病気 田中角栄に関するニュース

あの有名人もそうだった? 声を出したいのに、うまく出せなくなってしまうことがある?

マイナビ進学U17 / 2016年01月06日12時02分

会話の途中で言葉が出てこなくなったり、第一声に詰まって喋ることができなくなってしまう病気があります。身近に存在するこの症状について紹介します。■『英国王のスピーチ』でテーマとなった「吃音症」とは?2011年のアカデミー作品賞を受賞した『英国王のスピーチ』という映画を観たことはありますか? 会話の途中で言葉が出てこなかったり、第一声に詰まって喋ることができな [全文を読む]

田中角栄より“所得倍増計画”の池田勇人が漫画的に面白いワケ

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

大学入試では東大を落ちて、病気(落葉状天疱瘡)で大蔵省を退職してエリートコースからも落ちこぼれて、最初の奥さんを病気で亡くした…そんな男が総理大臣になる。資料を読み進めるほど、池田勇人の人生が面白いと思ったんですよ。 それに、他には特別に有名になった映像や漫画の作品もなく、名前を知っているけど具体的には何をしたのか、いつ頃の政治家だったのか人の記憶に曖昧( [全文を読む]

ビクラムヨガ10周年記念イベント、開催のお知らせ

DreamNews / 2016年10月04日16時00分

その後、ゴーシュ先生に支援されインドでいくつかの学校を開校し、全身や内臓を強化し、病気を予防し、老化を防ぐ2つの呼吸法と26種類のポーズを組み合わせた効果の高いメソッドを開発。1970年2月にビクラム先生はビシュヌ・ゴーシュの指示で日本にヨガ教室を開く。寒い時期の日本のスタジオにストーブを持ち込むと身体が温まってよく伸びるということに気付いたビクラム先生は [全文を読む]

田中角栄、ロッキード事件40年後の「驚愕証言」【後編】

NEWSポストセブン / 2016年08月03日07時00分

田中角栄・元首相が逮捕された「戦後最大の疑獄事件」、ロッキード事件発覚当初から、児玉誉士夫氏は「病気」を理由に証人喚問を拒否していた。 国会は1976年2月16日、病状確認のために医師団を児玉邸に派遣した。結果、児玉氏は「重度の意識障害」と診断され、喚問は見送られることになった。 7月上旬、『田中角栄を葬ったのは誰だ』(K&Kプレス刊)を上梓した、事件当時 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(6)現場からの情報が最大の武器

アサ芸プラス / 2016年06月30日05時55分

課長クラスに対しては、奥さんが病気である、子供が大学へ入った、という細かいことまでよく調べておいて、その都度、お見舞いやお祝いをした。見どころのある者の家の冠婚葬祭に、ほとんど出席した。 そういう細かい心尽くしを受けると、誰でも胸を開くものだ。田中は密かに、彼らから大蔵省内部の派閥関係まで細かく報告を受けるようになる。そうした人脈の流れをつかみ、将来の青写 [全文を読む]

最初は名前も「そば清」だった!? 創業50周年の「富士そば」会長が語る“秒殺の土地選び”とは

週プレNEWS / 2016年11月14日06時00分

3回目は栄養学校を卒業して、病院で栄養士になったけど、父が病気になって帰らざるをえなかった。4回目の上京でやっと定住することができたんだよね。 ―それは何歳くらいの時だったんですか? 丹 25歳くらいだったかな。その頃から電化製品が普及して、大手の会社が下請けに発注するんだけど、仕事が増えすぎて、下請けがついてこられないくらいだった。地方から人がどんどん東 [全文を読む]

三角大福中にYKK。「派閥政治」全盛の懐かしき昭和を振り返る

まぐまぐニュース! / 2016年10月11日16時00分

安=安倍晋太郎氏(いまの安倍晋三総理の父) 竹=竹下登氏 宮=宮沢喜一氏 安倍晋太郎氏は病気で亡くなられたが、竹下氏、宮沢氏は総理大臣になられ、皆、政治を活性化させたという点もあった。この3人は中曽根氏の後を引き継ぐような形になったが、その後YKK時代がくる。 派閥政治の「明」と「暗」が重なったYKK時代 YKKで政治をかきまわし、政治を活性化しよう! [全文を読む]

シリーズ「中年が危機」その2 キャリアの危機1/増沢 隆太

INSIGHT NOW! / 2016年02月17日06時01分

・リストラは予防できる?21世紀の今でも、完全な治療法が見つからない病気はあります。リストラされても生き残ることは、現実にはきわめて厳しいという点で対応は無理です。しかし少しでもそうなる可能性を排除することなら実行可能です。つまりリストラ対策とは、リストラされないよう日頃から準備しておくこと以外に対策はないのです。そのために必要な3条件があります。その1「 [全文を読む]

<野坂昭如氏の逝去に想う>在米日本人の小学生に届けられた映画「火垂るの墓」

メディアゴン / 2015年12月11日07時30分

野坂さんの様子を取材に来ていた新聞記者が、 「私の父が重篤な病気で、野坂先生のファンなんです。野坂先生からサインをもらえないでしょうか?」とアテンド役を務めていた筆者の母に話しかけてきた。母がそれを野坂さんに伝えると、 「その方のお父さんのお名前を聞いてきてください」と言った。母は新聞記者から名前を聞いて伝えると、野坂さんはサインにその名前をしっかりと書い [全文を読む]

自民党写真室初代室長 撮影中に見た小渕首相の「死の前兆」

NEWSポストセブン / 2015年01月21日16時00分

「あ、これは脳の病気だと直感的に思いました。脳梗塞で亡くなる直前に、報道陣の前で呂律が回らない様子の映像が流れましたよね。その時と全く同じようにどこか言葉が飛んでしまったような感じでした」 その一年後の2000年5月、小渕は在任中に急逝した。あの「前兆」を見た後、勇気を持って小渕に検診を勧めるべきだったのではないか──。岡崎は今もそう悔やんでいる。 ※S [全文を読む]

フォーカス