文庫 下町ロケットに関するニュース

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計書籍の最新動向を解説『2015年honto11月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年12月08日12時11分

■honto総合ランキング1位: 下町ロケット 2 ガウディ計画 /池井戸 潤 /小学館2位: 置かれた場所で咲きなさい /渡辺 和子 /幻冬舎3位: 新・人間革命 第27巻 /池田 大作 /聖教新聞社4位: 魔法科高校の劣等生 18 師族会議編 中 (電撃文庫) /佐島 勤 /KADOKAWA5位: 下町ロケット (小学館文庫) /池井戸 潤 /小学館6 [全文を読む]

2014年文庫ランキング発表! 東野、池井戸、百田が安定した人気

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月13日11時30分

ここでは文庫ランキングを10位まで紹介しよう。 異例の大ヒット! 人外×少女ラブストーリー『魔法使いの嫁』 ■文庫ランキング部門(※誌面には21位まで、23作品を掲載) 【1位】『マスカレード・ホテル』(東野圭吾/集英社文庫) 【2位】『海賊とよばれた男』(上・下)(百田尚樹/講談社文庫) 【3位】『ルーズヴェルト・ゲーム』(池井戸 潤/講談社文庫) 【4 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説『2015年honto10月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年11月06日11時56分

■hontoネットストアランキング1位: 陽気なギャングは三つ数えろ 長編サスペンス書下ろし (ノン・ノベル) /伊坂 幸太郎 /祥伝社2位: アクセル・ワールド 19 暗黒星雲の引力 (電撃文庫) /川原 礫 /KADOKAWA3位: 愚物語 (講談社BOX) /西尾 維新 /講談社4位: 狐舞 文庫書下ろし/長編時代小説(光文社文庫 光文社時代小説文庫 [全文を読む]

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』が3部門で1位を獲得! 「honto月間ランキング」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月10日17時30分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ <honto ネットストアランキング> 1位:『陽気なギャングは三つ数えろ』伊坂幸太郎 2位:『アクセル・ワールド(19)』川原礫 3位:『愚物語』西尾維新 4位:『狐舞 文庫書下ろし』佐伯泰英 5位:『人生を面白くする本物の教養』出口治明 <honto ジャンル別総合ランキング(小説・文学)> 1位:『陽気な [全文を読む]

今クールもっともアツいドラマ『下町ロケット』!! ネットでは土屋太鳳の肉感的ボディにも熱視線

メンズサイゾー / 2015年11月10日10時00分

原作は第145回直木三十五賞を受賞しており、文庫版を含めて累計130万部を超えるメガヒット作品だ。宇宙科学開発機構の元研究員で、実家の町工場・佃製作所を継いだ主人公の佃航平を阿部寛(51)が演じる。ロケット開発への情熱を捨てきれない航平が、大口取引先を失ったり、ライバル会社から特許侵害で訴えられたりするなど、いくつもの苦難に直面しながらも、それを乗り越えて [全文を読む]

1位はやっぱりあのマンガ!週間「本」ランキング(7月4日〜10日)

Woman Insight / 2016年07月14日12時00分

今週発表のオリコン週間“本”ランキングから注目のタイトルをピックアップ! 集計期間の2016年7月4日〜7月10日の間に、いちばん売れた本は何なのか、さっそく見ていきましょう! ■最新7/18付 オリコン週間“本”ランキング 【主要3部門】 BOOK(総合)部門 池井戸潤『陸王』(集英社) 週間売上:2万8344部 コミック部門 尾田栄一郎『ONE PIE [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

ドラマの原作となる『沈まぬ太陽』(新潮文庫)は、未曽有の航空機墜落事故という悲劇の裏で信念を貫き巨大組織に生きる人々を描いた、作家・山崎豊子氏の代表作です。本ドラマは、WOWOW開局25周年記念作品で、上川隆也、渡部篤郎など豪華キャストが出演します。またアフリカや中東ロケなどドラマWシリーズでかつてない規模で製作され、全20話の放送予定です。開催書店店頭で [全文を読む]

『2015年honto12月月間ランキング』発表!~人気作家の文庫新刊が上位独占『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が1位~

PR TIMES / 2016年01月08日12時02分

2015年12月ランキングについてhonto総合書店広報担当が解説 総合ランキング上位は、読者が待ちのぞんでいた人気作家の文庫が独占。電子書籍ランキングでも池井戸潤をはじめ、2015年の読書界を席巻した又吉直樹が上位にランクイン。紙書籍の発売時期とほぼ同時期に電子書籍も発売される傾向になってきたため、2016年は紙の書籍でも電子書籍でも読者が読みたい形で読 [全文を読む]

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2015年11月22日~2015年11月28日)

PR TIMES / 2015年12月01日09時55分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/113/resize/d11577-113-502356-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『下町ロケット 2 ガウディ計画』池井戸 潤 小学館(http://honto.jp/netstore/pd-book [全文を読む]

ムロツヨシ歓喜「主演で呼んでくれる人が現れました」

Smartザテレビジョン / 2015年12月01日07時00分

原作は、'10年に第63回日本推理作家協会賞と、第23回山本周五郎賞を受賞した作家・貫井徳郎が'05年に書き下ろした「悪党たちは千里を走る」(幻冬舎文庫)。天才犯罪者の指示に従って実際に誘拐事件を進行しながら、同時にその正体に迫っていく本ドラマ。圧倒的スリルの中でもくすりと笑えてほろりと泣けるユーモラスサスペンスだ。自己中心的で偏った価値観を持ち、決して他 [全文を読む]

阿部寛と土屋太鳳が親子に!池井戸潤原作「下町ロケット」が日曜劇場でスタート!異例の試みも…

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月21日17時30分

第145回直木三十五賞を受賞した池井戸潤の小説『下町ロケット』が、2015年10月より連続ドラマ化されることが決定した! 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 文庫版を含め、累計127万部を超えるベストセラーを記録した『下町ロケット』。直木賞受賞時に「人々の希望を繋ぐ爽快な作品」と評された同作の主人公・佃航平には、日曜劇場「新参者」(東野圭吾原作)以来 [全文を読む]

阿部寛、土屋太鳳のコメント到着!池井戸潤「下町ロケット」ドラマに

Woman Insight / 2015年08月19日06時00分

受賞時には「人々の希望を繋ぐ爽快な作品」と評され、文庫版を含め累計127万部を超えるベストセラーを記録。『オレたちバブル入行組』をはじめとする半沢直樹シリーズや『空飛ぶタイヤ』、『ルーズヴェルト・ゲーム』などヒット作を連発する池井戸氏の著書の中でも代表作との呼び声が高い作品。 では、気になるキャストは……? 主人公・佃航平役に阿部寛が決定! 主演は2010 [全文を読む]

新ドラマ『ROOSEVELT GAME(ルーズヴェルト・ゲーム)』原作など池井戸潤氏5作品が3月14日(金)より配信開始

PR TIMES / 2014年03月06日12時48分

今回配信開始するのは、4月から放送される新ドラマ『ROOSEVELT GAME(ルーズヴェルト・ゲーム)』の原作で3月14日(金)に文庫版が発売される『ルーズヴェルト・ゲーム』や、新ドラマ『花咲舞が黙ってない』の原作である『新装版 不祥事』『新装版 銀行総務特命』など、計5作品です。Reader Store では、明日3月7日(金)からこれらの作品の予約 [全文を読む]

大泉洋がドラマW初登場!高齢化と多額の負債に悩む地方の町を、前代未聞のプランで再建していく。現代社会の大きな問題に挑む人々の、熱きヒューマンドラマ。

PR TIMES / 2012年05月29日15時45分

<スタッフ・キャスト> 原作:楡周平「プラチナタウン」(祥伝社文庫刊) 脚本:大石哲也(『DEATH NOTE デスノート』『BECK』「ハガネの女」ほか) 監督:鈴木浩介(「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」「推定有罪」ほか) 音楽:住友紀人 出演:大泉洋、檀れい、平山浩行、田中直樹、谷村美月、相島一之/柄本明(特別出演)/北村総一朗、石橋蓮司、板尾創路、 [全文を読む]

池井戸潤作品 初の映画化 主演の長瀬智也は「いつも通り本気でやるだけ」

dwango.jp news / 2017年03月06日12時08分

累計120万部突破の大ベストセラー、池井戸潤 原作「空飛ぶタイヤ」(講談社文庫、実業之日本社刊)の映画化が決定した。 主演は、TOKIOのメンバーとして活躍する一方、映画「TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ」やドラマ「フラジャイル」等、数々の話題作に主演し続ける長瀬智也。巨大企業と戦う、運送会社の社長・赤松徳郎を、熱く演じる。 原作は「下町ロケ [全文を読む]

岡田准一、カミングアウト「嘘ついてました」

Woman Insight / 2016年02月04日22時37分

(平山正子) 公式サイト: http://everest-movie.jp/ 原作:夢枕獏「神々の山嶺」(角川文庫・集英社文庫) 監督:平山秀幸 脚本:加藤正人 音楽:加古 隆 製作:「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会 配給:東宝/アスミック・エース 【あわせて読みたい】 ※福山雅治や堀北真希は何位?「イケメン男優」「美しい女優」ランキング発表 ※阿部 [全文を読む]

今年のヒット作か!?根強い人気を誇るロングセラー作品か!?日本最大級の中古ネット書店ブックオフオンラインが独自集計した「2015年 ブックオフオンライン年間ランキング」を発表

@Press / 2015年12月02日15時00分

※順位・タイトル・作者(アーティスト)名、発売日の順※コミックは全巻セットの販売点数、発売日は1巻の発売日■2015年間総合ランキング1位 【小説】 イニシエーション・ラブ 乾くるみ(文庫:2007.4.9)2位 【少年コミック】進撃の巨人 諫山創(2010.3.17)3位 【小説】 永遠の0 百田尚樹(2009.7.14)4位 【小説】 マスカレードシリ [全文を読む]

月9『ようこそ、わが家へ』原作との違い比較すると楽しさup

NEWSポストセブン / 2015年04月27日07時00分

第3話以降、物語はさらなる急展開を迎えそうだが、原作と読み比べるとおもしろさ倍増! 原作は2011年に『下町ロケット』で直木賞を受賞し、『半沢直樹』や『ルーズヴェルト・ゲーム』などの社会派作品を多数もつ池井戸潤氏の同名小説で、現在、文庫は68万部を超えるベストセラーだ。 原作では、電子部品会社に出向中の銀行員・倉田太一が、ある日駅で割り込みをした男性を注意 [全文を読む]

葛藤を真正面から描く! 池井戸潤ワールドが日本中の心をつかむ理由

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月15日07時20分

『ダ・ヴィンチ』6月号「文庫ダ・ヴィンチ」では、そんな池井戸作品を特集。書店員、番組プロデューサーのインタビューと共に、好評放送中のドラマについても魅力を分析している。 関連情報を含む記事はこちら しかし池井戸作品が映像化と相性がいいのは、いまに始まったことではない。都市銀行内の不祥事を描いたデビュー作『果つる底なき』は渡辺謙主演で単発ドラマとして放送され [全文を読む]

4月開始のテレビドラマ原作3作も含む! 池井戸潤氏の5作品が3月14日に一斉配信されます!

PR TIMES / 2014年03月13日16時33分

そのうち『ルーズヴェルト・ゲーム』は文庫刊行と同日の配信です。 ベストセラー作家の話題作の数々を紙と電子、どちらでも楽しむことができるようになりました。 【電子書籍】 『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS連続ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」原作) 『新装版 不祥事』(日テレ連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」原作) 『新装版銀行総務特命』(日テレ連続ドラマ「花 [全文を読む]

フォーカス