紅白 石川さゆりに関するニュース

【NHK紅白】出場曲発表で広がる波紋…和田アキ子「笑って許して」にも憶測が

デイリーニュースオンライン / 2015年12月26日17時00分

24日、NHKが「第66回NHK紅白歌合戦」の曲順・曲目を発表した。ネット上では披露される新曲の数や和田アキ子の歌う楽曲「笑って許して」が、視聴者から様々な意見が出ている。 今年は例年に勝るとも劣らぬ勢いで怒りの声が上がっている紅白。発表された曲目のうち、2015年にリリースされた楽曲は白組が10曲、紅組が10曲ずつとなっている。以下、発表された曲目を楽曲 [全文を読む]

1200人調査で選出!「オヤジが本当に見たい紅白歌合戦2013!」(1)

アサ芸プラス / 2013年11月13日09時54分

この季節、気になるのが「NHK紅白歌合戦」の出場者だろう。そこで、オヤジ世代にアンケートを実施し、「本当に見たい歌手」を選出。というわけで、“本家”よりも一足先に「ドリーム・オブ・紅白歌合戦」を開幕させよう! さあ、やってまいりました大みそか、除夜の鐘をつく前に紅白見ながら、女房の尻を突っつきたい‥‥。オヤジが本当に見たい「夢の紅白歌合戦」、総合司会のアサ [全文を読む]

紅白34回出場の石川さゆりが、渋谷スペイン坂スタジオに初出場!~生きていることは変化!歌に飽きたら明日にでも歌手をやめる~

PR TIMES / 2012年08月30日17時10分

紅白歌合戦には34回も出場している石川さゆりですが、渋谷スペイン坂スタジオには今回が初出場。スタジオの椅子に座ったとたん「座り心地がいい~!」と、リラックスした様子で番組がスタートしました。 【シンクロのシティ出演時の様子】 番組の冒頭では、40周年記念としてリリースした楽曲「浜歌」を紹介。宮城県東松島に古くから伝わる「浜甚句」を取り入れたもので、パーソナ [全文を読む]

ご意見番キャラも限界?和田アキ子が”紅白落選”で迎える転換期

デイリーニュースオンライン / 2016年12月06日08時05分

紅白歌合戦』(NHK)の出場落選が伝えられた、和田アキ子(66)の「恨み節」が話題になっている。先月26日、自身が出演しているラジオ番組『ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)でも、その思いの丈がぶつけられた。番組で和田は、冒頭15分以上にわたり紅白に対する想いを語り、さらに「今年は(紅白は)特にみたくはない」とコメント。自分 [全文を読む]

嵐・相葉雅紀に酷評?”紅白”で評価を上げたヒト・下げたヒト

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日11時45分

12月31日放送の『第67回NHK紅白歌合戦』が、視聴者のみならず芸能界やマスコミから酷評の嵐を受けている。そんな『紅白』で出場者たちが受けた評価も様々だ。 ■興ざめの“学芸会”演出に視聴者も唖然? 解散したSMAPが出演せず、“主役不在”と言われた2016年の紅白。第1部の平均視聴率は35.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、第2部は40.2%をマーク [全文を読む]

東京五輪音頭2020に抜擢されたのが“お祭り男”星野源ではなく、“ガテン系”竹原ピストルだったのはなぜ?

文春オンライン / 2017年08月18日19時00分

紅白を見ながら「若いやつに媚びやがって」「最近の紅白は全然おもしろくねえ」と言っているような、SNSでは可視化されない、でもかなりの数がいる層です。 速水 なるほどね。だから石川さゆりに加山雄三が抜擢されたってことか。 おぐら それは東京五輪音頭の2020年バージョンの歌手ですね。 速水 そう。椎名林檎云々よりも、そっちのセンスの方がよっぽど問題だと思った [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ピコ太郎、憧れの“石川さゆり様”と『PPAP』ポーズ 紅白リハで五木ひろしから告白も

TechinsightJapan / 2016年12月30日13時54分

大晦日はNHK紅白歌合戦に企画枠で出演することも決まりリハーサルに忙しいが、リスペクトする歌手の1人という石川さゆりをはじめ大御所歌手と会えて感激することになる。 12月28日、『ピコ太郎(PIKOTARO)PPAP(pikotaro_ppap)ツイッター』にてX JAPAN・YOSHIKIと“X”ポーズするところをRT、「Mステの時に撮って貰ったのですピ [全文を読む]

石川さゆり 椎名林檎とのタッグで披露した“56歳の艶姿”

アサ芸プラス / 2014年03月20日09時58分

紅白に出場すること36回の「演歌の女王」が、サプライズで魅せてくれた。石川さゆりが56歳で挑んだのは、花魁をモチーフとした完熟ヌードだ! 肩の向こうに、ではなく、背中一面に「山が萌える」ようだ‥‥。 4月2日発売の新曲「暗夜の心中立て」(テイチクエンタテインメント)のイメージ写真は、花魁の衣装に身を包んだ石川が、切なげな表情で横を向いている。着物は右肩にか [全文を読む]

白組は三代目JSB 紅組は大竹しのぶさんが1位に 「2016紅白出場歌手 選考に疑問符の人は?」 1000人アンケート

ガジェット通信 / 2016年11月25日20時06分

昨日11月24日、NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表となりました。 昨年、ガジェット通信の 和田アキ子さんが圧倒的な強さで二連覇! 「2015紅白出場歌手 選考に疑問符の人は?」1000人アンケート http://getnews.jp/archives/1277360[リンク] という記事でもお伝えしていた、「出場に疑問符の人」1000人アンケートで紅組二連 [全文を読む]

【紅白】石川さゆり、リハーサルでも圧巻の歌唱力!

Smartザテレビジョン / 2015年12月31日09時00分

12月31日(木)にNHK総合にて生放送される「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに、出場38回目となる石川さゆりが登場した。 '15年の紅白で「津軽海峡・冬景色」を披露する石川は、15人以上の三味線奏者とともに登場。石川は30年以上歌い続ける自身のヒットソングをリハーサルでも全力で歌った。 また曲ふりでは「'15年に放送開始70周年となった『NHKの [全文を読む]

今年も決定!バナナマンの「紅白」副音声! 昨年の爆笑放送を振り返り

しらべぇ / 2015年11月20日07時00分

11月18日、今年2015年の『第66回NHK紅白歌合戦』にて副音声放送「紅白ウラトークチャンネル」の司会を2年連続でお笑いコンビ・バナナマンが務めることが発表された。昨年の放送が大好評だったことを受けて就任が決まったとのことだが、はたしてバナナマン司会の副音声ではどんな内容の放送が繰り広げられていたのか、紹介しよう。●「紅白ウラトークチャンネル」の魅力は [全文を読む]

紅白は今や笑って楽しむ番組!?とにかく爆笑できたバナナマンと金爆の副音声

しらべぇ / 2015年01月02日12時00分

2014年12月31日に放送された『第65回NHK紅白歌合戦』。今回も数々の話題を振りまいた同番組だが、そんななか文字通り“裏”で視聴者に爆笑を届け続けてくれたのが、“副音声”だ。 「紅白ウラトークチャンネル」と題されたこの副音声で今回初のナビゲーターを務めたのが、お笑いコンビ「バナナマン」のふたり。その基本構成は、バナナマンとNHKの久保田祐佳アナウンサ [全文を読む]

紅白最も歌われた歌 8回3曲『河内おとこ節』『天城越え』等

NEWSポストセブン / 2014年12月23日16時00分

今年もNHK紅白歌合戦の季節がやってくる。65回の歴史をふり返り、最も歌われた歌のベスト3を紹介しよう。 【1位/8回】 『河内おとこ節』(中村美律子) 『天城越え』(石川さゆり) 『津軽海峡・冬景色』(石川さゆり) 【2位/7回】 『帰ろかな』(北島三郎) 『風雪ながれ旅』(北島三郎) 『兄弟船』(鳥羽一郎) 『さそり座の女』(美川憲一) 『おふくろさん [全文を読む]

坂本冬美 紅白出場26回でも「うまく歌えたこと一度もない」

NEWSポストセブン / 2014年12月20日07時01分

NHK紅白歌合戦の出場回数26回を誇る演歌歌手・坂本冬美。紅白は坂本にとって歌手を目指すきっかけだった。石川さゆりが1977年の紅白で絶唱した『津軽海峡・冬景色』にしびれ、子供の頃からのプロの歌手になりたいという漠然とした夢が決意に変わったという。10歳の時だ。 1988年に初出場。「苦節するもの」と覚悟していたのにデビュー2年目で大願成就した。決定の知ら [全文を読む]

あの伝説的アーティストが奇跡のコラボで「紅白出場」有力視!

アサジョ / 2017年09月12日10時14分

いよいよ年末の「NHK紅白歌合戦」まで3カ月あまりとなり、音楽業界では出演者を巡る憶測が飛び交っている。例年は11月末に出場者発表されるが、今年の顔ぶれについて「徐々に固まりつつある」というのはNHK関係者だ。「昨年は大晦日に解散するSMAPの出演を巡りギリギリまで交渉を続けましたが、今年は順調なほうだと思います。10月からの朝ドラ『わろてんか』で主題歌を [全文を読む]

松田聖子の接近に郷ひろみ逃げた!TVが報じない紅白舞台裏

WEB女性自身 / 2017年01月05日00時00分

NHKホールで巻き起こった 恋ダンス 大旋風にくわえ、マツコ・デラックスとタモリのスペシャル出演まで、目が離せなかった 盛りだくさん紅白 。リハ&本番の合計4日間、本誌記者が密着した舞台裏では次々とハプニングが起きていた! リハ初日から注目の的だったのが『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で大ブレイクした星野源(35)。リハーサルにも関わらず 恋ダンス [全文を読む]

和田アキ子の「紅白落選」を呼んだ芸能界の”アッコ包囲網”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日12時00分

2016年『第67回NHK紅白歌合戦』の出場者が発表された。まずは46組の顔ぶれを見てみると——。 <白組>(出場回数) 嵐(8)/五木ひろし(46)/X JAPAN(7)/関ジャニ∞(5)/桐谷健太(初)/Kinki Kids(初)/郷ひろみ(29)/三代目J Soul Brothers(5)/THE YELLOW MONKEY(初)/SEKAI NO [全文を読む]

【紅白】出場者発表 KinKi、PUFFYら喜び!

Smartザテレビジョン / 2016年11月24日16時44分

12月31日(土)夜7時15分から放送の「第67回紅白歌合戦」(NHK総合)の出場者発表会見が行われ、初出場10組のうち、KinKi Kids、桐谷健太、RADIO FISH、市川由紀乃、欅坂46、PUFFYが登壇した。 まずあいさつに立ったのは、'17年にデビュー20周年を迎えるKinKi Kids。しかし、堂本光一が「以前にオープニングで『フラワー』を [全文を読む]

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。今年の出場歌手は紅組23組、白組23組の合計46組。しらべぇ編集部では、昨年出場し今年落選した歌手を調査した。■紅白に昨年出場し、今年出場しない歌手・今井美樹・NMB48・大原櫻子・伍代夏子・Superfly・藤あや子・μ’s・レベッカ・和田アキ子・EXILE・ゲスの極み乙女 [全文を読む]

【紅白】KinKi Kids、欅坂46、宇多田ヒカルらが初出場

Smartザテレビジョン / 2016年11月24日13時44分

NHKは24日、12月31日(土)放送の「第67回NHK紅白歌合戦」(夜7:15-11:45、NHK総合)の出場歌手46組を発表した。 初出場は“20周年イヤー”のKinKi Kids、PUFFYの他、紅組が市川由紀乃、宇多田ヒカル、大竹しのぶ、欅坂46、白組が桐谷健太、THE YELLOW MONKEY、RADWIMPS、RADIO FISHの計10組。 [全文を読む]

フォーカス