高杉晋作 西郷隆盛に関するニュース

対象電子書籍の全てが250円~450円! 学研電子ストアにて『激動の幕末セール』を開催!

PR TIMES / 2013年04月25日18時22分

■対象商品(いずれも2013年5月8日まで) ◇通常価格350円 → セール価格250円 『幕末維新剣客列伝』(清水昇 編・著) 『決定版 幕末のすべて』(脇坂昌宏 著) ◇通常価格450円 → セール価格350円 『江戸三〇〇年 大名たちの興亡』(江宮隆之 著) 『史伝 吉田松陰 「やむにやまれぬ大和魂」を貫いた29年の生涯』(一坂太郎 著) 『真説 [全文を読む]

西郷隆盛の妻が亡夫の銅像を見てつぶやいた衝撃の一言【漱石と明治人のことば156】

サライ.jp / 2017年06月05日06時00分

坂本龍馬や高杉晋作、大久保利通、岩倉具視、山県有朋といった人々は、皆、写真が残っている。西郷隆盛の場合、錦絵などに描かれた肖像は伝わるが、写真は1枚も残されていない。西郷の実子でのちに京都市長をつとめた菊次郎も、「父は生前写真というものは唯の一度もとったことがありません」と証言している。 西郷の写真と思い違いされるものに、お雇い外国人のキヨソネによる半身の [全文を読む]

西郷隆盛はぽっちゃり好き!? 幕末志士たちの性癖、あだ名、趣味…

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月23日11時30分

また、「美顔のうえ、気品あふれる男」と言われた三条実美のあだ名は「白豆」だし、医者として活躍した大村益次郎は「火吹きダルマ」、土佐藩士の武市半平太は「アゴ」、高杉晋作も「あずき餅」や「鼻輪のない暴れ牛」と呼ばれていたそう。身も蓋もないものからどうしてそんなあだ名が付いたのかわからないものまでさまざまだが、こんなふうにあだ名を覚えるとどんな人かわかって少しは [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

松陰門下の三秀とされる高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿らもみなそれぞれ20代で亡くなっています。 ◎勝海舟(1823年3月12日-1899年1月19日) 1863年、40歳の勝海舟は船に乗っていますね。咸臨丸での渡米が1860年。翌年、講武所砲術師範にされ、海軍から外されたことに腐っていた海舟ですが、1862年軍艦操練所頭取として海軍に復帰し、ほどなく軍艦奉行 [全文を読む]

2017年3月25日より、霊山歴史館にて『るるぶ 薄桜鬼 完全版』発行記念フェアを開催!

@Press / 2017年03月23日11時30分

坂本龍馬、中岡慎太郎、西郷隆盛、木戸孝允、高杉晋作など倒幕派志士の遺品や、新選組、徳川慶喜、松平容保など幕府側に関する資料も数多くあり、倒幕・佐幕両派がともに活躍した地で幕末維新史を双方の視点から見ることができます。土方歳三や近藤勇の所用刀、龍馬を切ったとされる刀など刀剣の展示も充実しています。 <場所> 京都市東山区清閑寺霊山町1 <電話番号> 075- [全文を読む]

老舗料亭で味わう懐石「神奈川宿御膳」

ぐるなび / 2016年06月07日10時10分

伊藤博文、高杉晋作、西郷隆盛などの名だたる著名人からも愛されたお店としても有名だ。 宍戸さんが頂いた「神奈川宿御膳」は、京都出身のおりょうさんにちなんで京懐石風にアレンジされた品々な並ぶ豪華な膳だ。「牛乳羹・いくら・陸蓮根美味出し」「涼風縒り大根」「平政照り焼き」など、旬のものにこだわり、使っている食材は当日の朝に市場から仕入れた新鮮な魚介類が中心。「笹巻 [全文を読む]

忠臣蔵、白虎隊、五稜郭!懐かしの年末番組『年末時代劇スペシャル』を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2016年01月16日09時55分

1989年の『奇兵隊』は、幕末の動乱の中、信念を持ち病と闘い、日本の成長のためにも闘った高杉晋作を松平健さんが演じました。1990年は田村正和さん(病気のため、途中降板・実弟の田村亮さんが代役)主演の『勝海舟』と、ここまで5作連続で幕末もの。やhあり幕末好きは多いようです。 年末時代劇の陰りと迷走 時代劇自体が下火だった80年代ですが、『忠臣蔵』『白虎隊 [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 出演者華やかだが「史実と違い過ぎ」の声も

NEWSポストセブン / 2015年06月09日07時00分

獄中でなお老中暗殺を諦めない松陰は、文の最初の夫で江戸にいる久坂玄瑞(東出昌大)に計画に賛同するよう手紙を書くが、久坂と高杉晋作(高良健吾)から計画に反対する血判状が返ってくる。松陰は激怒し、絶交を宣言する。郷土史家はこのシーンの不可解さを指摘する。 「血判状は桂小五郎が江戸から萩に帰る際に、久坂、高杉から預かり、松陰に渡したとされている。ところが、ドラ [全文を読む]

『世に棲む日日』『翔ぶが如く』など 司馬遼太郎さんの歴史小説5作品の電子書籍版、11月28日より予約開始!

@Press / 2014年11月28日09時30分

『世に棲む日日』の主人公は松下村塾主宰・吉田松陰とその弟子・高杉晋作。幕末の長州藩において倒幕の主動力となったこのふたりを中心に、維新前夜の青春群像を描いた怒濤の歴史長篇です。ちなみに2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公は松陰の妹、文(ふみ)。文が嫁いだ久坂玄瑞も本作では重要な位置を占めます。その点でも注目の作品です。『翔ぶが如く』は新聞連載4年 [全文を読む]

司馬遼太郎の描いた坂本龍馬のウソ・ホント【日本初の新婚旅行はウソだった】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月26日11時30分

●小倉戦争『世に棲む日日』では龍馬の登場はないが、『竜馬がゆく』では、下関を訪れた龍馬と亀山社中の数名が、高杉晋作の求めに応じて2度の海戦に参加している。史実を見てみると、少なくとも2度目の海戦時、龍馬は下関におらず、龍馬が到着した時にはすでに長州軍勝利のうちに戦争は終わっていた。 [全文を読む]

フォーカス