通り 下町ロケットに関するニュース

朝日新聞、TBS、小学館の3社が異例のコラボ

PR TIMES / 2015年10月02日14時59分

「下町ロケット」プロジェクトの各社の取り組みは次の通りです。■朝日新聞社連載小説「下町ロケット2」を10月3日付朝刊の広告特集で見開き2ページにわたって展開し、その後は毎週土曜日、日曜日付紙面に掲載します。見開き紙面に掲載される小説は400字詰め原稿用紙13枚以上、朝夕刊に毎日掲載される連載小説5回分以上の分量で、ゆったりとまとめて読めるのが特徴です。翌週 [全文を読む]

「画面から伝わる熱量が圧倒的」下町ロケットが作品賞ほか5冠達成!

Smartザテレビジョン / 2016年01月08日12時00分

詳細と選出理由は以下の通り。【作品賞】「下町ロケット」(TBS系)選出理由:「日本人男性がドラマに求めるものが集約された作品」「庶民の逆襲という池井戸パターンは健在で、ワクワク感があった」「展開、脚本の面白さはもちろん、演技、キャスティング、美術等さまざまな点に工夫と、リアリティーを持たせる説得力があった」【主演男優賞】阿部寛/「下町ロケット」(TBS系) [全文を読む]

『下町ロケット総選挙』実施 450人に聞いた推しメン8を発表

NEWSポストセブン / 2015年12月18日07時00分

その結果が以下の通りだ。 【1位】佃航平(阿部寛)226票 【2位】財前道生(吉川晃司)58票 【3位】殿村直弘(立川談春)44票 【4位】山崎光彦(安田顕)36票 【5位】神谷修一(恵俊彰)7票 【6位】和泉沙耶(真矢ミキ)3票 【6位】真野賢作(山崎育三郎)3票 【8位】横田信生(バカリズム)2票 上記の通り、圧倒的な大差で「センター」となったのは主人 [全文を読む]

『下町ロケット』人気を支える“理系女子” 土屋太鳳と朝倉あきのポジションを読む

リアルサウンド / 2015年12月13日07時10分

以前このサイトでも紹介された通りの必勝パターンで、今期の民放ドラマ枠でひとり勝ちしていると言っても過言ではない。(参照:『下町ロケット』は“現代の時代劇”だ 福澤克雄チームの必勝パターンと今後への期待 もっとも、『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』と続いてきた池井戸原作の日曜劇場では、登場人物のほとんどが男性という、古典的な男性中心の社会が描かれており、 [全文を読む]

東芝粉飾、調査報告書に重大な疑惑 意図的に室町社長への追及せず、当事者は無罪放免

Business Journal / 2015年11月23日06時00分

その結論は以下の通りである。(1)西田厚聡元社長、佐々木則夫元社長、田中久雄前社長、村岡富美雄元CFO(最高財務責任者)、久保誠元CFOの5人は、取締役として十分に注意して職務を遂行する「善管注意義務」を怠ったとして、計3億円の損害賠償を求める。(2)第三者委員会の報告書で粉飾会計への関与が指摘された14人のうち、上記5人以外は、法的責任を認める証拠がない [全文を読む]

『下町ロケット』視聴率好調なのに、土屋太鳳は存在感ゼロの“名ばかり”ヒロイン状態

おたぽる / 2015年11月04日19時00分

ご承知の通り、土屋は9月までNHK連続テレビ小説『まれ』で主演を務めた。全話平均視聴率は19.4%と大台を割ったが、そこそこの数字は獲っており、今が旬の若手女優の一人だ。TBS的には、ついこの前まで朝ドラで主役を張っていた土屋が、メーンキャストに入っていることを“売り”にしたかったのだろうが、この脚本では、土屋の役割は単なる“お飾り”にしかすぎない。 皮 [全文を読む]

恵俊彰 結成25年のホンジャマカへの思いを語る

NEWSポストセブン / 2016年02月09日11時00分

「規模こそドラマの佃製作所ほどは大きくなかったけど、雰囲気はまさにあの通りの町工場でしたね。親父は、京都の西陣には負けないぞと戦略的に経営をしていました。子供の頃、『大島紬で特許を取ったのは俺だけだ』と語していたのを覚えています」 跡継ぎと目されていた長男は、鹿児島大学教育学部附属小学校、県立甲南高校と地元のエリート校に進むも大学受験に失敗。東京の駿台予備 [全文を読む]

『下町ロケット』『真田丸』出演俳優・平岳大が肩組みデート

NEWSポストセブン / 2016年02月03日16時00分

細い通りを女性の肩に手を回しながら堂々と歩いていた。途中、近くのスーパーに立ち寄ってから、ふたりは平の自宅マンションへと消えて行った。 ※女性セブン2016年2月18日号 [全文を読む]

下町ロケット技術者役・佐野岳 「音痴です」とカミングアウト

NEWSポストセブン / 2016年01月13日16時00分

その通り、“美ボディー”が見られる月もある。 放送が終わったばかりの『下町ロケット』についての質問には、「プロ意識が高い人しかいない現場で、みんながみんなただひとつ、いいものを作ろうという気持ちで動いていたんです。ぼくはまだ甘ちゃんなんですが、そういうところは見習って、今後もやっていかなきゃいけないなと思いました。それと、これは自画自賛みたいで嫌なんですけ [全文を読む]

『下町ロケット』 イラッとさせられた登場人物の順位を発表

NEWSポストセブン / 2015年12月19日07時00分

その結果は以下の通りだ。【1位】椎名直之(小泉孝太郎)60票【2位】富山敬治(新井浩文)53票【3位】水原重治(木下ほうか)21票【4位】貴船恒広(世良公則)20票【5位】滝川信二(篠井英介)17票【6位】根木節生(東国原英夫)15票【7位】中里淳(高橋光臣)12票【7位】真野賢作(山崎育三郎)12票【8位】柳井哲二(春風亭昇太)12票 唯一、両方でランキ [全文を読む]

『下町ロケット』でもいた「現実的に」が口癖の社員は仕事ができない

まぐまぐニュース! / 2015年11月17日03時30分

「正論」が出たとわかっているのならば、それは字の通り「正しい」論理なのですから、正しいほうを選択すればいいのです。 ただし、ここでいう「正論を選ぶ」というのは、明らかに会社が倒産する無理な投資であっても正論だからそれを行いなさいということではありません。 正論に基づく理想どおりにやる、のではなく、正論の部分を踏襲する、ということです。 「正論に従う」ので [全文を読む]

ついに民放のテレビ番組が簡単・便利に無料で視聴可能に!「TVer (ティーバー)」がスタート

ITライフハック / 2015年10月28日13時00分

TVerの大きな特徴は以下の通り・在京民放5社(および系列放送局)の人気コンテンツがいつでもどこでも視聴可能!・コンテンツは全て無料で視聴可能! ※データ通信費は除く・番組表やテレビ番組に関連したタレント情報やニュースも閲覧できます。・お気に入りの番組やタレントを登録しておくと更新情報を通知してくれるマイリスト機能(iOSのみ対応中、Androidは近日対 [全文を読む]

<実写化の迫力>「図書館戦争」が放つメディアミックスの魅力

メディアゴン / 2015年10月20日11時02分

この図書館戦争シリーズのもうひとつの外せない要素=登場人物たちの恋愛も丁寧に描かれており、堂上と笠原の歯がゆくもまっすぐな恋愛も原作の通り。本の雑誌「ダ・ヴィンチ」の読者投票で、この俳優にやって欲しいランキングで第1位になったという岡田准一と榮倉奈々のキャスティングもはまっており、パラレルワールドたる、もうひとつのあったかもしれない世界がすんなりと飲みこめ [全文を読む]

『PM-Engine』を使ったサービス『CalPush(カルプッシュ)』がTBS様採用されました(TV業界初!)

DreamNews / 2015年10月19日13時00分

▼『CalPush(カルプッシュ)』の特徴は以下の通りです。前述した「PM-Engine」を活用し、ホームページ上のイベント(日時・場所)情報を、クリックやタップをすることにより自動で抽出・解析し、ホームページ閲覧ユーザーの端末(カレンダー)へ瞬時にイベント登録することができます(アプリやソフトのインストールの必要はありません)。カレンダーアプリ版の『PM [全文を読む]

山崎賢人、ドラマ「陸王」で“演技力不足”の風評を覆せるか?

アサジョ / 2017年10月07日10時15分

「池井戸作品は、ご存じの通り硬派なビジネスドラマ。視聴者は、今まで山崎が演じてきた恋愛ものとは違い、中高年男性がターゲットになるだけに、演技力が問われます」(前出・テレビ誌ライター) 俳優・山崎にとってはまさに正念場。ドラマが終わる頃には、竹内涼真と喜びを分かち合っていると願いたい。(窪田史郎) [全文を読む]

池井戸潤作品 初の映画化 主演の長瀬智也は「いつも通り本気でやるだけ」

dwango.jp news / 2017年03月06日12時08分

そして、僕はいつも通り本気でやるだけです。 <池井戸潤【原作】コメント> 『空飛ぶタイヤ』は私にとって初の映画化作品となりました。 人の命を軽視し、社会を欺き、自らは保身に走る――巨大企業の腐りきった内情と、会社の常識は世間の非常識を地でゆくエリート社員たち。そんな彼らに挑むのは、四面楚歌の運送会社のオヤジ、赤松徳郎です。 主演の長瀬智也さん始め、出演者の [全文を読む]

【陰謀】イスラエル軍のハイテク武器は日本の中小企業が支えていた! 日本の真実とは?

tocana / 2016年11月12日08時00分

実は、現実もドラマの通りなのだ。各国の軍関係者が注目するのは、日本の巨大企業ではなく、小さな町工場の持つ技術力だ。だから蒲田や東大阪の町工場には、最近になって奇妙な顧客が訪れることが増えたという。 これら町工場が持つ技術には、たとえば金属に特殊な銅線を独自技術で巻いたコイルがある。単純な部品なのだが、町工場のノウハウをもってするとモーターやセンサーを正確に [全文を読む]

高島彩、ギャル時代の「勝負師」っぷりに驚愕! パチスロ・麻雀大好きな意外な女性芸能人が多すぎ

Business Journal / 2016年06月22日14時00分

そんな高島だが、学生時代はその風貌の通り、趣味もなかなか興味深いものだったようだ。 学生時代に女性ファッション誌に登場した際、プロフィールには「お酒、ホルモン系の焼肉が好き」とある。まあこれは普通だが、さらに「麻雀・パチスロ」とある。あの高島が麻雀・パチスロとは意外といえば意外な……。 「サミーの『獣王』が非常に好きで、徹夜でパチンコ屋に並んだなんて話も [全文を読む]

プロダクション・システムと日本型モノづくり 漫画アニメ立国論 その6

Japan In-depth / 2016年04月05日07時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト) 「林信吾の西方見聞録」 前回取り上げた『クレヨンしんちゃん』だが、読者もよくご存じの通り、作者の臼井儀人氏は、2009年に不慮の事故で世を去っている。 しかし、アシスタントたちの手によって『新クレヨンしんちゃん』の 連載が再開されていることも、漫画好きな方々はご存じであろう。 『ナニワ金融道』(青木雄二・著 講談社)にも後日 [全文を読む]

嵐・大野智、松本潤、SMAP・稲垣吾郎――4月期ジャニーズドラマ“マル秘”業界ウラ話

サイゾーウーマン / 2016年03月20日09時00分

しかし、周知の通り年始早々SMAPの独立・解散騒動が勃発し、場合によって『不機嫌な果実』は、放送できるかさえ怪しい状況に陥ってしまったんです。そこでテレ朝は主演を栗山千明に変更し、仮の状態で企画を寝かしていたそうですが、SMAPが存続したことで、稲垣は脇役として出演するかたちに落ち着いたとみられています」(週刊誌記者) いずれの作品にも、さまざまな裏事情が [全文を読む]

フォーカス