アルバム 石川さゆりに関するニュース

椎名林檎プロデュース【 石川さゆり『名うての泥棒猫』ミュージックビデオ(ショートVer.)】公開スタート!

PR TIMES / 2014年06月03日13時17分

また4月にリリースされた最新アルバム『X-CrossII-』にも同音源は収録されている。 こちらのアルバムには最新シングルを手がけた椎名林檎をはじめ、TAKURO(GLAY)、Marty Friedman、奥田民生、森山直太朗、樋口了一、御徒町 凧ら豪華制作陣が制作した楽曲が収録されており様々な「石川さゆり」を楽しむことが出来る。 またアルバム楽曲の中か [全文を読む]

紅白34回出場の石川さゆりが、渋谷スペイン坂スタジオに初出場!~生きていることは変化!歌に飽きたら明日にでも歌手をやめる~

PR TIMES / 2012年08月30日17時10分

TOKYO FMの番組 『シンクロのシティ』(月-木16:00~18:45)では、8月29日(水)のゲストとして、今年で歌手活動40周年、9月19日にデビュー40周年記念アルバム第2弾『X-Cross-』をリリースする、石川さゆりを迎えました。紅白歌合戦には34回も出場している石川さゆりですが、渋谷スペイン坂スタジオには今回が初出場。スタジオの椅子に座った [全文を読む]

デビュー45周年を迎えた石川さゆり、「dヒッツ」で300曲以上を先行解禁!~「天城越え」「津軽海峡・冬景色」「ウイスキーが、お好きでしょ」などヒット曲の数々がスマホで聴き放題~

PR TIMES / 2017年08月02日10時00分

45周年記念第一弾となる120枚目のシングル「百年の抱擁」、第二弾として小渕健太郎(コブクロ)プロデュース「春夏秋冬」、さらに、記念のCDボックス、ジャンルを超えたアーティストとのコラボレーションが話題のアルバム第三弾『X-CrossIII-』とさまざまなアニバーサリーイヤーの取り組みが進んでいます。また、先日は、2020年東京五輪・パラリンピックの大会機 [全文を読む]

石川さゆり、コラボアルバム第二弾のジャケットは天野喜孝の書き下ろし!

okmusic UP's / 2014年04月09日22時30分

石川さゆりのコラボレーションアルバム第二弾『X-CrossII-』の詳細情報が解禁となった。【その他の画像】石川さゆりジャンルや活動の場を超えて多彩なコラボレーションを試みてきた石川さゆり。先週発売となった椎名林檎プロデュースシングル「暗夜の心中立て」が話題になっているなか、4月23日発売のアルバム情報が公開された。 楽曲からCDジャケットまでをクロスする [全文を読む]

タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズ 最新版ポスターに石川さゆりが決定!

PR TIMES / 2017年05月23日04時00分

石川さゆり 45周年記念シングル第2弾・小渕健太郎(コブクロ)プロデュース作品『春夏秋冬』を6月21日(水)に発売、さらに、演歌、ジャズ、ロック、ポップスなど、ジャンルの垣根を越えたアーティストとの新たな出逢いがX(クロス)することで話題のコラボアルバム第3弾『X-CrossIII-』が、7月19日(水)に発売されます。 「NO MUSIC, NO LI [全文を読む]

関ジャニ∞、嵐所属の「J Storm」移籍でファン落胆!? 「テイチクは8人目のエイト」

サイゾーウーマン / 2014年08月28日09時00分

インフィニティはグループ名にも入っている「無限大」の意味で、10月に移籍第1弾シングルをリリースし、その後もアルバムとシングルの3作を発売する予定だという。11周年目を迎えるにあたって“再出発”の移籍となるが、デビューからお世話になったレコード会社を離れるとあって、ファンからは悲痛な声が多く上がっている。 前川清や石川さゆりなど、主に演歌歌手をはじめとした [全文を読む]

アルバムヒットの中森明菜にテレビ各局から“復帰オファー”が殺到中! 田原俊彦と共演も!?

日刊サイゾー / 2014年08月14日11時00分

歌手の中森明菜が6日に発売したアルバム『オールタイム・ベスト-オリジナル-』(ユニバーサルJ)と『オールタイム・ベスト-歌姫(カヴァー)-』(同)が、発売初週でそれぞれ2万8,000枚、1万4,000枚を売り上げ、18日付オリコン週間アルバムランキングで初登場3位と7位を獲得した。 前者はデビュー曲「スローモーション」から4年ぶりの新曲「SWEET RAI [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(4)坂本冬美が「また恋」&「夜桜お七」歌唱指導

アサ芸プラス / 2013年01月17日10時00分

「その年の秋には大人のラブソングを集めたカバー曲アルバム『Love Songs~また君に恋してる~』(EMIミュージックジャパン)が発売されました。ジャケット写真も、それまでは和服でしたが、レコード会社の社長のアイデアでふだん着のジーンズ姿に‥‥。『皆さんが今まで私に持っているイメージがあるので大丈夫かしら』と思いました」 「また恋」のヒットは坂本に思わ [全文を読む]

ヘブンズボイス 村上ゆきの最新アルバムは、積水ハウスの歌を含むCMソングカヴァー・アルバム

リッスンジャパン / 2012年11月21日14時00分

シンガー&ピアニストの村上ゆきが、11月21日にニューアルバム『おんがえし』をリリースした。ヘブンズボイスと称される優しい歌声と、クラシックやジャズに精通した卓越したピアノ、村上ゆきの通算7作目となるニューアルバム『おんがえし』は、自身がアーティストとして羽ばたくきっかけともなったCM音楽を集めたカヴァー集。数々のCMを世に送り出したCMプロデュサー 大森 [全文を読む]

力士が出したレコード 130万枚の大ヒット作品も

NEWSポストセブン / 2017年02月04日07時00分

同年、LP(アルバム)『北の冨士“艶歌”をうたう』も発売。 ●花田『男なみだのブルース』(1969年・ビクター) 貴乃花親方の父、初代貴ノ花が初入幕した翌年に出したデビュー曲。当時19歳で、声にはまだ若々しさが感じられる。 ●増位山太志郎『そんな夕子にほれました』(1974年・ユニオン) 角界一の美声で、125万枚のミリオンセラー。作詞は初代林家三平の妻・ [全文を読む]

くるり、バンド結成時から最新曲までを網羅したベスト盤を9月14日にリリース

okmusic UP's / 2016年07月22日12時00分

■京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園」オフィシャルサイト http://kyotoonpaku.net/■アルバム『くるりの20回転』2016年9月14日(水)発売 【初回限定盤】 VIZL-1034/¥3,700+税 ※デジパック仕様+豪華・特典ブックレット+スリーブケース 【通常盤】 VICL-64632~64634/¥3,500+税 <収録曲 [全文を読む]

くるり、20年の活動を網羅したベスト盤『くるりの20回転』をリリース

Entame Plex / 2016年07月21日18時00分

そんな彼らのこれまでの軌跡を総括すべく、全38曲入り3枚組みとなるオールタイム・ベストアルバム『くるりの20回転』が9月14日(水)にリリースされることが決定した。 本作には、1998年のデビュー曲「東京」から、先日リリースしたばかりの最新作「琥珀色の街、上海蟹の朝」まで全てのシングル曲を収録。さらにボーナストラックとして2006年11月にリリースされたコ [全文を読む]

森山良子×関ジャニ∞のセッションに斎藤工がうっとり

Smartザテレビジョン / 2016年04月24日15時00分

「関ジャム」をよく見ているという彼女が、清水ミチコ、そして今月発売したデビュー50周年記念アルバム『Touch me…』でコラボした俳優・斎藤工と共に、スタジオに登場し、“音楽環境に恵まれたアメリカンな生い立ち”や、音楽一家である“森山家の秘密”を明かす。 シンガーソングライターの長男・森山直太朗らに対する“意外な教育法”や、森山家に出入りするそうそうた [全文を読む]

【NHK紅白】出場曲発表で広がる波紋…和田アキ子「笑って許して」にも憶測が

デイリーニュースオンライン / 2015年12月26日17時00分

また一部メディアでは、「笑って許して」を収録したアルバムのタイトルが「卒業させてよ」であることから、卒業を示唆しているとする説まで飛び出した。 「紅白は、番組全体の構成を考えながら出場者や曲目を決めており、出場者の楽曲ジャンルはバラバラ。様々な音楽ファンが番組を見るため一概にどれが悪いとは言えません。ですが、見るからに怪しい"調整"を感じるものがあるのはた [全文を読む]

【紅白】曲目が決定!乃木坂46は「君の名は希望」

Smartザテレビジョン / 2015年12月21日18時51分

注目の初出場歌手では、乃木坂46が'13年にリリースした「君の名は希望」、BUMP OF CHICKENは'14年リリースのアルバムからタイトル曲「ray」、4人組バンド・ゲスの極み乙女。は代表曲「私以外私じゃないの」を歌う。また、パフォーマーの松本利夫、USA、MAKIDAIがラストステージを迎えるEXILEは「EXILE 紅白スペシャル2015」、こと [全文を読む]

PENICILLIN、結成23年目にして初の全曲カヴァーのアルバム発売

okmusic UP's / 2015年03月02日12時00分

バンド結成23年を迎えたPENICILLINが2015年第1弾リリースとして、バンド史上初のカヴァーアルバム『Memories ~Japanese Masterpieces~』を3月18日(水) に発表する。【その他の画像】PENICILLINシングルのカップリングとして発表された「シルエットロマンス」「桃色吐息」「飾りじゃないのよ涙は」「プレイバック p [全文を読む]

「黄昏のビギン」はいかにしてスタンダード・ソングとなったか 名プロデューサーの快著を読む

リアルサウンド / 2014年08月09日19時21分

再発見の契機となったのは、ちあきなおみが91年に『すたんだーど・なんばー』という昭和の流行歌をカバーしたアルバムで取り上げたことだった。当時はほぼ忘れられた歌だった「黄昏のビギン」を、ちあきは、幕開けの曲に選んだのである。 アルバムタイトルに込められた意気込み通り、「新たなる日本のスタンダード・ソングが生まれたことが、聴いていくうちにはっきりとわかった」 [全文を読む]

大好評の音楽番組『LIVE MONSTERプラス』 5月は今井美樹・くるりが登場!

PR TIMES / 2014年04月22日12時15分

彼女が人生の中で出会った『大切なアルバム』をテーマに、これまでの音楽人生を紐解きます。憧れの松任谷由実との出会いやカバーをすることに対しての思い、そして名曲「PRIDE」に隠された苦悩や布袋寅泰との制作秘話など、今井美樹が素直な言葉で語ります。ライブでは、松任谷由実のカバー「卒業写真」と「PRIDE」を披露します! 第4回のゲストはくるり。テレビにあまり出 [全文を読む]

百恵と淳子、このままでは“美空ひばり”になってしまう

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

その「美・サイレント」のB面には、先行アルバムから「曼珠沙華」という曲が入っている。ディレクターの川瀬は、これを百恵の最高傑作と評しただけでなく、制作会議の席でこう発言した。「このままでは“美空ひばり”になってしまう」 その言葉に「最高じゃないか!」と反応したスタッフもいたが、川瀬の意図は、「百恵にはもっと転がってほしい」という崇高な問答だったのである。 [全文を読む]

浜崎あゆみ 長瀬との復縁説をあの手この手で自作自演 ついに「主役なら映画で脱ぐ」発言まで!

アサ芸プラス / 2012年08月24日10時57分

「3月リリースのアルバム『Party Queen』は、音楽チャートで08年発売の『GUILTY』以来となる初登場1位を逃しました。同時期に離婚後初の全国ツアーを展開しましたが話題性には乏しく、かつての勢いはないですね」(レコード会社スタッフ) そんな中、7月8日には「夏の歌」を集めたベストアルバムをリリース。「Disc‐N」と「Disc‐A」の2枚組でし [全文を読む]

フォーカス