経営 孫正義に関するニュース

孫正義評伝 在日朝鮮人が舐めた辛酸とバイタリティ描かれる

NEWSポストセブン / 2012年01月28日16時00分

残飯を集めて豚を軒先で飼養し、密造酒を売りさばき、炭鉱に潜り、廃品回収をし、必死に働いて貯めたお金で、焼肉屋やパチンコ屋やキャバレーを経営。そして儲けたお金で子どもたちに教育を施し、海外留学させる。孫正義は、そうした大人たちが暮らす朝鮮部落で育った。 彼らは、一家仲良く団結して、差別と貧困を跳ね返そうなんていう綺麗事では、まるっきりおさまらない。必死で稼 [全文を読む]

ホークスの"厚すぎる選手層"経営上の狙い

プレジデントオンライン / 2017年09月23日11時15分

【佐山】私は中学から大学まで野球をしていましたが、特に中高と野球漬けで過ごしましたので、球団経営には憧れがあります。 【後藤】球団の収益のうちもっとも大きな割合を占めるのは広告費で、その次がチケット収入です。1試合あたりの平均来場客数は約3万6000人です。広告効果を高め、球場へ足を運ぶお客さまを増やすためには、やはりチームが強くなくてはいけません。 強 [全文を読む]

打倒クックパッド!孫正義を目指す24歳

プレジデントオンライン / 2017年06月27日09時15分

経営者は21歳で起業した若者で、孫正義が社会を変える姿に感化されたという。24歳で約40億円を調達、5年でクックパッドを超すと語る、その鋭い目線の先にあるものとは。 ■本田圭佑になるか孫正義になるか 【田原】堀江さんは高校球児だったそうですね。将来は体育教師になろうと思っていた。なぜ起業家に? 【堀江】きっかけは東日本大震災です。僕は当時受験生で、新潟で3 [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

因果関係はわからないが、名経営者の多くは、卓越した「言語能力」をもつと言えるだろう。世界を動かす3人の「言葉」。そこに潜む共通点を探った──。 ---------- データファイル▼ドナルド・トランプ 米大統領(雑誌掲載当時:トランプ・オーガナイゼーションCEO) 【名言】私は物事を大きく考えるのが好きだ(『トランプ自伝』より) 【総資産】4500億円(4 [全文を読む]

史上最強の経営者投票 現役社長の評価が軒並み低い理由

NEWSポストセブン / 2016年05月20日07時00分

『週刊ポスト』(2016年5月27日号)では、日本企業の経営者を長年にわたって観察しつづけてきた経営評論家、経済ジャーナリストなど21人と匿名の経済記者数人に、故人を含めて「彼こそ名経営者」といえる人物を1~3位まで挙げてもらい、得票数によってベスト10を発表した。 その結果、現役の経営者は4位の孫正義・ソフトバンク会長と9位の永守重信・日本電産会長兼社長 [全文を読む]

【書評】孫正義と松下幸之助は「価格」より何に注目して投資したのか

まぐまぐニュース! / 2016年04月06日02時30分

松下幸之助と孫正義の両氏といえば、日本ではあまりに有名な稀代の経営者。そんな2人から直接学ぶ機会に恵まれたという著者が執筆した「リーダー学本」が、 『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』で紹介されています。ビジネスに携わるすべての人にヒントを与えてくれる1冊だそうですよ。 『最強経営者の思考法』 嶋 聡・著 飛鳥新社 こんにちは、土井英司で [全文を読む]

成功する者はみんな「ハッタリ」を言う。有名起業家に学ぶ知恵と戦略

まぐまぐニュース! / 2015年11月19日04時00分

経営者なら誰もが頭を抱える「マンネリ化」。でもいざ新しいことをやろうとしても何をどうしたらいいのかわからない…。メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』では、誰もが知るカリスマ起業家たちの言葉を例に挙げ、経営者の持つべき「知恵」をわかりやすく解説しています。 「知恵」のあり方 すべては流転するということを、ホンダの名参謀であった藤沢武夫氏は「万物流転の法則があ [全文を読む]

信玄から孫正義まで、デキるトップは「孫子」を参考にする

まぐまぐニュース! / 2015年09月07日00時00分

武田信玄や豊臣秀吉などの戦国武将、そして現代において多くのシェアを獲得する企業の経営者たち。その成功にはどちらも「孫子の兵法」が深く関わっていると『戦略経営の「よもやま話」』の著者、浅野良一さんはいいます。 戦国大名と孫子 孫子の兵法は13篇からなっており、決して読むのに骨の折れる量ではありません。ただし、正しく理解するのは別ごとですが、戦国時代の武将もこ [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 大震災で目覚めた太陽光発電ビジネスへの使命感(3)「自分の非力に腹が立った」

アサ芸プラス / 2012年10月10日10時54分

リスクマネジメントの観点からも、経営の重要性という意味では小さなものです」 この国難の時に情報革命だけやっていればいいのか、それで自分が生まれてきた使命を果たせるのか。それが正義なのか、孫は心底悩み抜いた。 「震災と原発事故で被害を受けられた方々を目の当たりにして、私は自分の非力に一番腹が立ちました。私がドン・キホーテになったところで、政府を動かせるのか。 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 一晩で投資100億円が3倍になった業務提携!(3)

アサ芸プラス / 2012年09月12日10時54分

兄ちゃんのような経営的な意見を言うと、バリバリの人間を安く使える」 正義は眼をらんらんと光らせた。 「それはおもしろいな。100人くらい集められるか」 「100人くらいは集められるよ」 「ほんとにそんくらい集められるか」 正義は続けた。 「それなら、キック・オフ・ミーティングがあるから、出席してくれ」 泰蔵は数日後の土曜日、ヤフー・ジャパン設立に向けての初 [全文を読む]

孫正義がすぐに「世界一」と言い出すワケ

プレジデントオンライン / 2017年09月24日11時15分

就航記念の公開対談で、スカイマークの佐山展生会長が「確実にできることしかしない経営者は、何もしていないのと同じ」と語れば、ソフトバンクホークスの後藤芳光社長は「“成功確率10%”なら、孫正義は成功するまで絶対にあきらめない」と応じた。経営者は勝つために、どんな考え方をするのか。トップ対談の後編をお届けする(全2回)。 ※本稿は、5月29日、三井不動産リアル [全文を読む]

"フィレオフィッシュ"はFC店の発案だった

プレジデントオンライン / 2017年08月10日09時15分

同書を原作にした映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の公開(角川シネマ有楽町ほか、全国公開中)を記念して、その卓越した経営手法を紹介しよう――。 ■「個人店」を「大手チェーン店」に変えた 世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」の実質的創業者で、映画『ファウンダー』の主人公であるレイ・クロックは、外食産業の「FC(フランチャイズチェーン)シ [全文を読む]

日産の「縦割り企業体質」をたった1年で変えたゴーン社長の凄腕

まぐまぐニュース! / 2016年11月01日04時45分

定評の高いゴーン氏の経営手腕は、三菱自動車を復活させることができるのでしょうか? 無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』の著者・浅井良一さんが今後を占います。 企業文化の変革 心理学者が習慣についておもしろいことを言っています。それはある行動を繰り返すだけでは習慣にはならないそうで、そこに何らかの「見返りがあった」場合にはじめて習慣として定着するのだそう [全文を読む]

トヨタ社長は孫正義の2倍も優秀だった!ソニー平井社長に「優秀社長6位」の栄冠!

Business Journal / 2015年12月31日06時00分

これは、2008年から産業能率大学が従業員10人以上の企業経営者を対象に、その年の最優秀経営者は誰かをアンケート調査しているもの。今年は464人の有効回答があった。 豊田氏は09年にトップ10入りし、これまで何度も候補にあがりながら09年2位、10年3位、11年4位、12年4位、13年2位、14年2位と惜敗してきた。13年、14年のトップはソフトバンクの孫 [全文を読む]

トヨタ章男社長、「今年の社長」で万年2位以下 絶対に孫正義や柳井正に負ける理由とは?

Business Journal / 2014年12月11日06時00分

「社長が選ぶ 今年の社長」は同大学が2008年から行っているインターネット調査で、従業員10人以上の企業経営者を対象に、その年の最優秀経営者を尋ねてまとめている。今年は559人の経営者を対象に行われ、471人から有効回答を得た。 1位になった孫氏は171票を獲得、その理由として挙げられたのは、「常に時代をリードしている」「チャレンジスピリッツに溢れている [全文を読む]

孫正義はなぜ、人を“その気”にさせられるのか?

文春オンライン / 2017年08月27日17時00分

いったい孫正義という男は、どんな哲学をもって経営しているんだろうと、以前からの興味が膨らみました」 そう語る杉本貴司さんが上梓した『孫正義 300年王国への野望』は、1981年に23歳で起業した孫正義が、アルバイトに「いずれ売上高を豆腐のように一丁(兆)、二丁(兆)と数えるようにしたい」と語っていた頃から、彼の会社がまさに数兆円の企業買収をくり返す大企業に [全文を読む]

大和ハウス、KDDI、ダイハツ、日立 今年キラリと光った社長

NEWSポストセブン / 2012年12月12日07時00分

今年ほど企業経営者の再建意欲・手腕が問われた年もないだろう。 2008年より産業能率大学が行っている調査、「社長が選ぶ今年の社長2012」が発表された。その顔ぶれを見ると、1位の稲盛和夫氏(日本航空名誉会長)は、「JALの経営危機を短期間で克服し、再上場させた手腕はさすが」(59歳/サービス業)と評価も高く、過去4年連続トップだった孫正義氏(ソフトバンク社 [全文を読む]

10年後に「機械の奴隷」となる職業は何か

プレジデントオンライン / 2017年10月05日09時15分

【三谷】たとえば、AIに経営責任はとれません。なぜなら企業は一つ一つ異なる固有の存在だからです。AIに統計的に経営を任せることは可能でしょう。たとえば数千社の企業の経営を一人の人間とAIに任せれば、生き残る企業数が多いのはAI経営のほうかもしれません。しかし、倒産した企業から見て、それは許されることなのか。「統計的にダメでした」といわれて納得できるはずが [全文を読む]

織田信長も松下幸之助も。なぜ成功者は大風呂敷を広げるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月26日17時45分

大物政治家や経営者が必ずと言っていいほど広げる「大風呂敷」。常人は「そんなこと言って、できなかったら批判されるだけなのに…」などと考えてしまいがちですが、あの織田信長も大風呂敷を広げていたそうです。もしかしたら、ここに成功のヒントがあるのかもしれません。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌 [全文を読む]

孫正義氏は「全身経営者」 会社が好きすぎて離れられない

NEWSポストセブン / 2016年06月25日07時00分

雑誌『経済界』編集局長の関慎夫氏が、カリスマ経営者の胸の内を解き明かす。 * * *「えー!? でもやっぱりな」──。6月21日夜、ソフトバンクグループのニケシュ・アローラ副社長(48)が退任するとの第一報を聞いた時、最初に思い浮かんだのがこの言葉だった。 グーグルの上級副社長だったアローラ氏が、孫正義社長の三顧の礼に応えたのは一昨年の10月のこと。アロー [全文を読む]

フォーカス