退任 孫正義に関するニュース

カリスマ・孫正義と柳井正は、後継者を育てることなど不可能である…鈴木敏文の失敗

Business Journal / 2016年06月29日06時00分

ソフトバンクグループは株主総会前日の6月21日、副社長で次期社長候補だったニケシュ・アローラ氏の退任を発表し、株主ならずとも世間から唐突な感じを持たれた。 2014年、米グーグルに在職していたアローラ氏に孫正義社長がほれ込み、契約時のボーナスも含めて約165億円を支払い入社させ、さらに15年度も約80億円に上る巨額報酬が支払われ話題となった。「2年間で24 [全文を読む]

ソフトバンク、電撃辞任の報酬2百億・後継者に重大疑惑か…孫社長、不信感と激しい対立

Business Journal / 2016年06月23日06時00分

21日、ソフトバンクはアローラ氏が22日付で退任すると発表した。同社は22日に株主総会を開き、そこでアローラ氏は取締役として再任される予定だったが、総会の前日に電撃退任を発表した。株主向けの招集通知に記載された取締役候補が、突如、退任するのは極めて異例だ。 アローラ氏の退任発表に際して孫氏は「あと5~10年社長をやる」とコメントしたが、生涯現役で社長を続 [全文を読む]

日産自動車のゴーン会長報酬、過去最高額の10億9800万円

ZUU online / 2017年06月28日17時40分

電撃退任したソフトバンクグループのニケシュ・アローラ元代表取締役副社長の17年3月期の役員報酬額が103億4600万円と最高額を記録した。アローラ氏は孫正義社長の第一後継者として期待されていたが16年6月に退任した。退任費用88億4700万円が計上された。孫正義社長は1億3100万円だが、自社株からの配当収入が数十億円とされ、役員報酬自体は相対的に抑え気味 [全文を読む]

「蜜月」も1年で破局。新陳代謝できぬ孫正義ソフトバンクの心配な未来

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日08時20分

去る6月22日、ソフトバンクは同社副社長ニケシュ・アローラ氏の退任を発表しました。米国のIT大手「Google」でCOOを務めていた2014年に165億円とも言われる破格の金額でソフトバンクに「移籍」したニケシュ氏。同社の孫正義社長も「私の後継者候補筆頭」と認めており、蜜月の関係といわれていた中での突然の退任劇に驚きの声が上がりました。ケータイ/スマホ・ジ [全文を読む]

孫正義氏は「全身経営者」 会社が好きすぎて離れられない

NEWSポストセブン / 2016年06月25日07時00分

6月21日夜、ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ副社長(48)が退任するとの第一報を聞いた時、最初に思い浮かんだのがこの言葉だった。 グーグルの上級副社長だったアローラ氏が、孫正義社長の三顧の礼に応えたのは一昨年の10月のこと。アローラ氏はソフトバンクの投資部門を統括、入社早々、インドのスナップディールの投資案件をまとめ、多額の評価益をもたらすなど、 [全文を読む]

孫正義ソフトバンク社長「創意とバランス感覚により成功に導いた」―ヤフー前社長の井上雅博氏お別れの会

Record China / 2017年06月12日17時20分

宮坂学ヤフー社長は「1996年に井上氏はヤフー社長に就任し、2012年6月に退任するまでの16年間の歩みは、弊社のみならず日本のインターネットの歴史と言っても過言ではない。また16期連続での増収増益を達成するなど、日本の産業史に残る卓越した業績を残した。製品には厳しかったが、人には常に温かった。『ナンバーワンではなくオンリーワンになれ。横着をするな』とい [全文を読む]

報酬420億円「持ち逃げ」ソフトバンク後継候補、不正取引関与&内部告発で追放疑惑

Business Journal / 2016年08月12日06時00分

アローラ氏は孫正義社長の後任候補として招かれたが、6月22日の株主総会後に退任した。在任わずか1年10カ月という短い期間に420億円を支払った。その判断は正しいのだろうか。●アローラ氏の疑惑の数々 アローラ氏の疑惑が噴出したのは今春だ。米通信社、ブルームバーグは6月30日、「米証券取引委員会(SEC)のロサンゼルス事務所の担当者らは、アローラ氏に利益相反 [全文を読む]

社長に再登板する大物経営者 ユニクロ、キヤノン、スズキ等

NEWSポストセブン / 2016年06月30日11時00分

社長交代会見で退任理由をこう語っている。「60歳で退きたいと思っていた。それまでに経営チームをつくっていく必要がある」 7年後には会社を離れることを示唆したわけだが、孫氏のケース同様、この方針は撤回された。わずか3年後の2005年、柳井氏は玉塚氏を退任させ、56歳で社長復帰した。経済ジャーナリスト・永井隆氏が解説する。「柳井氏退任前年の2001年8月期は、 [全文を読む]

秘書に聞いた理想の上司に関する調査

PR TIMES / 2012年04月17日18時41分

首相を退任したのは6年前の2006年9月ですが、依然として「秘書につきたい」と思わせる魅力が印象に残っているようです。2位から5位までに政治家は入らず、企業の経営者で占められました。政治家だけで見てみると、2位は橋下徹大阪市長、3位は同率で石原慎太郎東京都知事、東国原英夫 元宮崎県知事という結果になりました。ちなみに、野田佳彦首相は6位(3.6%)、谷垣禎 [全文を読む]

ソフトバンク、元副社長に報酬348億…日産・ゴーン氏は3社から報酬で計20億目前

Business Journal / 2017年07月20日06時00分

孫正義社長が後継者に据えながら2年足らずで退任したニケシュ・アローラ氏に88億円の退職金を支払うなど巨額報酬を疑問視する声が多くあり、質問に立った株主から「2度とこのようなことがないようにしてもらいたい」と注文が付けられた。 孫氏は「結果的に払う必要のない退職金を払った。(中略)代わりに私が現役社長として戻ってきた。それが価値としてあるのではないか」と間接 [全文を読む]

ソフトバンク、グループ5千社構想で「投資会社」化…盟友の柳井正が真っ向から異議

Business Journal / 2017年07月07日06時00分

1年前の株主総会で孫氏は60歳を機に社長を退くとしていた方針を翻し、アローラ副社長が退任した。 アローラ氏に88億円の退職費用を支払ったことについて、「払う必要のない退職金だったかもしれないが、代わりに私が社長に戻ってきたという価値がある」と株主に理解を求めた。孫氏は6月21日付で、空席だった会長を兼務した。●ソフトバンクの時価総額20兆円を画策か サウジ [全文を読む]

Planetway Corporation アドバイザリーボード設置のお知らせ 松本徹三氏、ヤーン・プリッサル氏、ターヴィ・コトカ氏が就任

PR TIMES / 2017年07月04日10時00分

2011年6月に副社長を退任、2012年6月には取締役(特別顧問)も退任したが、その後も契約ベースで同社のシニアアドバイザーを務める。 [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

さらに後継者と見込んだ玉塚元一(現・ローソン会長)は05年に社長を退任し、柳井が社長に復帰することにもなった。特筆すべきは、それらの判断の早さだ。 ――問題は、失敗と判断したときに「すぐに撤退」できるかどうかだ(『一勝九敗』) 柳井は「自分が自分に対して最大の批判者になること」を経営理念のひとつに掲げている。かつて「65歳までには後進に道を譲りたい」と語っ [全文を読む]

使える表現全700個 一冊まるごと英会話力アップ特大号/『ENGLISH JOURNAL』2016年10月号、9月6日発売

PR TIMES / 2016年09月05日11時36分

●ニケシュ・アローラ(ソフトバンクグループ顧問、元取締役副社長)ソフトバンク孫正義社長の後継者候補と見られていたニケシュ・アローラが、2016年6月、ソフトバンク副社長の座を電撃退任しました。インド出身のアローラは、グーグルの最高事業責任者兼上席副社長を務めていた際、孫会長に勧誘され、2014年に165億円という巨額の報酬でソフトバンクに移籍しました。退任 [全文を読む]

インドの新星を危機から救った「社員第一主義」

Forbes JAPAN / 2016年08月18日09時00分

「15年以上も前に中国が成長市場になると見抜いていた孫は、次はインドだと確信していた」と、ソフトバンクの代表取締役副社長兼COOのニケシュ・アローラは語る(編集部註:アローラは16年6月に退任)。「孫も私もバールの業績に胸が高鳴りました。バールとバンサルがインドのEコマースを根本から変えようとしているのはまちがいありません。大規模小売業の市場規模が需要に見 [全文を読む]

ソフトバンク、深刻な経営危機的状況…巨額現金流出超過、大型買収が失敗

Business Journal / 2016年07月21日06時00分

6月、ソフトバンクグループ(G)では孫正義社長の後継者と目されていたニケシュ・アローラ氏が退任し、もうすぐ60歳になる孫氏が社長を続投すると発表されました。 筆者は、2014年度に165億円、15年度に80億円の高額報酬でアローラ氏が招聘されたことについて「相当な高額報酬だ」と驚きましたが、そのアローラ氏がたった2年で退任することに、より驚かされました。「 [全文を読む]

年収95億円の孫氏、83億円の柳井氏 寄付する篤志家の顔も

NEWSポストセブン / 2016年07月12日07時00分

ソフトバンクの孫正義・社長(58)の後継者と目されたニケシュ・アローラ・副社長(48)が、6月21日の同社グループ株主総会前夜に突如退任を発表。このアローラ氏は、巨額な「報酬」でも注目されてきた経営者だ。 東京商工リサーチが6月末に発表した最新の「役員報酬ランキング」によると、1億円以上の役員報酬を受け取った役員は過去最多の414人。そのなかでアローラ氏の [全文を読む]

役員報酬ランキング 上位には外国人経営者がズラリ

NEWSポストセブン / 2016年07月11日16時00分

孫正義・社長(58)の後継者と目されたニケシュ・アローラ・副社長(48)が突然の退任。アローラ氏は2014年9月、米グーグルの最高事業責任者から、孫氏が自らヘッドハントしてきた人物だっただけに衝撃が走った。このアローラ氏は、巨額な「報酬」でも注目されてきた経営者だ。 東京商工リサーチが6月末に発表した最新の「役員報酬ランキング」によると、1億円以上の役員 [全文を読む]

ソフトバンク、ブチ切れ内紛劇か…報酬2百億・後継者に疑惑噴出で米当局が調査!

Business Journal / 2016年07月06日06時00分

副社長をしていては持ち株を売れないので、退任を希望し、退任発表と同時に、孫社長がアローラ氏の持ち株を引き取ったとの情報が流れたが、未確認である。●アローラ氏辞任の予兆はあった ヤフーの株主総会は他社よりひと足早かった。米ヤフーのインターネット事業を買収する可能性に関する質問が出たが、宮坂氏は「現時点では決定事項はない」と微妙な受け答えをしていた。「米ヤフー [全文を読む]

60歳退任を撤回した孫正義氏 次に目指す新ビジネスとは

NEWSポストセブン / 2016年06月27日07時00分

60歳の誕生日には、バトンを渡すつもりだった──退任時期について、そう語っていたソフトバンクの孫正義・社長(58)は大きな方針転換に踏み切った。 米グーグルからヘッドハントし、昨年、後継者に指名したばかりのニケシュ・アローラ氏(48)が、6月22日付で副社長を退任すると発表されたのだ。 「インド出身のアローラ氏は、グーグルで営業・マーケティング・提携戦略の [全文を読む]

フォーカス