伝説 田中角栄に関するニュース

【50名限定!無料招待】田中角栄を撮った報道写真家が明かす、心をつかむ「リーダーシップ」と「言葉」とは

PR TIMES / 2017年05月09日17時59分

没後24年ながら今、再び注目を集める伝説の政治家・田中角栄。 ここ数年で関連本が続々と出版され、数多くのテレビ番組でも特集が組まれました。 そんな角栄ブームを引き起こした1つのきっかけとなったのが、書籍『田中角栄100の言葉』。 74万部を超えるベストセラーでもある同書の仕掛け人が、この度、アカデミーヒルズ 六本木ライブラリーで トークイベントを開催しま [全文を読む]


【驚異の50万部突破!Amazonレビュー高評価の★4.6を獲得!】1番売れている“田中角栄”本、『田中角栄 100の言葉』が売れ続ける理由とは?

PR TIMES / 2016年04月21日19時02分

以上!」1962年、蔵相に就任した角栄が、大蔵官僚を前に就任演説で語った伝説の言葉。エリート官僚たちは、肌合いの違う新大臣の言葉に興味を持ち、いつか心酔するようになった。[画像2: http://prtimes.jp/i/5069/365/resize/d5069-365-273968-2.jpg ] [全文を読む]

大谷翔平がテレ東特番でたけしと初共演、今後を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年12月09日07時00分

テレビ東京系で、12月30日(金)に放送される年末特別番組「たけしの誰も知らない伝説~ニッポンの天才たち2016~」(夜8:54-11:34)に、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が出演することが分かった。 本番組は、ことし話題になった“ニッポンが世界に誇る天才たち”を徹底的に深掘りするドキュメントバラエティー。 「天才が天才と呼ばれる理由とは?」「 [全文を読む]

あの石原慎太郎氏も舌をまく伝説の演説集! 『田中角栄 心をつかむ3分間スピーチ』 日本中を熱狂させた説得術の極意!“ユーモア"と“毒"たっぷりの「角栄節」66

DreamNews / 2016年07月04日10時00分

あの石原慎太郎氏も舌をまく伝説の演説が甦ります。日本中を熱狂させたあの説得術の極意とは? “ユーモア”と“毒”たっぷりの厳選「角栄節」66をご紹介します。学生、エリート官僚、創価学会、そして政敵の心さえ鷲づかみにしたという 究極の「説得術」を、いまこそ学びましょう。◆田中角栄の説得術◆1 世人物鑑定の八大原則 2 人心掌握術の極意3 「私の論理」を前面に出 [全文を読む]

日中関係について大前研一氏「今日の問題の根源は田中角栄」

NEWSポストセブン / 2015年04月22日07時00分

これは外務省に文書が残っていないため“口承伝説”になっているが、そこに今日の問題の根源がある。 つまり、戦後のスタート地点で互いの歴史認識を調整する努力をしないまま問題を解決しようとしたから、ややこしくなってしまったのだ。 ※SAPIO2015年5月号 [全文を読む]

「辞書は食べて覚えるもの?」 それを実践した過去の偉人たち

太田出版ケトルニュース / 2015年02月23日09時26分

そんな時代だからこそ生まれた都市伝説が、「有名人や秀才は辞書を食べて覚えた」という話です。 この伝説の代表的人物と言えるのが、元・総理大臣の田中角栄さん。小学校時代の成績は優秀だったものの、家計の都合で進学できず苦労した田中さんでしたが、勉強は欠かさず、英和辞典を読んで、覚えたページを食べていたという伝説が残されています。このエピソードは、田中さんの伝記漫 [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

困った永サンがNHKに仕事を求め――そこで書いたのが、同局の伝説的ヴァラエティ『夢であいましょう』である。 出演は、黒柳徹子に坂本九、渥美清ら。司会をデザイナーの中嶋弘子サンが務め、彼女の右に傾けてお辞儀をする挨拶が評判になった。同番組から『上を向いて歩こう』や『こんにちは赤ちゃん』など数々のヒットソングが誕生した。■巨人軍の誕生 ここで、話をプロ野球に転 [全文を読む]

姫路モノレールつくった「伝説の市長」 田中角栄との相似

NEWSポストセブン / 2016年08月28日07時00分

鉄道と地域開発、政治は切っても切れない関係にある。政治の力によって開発された駅や路線のなかには、利用者激減のため使われなくなった幻の路線もある。約40年前まで姫路市内を走っていたモノレールと、その現在について、ライターの小川裕夫さんがリポートする。* * * 昨今、田中角栄ブームが再燃している。石原慎太郎著『天才』(幻冬舎)は70万部のベストセラーになり、 [全文を読む]

「コンピューター付きブルドーザー」と称され、ズバ抜けた頭脳と実行力で昭和を駆け抜けた伝説の名宰相・田中角栄の魅力に迫る。新刊書籍『田中角栄 魂の言葉88』(著者:昭和人物研究会)6月1日(水)発売!

DreamNews / 2016年06月06日09時00分

─────■ プレスに関するお問い合わせ先 ■─────社 名:株式会社三笠書房会社ホームページ:http://www.mikasashobo.co.jp/三笠書房電子書籍ストア:http://www.mikasabooks.jp/c/pc/index.htmlフェイスブック:https://www.facebook.com/mikasashobo?fre [全文を読む]

鈴木宗男が伝授する“勝てる握手”とは? 「握手をすれば何票入るかわかる」

週プレNEWS / 2016年10月13日11時00分

田中角栄伝説のひとつですね。 ―今までで記憶に残る握手はありますか? 鈴木 18歳のとき、中川一郎先生が大学の保証人になってくれたんです。そこで「鈴木くん、頑張れ。何か困ったことがあったら来い!」って、握手された。その頃は純情だから、特別に声をかけられたと感激したものです。今思えば政治家の常套句(じょうとうく)でしたね(笑)。あとは2000年にクレムリンで [全文を読む]

急死した鳩山邦夫の”天才伝説”と舛添要一との隠れた因縁

デイリーニュースオンライン / 2016年06月25日12時07分

一部で<邦夫が首席卒業し、舛添は2位>という都市伝説が囁かれているが、トップを争って鎬を削っていたのは事実だ。 ここまで非の打ちどころの無い経歴だったが、政治家になってからの鳩山邦夫は紆余曲折に見舞われる。「田中角栄の秘書→1976年に新自由クラブ推薦で初当選→自民党入党後、宮澤内閣で文相→羽田内閣で労働相→兄の由紀夫と(旧)民主党を結党して副代表に→19 [全文を読む]

赤塚不二夫がきっかけ。タモリが司会、坂田明が演奏した伝説のフェス

まぐまぐニュース! / 2016年03月16日08時00分

“政治”に殺されたくない人は読むべし! [全文を読む]

25万部突破の『田中角栄 100の言葉』、今もっとも売れる政治家本に

PR TIMES / 2015年12月03日12時07分

以上!」1962年、蔵相に就任した角栄が、大蔵官僚を前に就任演説で語った伝説の言葉。エリート官僚たちは、肌合いの違う新大臣の言葉に興味を持ち、いつか心酔するようになった。[画像2: http://prtimes.jp/i/5069/252/resize/d5069-252-669537-2.jpg ]「必ず返事は出せ。たとえ結果が相手の思い通りでなかったと [全文を読む]

東国原「長嶋茂雄さんの都市伝説は永遠に不滅です!」

Smartザテレビジョン / 2015年07月15日08時00分

「自身ではたけし塾1期生であったが“武鉄塾”(たけてつじゅく)があったら入ってみたい」と芸人の中でもファンが多いという武田への敬意を示した 「彼ら5人は昭和という時代が分かる教材だと思う」と真面目に語る東国原だったが「長嶋さん都市伝説ネタは今の時代にも使える。永遠に不滅です!」と加え、会場を沸かせる一幕も。 最後に武田は「時代は人を介して語り継がれる方が [全文を読む]

ロッキード選挙でも圧勝当選の田中角栄 自宅に近隣住民招く

NEWSポストセブン / 2015年07月05日07時00分

昭和の時代、その言葉と存在感で国民を興奮させ、日本の将来への期待感を高めた伝説の宰相がいた。「政治とは国民生活の片隅にある」と語る田中角栄の言葉は、没後20余年を過ぎた平成の日本人にも強く響く。 ロッキード事件で懲役4年の一審判決(1983年)を受けた角栄は、「不退転の決意」と即日控訴し、3か月後の総選挙に臨んだ。いわゆる「ロッキード選挙」である。自民党は [全文を読む]

江沢民、トウ小平 田中角栄が被告になった後も敬意払い訪問

NEWSポストセブン / 2015年07月01日16時00分

昭和の時代、その言葉と存在感で国民を興奮させ、日本の将来への期待感を高めた伝説の宰相がいた。「政治とは国民生活の片隅にある」と語る田中角栄の言葉は、没後20余年を過ぎた平成の日本人にも強く響く。 「水を飲むときは、井戸を掘った人の恩を忘れてはならない」 中国の周恩来・首相は、日中関係について共産党の後進たちに繰り返しそう説いたという。角栄と周恩来はそれほど [全文を読む]

【都市伝説を検証】目白の田中邸から新潟まで3回曲がれば着く...は本当か?

東京ブレイキングニュース / 2014年05月22日11時00分

http://n-knuckles.com/discover/img/ph4.jpg [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(2)<ドラマ篇>「もう誰も愛さない」での衝撃シーンを伊藤かずえに直撃

アサ芸プラス / 2016年11月19日09時57分

ジェットコースタードラマの元祖で知られる「もう誰も愛さない」(91年、フジテレビ系)には、再放送やDVD化でカットされた伝説のシーンがある。悪徳弁護士に扮した伊藤かずえが、悪の親玉(伊武雅刀)に200億円を要求したせいで、バラバラ死体にされる。そしてゴミ捨て場に「ゴロリと転がる生首」のシーンが映し出され、大きな話題となった。 現在は封印されていることを伝 [全文を読む]

薩長への恨み、未だ消えず? 安倍政権が東北で「不人気」の謎

まぐまぐニュース! / 2016年08月04日19時00分

私が『西郷隆盛伝説』(光文社知恵の森文庫)に書いたように、東北では戊辰戦争の際の秋田の裏切りを許していない。 それについて、秋田県出身老医師の述懐を引こう(吉田昭治『秋田の維新史』より) 「あれは明治三十四、五年の頃、仙台の第二高等学校に居た頃のことです。舎監をしていたのが旧仙台藩士でしてね。なかなか厳格な反面、優しいところのある爺さんで、生徒達にも人気 [全文を読む]

フォーカス