ブーム 田中角栄に関するニュース

【アベノミクス、憲法改正、日米関係、原発・・・角栄は現代の悩みに答えていた! 】『田中角栄の大予言』 10/14 発売!

PR TIMES / 2016年10月14日18時28分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5069/444/resize/d5069-444-358185-0.jpg ] 昨年1月に発売した書籍『田中角栄 100の言葉』は74万部を突破し、田中角栄ブームの火付け役となりました。Amazon政治家本ランキングにおいてベストセラー1位を継続し、レビューでは高評価の平均★4.5を獲得しており、現在 [全文を読む]

強者にすり寄らず弱者によって立った角栄を森永卓郎氏が絶賛

NEWSポストセブン / 2012年12月13日07時00分

経済アナリストで獨協大学教授の森永卓郎氏は、今から約40年前、「今太閤」と呼ばれブームを巻き起こした田中角栄を選んだ理由を語った。 * * * 金権政治批判がつきまとった田中角栄元首相ですが、私は、「格差を縮めて、日本の平等主義の原点をつくった政治家」として高く評価しています。むしろ田中角栄のような政治家がいないことを嘆いているほどです。 田中角栄は29歳 [全文を読む]

【50名限定!無料招待】田中角栄を撮った報道写真家が明かす、心をつかむ「リーダーシップ」と「言葉」とは

PR TIMES / 2017年05月09日17時59分

そんな角栄ブームを引き起こした1つのきっかけとなったのが、書籍『田中角栄100の言葉』。 74万部を超えるベストセラーでもある同書の仕掛け人が、この度、アカデミーヒルズ 六本木ライブラリーで トークイベントを開催します! [画像: https://prtimes.jp/i/5069/514/resize/d5069-514-230751-0.jpg ] [全文を読む]

50万部突破!「天才」にはない経験に裏打ちされた力強い言葉が詰まった、“角栄ブーム”の火付け役!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月19日06時30分

第64・65代内閣総理大臣を務めた田中角栄がブームだ。数多くの“角栄本”が書店に並び、テレビ番組で特集され、最近では日めくりまで出版されるなど、没後20年以上経って再び注目が集まっている。そのブームのきっかけとなったのが『田中角栄100の言葉 日本人に贈る人生と仕事の心得』(別冊宝島編集部編/宝島社)だ。【人気連載マンガ】20世紀末の日本を生きた、かふん少 [全文を読む]

【驚異の50万部突破!Amazonレビュー高評価の★4.6を獲得!】1番売れている“田中角栄”本、『田中角栄 100の言葉』が売れ続ける理由とは?

PR TIMES / 2016年04月21日19時02分

同書は田中角栄ブームの火付け役となっており、過去に出版された角栄関連本まで売れているほか、石原慎太郎の「天才」など、後を追うように角栄に関する本が続々出版されています。また、『田中角栄 100の言葉』は、Amazon政治家本ランキングにおいてベストセラー1位を継続し、2015年の政治家本の中でも実売部数1位となりました。 さらには、Amazonレビューで高 [全文を読む]

ビジネス書の目利きが選ぶ「話し方本」名著10選

プレジデントオンライン / 2017年04月08日11時15分

ブームは続くものの売れ筋本には変化あり 2010年の『超訳 ニーチェの言葉』刊行以来、言葉や話し方をテーマにした本のブームは息長く続いている。出版コンサルタントとして長年ビジネス書を研究してきた立場から見ると、売れ筋本には、世の中の流れや思潮が反映されている。 最大のポイントは、SNSに象徴されるコミュニケーションスタイルの変化にある。少し前ならコミュニ [全文を読む]

石井一氏「ロッキード事件の核心は日米合作の冤罪なのです」

NEWSポストセブン / 2016年10月08日07時00分

* * * 空前の田中角栄ブームで、逮捕から40年という節目でもある。その田中が、ロッキード事件に関して言い残していたことがあった。それは事件の真実が何なのかだ。それを今こそ、世間に問わねばならないと思ったわけです。 今から33年前、昭和58年の10月、一審判決の直前のタイミングでしたが、私は「政治家として考える」と題した非公開文書をまとめました。私が調 [全文を読む]

田中角栄より“所得倍増計画”の池田勇人が漫画的に面白いワケ

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

なぜこの時代にその人物を題材として選んだのか? 「池田勇人を主人公にした戦後政治モノをやりたい」と自ら担当編集者に提案したという作者・大和田秀樹先生に発想の動機や池田勇人の魅力を聞いた! ―ちょうど田中角栄ブームもきてますが、彼を描こうとは思わなかったんですか? 大和田 迷いましたよ(笑)。小学校までしか卒業していないのに総理大臣になる人生はめちゃくちゃ [全文を読む]

田中角栄が今ブーム!『田中角栄 100の言葉』ほか 宝島社の角栄本が累計34万部突破

PR TIMES / 2015年08月08日12時27分

対決型の政治を避ける平和主義者として知られる彼が今の状況を見たらどう感じるのだろうか? [全文を読む]

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

当然、このブームに他局も追随した。フジテレビが『パパ大好き』、TBSが『ベン・ケーシー』、日テレが『幌馬車隊』――etc. 時代は「五社協定」の最中にあり、日本の映画界はテレビ局に作品を貸さなかったので、1960年代前半、日本のテレビ界に海外ドラマの旋風が吹き荒れたのだ。その扉を開いたのは、NETだった。■民放初の映画番組そうそう、先の『ララミー牧場』は思 [全文を読む]

舛添都知事に読んでほしい!借りたカネは忘れるな。貸したカネは忘れろ――角栄の“金銭哲学”に迫る一冊

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月09日06時30分

ブームのきっかけとなった宝島社のムックをはじめ、 関係者による回顧録、名言集、角栄の人生を描く小説やノンフィクション、人物研究、昭和史や政治史に絡めたもの、果ては日めくりカレンダーまで出版されるほどだ。いかに角栄本がブームとなっているかわかるだろう。 そんな中、田中角栄の「金」にスポットを当てた『田中角栄 相手の心をつかむ「人たらし」金銭哲学』が出た。「人 [全文を読む]

田中角栄長男・京氏 参院選出馬の意向について聞いた

NEWSポストセブン / 2016年05月23日16時00分

出版業界はいま空前の「角栄本」ブームに沸いている──。昨年以降、田中角栄に関連する本やムックが相次いで出版された。 ブームのきっかけとなったのが、〈できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこのワシが負う。以上!〉などの名台詞を収録した『田中角栄100の言葉 日本人に贈る人生と仕事の心得』(宝島社)だ。 さらに若手議員時代は「反田中」 [全文を読む]

山崎拓氏 僕が聞いた加藤紘一の最後の言葉

NEWSポストセブン / 2016年10月07日16時00分

昨今、評伝や発言録がベストセラーになるなど田中角栄が奇妙なブームになっているのは、そのひとつの証左なように私には思える。 だが、山崎はこう言って首を振る。「僕はおかしいと思う。立志伝中の人物であることは認めるけれども、功罪があまりに大きい。功のボリュームも大きければ、罪も大きくて、相殺されてゼロだ」──罪というのはやはり……。「金権政治ですよ」 山崎が加藤 [全文を読む]

スペシャル対談・田中京×大下英治「今の日本には“田中角栄”が必要だ」(3)田中角栄はなぜ特別なのか

アサ芸プラス / 2016年08月18日05時55分

大下 今、新たに大きな田中角栄ブームが起きているじゃないですか。理由は簡単なことで、今の政治に対する不満ですよ。田中 確かに、精神面では生意気なのに、責任はとらない政治家さんが多すぎる。「もっと大胆に政治を進められないのか」「責任を持って取り組む人間はいないのか」と、誰もが思っていますから。大下 ロッキード事件で刑事被告人になりながら、これだけ国民に愛され [全文を読む]

田中角栄、ロッキード事件40年後の「驚愕証言」【前編】

NEWSポストセブン / 2016年08月02日07時00分

空前の田中角栄ブームが到来している。角栄氏を主人公にした石原慎太郎氏の小説『天才』がベストセラーとなったのをはじめ、数々の関連本が出版され、NHKスペシャルの「未解決事件」シリーズでも、2夜連続で『ロッキード事件の真実』が放送された。 そうしたなかで7月上旬、『田中角栄を葬ったのは誰だ』(K&Kプレス刊)を上梓した、事件当時、衆院議員秘書を務めた平野貞夫氏 [全文を読む]

サービス開始5周年 honto史上最も売れた書籍を発表! 「5年間総合売上書籍ランキング」

PR TIMES / 2017年04月17日17時34分

その間に、ニュースやドラマ、映画をはじめとするメディアでは、様々なブームが巻き起こりました。そのほとんどは、「本」が原作で、それが反映されたランキングになっています。 代表的なブームのキーワードは、小説なら、「ピース又吉」、「半沢直樹」、「海賊」、「田中角栄」、そして定番の「村上春樹」。ビジネス書は、「アドラー」。絵本は、子供がすぐ寝ると評判の『おやすみ、 [全文を読む]

書籍も好調!『君の名は。』堂々一位獲得 「2016年 honto年間ランキング」発表!! ~絵本No.1は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』その他ジャンル別に集計~

PR TIMES / 2016年12月14日11時37分

ビジネス書ランキングは、アドラーブームを巻き起こした『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』がワンツーフィニッシュ。読みそびれてしまった方も年末年始に、ぜひまとめて読んでみて下さい。 ダイエット・美容本ランキングは、『やせるおかず作りおき』ブームの立役者:柳澤英子の一人勝ちで、忙しい女性を中心に人気を博しています。 2017年は、何が流行りどんなランキングに [全文を読む]

日販 2016年年間ベストセラーを発表 総合第1位は石原慎太郎『天才』

DreamNews / 2016年12月01日09時00分

○第5位『嫌われる勇気』は20~60代の働く世代の男女に広く読まれ、アドラー心理学ブームの火付け役になりました。 ○第6位『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』はヨガインストラクター・Eiko 氏による開脚に特化した実用書です。40~60 代の女性を中心に買われました。 ○第7位に本屋大賞の『羊と鋼の森』、第8位に芥川賞の『 [全文を読む]

平成28年と昭和64年 犯罪や流行ゲーム、映画にも類似点

NEWSポストセブン / 2016年09月14日07時00分

宮崎事件ではオタクバッシングが起き、相模原事件では犯人の思想に注目が集まった」(コラムニストの中森明夫氏) また、スマホゲーム『ポケモンGO』の流行が社会現象となっているが、1989年には携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」が任天堂から発売され、やはり社会現象となる大ブームを起こした。 さらに今年は映画『シン・ゴジラ』が話題になっているが、ゴジラというのはまさに [全文を読む]

姫路モノレールつくった「伝説の市長」 田中角栄との相似

NEWSポストセブン / 2016年08月28日07時00分

* * * 昨今、田中角栄ブームが再燃している。石原慎太郎著『天才』(幻冬舎)は70万部のベストセラーになり、田中を取り上げる書籍や雑誌は後を絶たない。田中は『日本列島改造論』で日本全体を熱狂させ、政界のスターへとのし上がっていった。 田中が著した『日本列島改造論』を体現するのに、もっとも機能したのは鉄道だった。田中は長岡鉄道の社長を務め、鉄道が地域に大き [全文を読む]

フォーカス