買収 孫正義に関するニュース

孫正義 長者日本一への⑦決断 ダイエー買収で王監督に学んだ人格者の凄み(1)「球団そのものを持ちたい」

アサ芸プラス / 2012年09月13日10時54分

「勝負への執着心を抑える態度にわが身を反省した」 インターネット検索サービス会社「ヤフー」を買収したものの巨大通信企業が行く手を阻む。効果的にブランド力を高めるための次の一手。それが大好きな野球に関わる「プロ球団買収戦略」だった。息詰まる買収劇の中で出会った「世界の王」から得たものは──。 2004年10月18日、孫正義ソフトバンク社長は、記者会見にのぞん [全文を読む]

ソフトバンク、米国市場開拓と「世界一」に向け加速する、アリババ上場とロビー活動の行方

Business Journal / 2014年04月10日01時00分

そして注目を集めるのが、アリババ上場をソフトバンクは米携帯電話4位、TモバイルUSの買収にどう生かすかという点だ。TモバイルUSの買収に向けてソフトバンクは米国でのロビー活動に力を入れている。東日本大震災の3周年に当たる3月11日、首都ワシントンで米政府関係者らを集めて孫氏は講演を行い、携帯電話再編の必要性を訴えた。司会を務めたのが、前駐日大使のジョン・ [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 ボーダフォン電撃買収で見せたむき出しの闘志(1)

アサ芸プラス / 2012年09月20日10時54分

「『通話料0円』のどこがいけないんだ!」 球団買収でブランド力を倍増させ、経営力の弱っていた外資系携帯電話会社・ボーダフォンを買収。「売ってナンボだ!」を掛け声に怒濤の攻勢に出たが、内外の反発も激化した。それでも業界に風穴をあけ続けていく「不屈の闘志」秘話。 これはエース端末になる! 2006年の春、電通から独立してクリエイティブエージェンシー「シンガタ」 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術(6)

アサ芸プラス / 2012年09月04日10時54分

「ジフ・デービス・コミュニケーションズの展示会部門を買収いたしました」 孫は、ジフ・デービス展示会部門の買収に成功しても、本命であるジフ・デービス出版部門はあきらめきれなかった。しばらくたって、ジフ・デービス出版部門を買収した投資会社フォーストマン・リトル会長のテッド・フォーストマンに会いに出かけた。 テッド・フォーストマンは、風邪をこじらせたのか、鼻をぐ [全文を読む]

ソフトバンクの大型買収をめぐり囁かれるインサイダー疑惑

Business Journal / 2012年12月04日07時05分

ソフトバンク株といえば、米携帯電話3位のスプリント・ネクステル社の買収交渉に入ったことが明らかになった10月11日以降、12日の株式市場では、前日から15%(496円)も値下がりして2385円まで下落。週明けの15日にはさらに値を下げ、最安値では2200円にまで落ち込んだ。その後、孫正義社長がテレビに出て、買収に関して自信を見せたことで買い戻しが入り、連 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 大震災で目覚めた太陽光発電ビジネスへの使命感(3)「自分の非力に腹が立った」

アサ芸プラス / 2012年10月10日10時54分

「孫正義こそ、戦後の高度経済成長期にのし上がったホンダの創設者・本田宗一郎、ソニーの井深大、松下電器の松下幸之助のように、現代の日本を代表する『日本ブランド』の経営者となり得る」 【関連記事】 孫正義 長者日本一への⑦決断 大震災で目覚めた太陽光発電ビジネスへの使命感(1) 孫正義 長者日本一への⑦決断 大震災で目覚めた太陽光発電ビジネスへの使命感(2) [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術(7)

アサ芸プラス / 2012年09月05日10時54分

「1年前の約束どおり、コムデックスを買収したい。至急会ってほしい」 スケジュールを合わせた。孫は、アドバイザーに相談した。アドバイザーは眉をひそめた。 「アデルソン会長はなかなかの食わせ者だぞ。最初に言っていた金額をずるずると引き上げていく。本当に売るかどうかはわからないぜ。交渉にしたって数カ月は最低でもかかるよ」 「そうか。でも、ぼくはあくまでも買収[全文を読む]

東芝のメモリ売却、首相官邸介入で混乱…また韓国に技術流出か、日本メーカー勢は出資拒否

Business Journal / 2017年07月17日06時00分

東芝メモリの買収にはウエスタンデジタル(WD)などの米国勢のほか、韓国のSKハイニックス、シャープを買収した鴻海精密工業と半導体受託製造大手の台湾積体電路製造(TSMC)の台湾連合、中国の半導体大手の紫光集団が名乗り上げていた。 関係筋は、東芝のフラッシュメモリ技術を世界中で一番欲しがっているのは紫光集団だろうとの見方で一致している。紫光は、かつて米マイ [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 大震災で目覚めた太陽光発電ビジネスへの使命感(2)世界で獲得した7億人の顧客

アサ芸プラス / 2012年10月09日10時54分

【関連記事】 孫正義 長者日本一への⑦決断 大震災で目覚めた太陽光発電ビジネスへの使命感(1) 孫正義 長者日本一への⑦決断 大震災で目覚めた太陽光発電ビジネスへの使命感(3)「自分の非力に腹が立った」 孫正義 長者日本一への⑦決断 ボーダフォン電撃買収で見せたむき出しの闘志(3) 孫正義 長者日本一への⑦決断 ボーダフォン電撃買収で見せたむき出しの闘志 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術(5)

アサ芸プラス / 2012年08月30日10時54分

「金額は最大限に呑むが、条件は一発回答だ」米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術 熟考と研究を重ね「ここで天下を取る」と決めたコンピュータ業界。ソフトウェア流通会社・ソフトバンクを立ち上げた次の戦略は世界進出だった。足がかりとなるのはアメリカの巨大コンピュータ関連会社の買収。何のツテもなく、大物経営者を驚かせながら鮮やかに買収を成功させていった交渉術 [全文を読む]

孫正義がすぐに「世界一」と言い出すワケ

プレジデントオンライン / 2017年09月24日11時15分

2004年にダイエーから球団を買収した時点から、このスローガンを掲げています。最初は地元・福岡の方々も違和感があったと思います。「福岡のホークス」として応援してきたのに、それがいきなり「世界」ですから。 いまでも、「めざせ世界一!」というと笑われることがありますが、孫さんは本気の本気です。つまりわれわれはメジャーリーグとガチンコ勝負するところまでレベルを高 [全文を読む]

海外でも注目のソフトバンク孫正義社長 報道での気になる評価は?

NewSphere / 2017年05月11日11時00分

ソフトバンクが2012年にアメリカの通信大手スプリントを買収すると発表した際、大きなニュースとなった。話題を呼んだこの出来事を鮮明に覚えている読者の方も多いだろう。あれからほぼ5年が経つが、買収に対する海外での評価はどうなったのだろうか。最近の報道から孫氏の人物像に対する視線とあわせて見ていきたい。 ◆生い立ちと功績 孫氏はソフトバンクグループの創業者とし [全文を読む]

シリコンバレーからインドへ、新しい中心地と新エコシステムの姿

Forbes JAPAN / 2016年08月12日17時00分

だが、東南アジアで圧倒的なシェアを持つeコマース企業ラザダ(LAZADA)がアリババによって企業価値15億ドルで買収されたのに対し、インド最大規模のeコマース起業フリップカート(Flipkart)の企業価値は、一時150億ドルまで高まった。インドの潜在力が評価されているという意味で象徴的だろう。次なるユニコーンと期待されるeコマース事業者デリヒブリー(De [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(2)

アサ芸プラス / 2012年10月02日10時54分

【関連記事】 孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(1) 孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(3) 孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(4) 孫正義 長者日本一への⑦決断 ボーダフォン電撃買収で見せたむき出しの闘志(1) 孫正 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 ダイエー買収で王監督に学んだ人格者の凄み(2)「ドリームホークス」も検討

アサ芸プラス / 2012年09月18日10時54分

買収したあとも、王に監督を続けてほしいと要請した。 王も、それまで孫とは面識はなかったが、孫正義という凄い経営者がいるということは認識していた。 笠井から見ると、生きている世界は異なっていても、たがいに同じ勝負師としての嗅覚が、相手の匂いを嗅ぎ取ったに違いない。 二人は、はじめのうちから息が合った。 その年、プロ野球パシフィック・リーグでは、球団の再編成が [全文を読む]

孫正義はなぜ、人を“その気”にさせられるのか?

文春オンライン / 2017年08月27日17時00分

ところが、2016年には、イギリスの半導体設計大手のARM社を、日本企業の海外企業買収では過去最大となる3兆3000億円で買収すると発表。まさか、そこかと驚きましたね。いったい孫正義という男は、どんな哲学をもって経営しているんだろうと、以前からの興味が膨らみました」 そう語る杉本貴司さんが上梓した『孫正義 300年王国への野望』は、1981年に23歳で起業 [全文を読む]

孫正義と柳井正の「人生のバイブル」『成功はゴミ箱の中にーマクドナルド創業者 レイ・クロック自伝』が7月29日に映画公開

PR TIMES / 2017年07月18日10時30分

お楽しみに! [画像2: https://prtimes.jp/i/26924/10/resize/d26924-10-808864-1.jpg ] 【商品情報】 『成功はゴミ箱の中に---レイ・クロック自伝』(1429円+税) レイ・クロック ロバート・アンダーソン共著 野地秩嘉 監修・構成 野崎稚恵 訳 柳井正・孫正義 解説 プレジデント社 2007年 [全文を読む]

孫正義、元参謀が明かす「意外な素顔」

日刊大衆 / 2016年11月30日10時30分

今年7月、英国の半導体メーカー『アーム社』を、約3兆円で買収したのは記憶に新しいが、孫氏の参謀として、同社の社長室長を務めていた嶋聡氏が、この11月、『孫正義2.0新社長学』(双葉社)という単行本を緊急出版した。 生き馬の目を抜くビジネス界の深層は、その本を読んでいただくとして、ここでは嶋氏に、日本で一、二を争う大社長の素顔を明かしてもらおう。「金銭感覚は [全文を読む]

孫正義は、なぜ稀代の名経営者なのか?“辺り構わず”業容拡大する狩猟民族経営の正体

Business Journal / 2014年05月25日01時00分

2010年にはウィルコム、12年にはイー・アクセスを買収し、13年には米国でスプリント・ネクステルを買収してグローバルでも通信業のビッグプレーヤーとしての位置をうかがっています。 しかし、ソフトバンクの発展を振り返ってみると、実は最初から通信業界の覇者を狙っていたわけではありません。 筆者は1980年代の終わりに、とあるパソコンとソフトの販売会社で営業責任 [全文を読む]

“投資会社”ソフトバンク、なぜ負債膨張でも株価好調?携帯世界2位へ加速するアクセル

Business Journal / 2014年01月14日01時00分

孫社長は、『あの時止めてくれなかったら、その後のスプリント買収も無理だっただろう』と、絞り出すような声で感謝を述べた」(11月19日付朝日新聞より) 笠井氏は表にはあまり出なかったが、孫氏の軍師だった。富士銀行(現みずほ銀行)副頭取、安田信託銀行(現みずほ信託銀行)会長を務めた笠井氏は2000年、孫氏から三顧の礼をもってソフトバンクに迎えられた。そして、ボ [全文を読む]

フォーカス