作品 東村アキコに関するニュース

【占い】心理別・あなたが今読むべきマンガはコレ!【試し読みあり】

Woman Insight / 2016年02月09日06時00分

そんなマンガの日にちなんで、大人の女性が読んでおもしろいマンガを、今の気分別にセレクト! 下の5つの質問にあてはまる人はそのページにGO! 今の気分にピッタリの作品が見つかるかも!? ■習い事を始めたい、趣味が欲しいと思っているあなたにはコチラ ■そろそろ結婚したい! 結婚願望強めのあなたにはコチラ ■最近、少し疲れ気味。とにかく癒やされたいあなたにはコ [全文を読む]

人気漫画家の超レアアイテムを大量放出! 講談社全コミック誌合同「年末年始プレゼントキャンペーン」がスタート!

PR TIMES / 2015年12月25日12時29分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/861/resize/d1719-861-446808-2.jpg ] キャンペーン特設ページ:http://news.kodansha.co.jp/20151225_c01/ 講談社が発行するすべてのコミック誌とライトノベルレーベルの編集長が、来たる2016年にぜひ読んでほしいイチオシ作品[全文を読む]

【エンタがビタミン♪】東村アキコさん、マンガ大賞『かくかくしかじか』の“スパルタ指導”に「ウソは描いてない」

TechinsightJapan / 2015年04月02日10時35分

マンガ大賞2015を受賞した『かくかくしかじか』の作者・東村アキコさんが、作品中に出てくる絵画教室の先生による竹刀やアイアンクローの“スパルタ指導”シーンについて「ウソは無い」と証言した。同作を紹介したバラエティ番組『王様のブランチ』ではMCの本仮屋ユイカと谷原章介が内容について「出会いと別れについて深く考えさせられた」、「バイブルにしたいほど」と絶賛して [全文を読む]

【今日のインサイト】新・青年コミック誌、月刊「ヒバナ」本日発売!その中身と注目作品をご紹介♪

Woman Insight / 2015年03月06日06時00分

そして青年誌初登場の鎌谷悠希さんによる尾道を舞台とした『しまなみ誰そ彼(たそがれ)』や、ほっこり癒される『妖怪ウォッチ』の人気キャラクター“コマさん”を主人公とした『コマさん~ハナビとキセキの時間~』など、注目作品目白押しです! また、オノ・ナツメさんの『ふたがしら』や林田球さんの『ドロヘドロ』など、月刊『IKKI』からの継続作品も掲載されています。別冊 [全文を読む]

『東京タラレバ娘』がドラマ化 主演・吉高由里子に不満の声

しらべぇ / 2016年09月08日17時00分

■ドラマ向けに年齢設定を変更本作品を簡単に説明すると、アラサー女子三人組が、恋に仕事に奮闘し、どんどん闇堕ちしていく作品。リアル過ぎる心理描写が話題となり、新刊発売のたびにツイッター上が阿鼻叫喚の地獄絵図になることで知られている。原作では主人公・鎌田倫子は33歳だったが、現在28歳の吉高に合わせてか、設定を「30歳」に変更された模様。親友の香、小雪とともに [全文を読む]

2015年のマンガはコレがすごかった……!? 各「マンガ賞レース」斜め読み

おたぽる / 2015年12月31日18時00分

というわけで、2015年のマンガシーンを振り返る意味も含めて、主なマンガ賞の受賞作品をあげてみようと思う。なお、オリコンによる「2015年 本ランキング」では、1位『ONE PIECE』、2位『七つの大罪』、3位『進撃の巨人』、4位『暗殺教室』、5位『キングダム』となっている。売れているから偉いわけでも、発行部数=面白さでもないが、目安にはなると思うので [全文を読む]

今、この瞬間一番おもしろいマンガを選ぶ!「マンガ大賞2015」発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月24日16時00分

今、この瞬間一番おもしろいマンガを選ぶ!書店員を中心にした各界のマンガ好きが選ぶ、「マンガ大賞2015」が2015年3月24日(火)に発表された!大賞作品をはじめとした14位までを速報でご紹介しよう! 自伝的漫画『かくかくしがじか』 ■今、この瞬間一番おもしろいマンガを選ぶ!「マンガ大賞2015」 大賞 『かくかくしかじか』 東村アキコ/集英社 2位 『子 [全文を読む]

新コミック誌『ヒバナ』編集長が発刊の舞台裏を激白「今までの小学館にはない雑誌を!」

Woman Insight / 2015年03月06日21時30分

WI たしかに、東村さんの作品って、考えるより先に、笑いながら勢いで読んじゃいます。 湯 登場するキャラクターのことも、すぐ好きになっちゃいますよね。必ずしもいい男、いい女じゃなくても、どこか憧れる感じがあるし。だから、彼女の作品を改めて読み返して、もやもやと考えていたことが、「具体的にここにあった!」と思ってうれしくなりましたね。それで東村さんのところ [全文を読む]

ホリエモンを含む漫画を愛して止まない“読むプロ”たちが厳選!! iOSアプリ『マンガトリガー』61作品中17作品を提供!!

PR TIMES / 2017年04月15日10時30分

~ “本当におもしろい作品”だけを選りすぐった漫画のセレクトショップ ~株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)が取次を行う「マンガのセレクトショップ」をコンセプトにしたiOSアプリ『マンガトリガー』(開発・運営:株式会社ナンバーナイン)がリリースされました。リリース時点では膨大な漫画データから61作品が厳選され、そのうちC&R社の取り扱う17作 [全文を読む]

「マンガ大賞2016」発表! 野田サトルの『ゴールデンカムイ』が大賞に輝く

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月30日17時30分

選考員が投票した1位→3pt、2位→2pt、3位→1ptのポイントの合計によって決められた、大賞作品を含めた11位までを紹介しよう。 【人気連載マンガ】ネットで話題!! とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお届け! <今、この瞬間一番おもしろいマンガを選ぶ!「マンガ大賞2016」> 大賞:『ゴールデンカムイ』野田サトル 91ポイ [全文を読む]

第1位は『ダンジョン飯』(九井諒子/KADOKAWA)「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」発表 「第2回 次にくるマンガ大賞」との合同フェアを開催!

DreamNews / 2016年02月04日09時30分

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は2月4日(木)より、「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」のランキング上位15作品を発表し、取引書店1,900店で店頭フェアを開催いたします。日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は2月4日(木)より、「全国書店員が選んだ [全文を読む]

上杉謙信は女だった!東村アキコ最新作「雪花の虎」全力最速レビュー

Woman Insight / 2015年09月11日11時00分

東村アキコさんといえば、2015年マンガ大賞受賞作『かくかくしかじか』、アラサーの心に痛いほど刺さる『東京タラレバ娘』、能年玲奈さん主演で映画化された『海月姫』など、多くの作品を世に送り出してきたヒットメーカー。 ★【独占インタビュー】『雪花の虎』新連載の東村アキコが明かす「10年間休まず週刊連載を続けた」理由とは? 『雪花の虎』はそんな東村さんが、初め [全文を読む]

新発刊コミック誌『ヒバナ』に、あの『妖怪ウォッチ』の人気キャラクター「コマさん」の漫画が!

Woman Insight / 2015年03月07日20時00分

表紙&巻頭カラーの東村アキコさんに続き、ほかの作品ラインナップも気になるところ。編集長である湯浅生史さんに解説していただきました! ★第1回はコチラ→ 新コミック誌『ヒバナ』編集長が発刊の舞台裏を激白「今までの小学館にはない雑誌を!」 Woman Insight編集部(以下、WI) 創刊号のラインナップで気になるのが、なんといっても『コマさん~ハナビとキセ [全文を読む]

【独占インタビュー】人気マンガ家・東村アキコ、衝撃の素顔…着物とキッチンが○○だった!

Woman Insight / 2015年03月06日16時00分

ご期待ください!(五十嵐ミワ) ★1回目→ 【独占インタビュー】東村アキコの新境地…待望の新作は3/6創刊の『ヒバナ』にて連載決定! ★2回目→ 【独占インタビュー】『雪花の虎』新連載の東村アキコが明かす「10年間休まず週刊連載を続けた」理由とは? ★コチラもcheck→ 【今日のインサイト】新・青年コミック誌、月刊「ヒバナ」本日発売!その中身と注目作品[全文を読む]

タラレバ作者・東村アキコの離婚騒動でなぜか”大バッシング”の顛末

デイリーニュースオンライン / 2017年03月06日11時40分

「この離婚騒動をきっかけに、視聴率が危ぶまれるという声もありますが、主演である吉高・大島・榮倉を見たいだけの視聴者も潜在的に多いでしょうし、 作品自体にはそれほど影響はないと思います。ただ、東村の漫画に関しては影響があるかもしれませんね。それこそ、東村の上から目線な作風がバッシングを受ける可能性はあるでしょう」(芸能記者) ■過去にも炎上騒動…連載にも影 [全文を読む]

『新装版 ひまわりっ ~健一レジェンド~』発売記念!モーニング×Kiss担当編集座談会公開中!

PR TIMES / 2015年10月14日10時10分

東村アキコと現役担当編集者が 『ひまわりっ』の魅力を語る 座談会をKiss公式HP内 KissLive!で公開 [画像1: http://prtimes.jp/i/1719/793/resize/d1719-793-445868-1.jpg ] 2006年から2010年までモーニング(講談社刊)で発表された東村アキコの実話と妄想が入りまじった伝説的ギャグ漫 [全文を読む]

女子会撲滅コミック『東京タラレバ娘』を読んで不安になったアラサー女の苦悩

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月28日16時30分

この作品を読んだ多くの独身アラサー女性は、膝から崩れ落ちるような気持ちに襲われたことでしょう……。■痛すぎて笑えない……!独身女性のリアルホラー漫画『東京タラレバ娘』は、倫子・香・小雪の3人の“女子会”を中心に、30代独身女性の苦悩や生き方を描いた作品。これまで自分なりに精一杯生きてきたはずなのに、仕事も恋愛も順調とは言えない現状。次に打つ手すらわからず、 [全文を読む]

能年玲奈主演『海月姫』が物語る〝脱・漫画原作”できない映画界の窮状

デイリーニュースオンライン / 2014年12月16日07時50分

さらに、すでに世に受け入れられている作品である。これが大切です」 映画製作のための予算獲得には、この“すでに世に受け入れられている作品”がポイントのようだ。 「ベースがあるからマーケティングがしやすい。原作ファン+役者ファンで、説得力を持ってスポンサーを募れます。つまり、制作費を集めやすくなるということです」(同前) しかし、漫画の実写映画化で成功した作品 [全文を読む]

全国3000店の書店員と選んだ“NEXTブレイク漫画RANKING BEST50” 第1位は『高台家の人々』に決定!!

PR TIMES / 2014年07月18日15時57分

まだ見ぬ名作との出会い! 2年に一度の人気ランキング企画少年・青年誌にて連載の女性漫画家作品が上位を占める! インドアエンタメ総合誌『エンタミクス9月号』にて掲載の“NEXTブレイク漫画RANKING BEST50”は、2年に一度行っている注目の人気企画。全国3000店の書店を対象に既刊3巻以内で今後ブレイク必至と思われる作品を推薦していただき、その結果を [全文を読む]

オタクが実写化にモノ申す?漫画原作「2017冬ドラマ」3作品

しらべぇ / 2017年01月07日07時00分

その中で、しらべぇ編集部内の漫画オタク記者が独自視点で3作品をピックアップし、実写化に期待する点を解説したい。(画像は日本テレビ公式サイトのスクリーンショット)(1)『東京タラレバ娘』(日本テレビ系「水曜ドラマ」枠)(画像出典:Amazon)アラサーのただれた恋愛事情を、ド正論でぶった切った東村アキコ先生の作品『東京タラレバ娘』。新刊が出るたびにツイッター [全文を読む]

フォーカス