政治家 田中角栄に関するニュース

強者にすり寄らず弱者によって立った角栄を森永卓郎氏が絶賛

NEWSポストセブン / 2012年12月13日07時00分

* * * 金権政治批判がつきまとった田中角栄元首相ですが、私は、「格差を縮めて、日本の平等主義の原点をつくった政治家」として高く評価しています。むしろ田中角栄のような政治家がいないことを嘆いているほどです。 田中角栄は29歳で衆院選に初当選し、39歳での郵政相(現総務相)を皮切りに、出世の階段を昇っていきました。首相に就任したのは、54歳の時です。 田 [全文を読む]

スペシャル対談・田中京×大下英治「今の日本には“田中角栄”が必要だ」(1)息子が見た名宰相の素顔は

アサ芸プラス / 2016年08月16日05時55分

角栄氏の長男・京氏と連載を執筆した大下氏が、それぞれ「息子」「作家」の目線から、何者にも代えがたい田中角栄の政治家・人間としての魅力を語り尽くす!大下 僕と京さんは、以前から親しい間柄でね。前に銀座のクラブで京さんと飲んでいる時、「お父さんは、ちゃんと認知をしてらっしゃるからいいですね」と言ったことがある。すると、「認知だったら“田中京”と名乗れない。認知 [全文を読む]

【アベノミクス、憲法改正、日米関係、原発・・・角栄は現代の悩みに答えていた! 】『田中角栄の大予言』 10/14 発売!

PR TIMES / 2016年10月14日18時28分

Amazon政治家本ランキングにおいてベストセラー1位を継続し、レビューでは高評価の平均★4.5を獲得しており、現在も部数を伸ばし続けています。また、同書のヒットを契機に、石原慎太郎の『天才』をはじめ、後を追うように角栄に関する本の出版が相次いでいます。さらには、TVや雑誌などのメディアでも角栄が特集され、角栄を知らない世代にも広く知れ渡るようになりました [全文を読む]

【50名限定!無料招待】田中角栄を撮った報道写真家が明かす、心をつかむ「リーダーシップ」と「言葉」とは

PR TIMES / 2017年05月09日17時59分

没後24年ながら今、再び注目を集める伝説の政治家・田中角栄。 ここ数年で関連本が続々と出版され、数多くのテレビ番組でも特集が組まれました。 そんな角栄ブームを引き起こした1つのきっかけとなったのが、書籍『田中角栄100の言葉』。 74万部を超えるベストセラーでもある同書の仕掛け人が、この度、アカデミーヒルズ 六本木ライブラリーで トークイベントを開催しま [全文を読む]

スペシャル対談・田中京×大下英治「今の日本には“田中角栄”が必要だ」(3)田中角栄はなぜ特別なのか

アサ芸プラス / 2016年08月18日05時55分

大下 今の若手政治家は高学歴かもしれないけど、だいたい温もりがないよね。俺は他の者とは違う、という目線の高さがある。一方で角さんは、自分もまだまだ未熟の部分があると認めていて、叩き上げの苦労人だったことから目線が低い。それがやっぱり、庶民出身の宰相ならではのものだし、これこそが政治に最も必要な部分です。田中 親父は若くして会社も経営していましたから、その目 [全文を読む]

50万部突破!「天才」にはない経験に裏打ちされた力強い言葉が詰まった、“角栄ブーム”の火付け役!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月19日06時30分

【人気連載マンガ】20世紀末の日本を生きた、かふん少年の数奇なエピソードをエッセイ風に綴ったショートコメディ! 田中角栄が残した100の言葉と、それにまつわるエピソードなどを紹介する本書は「Amazon政治家本ランキング」においてベストセラー1位をキープ、2015年「政治家本」の中で実売部数1位、レビューでは5つ星のうち4.7を獲得しており、なんと50万部 [全文を読む]

『当確師』著者・真山氏「小学生の頃から政治と小説が好きだった…」独占インタビュー(1)

政治山 / 2016年01月29日11時30分

私は、親戚や家族に政治家は1人もいません。いわゆる平均的な一般家庭でした。大人は政治の悪口を言うだけで、それを正そうとする勇気ある大人はいない。このまま親の世代が引退し、少しずつ停滞する社会を自分たちが受け継いで幸せになれるのかなと常に疑問でした。このままではダメだと誰かが思ったときに社会を変えられるのは政治なんだろうなと思っていました。 もう一つは、戦 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(22)周りを取り込む温かな人柄

アサ芸プラス / 2016年08月09日05時55分

何より人を愛し、人に愛された男だった──あまたいる政治家の中でも、田中角栄が特別である理由はここにある。「ロッキード事件」をきっかけに、その運命は大きく変わることとなったが、田中が世に遺したエピソードや言葉は、今なお人々の心を熱く揺さぶり続けている! 田中角栄がいまだ人々に愛されているのは、ひとえに情の人であったことだ。 1963年(昭和38年)の暮れ、当 [全文を読む]

【驚異の50万部突破!Amazonレビュー高評価の★4.6を獲得!】1番売れている“田中角栄”本、『田中角栄 100の言葉』が売れ続ける理由とは?

PR TIMES / 2016年04月21日19時02分

また、『田中角栄 100の言葉』は、Amazon政治家本ランキングにおいてベストセラー1位を継続し、2015年の政治家本の中でも実売部数1位となりました。 さらには、Amazonレビューで高評価の★4.6を獲得するなど、最も評価の高い角栄本でもあり、現在も部数を伸ばし続け、最も売れている角栄本です。[画像1: http://prtimes.jp/i/506 [全文を読む]

田中角栄より“所得倍増計画”の池田勇人が漫画的に面白いワケ

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

それに、他には特別に有名になった映像や漫画の作品もなく、名前を知っているけど具体的には何をしたのか、いつ頃の政治家だったのか人の記憶に曖昧(あいまい)な存在だったのも良いかなと思いまして(笑)。 ―単行本1巻の帯に書いてある名前は、戦後の混乱期の日本復興の礎(いしずえ)を築いた吉田茂、非核三原則の提唱や沖縄返還を成し遂げた佐藤栄作、敗戦後GHQとの折衝に [全文を読む]

石原慎太郎 安倍首相は良くやっているが角栄とスケール違う

NEWSポストセブン / 2016年02月05日07時00分

金権を批判したが、しかし政治家として田中角栄は天才で本当のインテリだと評価する石原氏に、現代の政治家について聞いた。 * * *〈石原慎太郎氏と田中角栄氏、2人のもう一つの共通点が、アメリカと対峙したことである。石原氏は、角栄がアメリカに頼らない資源外交を展開したことが、ロッキード事件につながると見る。作中で角栄は、こう述懐する。『無念ながらこの国は未だに [全文を読む]

田中角栄の金権政治にかかわる新事実を白日の下にさらした本

NEWSポストセブン / 2014年01月06日16時00分

【書評】『田中角栄に消えた闇ガネ 「角円人士」が明かした最後の迷宮』森省歩/講談社/1785円 【評者】森永卓郎(経済アナリスト) 田中角栄は希有な政治家だから立花隆の「田中角栄研究」以降も、立花氏を含めて様々な作家やジャーナリストが田中角栄研究の本を出してきた。そしてそれは四十年経ったいまでも続いている。 田中角栄は、地方と大都市の経済格差を是正し、年金 [全文を読む]

鈴木宗男が伝授する“勝てる握手”とは? 「握手をすれば何票入るかわかる」

週プレNEWS / 2016年10月13日11時00分

だがキミは今まで握手についてきちんと考えたことはあっただろうか? ただ漫然と手を差し出してはいなかったか? そこで、北海道で長年厳しい選挙戦を勝ち抜き、さらに世界を相手にタフな交渉を行なってきた元衆議院議員の鈴木宗男氏に、その極意を聞いた! * * * ―政治家のなかでも先生は握手のイメージが強いです。 鈴木 私は選挙のとき、一日に5000人と握手するよ [全文を読む]

田中角栄が今ブーム!『田中角栄 100の言葉』ほか 宝島社の角栄本が累計34万部突破

PR TIMES / 2015年08月08日12時27分

昭和を代表する政治家・角栄が今なぜ見直されているか? 終戦から70年の節目を迎える今年。安倍首相の戦後70年談話の内容に注目が集まっています。また、集団的自衛権の行使容認などを盛り込んだ安全保障関連法案の成立を確実にするために国会が9月27日まで延長されるなど、よりいっそう政治的関心が高まっています。 そんな中、安倍政権と比較されるのが、没後20年以上経っ [全文を読む]

名もなき庶民が日本の主役だった「田中角栄の時代」があった

NEWSポストセブン / 2015年06月30日16時00分

政治家の役割は、安倍晋三首相のように「オレが最高責任者だ」と国家・社会を自分の思想に染めようとすることではない。あくまで“政治家は脇役、主役は庶民”という徹底した民主主義の思想がそこにはある。 1972年、「今太閤」「庶民宰相」と呼ばれ、国民の熱狂的な歓迎の中で首相に就任した角栄だったが、人気とは裏腹に、当時の日本社会は高度成長のピークを過ぎ、大都市と地 [全文を読む]

現役&OB議員が選ぶ歴代最高首相 1位は吉田茂

NEWSポストセブン / 2017年01月06日16時00分

政治家は歴史法廷の被告である」とは中曽根康弘・元首相の言葉だ。在任中にどんなに権力を振るい、あるいは国民の人気が高かった総理大臣であっても、後世、高い評価を与えられるとは限らない。逆もまた真なりだ。歴史の審判でさえ時代が求める総理像によってかわるだろう。 では、いま、歴代総理の中で誰が評価されているのだろうか。本誌・週刊ポストは与野党各党の現職国会議員と [全文を読む]

石井一氏「ロッキード事件の核心は日米合作の冤罪なのです」

NEWSポストセブン / 2016年10月08日07時00分

田中角栄・元首相の私設秘書を務めた後に政治家に転身、自治大臣などを務めた元民主党副代表の石井一氏(82)がロッキード事件の真相に迫った『冤罪 田中角栄とロッキード事件の真相』(産経新聞出版)を上梓した。なぜ今になってその封印を解いたのか。 * * * 空前の田中角栄ブームで、逮捕から40年という節目でもある。その田中が、ロッキード事件に関して言い残していた [全文を読む]

立ち居振る舞いと人間力

クオリティ埼玉 / 2016年01月25日11時10分

それだけ「選挙」という禊は政治家にとって厳しいものだ。しかし、ここで異変を発見した。選挙の近い政治家なのに、歩く姿は「田中角栄」そのもの。片手で手を挙げ、うなずく。一緒にいた人が「あの人選挙近いんじゃない?すごい自信だね。」ある人も言う。「強力な対抗馬が出馬するからエール送ってやろうとしたら、俺を一瞥して去っていったよ。俺同級生だぜ。」 選挙目前のその政 [全文を読む]

田中角栄「竹下登への執念の復讐劇」と「赤報隊事件」の偶然(後編)

デイリーニュースオンライン / 2015年01月26日15時50分

残ったのは暴力団と政治家の2つだった。 リクルート事件も佐川急便事件も角栄が仕掛けた? 赤報隊は、1987年から1990年5月の3年の間に主な事件は集約されている。しかも、1990年5月の民団襲撃後は、活動はおろか犯行声明文すら出さず、忽然と姿を消した(のちに模倣犯による犯行の可能性が高いとされた事件はあったが)。それは、あたかも“3年間の期限付”の活動で [全文を読む]

高須院長 「YES! ○○党」をやってと衆院選出馬要請あった

NEWSポストセブン / 2012年12月08日07時00分

それに、個人的には政治家になりたくはないんだよ。むしろ、政治家を使う立場になりたい。議員になってすぐに偉い立場になれるならいいけど、今ぼくが政治家になったら下っ端だし、正直あんまりうま味がないかな(笑い)。──あくまで政治家は利用するものってことですね(笑い)。高須:その通り(笑い)。今までいろいろとつき合いのあった政治家なんかも、ぼくが新人議員になったら [全文を読む]

フォーカス