活動 創価大学に関するニュース

書き損じはがき・未使用はがきキャンペーン2016

PR TIMES / 2016年01月14日20時12分

学校の有志グループが、不要になった年賀はがきで途上国の子どもたちを支援 「書き損じはがき・未使用はがきキャンペーン2016」を実施している国際NGOプラン・ジャパン(東京都世田谷区)の活動を応援するため、宮城、東京、名古屋、兵庫の学校の有志グループが、集めた「書き損じはがき」から換金される寄付金でプランの途上国支援プロジェクトに協力します。 [画像1: h [全文を読む]

【箱根駅伝】3色旗応援なしでも力走した創価大、そのとき学会員は…

デイリーニュースオンライン / 2015年01月02日17時40分

「一人はもう学会との縁が途絶えている人、もう一人はまったく学会の活動をしていないと話す“未活動者”の人です。大学卒業以来約20年ぶりの再会でしたが信仰に関する話はそこそこに今日は後輩たちの応援をしようと。“創価大学”の同窓として応援に来たわけですからね」(同) もっともこのOGが再会した元学会員、未活動者の創価大同窓と話し終えると、連れてきた創価大卒業生 [全文を読む]

国会議員の“育休”に異論続出…それでも向き合うべき論点がある

デイリーニュースオンライン / 2016年01月06日07時30分

議員活動はフレックスであり、わざわざ“休暇”と宣言しなくても時間をやり繰りして育児なり看護・介護にあたればいいというのがその理由だ。関東某県の地方議員のひとりはこう語る。 「何もかも制度化することが必ずしもよいかといえばそうともいえない。出産時の産休の制度化は必要だったかもしれないが、育児や看護・介護ならば、現行の制度を使って当事者が時間をやり繰りする姿を [全文を読む]

【箱根駅伝】創価大初出場で学会員が貸切バスで大手町に集結

デイリーニュースオンライン / 2015年01月02日11時30分

私の属する学会の地区(註:創価学会組織の活動上の単位)では、箱根駅伝で創大陸上部員たちが今後の人生の糧になる結果が得られるよう必死に祈りました」(創価大OG女性) そんな学会員たちの声援を受けて力走する同大陸上部は、スタート地点である東京・大手町から鶴見までの1区を走るのは3年生キャプテン・山口修平だ。赤と青のストライプに黄色の「創価大学」の文字が赤・青・ [全文を読む]

創価学会信者・長井秀和が清水富美加報道で宗教への弱腰を批判、自ら学会タブーに言及!「池田大作先生も...」

リテラ / 2017年02月18日19時00分

ここは清水富美加さん、創価学会に改宗したらどうですかね? 伸び伸び、芸能活動と宗教活動を両立出来ると思いますよ〉 確かに長井は、バリバリの創価学会信者として知られる。父親は公明党の元市議だし、長井自身も創価小学校、中学、そして創価大学を卒業した経歴の持ち主だ。また"干されて"以降、創価学会のことを"ネタ"にし、たびたび披露してもいるのだが、そんな長井が、 [全文を読む]

池田大作氏が創価学会婦人部から絶大な人気を得た殺し文句

NEWSポストセブン / 2017年02月14日16時00分

池田氏が婦人部から絶大な人気があるのは、活動を視察する際によく「絶対幸せになろうね」などと声をかけるから。その姿は、他の会員からすると“諦めないで頑張る人は見放さない”という学会の考え方を一番理解し、目標となる存在として認識されるのです。 まだ池田氏が公の場に姿を現していた頃は、創価大学出身のエリート幹部たちを、会員たちが見ている場で「お前が偉いんじゃな [全文を読む]

「池田先生の教えに反している!」創価学会員の安保法制抗議活動が始まった! 支持率急落で公明党はどうする?

リテラ / 2015年08月12日20時00分

ほかにも、「ひとりの学会員」という名前で、公明党の山口那津男代表に向けて安保法制の白紙撤回を請願する署名活動を行う人も登場。彼は愛知県在住の50代男性で、名前も明かしてメディアの取材にも応じているのだが、「週刊朝日」(朝日新聞出版)で彼は、この活動について学会幹部から「よく考えていただきたい」と言われたことを明かしつつ、「私も組織を惑わせたくはなく悩ましい [全文を読む]

山本リンダ、久本雅美らが大幹部 創価学会芸術部の存在意義

NEWSポストセブン / 2014年12月10日16時00分

ミュージシャン・高橋ジョージ(56歳)は2014年3月19日付「創価新報」で一般会員との対談に臨み「俺にとって、その(歌を伝える生命力の)源泉は、信仰であり、学会活動」と述べている。 創価大学の落語研究会出身で芸術部員のお笑いコンビ、ナイツは市販されたパンフレット『SOKA2011』(聖教新聞社刊)に登場。「なるほど創価学会」というコーナーで案内役を務め、 [全文を読む]

【新刊紹介】ディーエルエイ・パイパー法律事務所 米国弁護士 ヘンリー・幸田 著 『なぜ、日本の知財は儲からない パテント強国アメリカ秘密の知財戦略』

PR TIMES / 2014年01月28日15時25分

【本書の構成】 序 章 プロローグ ある米国企業の場合 第1章 知財の本質を探る 第2章 世界を動かした特許の歴史を辿る 第3章 米国特許法の変遷 第4章 日本の知財制度を振り返る 第5章 経済の価値基準をハードからソフトに転換させた米国新国家戦略 第6章 米国に生まれた新しい知財ビジネスの実態 第7章 日本の知財活動: 過去から現在 第8章 知財を活か [全文を読む]

池上彰氏 参院選当選の公明議員に創価学会員否か質問の理由

NEWSポストセブン / 2013年07月29日07時00分

佐々木さんを、公明党を応援することが、創価学会の人にとっての宗教活動といいますか、功徳を積む、ということになるんですか? 佐々木氏は「支持団体の創価学会の選挙活動の方針についてはコメントする立場にない」と回答したが、質問はまだ続く。 池上:創価大学のご卒業ですよね? ご本人も創価学会員なんでしょうか。 佐々木:そうです。 池上:視聴者の方からの質問がありま [全文を読む]

フォーカス