紅白 氣志團に関するニュース

「まだ紅白に出るつもりか」和田アキ子、フェス出演の“話題作り”が必死すぎ!

日刊サイゾー / 2016年04月25日09時00分

「言うまでもありませんが、紅白出場へ向けての話題作りでしょう。和田の芸能活動といえば、『アッコにおまかせ!』(TBS系)のMCぐらい。いまや彼女の本業が歌手だなんて、誰も思ってませんよね。もっとも定期的に新曲をリリースしていますが、タイアップをつけても鳴かず飛ばず。一説には、1,000枚を売るのがやっと、などと言われています。紅白のシーズンになるたびに、 [全文を読む]

「氣志團万博」に“場違い”和田アキ子登場で「紅白出るなら、ヒット曲用意してこい!」の声が再燃中……

おたぽる / 2015年09月29日12時00分

「近年、まったくヒット曲がないにもかかわらず、NHK『紅白歌合戦』に連続出場していることも、和田が嫌われる要因となっているようです。あまりにもヒット曲がなさすぎるため、『古い日記』はこれまでに3回、『あの鐘を鳴らすのはあなた』は6回も歌っています。所属事務所であるホリプロの力が強いから出場できるのでしょうけど、これでは視聴者から反感を買ってしまうのも仕方 [全文を読む]

綾小路翔 「親友とは僕のことを傷つけられる存在」

NEWSポストセブン / 2016年07月27日07時00分

人気を博して、紅白にも出場した。 「DJ OZMAはすごくうち向けに、メンバーに『やっぱりあいつはすごいんだ』と思われたくて、彼らに認められたい一心で始めました。だんだんお互いをわかり合って、2009年から氣志團をもう一度再開しました。だから、親友って、ぼくのことを傷つけることができる数少ない存在だと思うんです。 あとは、親友に仲のいい男友達がいると、やき [全文を読む]

小林幸子「人生はオセロ」奇跡の復活について語る

日刊大衆 / 2016年11月08日16時00分

紅白落選後の復活劇の裏側について、MCの阿川佐和子(63)を相手に語った。 小林といえば33年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場した大ベテラン。何千万円もするという豪華絢爛な衣装でのパフォーマンスが年末の風物詩となっていたが、2012年に事務所問題で落選し、仕事も激減。どん底を経験したが、2015年の暮れに4年ぶりに紅白出場を果たした。 番組で独立騒動につい [全文を読む]

HKT48と氣志團がコラボ曲。綾小路翔、紅白復帰願う

Smartザテレビジョン / 2015年10月11日19時30分

(紅白歌合戦を狙っているか、との問いに)ことしはこの曲でNHK復帰しちゃおうかなと思っているので、ぜひとも皆さんのお力でなんとか、どうにか、この男をNHK復帰によろしくお願いいたします! 秋元先生! よろしくお願いします!」 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「港カヲル(皆川猿時)」(2)今年の「紅白」を狙っちゃおうよ!

アサ芸プラス / 2017年02月15日12時57分

今年の「紅白」狙えるんじゃないですか?港 ホントですか? そうなると、おもしろいんですけどね。テリー 声が魅力的だものね。ぜひ紅白で「ひとり」歌ってほしいなァ。港 すみません、それ絶対無理だと思います(笑)。 [全文を読む]

神宿らが伝説の“胸キュンサマーチューン”を披露!

Smartザテレビジョン / 2016年09月02日14時38分

9月2日(金)深夜2時55分から放送の「アイドルお宝くじ」(テレビ朝日ほか)は、7月30日に行われた「アイドルお宝くじパーティーライヴ 真夏の神曲紅白歌合戦」の様子を紹介する特別編。今回は第2部の前半戦を放送する。 「真夏の神曲紅白歌合戦」ということで、紅白2チームに分かれ、夏にぴったりのカバー曲と持ち歌を披露。最後に観客が配られたうちわでどちらが良かった [全文を読む]

「アイドルお宝くじパーティーライヴ」“真夏の神曲”発表

Smartザテレビジョン / 2016年07月27日22時33分

地上波だけでなく、BS、CS、テレ朝動画、EXシアター六本木という5つのメディアを駆使して展開していることにも、大きな注目が集まる同番組が、7月30日(土)に「アイドルお宝くじパーティライヴ 真夏の神曲紅白歌合戦」の第2弾を東京・六本木ヒルズアリーナで行う。 昨年に続き、今回も人気アイドルたちが第1部、第2部にまたがり、紅白に分かれて歌合戦を繰り広げる。 [全文を読む]

【紅白】和田アキ子、井ノ原&綾瀬を逆面談!?

Smartザテレビジョン / 2015年12月29日21時45分

12月31日(木)にNHK総合にて生放送される「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(1日目)が行われ、出場39回目を数える和田アキ子が会見に出席した。 代表曲「笑って許して」を歌唱する和田は、リハーサルを終え「みんな楽しそうでいいね。後ろで『アッコ!』って声を掛けてくれるのもうれしい」と満足げ。 司会を務める井ノ原快彦、綾瀬はるかについては「さっき面談 [全文を読む]

【ヤンキー不在】村祭りとしての紅白鑑賞のすすめとは?

しらべぇ / 2015年12月02日11時00分

今年も紅白歌合戦の出場者が発表された。出場を決めたアーティスト、落選したアーティストについて裏事情なども含め色々と書いている記事を見かけるが、私としては「紅白はNHK村のでっかい村祭り」という目線で見るべきだと思っている。まずそもそも村祭りなのだから、歌手選考にあたって、マラソンの五輪選考のような公正さや客観性や透明さを求めること自体、間違っている。仮に何 [全文を読む]

歌手注力の和田アキ子は浜田省吾、サザンに続いて復活できる? 関係者「おそらく無理でしょう」

日刊サイゾー / 2015年09月27日09時00分

そんな中、和田アキ子は、毎年末に行われるNHK『紅白歌合戦』に1986年以降昨年まで29回連続、通算38回出場しており、歌手としてはコンスタントに活動してきたようにも見えるが、近年はヒット曲もなく、その出場を疑問視する声も上がっていた。ベテランたちの勢いに乗じて、自らも再び歌姫として花を咲かせようという思惑が透けて見えるが、芸能関係者は「おそらく無理でしょ [全文を読む]

久本雅美だけじゃない!猛者ぞろい「ワハハ本舗」のトンデモ伝説を明かそう

アサジョ / 2017年02月26日10時15分

2006年にDJ OZMAが「NHK紅白歌合戦」に初出場した際、ワハハ本舗がダンサーとして出演。何も着ていないように見えるボディスーツを着て、大騒動に発展したが、あれはワハハ本舗が発注した数少ない例。あの一件でOZMA扮する氣志團・綾小路翔は紅白出禁に。数少ない発注で伝説を残してしまうとはさすがとしか言うほかない。 他にもバカ伝説は数知れず。2010年の滝 [全文を読む]

若者人気に嫉妬? 「ラスボス」小林幸子の『紅白』復帰を妨害する勢力とは

日刊サイゾー / 2016年07月24日09時00分

昨年、特別企画で復帰したNHK『紅白歌合戦』も、今年は正式復帰する模様だ。 「騒動後、小林さんはネットメディアなどのギャラの安い仕事も積極的に受けて、それがまた評価がよかった。それで一気にオファーが増えている」と話すのは、広告代理店の営業マン。 「ネットやゲームのオタクから、ラスボスなどとイジられても、嫌な顔ひとつせず、もともと歌とトークのスキルはそこらの [全文を読む]

各テレビ局も注目!こんどうようぢがメジャーデビュー

Smartザテレビジョン / 2015年06月25日19時24分

また、イベント後に行われた記者会見で「メジャーデビュー決定ということで、今後どのようなアーティストになりたいか」という質問に、こんどうは「紅白に10年連続出場できるアーティストになりたい」とはにかみながら目標を語った。 [全文を読む]

金爆メンバーはツアー中別行動が基本!? 「いいとも」で鬼龍院“ぼっち”の真相明かす

リアルサウンド / 2013年12月16日14時40分

(参考:見せ場は紅白だけじゃない! 金爆、年末の番組出演で試される「トークスキル」) スタジオに登場した鬼龍院翔(Vo)は、「やったーまた出れたぜー!」と喜びが隠せない。スタジオには西川貴教、氣志團などから、多くのスタンド花が届いていた。ツアーで5ヶ月で47都道府県すべてを廻り、59公演を行ったという金爆は「その時期、全然テレビ出てなかったので世間的には [全文を読む]

フォーカス