ロボット 孫正義に関するニュース

銀座のクラブで接客する日も近い? ソフトバンク「感情認識ロボット」をどう見るか

弁護士ドットコムニュース / 2014年06月06日17時13分

ソフトバンクは6月5日、感情を理解するという人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を一般家庭向けに販売すると発表した。販売価格は19万8000円。販売は来年2月だが、それに先立って6月6日からソフトバンクモバイルの銀座店と表参道店で「接客」にあたる。ペッパーには、人間の表情や声のトーンなどから感情を認識する人工知能が搭載されている。さらに、インターネット [全文を読む]

10年後に「機械の奴隷」となる職業は何か

プレジデントオンライン / 2017年10月05日09時15分

はたして10年後にAIとロボットはどこまで進化し、私たちの仕事にどのような影響を与えるのか。人工知能とビジネス研究のトップランナー2人に話を聞いた――。 ■「47%の仕事が機械によって代替される」 「靴に搭載された1つのチップでさえ、われわれの脳より賢くなるだろう」と孫正義氏はバルセロナで開催された講演で述べた。「人間は靴より劣った存在になる。そして、その [全文を読む]

ペッパー君生みの親が夢見る「究極のロボット」

Forbes JAPAN / 2016年06月03日10時00分

「手を温かくしてほしい」、感情認識ヒト型ロボット「Pepper(ペッパー)」を持って高齢者施設を訪れた際、林要(42)は入居者にそう言われて驚いた。当時、ソフトバンクロボティクスでペッパーの開発リーダーを務めていた林は、各所に改善点を聞いて回っていたが、いずれも動きや会話への要望が中心。”手を温める”という物理的かつ原初的欲求に基づく注文がそれまでなかった [全文を読む]

7/7(木)「最新ロボット×ビジネス~ロボットがビジネスにもたらすインパクト~」実演型セミナー(東京会場/全国配信)のご案内

DreamNews / 2016年06月16日18時00分

ロボット市場は今後、サービスロボットを中心に成長すると言われています。 中でも、ビジネス向けコミュニケーションロボット「Pepper for Biz」は すでに導入企業は500社を超え、ビジネスに活用する思想やアプローチは様々になっています。 本セミナーでは、「Pepper」を活用した事例とともに ロボットに何ができるのか?どのようなビジネス効果があるのか [全文を読む]

[芳賀由明]【ソフトバンクロボット事業、収益化できるのか?】~製造コスト削減と用途開拓が課題~

Japan In-depth / 2015年06月22日23時00分

ソフトバンクが6月20日、「感情を備えた」世界初のヒト型ロボット「ペッパー」の一般向け販売を開始し、1分間で6月分の1000台が完売した。7月以降は月産数百台のペースを順次引き上げ、早急に月産1000台以上の生産能力を確保するのが当面の目標のようだ。しかし、「販売価格は製造コストより低い」(孫正義社長)状況は当面、続く見通しで、採算ラインにいつ乗せられるか [全文を読む]

ソフトバンク、クラウド AI で動くヒューマノイドロボット「Pepper」発表、19.8万円で来年2月発売

インターネットコム / 2014年06月05日17時10分

ソフトバンクグループは千葉県・舞浜で開いた発表会で、感情認識機能を備えるというヒューマノイド型ロボット「Pepper」を披露した。クラウドベースの AI(人工知能)で動作する。2015年2月に一般向けに発売する。希望小売価格は19万8,000円 。 発表会前日にはすでに、ソフトバンクがロボット市場へ参入すると日本経済新聞が報道し、ソーシャルメディア上でその [全文を読む]

SB孫正義氏 悩ましい後継者問題に「人工知能」の出番?

NEWSポストセブン / 2017年06月22日07時00分

また、ロボット開発を手掛ける米ボストン・ダイナミクスを買収したのも、超知性を持ったコンピューターチップをロボットに組み込むことで、あらゆる産業や人間の生活を一変させ、自らの手でIoT(モノのインターネット)社会を牽引したいとの強い思いが表れている。 そうしたソフトバンクの壮大な経営ビジョンもあり、冒頭、株主総会での“珍問”が飛び出したのである。 孫氏は苦 [全文を読む]

孫正義氏「クルマは走るスーパーコンピューターになる」―ARMのICチップだらけに?

インターネットコム / 2016年07月19日11時35分

自動運転の流れの中で、クルマが「走るスーパーコンピューター」「走るロボット」とでも言うべき存在に変わっていくとの予想だ。クルマに組み込んだ多様なセンサーなどの情報を処理、制御するためにICチップの需要が高まり、ますますARMの潜在価値は増すと見込む。 ソフトバンクは4月にも日本で、自動運転技術のコンサルティングを手掛ける「SBドライブ」を設立するなど、ほ [全文を読む]

孫正義の言葉から読み解くソフトバンク「ロボット事業」の野望【イソスケのここだけ読んどけIT本】

ITライフハック / 2015年07月14日13時00分

本書では、この3年ほど、米国本格進出やアジア企業への投資、ロボットやエネルギー事業への参入と業容が急拡大しているソフトバンクの経営の全体像に触れながら、孫社長自身や、関係者を徹底取材し、経営者「孫正義」の実像に迫っています。■ロボットを中心としたエコシステムの可能性ソフトバンクは6月20日、ヒト型の感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」一般発売。受付 [全文を読む]

ソフトバンク、孫正義の暴挙or英断?30万円“感情持つ”ロボット販売に秘めた野望

Business Journal / 2015年06月25日06時00分

ソフトバンクは6月20日、人型パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を一般向けに販売開始した。6月中の販売予定台数とされた1000台は、受付開始から1分で完売した。感情を認識するだけでなく、脳のメカニズムを基に感情を再現し、自身も感情を持つなど新しい進化を遂げたペッパーだが、ソフトバンクはその先に何を見据えているのだろうか。●ようやく一般向け販売開 [全文を読む]

ソフトバンク株主「Pepperをユニクロで雇って」柳井社長「では時給800円で」

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月19日17時17分

ある株主からは、6月20日から一般消費者向けに発売される人型ロボット「Pepper」についての質問があがった。Pepperが、時給1500円で世界初のロボット人材派遣サービスとしての活用が予定されていることについて、株主は「時給1500円でPepper君をユニクロで雇えないか」と尋ねた。 ユニクロの柳井正社長は、ソフトバンクの社外取締役を務めており、この [全文を読む]

ソフトバンク、グループ5千社構想で「投資会社」化…盟友の柳井正が真っ向から異議

Business Journal / 2017年07月07日06時00分

AIを軸に、投資先をインターネット企業から医療やロボット、金融までカバーする。 [全文を読む]

「SoftBank World」を7月20~21日に開催――IoT、AI、ロボットの融合による世界

EnterpriseZine / 2017年05月24日11時00分

」をテーマに、ソフトバンクグループが注力する「IoT」「AI(人工知能)」「ロボット」の融合により実現する新たな世界とビジネススタイルを提案するイベントになる。 イベントでは、主催者およびゲストによる基調講演と、各分野に精通するスペシャリストや協賛企業、ソフトバンクグループ各社による約70の特別講演およびセッションの他、IoT、AI、ロボット、モバイル、ク [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

14年には人型ロボット「Pepper」を発表し、世間を驚かせた。59歳になった孫。計画によれば、次の目標は「60代で事業を継承」である。 ――我々の時価総額を5倍にできるという自信のない人は後継者になってもらったら困る(三木雄信『孫正義名語録』) 現在、後継者の筆頭候補は副社長のニケシュ・アローラ。2015年3月期には半年間で約165億円の報酬を支払ってい [全文を読む]

孫正義、アリババ、鴻海の「アジア連合」が創出する米国の雇用

Forbes JAPAN / 2017年02月05日12時00分

3社連合の重要性は増大する鴻海、ソフトバンク、アリババの3社は、2015年にロボット事業でパートナーシップを締結し、鴻海とアリババはソフトバンクの子会社にそれぞれ145億円(出資比率20%)を出資している。ゴウとマーは10年来の友人だ。今でこそ固い友情で結ばれている二人だが、アリババの副会長で台湾生まれのジョゼフ・ツァイが取り持った最初の会合では意見が対立 [全文を読む]

日本サードパーティ:アジア企業も注目するロボットを活用したIT人材育成 ~都立戸山高校における授業視察について~

DreamNews / 2016年07月12日10時00分

日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表者取締役社長:森豊、略称:JTP)は、2016年6月29 日に、スーパーサイエンスハイスクール指定校である東京都立戸山高等学校へのシンガポール企業視察に際し、ヒューマノイドロボット NAOを活用したプログラミングトレーニングを実施し、国内におけるロボットを活用したプログラミング教育の最前線をご紹介しまし [全文を読む]

世界に先行するロボット、製造業復活の切り札に?異業種の大企業やベンチャーの参入続々

Business Journal / 2014年07月18日18時00分

6月19日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版は、「『ロボットはどうした?』。ソニーの株主総会で、ソフトバンクがヒト型ロボットを発表したのに、ソニーには対抗馬がないという不満の声が株主から上がった」と報じた。 ロボットは次世代産業として期待されている分野であり、米IT(情報技術)大手の参入が相次いでいる。そんな中、常に時代の先端を走ってきたソニーに [全文を読む]

巨大IT企業の個人情報争奪戦が過熱、その裏事情とは?

週プレNEWS / 2014年07月07日06時00分

グーグルがメガネ型端末「グーグル・グラス」を開発したり、アマゾンが「Fire Phone」でスマホ市場に参入、さらには今年6月にソフトバンクが「ペッパー」なるヒト型ロボットを発表……。一見、“本業以外”への参入にも思える大手IT企業の最新動向は、いったい何を意味しているのか? てんでバラバラに見える、それぞれの背景には、共通するキーワードがあった。 それは [全文を読む]

有利子負債15兆円 ソフトバンクの行く末

プレジデントオンライン / 2017年09月22日09時15分

最近はより将来を見据えており、AIやIoT、ロボットといった先進技術に関連すれば何でも買う、という姿勢のようだ。 その買収金額は、アナリストとして言わせてもらえば、いつも「高い」と思わされるものばかり。孫社長は「将来花開くぶんをプレミアムとして載せている」と言うが、ソフトバンクは買収資金を増資ではなく社債の発行でまかなっているため、15兆円近い有利子負債を [全文を読む]

PSの生みの親が不動産テックを推す理由

プレジデントオンライン / 2017年08月26日11時15分

小林氏は東芝およびソニーの研究所において自然言語、人工知能、ロボット(AIBO、QRIO)、データ解析の研究に従事。2007年からはソニーの主任研究員を務めていた。小林氏は同社への入社について「発足間もないスタートアップ業の意気に感じた」と述べている。 またAI戦略室のゼネラルマネジャーの橋本武彦氏は、一般社団法人データサイエンティスト協会の事務局長を務め [全文を読む]

フォーカス