生涯 西郷隆盛に関するニュース

電子書籍『西郷隆盛』(1~8巻)がKindleストアにて配信開始!! 維新の巨星・西郷隆盛を歴史漫画の巨人・横山まさみちが描く! 西郷隆盛、坂本龍馬、大久保利通ら、明治維新を彩った英雄たちが鮮烈な筆致でよみがえる。

@Press / 2014年01月21日13時45分

巨人・西郷がいかにして己が宿命をみつけ、いかにしてその生涯をまっとうしたのか。<書籍概要2>■『西郷隆盛』(2巻)著者:横山まさみち価格:300円◆Kindleストアリンク: http://amzn.to/1bv9wlO<内容紹介>鎖国状態たっだ250年間の沈黙をやぶり、アメリカから国交を求める黒船がやってきた。時代は乱世―――西郷隆盛、大久保一蔵ら綺羅星 [全文を読む]

2018年大河ドラマ「西郷どん!」に期待の声続々!「女2人の視点で描く西郷どんはどんな風になるんだろう!?」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月17日15時00分

林真理子が西郷隆盛の生涯を描いた『西郷(せご)どん!』が、2018年1月からNHK大河ドラマとして放送されることが決定した。人気ドラマを多数手がける中園ミホが脚本を手掛けることも明らかになり、「わーーー! 西郷どんドラマ化!? しかも脚本中園ミホ!? 今からすごい楽しみっ」「西郷どん、今凄いハマってるからニュース聞いたとき鳥肌立った…嬉しい!!」と期待の声 [全文を読む]

対象電子書籍の全てが250円~450円! 学研電子ストアにて『激動の幕末セール』を開催!

PR TIMES / 2013年04月25日18時22分

■対象商品(いずれも2013年5月8日まで) ◇通常価格350円 → セール価格250円 『幕末維新剣客列伝』(清水昇 編・著) 『決定版 幕末のすべて』(脇坂昌宏 著) ◇通常価格450円 → セール価格350円 『江戸三〇〇年 大名たちの興亡』(江宮隆之 著) 『史伝 吉田松陰 「やむにやまれぬ大和魂」を貫いた29年の生涯』(一坂太郎 著) 『真説 [全文を読む]

「西郷どん」鈴木亮平が沢村一樹のプレッシャーにたじたじ!

Smartザテレビジョン / 2017年04月12日14時44分

「西郷どん」は、鈴木演じる西郷隆盛(吉之助)が、生涯の師・島津斉彬と出会い、波瀾万丈の生涯の中、比類なき革命家へと成長していく姿を描く。 大河ドラマ初出演の北川は、のちの篤姫、於一(おいち)を演じる。国の命運を懸けて、13代将軍・徳川家定の元に嫁ぐが、婚儀をまとめるべく動く西郷との間には、淡い恋も描かれるという。 NHKドラマに出演するのも初めてという北 [全文を読む]

「西郷どん」鈴木亮平 瑛太は“意識する同世代俳優” 大久保役を熱烈歓迎!

Smartザテレビジョン / 2017年03月27日14時13分

同作は、林真理子が「本の旅人」(KADOKAWA)に連載中の「西郷(せご)どん!」を原作に、西郷隆盛(鈴木)の生涯を描く。脚本は中園ミホが担当する。 貧しい下級武士の家に育った西郷吉之助(のちに隆盛)は、生涯の師・島津斉彬に見いだされ、成長。3度の結婚や2度の島流しを経て、唯一無二の“革命家”へと覚醒していく。 会見では、吉之助の盟友でありライバルの大久 [全文を読む]

'18年大河は「西郷どん」中園ミホが脚本

Smartザテレビジョン / 2016年09月08日18時35分

林真理子が「本の旅人」(KADOKAWA)に連載する小説「西郷(せご)どん!」を原作に、明治維新の立役者・西郷隆盛の生涯を描く。 貧しい下級武士の家に生まれながら、困った人を見ると放っておけない男は、薩摩藩主・島津斉彬に認められ、薩摩のキーパーソンへと成長。やがて、勝海舟や坂本竜馬といった盟友と出会い、“革命家”として覚醒していく。 林は「以前、最後の将 [全文を読む]

21年間の生涯で21人を殺害した伝説の悪童、ビリー・ザ・キッドの写真が話題!

tocana / 2015年10月24日08時30分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/10/post_7657.html】 21歳という短い生涯で、21人を殺したと言われる、無法者・ビリー(本名:ウィリアム・ヘンリー・マッカーティ・ジュニア)。同年代を生きたアメリカの犯罪者、ジェシー・ジェイムズと並び、伝説的な人物として知られ、いまだに世界中から愛されている。アメリカはも [全文を読む]

遺体確認の決め手は肥大化した陰嚢!? 糖尿病にも苦しんだ西郷隆盛の最期

ヘルスプレス / 2015年09月24日21時02分

ケンカの重傷で武芸の道を断念!ひたすら勉学した少年時代 大久保利通、木戸孝允と並ぶ「維新の三傑」と評価される西郷だが、幕末から明治を跨ぐ天地動乱の荒波をもろに冠った51年の生涯だった。 1828(文政10)年、西郷吉之助隆盛は、鹿児島市加治屋町に下級藩士の長男として産声を上げる。11歳の時、ケンカの仲裁に入り右腕を刀で切られて骨折。その傷の後遺症で肘が曲が [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

40代の信長は覇道を突き進んで、天下一統目前の1582年、48歳で本能寺の変を迎え、生涯を終えます。 ◎豊臣秀吉(1537年-1598年9月18日) 戦国一の出世頭、太閤秀吉は遅咲きの印象がありますが、40歳の1577年には、信長から命ぜられた中国攻めの端緒となる播磨平定に道筋をつけて、信長から褒められています。 大河ドラマ『軍師官兵衛』で官兵衛が奔走して [全文を読む]

鈴木亮平主演「西郷どん」で高梨臨が大河初出演!

Smartザテレビジョン / 2017年04月12日16時07分

「西郷どん」は、鈴木亮平主演で明治維新の立役者・西郷隆盛の生涯を描く。先日の会見には、瑛太(大久保利通役)や黒木華(西郷の3番目の妻・糸役)らが登場したが、今回は“薩摩のキーパーソン”として、北川景子(篤姫役)、沢村一樹(薩摩藩の重臣・赤山靭負役)、鹿賀丈史(薩摩藩主・島津斉興役)らの出演が決定。 高梨が演じるのは、西郷が年貢徴収の役人の補佐として働く中 [全文を読む]

2018年の大河ドラマ「西郷どん」放送前にひとあし早く予習『 西郷どんのひみつ 』~西郷隆盛波乱の生涯を多数のエピソードで読み解く~

PR TIMES / 2017年04月01日14時12分

本書では、彼の波乱の生涯を全5章、第1章「激動の少年~青年時代」、第2章「地獄のような離島生活」、第3章「 薩摩藩の中央政界進出」、第4章「戊辰戦争と新時代」、第5章「征韓論と西南戦争」に分けて紹介。その時代ごとに「西郷略年表」と「時代年表」を比較、人物相関図や地図を多用し、西郷どんにまつわるエピソードを読み解きます。 多くの人の心を動かした人柄、日本を大 [全文を読む]

木村拓哉が悔し涙?大河ドラマ『西郷どん』鈴木亮平抜擢のウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2016年11月11日12時08分

明治維新で活躍した西郷隆盛の生涯が描かれる本作は、原作が作家の林真理子(62)、脚本には『やまとなでしこ』(フジテレビ系)や『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)などを手掛ける中園ミホ氏(57)が担当する。 当初一部報道では、主演には堤真一(52)が起用されると言われていた。しかし、それを堤サイドが断ったと伝えられるなど、様々な報道が飛び交 [全文を読む]

鈴木亮平が'18年大河主演 西郷役で裸身も!?

Smartザテレビジョン / 2016年11月02日11時40分

同作は、林真理子が「本の旅人」(KADOKAWA)に連載している小説「西郷(せご)どん!」を原作に、明治維新の立役者・西郷隆盛の生涯を勇気と実行力で時代を切り開いた「愛に溢れたリーダー」として描く。 貧しい下級武士の家に生まれながら、困った人を見ると放っておけない男は、薩摩藩主・島津斉彬に認められ、薩摩のキーパーソンへと成長。やがて、勝海舟や坂本竜馬とい [全文を読む]

忠臣蔵、白虎隊、五稜郭!懐かしの年末番組『年末時代劇スペシャル』を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2016年01月16日09時55分

西郷隆盛の生涯を描いた1987年『田原坂』、土方歳三と共に五稜郭で戦った榎本武揚の生き方を描いた1988年『五稜郭』。どちらもやはり年末は幕末です。『五稜郭』では盟友の土方歳三役に渡哲也さんなど、重厚なキャスティングも見ものでした。 1989年の『奇兵隊』は、幕末の動乱の中、信念を持ち病と闘い、日本の成長のためにも闘った高杉晋作を松平健さんが演じました。 [全文を読む]

西郷輝彦 『独眼竜政宗』共演の渡辺謙に「すげぇ奴出てきた」

NEWSポストセブン / 2015年08月29日07時00分

* * * 若くして奥州の覇者となった戦国大名・伊達政宗の生涯を渡辺謙が演じた1987年のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で、西郷輝彦は政宗に従い、支え続ける守役・片倉小十郎を演じた。「あれは代役だったんです。でも、台本を読んで『これは面白い役だ』と思いました。ただ、最初は悩みましたね。これまで主役しかやってきませんでしたから、脇役はどうすればいいか分から [全文を読む]

グランプリ賞金は100万円!歴史小説「幕末を呑みこんだ男」原作の映画脚本 7月31日まで大募集!

@Press / 2014年04月28日18時00分

若干50年の生涯で数々の偉業を成し遂げた五代は、真面目で恩義深く私利私欲のない性格と行動基準で知られる。■映画化へのプロジェクト五代友厚映画実行委員会は、五代友厚をテーマにした劇映画の製作を目指しています。まだ知られていない歴史上の人物の中でも、五代友厚は特にその徳の高さと実績の大きさから、深く学ぶべき人物といえます。これからの日本を明るくするエッセンスが [全文を読む]

いまもっとも人気の高い評伝作家がおくる最新刊『叛骨の宰相 岸信介』。「昭和の妖怪」とよばれた岸信介の知られざる実像と多大な功績に迫る!

PR TIMES / 2014年01月20日12時08分

不屈の生涯を支えた岸の生きざまから、宰相のあるべき姿が浮かび上がる。 白洲次郎、吉田茂、福澤諭吉、安田善次郎などを手がける、いまもっとも人気の高い評伝作家 北 康利(きた・やすとし) 昭和35年12月24日名古屋生まれ。東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月にみずほ証 [全文を読む]

フォーカス