路線 千秋に関するニュース

「意地汚い」うのが千秋の“商魂”にチクリ!? 加熱するママタレ・ビジネス

メンズサイゾー / 2013年12月13日10時00分

先日、小倉優子(30)がレシピ本『小倉優子の毎日ほめられごはん』(講談社)を発売し、辻希美(26)は子供服ブランド「Saruru(サルル)」のプロデュースを発表したが、多くのタレントが料理や育児に関する本を出版したり、アパレル路線に進出している。 ママタレの中には派閥があるといわれ、最大勢力とされているのが神田うの(38)率いる「うの会」。メンバーはNHK [全文を読む]

完全に出オチ!菜々緒「月9」の“モロ悪女”設定でフジが“レベルの低さ”を露呈

アサジョ / 2016年07月23日09時59分

本人もこの悪女路線で女優として一皮向けたことを自覚しているはずです」(女性誌記者) しかし、その評価とともに最近の出演作はほとんどが悪女キャラ。そのため、ネット上からは「いい加減飽きてきた」「菜々緒は悪くないんだが、正直ありきたりすぎるキャスティング」「普通のキャラってできるの?」といった声が上がり、視聴者も悪女キャラにマンネリを感じてきているようだ。 菜 [全文を読む]

月商1億超えの梨花、年商50億の千秋…稼ぎまくる女性タレントのビジネス事情

メンズサイゾー / 2013年07月06日15時00分

今年5月にはガーリー路線からシンプル路線に大きく舵を切り、その方針転換も大当たりした。記事によると、アパレル不況がさけばれる昨今では異例となる、1カ月で1億円以上という驚異的な売上を叩きだしているという。 梨花といえば、モデルとして『JJ』(光文社)『CanCam』(小学館)などで活躍し、94年に『夜も一生けんめい。』(日本テレビ系)のアシスタントに抜擢さ [全文を読む]

千秋のボスママぶり加速、離婚相談請負人で御意見番? 漂う大御所芸人感

messy / 2017年02月09日00時00分

天然キャラで売れたタレントは、元々の計算高さ・賢さゆえか年齢とともに女性からの好感度を増やしていくものだが(小倉優子、山口もえ等)、不思議オシャレ少女だった千秋はまったく別路線だ。 顕著だったのが2月1日に放送された『モシモノふたり』(フジテレビ系)でのこと。千秋はよくホームパーティーをするらしいのだが、料理が好きな人を必ず呼んで、自身は飾りつけをしている [全文を読む]

五輪のせいじゃない!山崎賢人が桐谷美玲に告白する「安直設定」で月9が大爆死

アサジョ / 2016年08月15日09時59分

すなわち今回の視聴率低下は、物語がツマらなかったことによる自爆と見ていいでしょうね」 では肝心のストーリーを見てみると、この第5話ではご都合路線に走り過ぎていて、しかも制作陣の意図が見え見えのお寒い内容だったようだ。女性誌のライターが首を振りながら語る。「初恋相手の千秋(三浦翔平)が元カノとヨリを戻し、ぽっかりと心に穴が開いたヒロインに、千秋の弟である夏向 [全文を読む]

ココリコ遠藤章造、再婚を機に「キャラチェンジ」模索中! コメンテーター路線は大丈夫?

おたぽる / 2015年12月25日12時00分

そろそろ、路線変更していかないと……という気持ちなんでしょうね」(在阪テレビ局関係者) 若手の頃から芸人として鍛えたダウンタウンの2人がこのことを知ったら、きっと悲しむと思うのだが……。 [全文を読む]

小林幸子のコミケ参戦は大丈夫か? 懸念の声も上がる中、期待されるのはコミケを支える参加者のモラル

おたぽる / 2014年07月14日20時00分

ところが、既存の芸能界に見切りをつけたのか、騒動を経て小林は路線を大幅に変更してきた。2013年の大晦日に行われたニコニコ動画のカウントダウンライブ、今年4月の「ニコニコ超パーティー3」に出演と、大物歌手とは思えない方法で新たなファン層を開拓してきた。いわば、小林は芸を売って糧を得る者の原点といえる"門付"の現代版ともいえるところへ至ったのである。今回の [全文を読む]

適度な幸せ感で炎上とは無縁…小倉優子、“カリスマ主婦”路線が大成功

メンズサイゾー / 2014年02月05日12時00分

(文=津本ひろとし) [全文を読む]

キムタク、福山、三上博史…「好きだった月9ドラマ俳優」ランキング!

NewsCafe / 2013年08月03日12時00分

スタンダード路線を狙いすぎたせいか、ドラマファンからは「過去の月9作品とかぶる」「反町と竹野内の『ビーチボーイズ』(1997年)のほうがよかった」などと囁かれているらしい。確かにこの月9枠は、そうそうたる人気俳優たちが役を務めてきた。彼らが築いた"月9全盛期"のインパクトを超えるのは簡単ではないだろう。そこでNewsCafeでは「好きだった月9ドラマ俳優は [全文を読む]

「地上波は中身無い」毒舌ママタレ枠を開拓する山口もえの剛腕ぶり

メンズサイゾー / 2013年03月26日15時10分

そこで比較的キャラの被らない“毒舌・ぶっちゃけ”路線に活路を見出したのでは。ママタレ界にもいくつかの派閥があり、大きく区切ると最大勢力の神田うの一派と、大沢あかね、坂下千里子、藤本美貴ら庶民派に分けられます。山口は坂下や千秋と仲が良く、弁の立つ彼女たちにキャラ改革を相談したのかもしれませんね。セックスレスや一般女性のヌード撮影願望なども取り上げるというこの [全文を読む]

フォーカス