学校 菊池桃子に関するニュース

キョンキョン、ゴクミに桃子ちゃん…娯楽の王様“テレビ”が生んだ美少女たち【ザテレビジョン35周年特集】

ザテレビジョン / 2017年09月29日18時00分

フツーの女の子とスーパーアイドルのちょうど真ん中にいる頃であり「でも、やっぱり制服着て学校行きたい!」と、本音もちらり。ここからキョンキョンは、こびないアイドル路線を独走して、若者たちのポップアイコンとなっていき、同世代の女性がいつまでもあこがれる女優へと進化していく。 ■ 元祖国民的美少女・ゴクミ!お人形さんのように美しい後藤久美子【'87年3/27号】 [全文を読む]

PTAって誰のため?父母のホンネから見える「PTAの真実」とは

BizLady / 2016年06月03日21時00分

合理化に成功した組織もあるでしょうが、“例年通り”を引き継がれ、そして引き継いで……を続けている組織の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?■PTA活動は親のため? 子どものため? 保護者アンケートの回答結果は……山本さんの著書『PTA、やらなきゃダメですか?』は、小学校のPTA会長を押し付けられた山本さんが、役員たちと共に2年かけてPTAを改革していくノ [全文を読む]

無駄だらけ「PTAは重荷」発言の菊池桃子に喝采の嵐! 積極的な社会活動は「馬主社長」元夫が要因?

Business Journal / 2016年03月28日18時00分

菊池が賛辞を集めている点は、特に学校の「PTA活動」に対してのものだ。「PTA活動はもともと任意活動なのに、すべての者が参加するような雰囲気作りがされている」と菊池は会議で発言したと取材で答えている。「任意にもかかわらず、すべての者が参加するような雰囲気作りがなされていると。なかなか働くお母さんたちにとっては、PTA活動っていうものが難しい」と具体的に述 [全文を読む]

民間議員抜擢の菊池桃子 子育て・介護・仕事の「総活躍」

NEWSポストセブン / 2015年10月30日07時00分

「あの頃のアイドルは仕事の合間に学校に行くという感じだったのに、菊池さんは大学進学を視野に入れて、地方でのキャンペーン活動も土日に限定していたんです」(芸能関係者) 4枚目のシングル『卒業―GRADUATION』から7曲連続でオリコン1位を記録。一躍トップアイドルの座へと駆け上ると、1995年にプロゴルファーの西川哲(47才)と結婚、長男(19才)と長女 [全文を読む]

任意なのになぜ…?近い将来「PTAでの人間関係に困らないために」知っておきたい3つのコト

It Mama / 2016年05月19日23時00分

実際に強制加入という規約がないものの、幼稚園や学校に子どもが入園・入学すると、PTAの係決めをしたり、PTAに入るものが前提となっているところがほとんどだからです。そこで今日は、自身もPTA会長として活動している筆者が、PTAの実態とこれから近い将来PTAをするにあたって人間関係で困らないコツをご紹介します。■PTAの加入は任意です実際、PTAが任意加入で [全文を読む]

85年の菊池桃子と南野陽子(3)四十路を越えてなお輝きを失わない2人

アサ芸プラス / 2013年07月11日10時00分

ユーミンや竹内まりやのアイドル版で、彼女が自転車で坂道を上って通学したり、学校帰りにはどこに寄るかというような詞を、彼女のレポートをもとに作詞家に依頼しました」 吉田の耳にも、決して歌がうまいとは思えなかった。ただ、不思議と声に表情があり、それは「やわらかい音色」として人々の耳に残る。ドラマの「スケバン刑事」は奇想天外な世界だが、歌ではリアルな感情を第一と [全文を読む]

有名人がこぞって居住! 「芸能人マンション」のメリット・デメリット

サイゾーウーマン / 2012年02月13日08時00分

(画像はこちら)「芸能人同士が同じマンションに住んでいたり、子どもを通わせる学校が同じということは珍しくありません。プライバシー保護の面で優れていたり、人によって多少の融通を利かせてくれるなどさまざまな事情もありますが、やはり一番多いのは口コミ。芸能人の住宅物件を得意とする不動産会社も多く存在しますし、事務所の先輩やほかのタレントのアドバイスなどから、必然 [全文を読む]

菊池桃子と離婚のプロゴルファー西川哲 7年間で賞金90万円

NEWSポストセブン / 2012年02月02日16時00分

このころから子供たちが通う学校の行事にも出席することはなかったという。結局、菊池は女手ひとつで、ふたりの子供たちを育てなければならなくなった。 ※女性セブン2012年2月16日号 【関連ニュース】上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去菊池桃子離婚は子供守るため 夫借金で自宅差し押さえ危機に菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血し [全文を読む]

好奇心で“うっかり”PTA会長に!? 金髪&ヒゲ面のフリーライター・杉江松恋が語る「PTAとの上手な付き合い方」

日刊サイゾー / 2017年06月01日19時00分

ミステリを中心とした書評や解説などで活躍するフリーライターの杉江松恋氏は、2008~11年にかけて、子どもが通う小学校のPTA会長を3年間にわたって務め上げ、その奮闘記を『ある日うっかりPTA』(KADOKAWA)として上梓した。金髪でヒゲ面、「団体行動が嫌い」というフリーライターは、はたしてPTA会長という要職をきちんとこなすことができたのか? そして [全文を読む]

PTA不要論に現役会長「退会者のタダ飯感覚は理解できない」

NEWSポストセブン / 2017年05月30日07時00分

子供の学校行事で慌ただしく準備に追われるPTA役員の姿を目にする機会も多いのではなかろうか──。 いまネットを中心に広がる“PTA不要論”。「任意団体だから入らなくていい」と退会者が続出する現状に、都内某公立小学校でPTA会長を務める足立一晃氏(仮名・46歳)が警鐘を鳴らす。 * * * 昨春、タレントの菊池桃子さんがPTA組織の在り方に苦言を呈し、PTA [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(5月18日付)

ガジェット通信 / 2017年05月18日18時00分

ギャル風な見た目から誤解されやすい女子高生ももと、彼女が中学時代からずっと好きなとーじ、ももに興味を抱く学校一の人気者の浬、ももの気に入ったものを欲しがる小悪魔女子・沙絵が織り成す恋愛模様を描く。ももを『少女』などの山本美月、浬をHey! Say! JUMP の伊野尾慧、ももの友達で宿敵でもある沙絵を『俺物語!!』などの永野芽郁が演じる。監督は、『モテキ』 [全文を読む]

【実録PTA】会議の終了時間が決まってない!? 仕事をする人がPTA活動をするために必要なこと

Woman.excite / 2017年05月02日18時00分

実際、強制とはいかないまでも、多くの学校で子ども1人に対して1回役員をやると決まっているところが多いようです。実際にやってみてわかったこと私は今年度PTA役員を引き受けています。まだ、スタートして1か月足らずですが、実際に関わってみてわかったのは、多くの活動がPTAなしではできないということです。おそらく小学校のメインイベントである運動会や全校遠足なども、 [全文を読む]

ヘイセイ伊野尾慧、山本美月の初パンチラに胸キュン!

Movie Walker / 2017年04月20日20時23分

本作は、見た目は派手だけど、中身は超ピュアな女子高生・もも(山本)が、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾)らと繰り広げる恋を描く恋愛映画。伊野尾は「ももちゃんとのデートシーンをたくさん撮った。ももちゃんが本当にきれいで素敵な女性なので、ずっとキュンキュンしていました」と胸キュンいっぱいの撮影を述懐。 続けて、「ももちゃんのスカートがばっとめくり上がるシーン [全文を読む]

現役会長が語るPTA事件簿 不倫が黙殺される理由など

NEWSポストセブン / 2016年05月07日16時00分

1億総活躍国民会議のメンバーでもあるタレントの菊池桃子さんが、〈入っても入らなくてもどちらでもいいはずなのに……〉と発言して物議をかもすなど、最近なにかと話題になっている全国公立小中学校のPTA。 今年4月に都内某公立小学校のPTA会長に就任した近藤豊氏(仮名・43歳)が、PTA活動の実態と裏側について暴露する。 * * * 建前上は入退会自由の“任意ボラ [全文を読む]

1億総活躍会議に入った菊池桃子が真っ当すぎる! 1億総活躍は意味不明、安倍政権の弱者排除にきっぱりダメ出し

リテラ / 2015年11月21日12時00分

その観点から企業、学校の採用基準の一斉見直しを提案致しました」(同前) [全文を読む]

聖子に南野も! 伝説の音楽プロデューサーが明かす80年代アイドル黄金期のジンクスとは?

週プレNEWS / 2015年01月13日06時00分

実際、南野は神戸のミッション系の学校に通う、まさにお嬢さまだったので、そんな彼女のライフスタイルを曲に反映させたら面白いんじゃないかって。 いわば、竹内まりやさんやユーミン(松任谷由実)の世界観を南野陽子に当てはめる感じです。その狙いはぴったりハマりました。 話は変わりますが、CBS・ソニーには面白いジンクスがありました。それは会社で3人同時期に売り出した [全文を読む]

4250人が選んだ 心に残る思い出の「卒業ソング」ランキング ベスト20

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月13日18時10分

学校で歌ったような定番の曲から、ドラマの印象が強い歌、冬や卒業シーズンを連想させるわりと最近のポップソングなど、年代はさまざま。 卒業という別れの季節。これらの音楽を聴いて蘇る青春の思い出がある人もいるだろう。あなたが思い浮かべる「卒業ソング」は何ですか? [全文を読む]

フォーカス