き添い、内田の牙城に乗り込んだのである。これは何を意味するのだろうか。 浜渦は、東京 [全文を読む]

小池百合子「東京都知事」誕生間近!演説がライブ会場化!なぜ「百合子」旋風起きた?

Business Journal / 2016年07月30日06時00分

岩手県知事時代の実績などを暴かれると、実務能力に疑問が投げかけられ、さらに増田氏を推薦する自民党の醜聞が流れて一気に劣勢となった。 鳥越氏と小池氏による一騎打ちの様相を呈し始めた選挙戦中盤、鳥越氏に14年前の女性スキャンダルが明るみに出て、鳥越氏は急速に支持率を下げた。疑惑が浮上した後の対応も誠実さを欠いたことから、批判的意見が勢いを増しており、もはや再浮 [全文を読む]

小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日05時00分

都民は「自民党の闇勢力に立ち向かう女性候補」としての小池氏を選択した形となりました。しかしメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、新都知事の政治信条がどこにあるのかはっきりしないとした上で、小池都政にはらむ「2つの危険」を指摘しています。 小池百合子が防衛事務次官の携帯に残した「一秒の履歴」 2007年7月4日に初の女性防衛大臣になり、 [全文を読む]

小池塾 反対するなら刺客立てるとの都議会への牽制

NEWSポストセブン / 2016年11月04日07時00分

それを誰よりも分かっているからこそ、小池氏は都知事選挙という〈第1ラウンド〉で「自民党」を敵と位置づけて増田寛也元総務相との戦いを勝ち抜き、〈第2ラウンド〉ではオリンピック会場問題や豊洲新市場問題で「都の役人」らを槍玉にあげてきた。小池側近が語る。「知事は、オリンピック会場問題でも豊洲新市場でも落とし所を探っている。五輪ボート会場では埼玉の彩湖を候補から [全文を読む]

東国原英夫が大胆予測。都知事選は鳥越氏が当選確実?

週プレNEWS / 2016年07月16日06時00分

でも、自民党には小池さんを嫌いな人がたくさんいます。今回の都知事選の立候補のプロセスを見てもわかるように、小池さんは周りを無視して自分勝手な行動を取る。だから自民党や都連は怒って増田さんを担いだ。自民党が増田さんを擁立したということは、小池さんだけは絶対に都知事にさせたくないという気持ちの表れですからね。 そもそも自民党が一番怖かった野党候補は蓮舫さんで [全文を読む]

小池百合子氏 針路変更の巧みさでケンカに勝ってきた

NEWSポストセブン / 2016年08月05日11時00分

自民党東京都連の意向に背いていち早く出馬を表明。所属する自民党からも支援されない孤立無縁の中で選挙戦に挑み、自民党と公明党が推薦した元総務大臣の増田寛也さん(64才)、野党4党の支援を受けたジャーナリストの鳥越俊太郎さん(76才)を見事に振り切った。彼女の勝因について、政治アナリストの伊藤惇夫さんは次のように分析する。「小泉純一郎元首相が“自民党をぶっ壊 [全文を読む]

イデオロギーで選ぶな新都知事 決め手は実行力 Japan In-depth編集長 安倍宏行

Japan In-depth / 2016年07月31日10時11分

今回は、21人という大量の立候補者がいるが、実質は、自公推薦の増田寛也 前岩手県知事、野党四党推薦のジャーナリスト鳥越俊太郎氏、そして自民党の推薦は得ていない元防衛相の小池百合子氏の3名の戦いと言われている。舛添氏の公私混同といわれるお金の使い方や公用車の使い方から、都知事の資質が問われることになり、任期を全うすることなく都知事選が行われることになった。そ [全文を読む]

小池百合子・鳥越俊太郎・増田寛也 「ポスト舛添」の向こうズネ!(1)保守分裂の行く先は?

アサ芸プラス / 2016年07月25日05時55分

新聞・ワイドショーは連日べったり小池氏に張りつき、みごとにメディアジャックを成功させました」 7月10日の参院選開票直後には党本部にみずからの推薦取り下げ願いを提出、自民党本部とも全面対決の姿勢を貫いた。「これまで、自民党での小泉純一郎元総理(74)をはじめ、次々と大物をパトロンとする“ジジ殺し”で政界をのし上がった“政界の渡り鳥”のテクニックはさすが。現 [全文を読む]

争点は「都政の透明化」 若狭勝衆院議員インタビュー

Japan In-depth / 2016年07月17日23時15分

自民・公明の推薦を受けた元岩手県知事・元総務相増田寛也氏、自民党で元防衛相小池百合子氏。そして野党統一候補、ジャーナリスト鳥越俊太郎氏だ。小池氏は現職衆議院議員だったが、自民党の推薦は得られなかった。その小池氏に対し、自民党東京都連は7月11日、「都知事選挙における党紀の保持について」と題する文書を党員に配布。党として増田寛也氏を推薦するとした上で、他候補 [全文を読む]

ヤバいのは小池百合子だけじゃない! 自公が推す都知事候補・増田寛也と原発ムラ=東電とのただならぬ関係

リテラ / 2016年07月21日19時30分

今回、自民党は大本命だった嵐・櫻井翔の父親である桜井俊・元総務事務次官に逃げられ、岩手県知事を3期12年務めた経歴をもつ増田寛也氏を擁立。猪瀬直樹、舛添要一と立てつづけにカネの問題で失脚してきただけに、自民党は増田氏が"クリーンな政治家""実務家"だとアピールするが、それは大ウソだ。 たとえば、増田氏は岩手県知事時代、1年間で国内外に171回も出張を行い [全文を読む]

お咎めなし。安倍首相が「百合子の乱」を静観しているワケ

週プレNEWS / 2016年07月19日06時00分

都知事選における自民党の「分裂選挙」の引き金になった、小池百合子による“強行”立候補だが、これに対して安倍首相は依然として静観の構えだ。それはなぜか? 安倍官邸周辺の声を探っていると、小池と安倍首相に“ある利害の一致”が見えてきた。それは「東京五輪にまつわる利権を一手に差配するとされる森喜朗元首相を排除したいとの願望」だ。 ある自民党議員がこう証言する。 [全文を読む]

<無知か?暴論か?>続出するテレビに出る人たちの「びっくり発言」

メディアゴン / 2016年07月16日07時30分

まだまだあるのですが自民党は大丈夫でしょうか。【参考】<三宅洋平氏落選>実態なき支持層が産み出した「選挙フェス」という都市伝説そう言えば、都知事選で小池百合子さんへの支援を封じるために自党議員に出した「都知事選挙における党規の保持について」という文書にはびっくりです。自民党都連会長の石原伸晃経済再生担当相や都連幹事長の内田茂都議らの連名で出されたものです。 [全文を読む]

猪瀬直樹が都議会を猛烈バッシング 都民は冷ややかな反応か

しらべぇ / 2016年07月16日07時00分

「都議会のドン」とも呼ばれる自民党都連、内田茂幹事長の命令書であり、そこには増田寛也氏のみを応援し、各議員がそれ以外の候補を応援すれば除名処分となる旨が書かれている。しかも、親族が応援しても処分になるらしい。自民党都連(内田幹事長)の命令書、添付写真。各級議員(親族を含む)が非推薦の議員を応援したら除名、とあります。親族を含む、に苦笑。北朝鮮じゃないんだか [全文を読む]

都知事候補・増田寛也、舛添並みの悪行露呈!ファーストクラス出張三昧、岩手の借金2倍膨張

Business Journal / 2016年07月16日06時00分

有力といわれているのは、自民党などが推薦している元総務大臣の増田寛也氏、野党4党が推薦しているジャーナリストの鳥越俊太郎氏、自民党前衆議院議員で元防衛大臣の小池百合子氏の3人だ。 だが、3氏ともに決め手に欠ける感は否めず、大混戦となっている。 小池氏は強い反対派がいる一方で、支持する人も多い。だが、自民党の推薦を受けられなかったことは大きなマイナス要因だ [全文を読む]

自民党都連の命令書に猪瀬直樹氏「北朝鮮じゃないんだから」 親族が小池氏を応援したら除名処分!?

ガジェット通信 / 2016年07月13日14時30分

元総務相の増田寛也氏、元防衛省の小池百合子氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、元日弁連会長の宇都宮健児氏が有力候補として挙がっているが、自民党は増田寛也氏の推薦を決定。自民党衆議院議員の小池百合子氏が立候補すると分裂選挙となるが、自民党東京都連が7月11日に配布した文書が話題になっている。 都知事選挙における党紀の保持について というもので、党として増田寛也 [全文を読む]

小池百合子「時の権力者」に乗り続けた女の「勝負勘」

WEB女性自身 / 2016年07月07日06時00分

「実績やネームバリューで自分に勝てる相手は出ず、最終的に自民党は自分を推薦するだろうと考えた。仮に、自民党を除名されてでも出るつもりでしょう。その場合『反安倍』を打ち出せば、小泉純一郎、細川護熙両元首相の応援を仰げると踏んだ」(同前) 6月29日の小池百合子衆院議員(63)による都知事選 電撃出馬 は、周到すぎるほどの計算に裏づけられていたというのだ。し [全文を読む]

自民党埼玉県連政経フォーラム盛会

クオリティ埼玉 / 2014年12月04日14時35分

総選挙目前の11月30日、さいたま市内の浦和ロイヤルパインズホテルにて自民党埼玉県連主催による政経フォーラムが開催された。自民党本部から石破茂地方創生・国家戦略特別区域担当大臣が駆けつけた。「アベノミクスの効果が地方中小零細企業の方々から良くなったと実感として頂くために引き続き取り組むチャンスをいただくための解散総選挙である。今さえ、日本さえ良ければという [全文を読む]

フォーカス