卒業 菊池桃子に関するニュース

心に残る思い出の「卒業ソング」を発表!1位に輝いたのは?~『CD&DLでーた』発表~

PR TIMES / 2014年03月12日12時26分

エンターブレイン ブランドカンパニー3月の卒業シーズンにあわせ、心に残る思い出の「卒業ソング」ランキングを発表!旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』(編集長:松林大介)は、3月の卒業シーズンにあわせ、10~60代の男女を対象とした、心に残る思い出の「卒業ソング」ランキングを発表します。(調査期間:2014年2月3日~2月4日)●心に [全文を読む]

さくら学院公開授業レポート2限目 最愛ちゃんのスピーチに父兄も涙

エンタメNEXT / 2015年03月17日07時00分

白井は「今日は昨年度の卒業生4人と、たまたま全員と連絡を取って、元気をもらえたので頑張ります」と嬉しそう。倉島は「今日は何の日か知ってますか? 茨城県民には大切な日。上野東京ラインが開通したので、茨城県民が都心に進出できるんです!」と興奮を隠せない様子だ。山出は「父兄さんの心に私の歌が届くように頑張ります!」と力強くやる気を見せた。 ここで登場した倉本美 [全文を読む]

4250人が選んだ 心に残る思い出の「卒業ソング」ランキング ベスト20

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月13日18時10分

旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』(エンターブレイン)は、3月の卒業シーズンにあわせ、全国の10~60代の男女4250人を対象に、心に残る思い出の「卒業ソング」ランキングを発表した。 関連情報を含む記事はこちら 1位:卒業写真/荒井由実 2位:贈る言葉/海援隊 3位:仰げば尊し/(唱歌) 4位:卒業/斉藤由貴 5位:卒業/尾崎豊 [全文を読む]

民間議員抜擢の菊池桃子 子育て・介護・仕事の「総活躍」

NEWSポストセブン / 2015年10月30日07時00分

「あの頃のアイドルは仕事の合間に学校に行くという感じだったのに、菊池さんは大学進学を視野に入れて、地方でのキャンペーン活動も土日に限定していたんです」(芸能関係者) 4枚目のシングル『卒業―GRADUATION』から7曲連続でオリコン1位を記録。一躍トップアイドルの座へと駆け上ると、1995年にプロゴルファーの西川哲(47才)と結婚、長男(19才)と長女 [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

歌手としても「卒業」など評価の高い作品が多い。南野陽子斉藤由貴に続いて2代目の「スケバン刑事」のヒロインとなったが、初代に負けずに人気を拡大させる。美人度は80年代でトップ級。菊池桃子瞳の大きさと控え目な性格が85年組でトップの人気に押し上げた。その成功に起因した「モモコクラブ」も貴重な役割を果たした。Winkオルゴール人形のようなビジュアルで、無表情なま [全文を読む]

菊池桃子 アイドル時代から「大学進学のため勉強は欠かさず」

WEB女性自身 / 2015年01月09日07時00分

デビューから4枚目のシングル『卒業』が大ヒットすると、以降、シングルは7曲連続でオリコン1位に。トップアイドルとして不動の地位を得たが……。「7曲連続売り上げ1位を記録しましたけど、私自身は、ランキングそのものは気にはなりませんでした。それよりも、ランキングに一喜一憂する周りの大人たちのことがとても気になって(笑)。 気になったといえば、次々とデビューして [全文を読む]

菊池桃子、「トップテン」出演映像を完全収録した30周年記念DVD発売決定

okmusic UP's / 2014年10月20日17時00分

■DVD『30th anniversary 菊池桃子 in トップテン -日本テレビ秘蔵映像集-』2014年12月24日(水)発売 VPBQ-29915/¥8,000+税 ※DVD2枚組 <収録内容> ■DISC1 「ザ・トップテン」「歌のトップテン」の菊池桃子および RAMU の出演映像を完全収録!(全 52 回) <歌唱曲> 「青春のいじわる」「SUM [全文を読む]

86年の斉藤由貴と浅香唯(1)由貴のはつらつとした笑顔が絶大な支持を集めた

アサ芸プラス / 2013年07月19日10時00分

このバックに流れていたのが、デビュー曲となる「卒業」(85年2月)である。 ただし、いわゆるCMソングではなかったとディレクターを務めた長岡和弘は言う。 「さすがにラーメンのための曲作りはできない。こちらはデビュー曲をとにかくいいものにしたいと懸命で、その結果、彼女のCMに使いたいという形になりました」 かつて甲斐バンドのベーシストだった長岡は、ディレクタ [全文を読む]

PTA不要論に現役会長「退会者のタダ飯感覚は理解できない」

NEWSポストセブン / 2017年05月30日07時00分

うちの小学校でも「ポイント制」を導入し、子供が卒業するまでの6年間のうちに、必ず何らかの役を引き受けてもらう仕組みをとっています。もちろん、母子(父子)家庭や介護など特別な事情がある場合は活動を免除していますが、「任意だからやらない」がまかり通ると、保護者間の公平性を保つことが困難になるからです。◆PTAを巡る裁判 原則として、PTA側は保護者に「活動へ [全文を読む]

浜崎あゆみがカリスマ性を維持するために“先生”を目指している!?

アサ芸プラス / 2017年05月18日17時59分

前出の菊地は法政大学で修士号を取得しており、BOSEは日本を代表するデザイン専門学校の桑沢デザイン研究所を卒業。それぞれの分野で実績があるのに対し、浜崎は高校中退。そんな彼女を採用してくれる大学があるかどうかが第一の関門となりそうだ。(浦山信一) [全文を読む]

打ち切りは既定路線?フジ『ノンママ白書』が2%台突入の惨状

デイリーニュースオンライン / 2016年09月07日12時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

株主総会でも総叩き?フジ新ドラマ『ノンママ白書』に非難殺到のワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月02日13時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

菊池桃子「PTA任意加入」発言に警鐘。ゆとり教育の二の舞を懸念

まぐまぐニュース! / 2016年06月28日05時01分

image by: Shutterstock.com 『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』より一部抜粋 著者/武田邦彦東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。メルマガで、原発や環境問題を中心にテレビでは言えない“真実”を発信中。 出典元:まぐまぐニュー [全文を読む]

広末涼子、瀬戸朝香、菊池桃子…アイドルたちの鮮烈デビューをプレイバック!

アサ芸プラス / 2016年04月07日09時59分

中学卒業と共に上京し、瞬く間に人気を博したのはご存知の通りだ。 そうやって見つけたアイドル候補生を売り出すために、大掛かりな仕掛けを打つ例は枚挙にいとまがない。その成功例と言えるのが、タレントの名前を冠した雑誌まで創刊した菊池桃子。83年11月創刊の「Momoco」は、まさに菊池を売り出す戦略の一環であり、しかも同誌からはその後も何人もの逸材が輩出された。 [全文を読む]

聖子・明菜・キョンキョン…あの<黄金アイドル>の蔵出し秘話をプレイバック!(2)

アサ芸プラス / 2016年03月30日09時57分

85年に名曲の誉れ高い「卒業」でデビューした斉藤由貴(49)は、神秘的なイメージが大きな武器だった。 ディレクターを務めた長岡和弘氏は言う。「作詞・松本隆、作曲・筒美京平という、これ以上ないゴールデンコンビに依頼しました。ただ依頼しただけではなく、由貴さんがオーディションで歌った5曲を録音して、それを2人に聴いてもらったんです」 松田聖子の「夏の扉」に「S [全文を読む]

【ウラ芸能】新山千春vs.千秋、悪魔系に決着 ママタレ2016(下)

NewsCafe / 2016年01月03日15時00分

卒業なんて言い方だったけど、世間的には『クビだろ』と冷笑された」記者「迷走系で心配なのはタレントの熊田曜子(33)。第2子妊娠中の体をグラビアアイドル並みに表現したり、家庭的な面をアピールするも空振りで、何をしたいのか分からない状態です」デスク「迷走系では、友達同士というモデルの山田優(31)と西山茉希(30)がそろって評判悪いね」記者「子供を深夜の居酒屋 [全文を読む]

フォーカス