バルブ 下町ロケットに関するニュース

【エンタがビタミン♪】『下町ロケット』ラストシーンの小泉孝太郎に反響「全部持っていった!」

TechinsightJapan / 2015年12月21日13時40分

クライマックスは種子島宇宙センターで佃製作所製のバルブを搭載したロケットの発射を、社長の佃航平(阿部寛)と社員らが見守るシーンであった。だがここにある人物が登場したことで、ネット上で物議を醸している。 無事ロケットは発射に成功。機体が空の彼方に消え、集まっていた報道陣や大勢の観客が去っても、佃製作所の社員らは余韻に浸りその場を離れることができなかった。社長 [全文を読む]

「下町ロケット」セリフ 熱く濃い人間関係に憧れ胸熱くなる

NEWSポストセブン / 2015年12月13日07時00分

「ロケット編」から3年、佃製作所は大手精密機器メーカー・日本クラインの依頼で人工心臓「コアハート」に使われるバルブの試作品を製作することになった。 難航する作業にリーダーの中里淳(高橋光臣)は「設計図が問題だ」と主張。だが佃製作所の技術開発部長・山崎光彦(安田顕)は、 「もっと自分の腕を磨いたらどうだ。お前の薄っぺらい紙みたいなプライドなんて、ウチの会社 [全文を読む]

「医療編」も打ち上げ成功!?の『下町ロケット』は心臓弁をめぐる物語!!

ヘルスプレス / 2015年11月28日19時33分

「佃のバルブシステム」は人の命を救えるか!? 最大手の精密機器メーカーから佃製作所に舞い込んだ新規依頼は「バタフライバルブの試作品」。高度な技術力を買われての発注事案だが、開発予算も低ければ利用目的も伏されたままの取引ゆえに航平たちは気乗りせず、当初は受注を躊躇するが...。 元社員の情報網から「人工弁のためのバルブ試作品」である事実が判明し、虎視眈々と打 [全文を読む]

「夜間飛行」の鬼上司にみる「下町ロケット」と通ずる精神【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年11月20日17時00分

ロケットのエンジン開発のため、小さな町工場「佃製作所」で部品の心臓ともいえるバルブシステムを開発するのだが、そのシステムの特許を大手企業から高額で譲ることを求められたり、勝つことの難しい裁判に出くわしたりで、何度もくじけそうになる。その度に佃の自社バルブを愛する気持ちを理解できない社員から不満が出たり、晴れて製品提供が決まっても異端の者から裏切られ窮地に落 [全文を読む]

『下町ロケット総選挙』実施 450人に聞いた推しメン8を発表

NEWSポストセブン / 2015年12月18日07時00分

財前を支持する声で多かったのが、第4話で組織の意に反して佃たちのバルブの再テストを実施した決断力だった。 「『全責任は、私が取る』と言い切る強さが凄い。あんな上司が欲しいし、自分でも一度は言ってみたい」(51歳・不動産) 「白髪なのに格好いい」「スーツ姿がキリッとしている」といった容姿に憧れる男性も多かった。 3位は佃製作所の経理部部長・殿村直弘。演じる [全文を読む]

「人事部に求められる新たな役割とは何か? 」の読者からの反響/鬼本 昌樹

INSIGHT NOW! / 2015年12月04日11時31分

ロケット打ち上げの失敗、その屈辱と自己実現を達成させるために、ロケットエンジンのバルブシステムの開発に没頭し、特許まで獲得したのです。ここまではよくある話です。しかし、社長の自己実現とは何か、それが、使命に変わってとき信念や情熱を感じていきます。社員に対して、自己実現の意義や目的を何度も何度も繰り返し説明し、そこから社員を動かしている。佃製作所は、エンジニ [全文を読む]

阿部寛、土屋太鳳のコメント到着!池井戸潤「下町ロケット」ドラマに

Woman Insight / 2015年08月19日06時00分

このロケットエンジンのバルブシステムの開発費がボディブローのように資金繰りを圧迫していたからである。そこに、突然の主要取引先からの取引中止があり、銀行からは融資の貸し渋りを受ける。そして、あろうことか大手機械メーカーのナカシマ工業から特許侵害で90億もの損害賠償請求がきてしまう。 佃製作所は資金繰りが苦しい状況の中、ナカシマ工業との裁判を戦わなければならな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『下町ロケット』の感動?が4分で味わえるものまね動画

TechinsightJapan / 2016年01月04日11時05分

彼は『むらせオフィシャルブログ「人のマネばかりする人」』で阿部寛のしゃべりは「バビブベボが強い」ところが特徴だと説明しており、番組では「バルブシステム言い過ぎて、人生で一番噛んでた。笑」という。動画ではその阿部寛をはじめ吉川晃司、安田顕、立川談春、小泉孝太郎、木下ほうかを真似て演じている。 昨年、大晦日の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑 [全文を読む]

最終回で伏線はりまくり!「下町ロケット」続編でもあの棒演技芸人は不要!?

アサ芸プラス / 2015年12月30日09時58分

「最終回では土屋太鳳演じる阿部の娘がいつの間にか帝国重工に入社していたり、吉川演じる財前部長が、ロケットの打ち上げ成功を見届けるや、スーツケース2つを持ってどこかに出かけたり、初めての悪役だった小泉孝太郎が最後の最後に出てきて『次こそこのバルブで私が勝つ』と宣言するなど、続編への伏線がこれでもかと散りばめられていました」(芸能ライター) 阿部のスケジュール [全文を読む]

『下町ロケット』 イラッとさせられた登場人物の順位を発表

NEWSポストセブン / 2015年12月19日07時00分

ライバルのサヤマ製作所に転職しただけではなく、山崎が製作したバルブの設計図をサヤマ製作所に流出させた。 票を投じたファンの中にも「真野同様、いつか改心してくれると信じている」(28歳・医薬品販売)という声もあるだけに、最終回の活躍次第で順位は変わるかもしれない。 6位の根木節生(東国原英夫)と8位の柳井哲二(春風亭昇太)の白水銀行コンビへの批判は厳しい。「 [全文を読む]

『下町ロケット』原作者:池井戸潤氏が撮影現場を訪問し、阿部寛、吉川晃司らを激励!

Entame Plex / 2015年12月17日12時14分

佃製作所という小さな会社が、ロケットエンジンのバルブシステムをつくり上げるというストーリーも奇跡ですが、ドラマを作っているこのチーム自体もある種の奇跡の中にいる、という二重構造になっていると思います。このようなミラクルはもう二度とないのではないでしょうか。このまま良い形で最終回を迎え、次に繋がるようになればいいと思っています」とコメントを寄せている。 なお [全文を読む]

「下町ロケット」は理系プロデューサーが作る“理系☓文系”のハイブリッドドラマ【後編】

Smartザテレビジョン / 2015年11月21日20時39分

だが、バルブシステムや水素エンジンなど、文系の人間にはすぐに理解できない専門用語が飛び交う、理系独特の世界であることも確か。それなのに文系の視聴者にも敬遠されず、逆に惹きつけているポイントは何だろうか? まず、伊與田英徳Pが「演出の福澤(克雄)は、佃VS帝国重工という対立構造を描くのが上手い」と語るように、人間描写や構成がしっかりしていることがベースにある [全文を読む]

池井戸さんの「下町ロケット 2」朝日新聞広告特集で好評連載中

PR TIMES / 2015年10月14日14時01分

すでに掲載された連載第4回まででも、納入が決まっていたロケットエンジンのバルブがコンペで決められることになるなど、中小企業のリアルな苦悩が描かれています。 TBS系の日曜劇場で18日夜9時から毎週日曜日に放映され、初回の18日は2時間スペシャルです。前半は小説「下町ロケット」、11月中旬から始まる後半は「下町ロケット 2」をもとに制作されます。 [画像: [全文を読む]

池井戸潤「下町ロケット」で阿部寛が土屋太鳳と父娘役

Smartザテレビジョン / 2015年08月19日06時00分

このロケットエンジンのバルブシステムの開発費が資金繰りを圧迫していた。 そこに、突然の主要取引先から中止があり、銀行からは融資の貸し渋りを受ける。そして、あろうことか大手機械メーカーのナカシマ工業からは特許侵害で90億円もの損害賠償請求をされる事態に。佃製作所は資金繰りが苦しい状況の中、ナカシマ工業との裁判を闘わなければならなくなり、あっという間に、社員た [全文を読む]

禁煙手当、サイコロ給……ユニークな「手当&報奨金」厳選7企業

プレジデントオンライン / 2016年12月20日09時15分

あなたがほしいのはどれ? ■資格取得奨励制度 [フジキン]大阪府大阪市 ▼対象資格はなんと119種 ドラマ「下町ロケット」のロケ地として知られる精密バルブ大手のフジキンが、1970年、当時の社長の発案により導入。現在の最高受給者は14種の資格をもつ社員で、月4万3300円を受け取っている。支給額は資格により異なるが、一度取得すると退職するまで支払われる。対 [全文を読む]

【陰謀】イスラエル軍のハイテク武器は日本の中小企業が支えていた! 日本の真実とは?

tocana / 2016年11月12日08時00分

ドラマの中で、大企業である帝国重工が開発する宇宙ロケットの心臓部のバルブシステムは、下町の佃製作所でなければ作ることができなかった。実は、現実もドラマの通りなのだ。各国の軍関係者が注目するのは、日本の巨大企業ではなく、小さな町工場の持つ技術力だ。だから蒲田や東大阪の町工場には、最近になって奇妙な顧客が訪れることが増えたという。 これら町工場が持つ技術には、 [全文を読む]

下町ロケットで佃製作所救った「幻のスクープ記事」全文公開

NEWSポストセブン / 2015年12月21日16時00分

コアハートは、アジア医科大学の心臓外科部長・貴船恒広教授を中心に日本クライン株式会社と共同開発している医療機器で、血液の逆流を防ぐためのキーパーツとなるバタフライバルブの開発はサヤマ製作所が引き受けている。心臓外科に長い歴史をもつアジア医科大学、精密機器メーカー最大手の日本クライン、NASA出身である椎名直之社長のアメリカ仕込みの高い技術力で急成長を遂げ [全文を読む]

H-IIロケット部品提供町工場 2mパラボラアンテナ30分で完成

NEWSポストセブン / 2015年12月19日07時00分

小さな町工場だが、世界に誇れる技術、物作りへの情熱を持ち、ロケットエンジンバルブや人工弁を開発した。そんな町工場が日本にはまだまだある。 創業1947年の東京都・大田区にある北嶋絞製作所(従業員20名)は、H-IIロケット試験機1号機に部品提供した。へらを使って1枚の板を曲げてゆく“へら絞り”という技術を使ってロケットのサブ燃料タンクの先端とエンジン部分を [全文を読む]

フォーカス