課長 あぶない刑事に関するニュース

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

警視長クラス:警察庁の課長、警視庁の部長、県警の本部長、部長。 警視正クラス:警察庁の室長、理事官、警視庁の参事官、課長、県警の部長、所轄の署長。 警視クラス:警察庁の課長補佐、警視庁の管理官、課長、県警の課長、所轄の副署長。 警部クラス:警察庁の係長、警視庁の係長、県警の課長補佐、所轄の巡査部長。 警部補クラス:警察庁の主任、警視庁の主任、県警の係長、 [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

1位『緊急取調室』(テレ朝)14.1% 2位『小さな巨人』(TBS)13.2% 3位『警視庁・捜査一課長』(テレ朝)12.0% 4位『警視庁捜査一課9係』(テレ朝)11.2% 5位『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジ)11.0% ――なんと、見事に5つとも刑事ドラマである。 昨今、連ドラは刑事ドラマや医療ドラマばかりが目に付くが、遂にここまで来た [全文を読む]

『あぶ刑事』舘ひろし&柴田恭兵を、浅野温子&仲村トオルはどう見ているか?

Movie Walker / 2016年01月29日13時26分

仲村演じる町田透は課長となり、浅野演じる真山薫は、神奈川県警重要物保管所所長となっていた。 最初に、10年ぶりの映画をオファーされた時の感想を伺うと、まるで劇中の刑事部屋のような雰囲気で、クロストークが繰り広げられる。 舘「俺は単純にうれしかった。もう1回できる、もう一回遊べるということで。でも、今回やるのなら、一度原点に戻りたいという気持ちがあった」 柴 [全文を読む]

柴田恭兵が「あぶない刑事」ファイナルに本音「本当は70歳を過ぎてやりたかった」

Entame Plex / 2016年01月13日03時40分

「原点回帰」問題は仲村にも影響を与えたようで、「僕も帰るべき原点はどこだったか、すっかり見失った状態でいたんですけど」と、会場から爆笑を取りつつも、劇中で自らが捜査課長職を演じることから「中条さんがここにいました、っていう課長の席に残っている匂いや温かみこそが原点だったのではないかなって」と想いを口にした。仲村が話すのは、かつてシリーズで捜査課長役だった役 [全文を読む]

皆川猿時、荒川良々が“あぶない刑事”に憧れる!?

Smartザテレビジョン / 2016年10月06日16時59分

数日後、奇跡的に一命を取り留めたミナガワが警察署に顔を出すと、課長(村杉蝉之介)から、捜査課に配属されたばかりの刑事アラカワ(荒川良々)と新しくコンビを組むよう言い渡される。さっそくミナガワはアラカワと見回りに出掛けるが、アラカワがなぜか違法ドラッグを入手したり、銃を通行人に向けたり“あぶない”ことを行い、ミナガワは彼を即逮捕! すぐさま課長に「こいつあ [全文を読む]

「家売るオンナ」鈴木裕樹が一番うれしい瞬間

Smartザテレビジョン / 2016年08月31日06時01分

北川景子演じる三軒家万智の圧倒的存在感や、仲村トオル演じる営業課長の悲哀など、7月クールのドラマではNo.1との呼び声も高い。今回、物語の舞台となるテーコー不動産の営業課に勤める八戸大輔役の鈴木裕樹にインタビュー。撮影現場の様子や、共演者の印象、さらに最終回に向けての見どころなどを語ってもらった。――クランクアップされたそうですが、撮影期間を振り返ってみて [全文を読む]

年齢なんて、関係ないね!「さらば あぶない刑事」徹底レビュー

まぐまぐニュース! / 2016年02月09日14時00分

近藤課長の怒鳴り声や、薫のぶっとびぶりに笑わせられたものだ。何よりタカとユージの息の合ったコンビっぷりやトボけたやりとりは、本当にカッコ良くおもしろかった。 あれから30年、劇場版前作からも11年たった。ひさかたぶりにスクリーンで観た「あぶ刑事」は、予想以上に荒唐無稽だった。応援も呼ばず単独捜査、捜査のたびに銃撃戦やカーチェイス、敵の弾は絶対主人公には当た [全文を読む]

新たなテレビドラマ候補にしたい!? 実在した「海パン刑事(デカ)」

citrus / 2017年08月21日22時00分

(中略)同署の正木一博生活安全課長は「夏の楽しい思い出が犯罪被害に遭って台無しにならないよう全力を尽くしたい」とした上で「貴重品は防水ポーチに入れて身に着けたり、見張り役を置いたりしてほしい」と注意を呼びかける。じつに心強くて頼もしい話ではないか。前にcitrusでも書いた記憶があるが、昨今の私服警察官の“変装”能力は、我々一般市民の想像のはるか上を行き [全文を読む]

仲村トオル 難病の妻・鷲尾いさ子を全身全霊で支える日々

NEWSポストセブン / 2016年02月05日07時00分

いくつになっても変わらない破天荒ぶりを見せる2人とは対照的に、新人から課長へと出世する成長を見せたのは町田透を演じる仲村トオル(50才)だ。 仲村は昨年デビュー30周年を迎えた。大学在学中に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で主演デビュー。『あぶデカ』で大ブレークし、連ドラへの出演は30本を超える。 そんな仲村は1995年に女優・鷲尾いさ子(48才)と結婚 [全文を読む]

荒ぶる「刑事ドラマ」の男たち(3)アンケート「オレが愛したこの1作」

アサ芸プラス / 2012年03月07日10時54分

「藤田まことと課長(島田順司)のやり取り、眞野あずさとのほのぼのしたやり取りがよい。堀内孝雄の主題歌も楽しみ」(長野・67歳) 最後に回答とは別に寄せられた今の刑事ドラマへの厳しい意見を紹介しよう。「『太陽にほえろ!』も『Gメン’75』も『はぐれ刑事純情派』も役者が一流。話も『水戸黄門』や『遠山の金さん』みたいに流れがわかってる。今の刑事ドラマは役者が薄っ [全文を読む]

フォーカス