投資 孫正義に関するニュース

シリコンバレーからインドへ、新しい中心地と新エコシステムの姿

Forbes JAPAN / 2016年08月12日17時00分

目端の利く投資家たちはすでにその舞台をシリコンバレーからインドに移している。「今後、インドでの投資を”真剣に”加速させようと私は考えている」ソフトバンクグループ代表の孫正義は2016年1月、インド・ニューデリーで開催されたスタートアップ・カンファレンスに登壇し、そう強調した。ソフトバンクは14年10月、インド最大級のeコマースサイトのスナップディール(Sn [全文を読む]

海外でも注目のソフトバンク孫正義社長 報道での気になる評価は?

NewSphere / 2017年05月11日11時00分

成功者としてのイメージが強い同氏だが、元々はそれほど裕福でない環境に生まれ、その後、先見の明で投資を繰り返すことで成功してきた。フィナンシャル・タイムズ紙は同氏についての記事の中で、貧しい家庭に生まれた背景を説明している。また、後にアメリカ留学時に「半導体との心踊る出会いを果たした」と書くなど、苦労人から劇的に成功へのステップを駆け上がった点を強調している [全文を読む]

ソフトバンク、際限なき巨額投資で「利益相反」の恐れ…天文学的負債膨張が経営圧迫

Business Journal / 2017年03月16日06時00分

孫正義社長は昨年12月6日、トランプ・タワーでトランプ氏と会談し、4年以内に500億ドル(約5兆5000億円)を米国内に投資し、5万人の雇用を創出すると約束した。上機嫌のトランプ氏は孫氏を1階のロビーまで見送った。 ソフトバンクは、サウジアラビア政府系ファンドと共同で1000億ドル(11兆円超)規模のファンドを3月に立ち上げる予定。米国のIT(情報技術) [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 一晩で投資100億円が3倍になった業務提携!(3)

アサ芸プラス / 2012年09月12日10時54分

【関連記事】 孫正義 長者日本一への⑦決断 一晩で投資100億円が3倍になった業務提携!(1) 孫正義 長者日本一への⑦決断 一晩で投資100億円が3倍になった業務提携!(2) 孫正義 長者日本一への⑦決断「若くても、資本がなくてもNO1になるには…」(2) 孫正義 長者日本一への⑦決断「若くても、資本がなくてもNO1になるには…」(3) 孫正義 長者日 [全文を読む]

エンジン車からEVへ主役交代…台湾ホンハイ、世界自動車市場のキープレイヤーか

Business Journal / 2017年08月30日06時00分

トランプ氏が大統領に当選すると、孫氏は中国のIT(情報技術)会社、アリババ会長のジャック・マー氏と共にトランプタワーを訪れトランプ氏に直接、米国での投資計画を伝えた。孫氏は、500億ドル(約5兆7000億円)の投資と5万人の雇用確保を約束した。 この時、孫氏が示したプレゼン資料の中に、ホンハイの投資内容についての記述があった。米国メデイアは孫氏とマー氏、 [全文を読む]

孫正義、アリババ、鴻海の「アジア連合」が創出する米国の雇用

Forbes JAPAN / 2017年02月05日12時00分

ゴウの発表に先立ち、ソフトバンク社長の孫正義とアリババ会長のジャック・マーは、トランプタワーを訪れてトランプ大統領に直接、米国での投資計画を伝えている。ゴウを加えた3名は、トランプの「アメリカ・ファースト政策」を後押しする「東アジアの三銃士」とでも言えよう。3名による米国での投資総額は570億ドル(約6兆4,000億円)に達する見込みで、創出される雇用は1 [全文を読む]

ソフトバンク、「Vision Fund」第2弾を設立へ

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年10月20日12時03分

ソフトバンクグループは10月20日、テクノロジー分野に投資する10兆円規模のファンド「SoftBank Vision Fund」の第2弾を設立する構想を明らかにした。 同日付の日本経済新聞によると、設立の時期は2〜3年後で、IoT(モノのインターネット)関連の新興企業への投資を行っていくという。 第2弾への出資元は非公開だが、ソフトバンクグループは現在、資 [全文を読む]

ソフトバンクの中国における成功体験、日本企業の「モデルケース」に―中国メディア

Record China / 2017年09月03日08時50分

その理由は、日本は高齢化が深刻で、市場は縮小する一方で、高い投資収益率を望めないからだ。そのため、日本の企業は現在、対外投資に力を入れている。公式統計によると、ここ数年、日本の企業の対外投資総額は毎年10兆円前後となっている。 ただ、西洋諸国への投資を見ると、成功したケースはそれほど多くない。今年、日本郵政が2年前にオーストラリアの物流会社「トール ・ホー [全文を読む]

インドの新星を危機から救った「社員第一主義」

Forbes JAPAN / 2016年08月18日09時00分

幸いなことに150万ドルのベンチャー投資を受けられることになり、どうにか給与の支払いに間に合った。ただ従業員の解雇という最悪の事態は免れたものの、企業の生き残りが最優先課題であることに変わりはなかった。「この状況から抜け出せる日が来ることはわかっていたけれど、強く健全な企業に生まれ変わりたかった」とバンサルは話す。「水道光熱費や営業費を削減し、ありとあらゆ [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 大震災で目覚めた太陽光発電ビジネスへの使命感(3)「自分の非力に腹が立った」

アサ芸プラス / 2012年10月10日10時54分

2基合わせた設備投資額は計12億円。京都府内最大の計約4200キロワット(一般家庭約1000世帯相当)となり、この日1基目が運転を開始している。ソフトバンク子会社のSBエナジーは群馬県でもこの日、メガソーラーの稼働を開始。孫は、年度内に長崎県や徳島県など国内5カ所で稼働する方針を明らかにし、「やってほしい土地があれば増やしたい」とさらなる拡大に意欲を見せた [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術(7)

アサ芸プラス / 2012年09月05日10時54分

【関連記事】 孫正義 長者日本一への⑦決断 米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術(5) 孫正義 長者日本一への⑦決断 米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術(6) 孫正義 長者日本一への⑦決断 一晩で投資100億円が3倍になった業務提携!(1) 孫正義 長者日本一への⑦決断 一晩で投資100億円が3倍になった業務提携!(2) 孫正義 長者日 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 米コンピュータ関連企業買収で見せた大胆交渉術(6)

アサ芸プラス / 2012年09月04日10時54分

しばらくたって、ジフ・デービス出版部門を買収した投資会社フォーストマン・リトル会長のテッド・フォーストマンに会いに出かけた。 テッド・フォーストマンは、風邪をこじらせたのか、鼻をぐじゅぐじゅいわせながら孫の話を聞いた。彼は明らかに機嫌が悪かった。孫の話を途中まで聞くと、うんざりした顔で溜め息をついた。 「おれは買ったばかりだ。すぐに手放せるか」 孫は、その [全文を読む]

打倒クックパッド!孫正義を目指す24歳

プレジデントオンライン / 2017年06月27日09時15分

【堀江】孫さんのようにインフラの事業に投資するには、現金が1000億円くらいある会社にならないといけません。その規模に短期で成長するには、一つの事業に集中する必要があります。たとえばメルカリがそう。M&Aを繰り返して本業が何かわからなくなっているベンチャーがようやく時価総額1000億円に到達しようかというなかで、メルカリは一つの事業で一気に大台を超えまし [全文を読む]

AI / IoTに全力で注力する孫正義氏:今週のデジタルサマリー

DIGIDAY[日本版] / 2017年06月02日16時42分

同グループは新たに70億ドル(約7800億円)を調達するためカナダや中東の投資家と交渉しているとブルームバーグが報じた。 ソフトバンクはすでに10兆円規模の「ビジョンファンド」を設立。サウジアラビアの政府系ファンド、アブダビ首長国のムバダラ開発公社、Apple、クアルコム、フォックスコンなどから調達していて、ここに70億ドルを積み増す。ビジョンファンドはソ [全文を読む]

ソフトバンク、なぜ米投資会社を買収? 裏にある戦略と世界金融のトレンド

Forbes JAPAN / 2017年03月02日07時00分

ソフトバンクは先月、米国の代替投資大手フォートレス・インベストメント・グループを33億ドル(約3700億円)で買収すると発表した。これを受け、日本の通信・IT大手であるソフトバンクが進む方向性についての疑問が数多く浮上している。だがその背景をひも解くと、商業用不動産や技術投資、日本経済といった、一見互いに無関係にも思える世界金融の側面が見えてくる。本記事で [全文を読む]

台湾フォックスコン、ソフトバンクの米投資計画に参加か―米紙

Record China / 2016年12月11日09時20分

2016年12月9日、米ニューヨーク・タイムズによると、ソフトバンクグループの孫正義社長がこのほど、ドナルド・トランプ次期米大統領に約束した総額500億ドル(約5兆7000億円)投資で、電子機器生産請け負いの世界最大手、台湾の富士康科技集団(フォックスコン)が同投資計画に参加する可能性があることが分かった。参考消息網が伝えた。 孫社長は6日、ニューヨークで [全文を読む]

ソフトバンクと提携したサウジ副皇太子が握る王国の未来

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月03日09時40分

<石油依存経済からの脱却を主導する若きプリンス・ムハンマド副皇太子が、1000億ドル規模の投資ファンドで変革を仕掛ける>(写真:潤沢過ぎるオイルマネーが、サウジの社会変革の妨げにもなってきた) サウジアラビアで最近、際立って存在感を増しているムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(31)。欧米ではMBSのイニシャルで知られる彼は、サウジ経済の原油依存度を減らし [全文を読む]

売上世界3位の携帯事業者へ、ソフトバンク孫正義社長 スプリント巨額買収成功に「自信があります」 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年10月15日18時30分

以下はスプリント社が計画する業績回復プランだが、まさに2008年からの計画が順調に推移している状態で、次なる「2.投資」のフェーズにソフトバンクからのオファーがあったという話となる。 ではなぜソフトバンクなのか、その理由は、日本国内におけるスマートフォン販売を牽引してきた点と、もう一つこれまでの買収劇にあるという。買収とV字回復 孫社長が「赤字三兄弟」と [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 一晩で投資100億円が3倍になった業務提携!(2)

アサ芸プラス / 2012年09月11日10時54分

孫は、試合の真っ最中にジェリー・ヤン、デビッド・ファイロ、ヤフーにかつて出資した投資家らヤフー関係者を孫が宿泊しているホテルの部屋に呼んだ。 孫は言った。 「ヤフーへの出資率を、5%から35%にまで引き上げてほしい。筆頭株主になって本格的にヤフーを応援したい。日本の事業だけでなく、ヤフーのアメリカでの事業をもっと伸ばしたい。ヤフーをインターネットの大スタ [全文を読む]

自己資金2万5000円で30億円を集めたファンド社長が語る「人からカネを集める5つのテクニック」

日刊SPA! / 2017年09月01日15時55分

お金がなくても、適切なプレゼンをすれば、知名度も信用度もなくても出資を募ることができます」 そう語るのは、現在投資ファンドを運営する日本創生投資CEOの三戸政和氏だ。三戸氏は現在、ファンドサイズ30億円の投資ファンドを運営してるが、創業時の自身の持ち出し資金はわずか2.5万円。たったそれだけの自己資金で、なぜこれだけのカネを集められたのか。「プレゼンのスキ [全文を読む]

フォーカス