個人 鳥谷敬に関するニュース

【プロ野球】金本監督こそ最大の理解者?阪神・鳥谷敬は完全復活できるのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月27日16時04分

阪神入団以来、誰よりも早く球場入りし、個人練習で自らを鍛え上げてきた鳥谷。人一倍努力する姿は、金本監督が現役時代に歩んできた道と同じだ。 ゆえに金本監督が、現在、もがき苦しんでいる鳥谷の一番の理解者であると言ってもいいだろう。 また、連続フルイニング出場を続ける鳥谷には、自分との戦い、相手チームとの戦い、そして結果を出すことで、連続フルイニング出場を周囲 [全文を読む]

阪神タイガース公認 ファンダウンロード数No1アプリ※1 『トラカメラ』で鳥谷敬選手のサイングッズが当たる『鳥谷敬選手応援キャンペーン!』を実施!

PR TIMES / 2014年07月07日16時08分

今後も、「トラカメラ」は様々な企業・イベント・地方自治体・個人とのコラボレーションを加速させます。写真を通じリアルスペースの魅力をソーシャルで拡散できるよう、オンラインとオフラインの垣根を超え取り組むことで、ユーザーの皆様への魅力的なサービスとなりますよう努めてまいります。脚注※1AppStore,GooglePlayそれぞれのスポーツ(無料)カテゴリ内ラ [全文を読む]

阪神タイガース承認アプリ 『トラカメラ』 「鳥谷敬選手応援フレーム」を配信開始!

PR TIMES / 2014年06月25日18時36分

今後も、「トラカメラ」は様々な企業・イベント・地方自治体・個人とのコラボレーションを加速させます。写真を通じリアルスペースの魅力をソーシャルで拡散できるよう、オンラインとオフラインの垣根を超え取り組むことで、ユーザーの皆様への魅力的なサービスとなりますよう努めてまいります。■「トラカメラ」の概要「トラカメラ」は、あらかじめ用意されたフォトフレームを、スマー [全文を読む]

【プロ野球】連続出場記録が終わっても阪神・鳥谷は再び立ち上がる!

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日18時01分

鳥谷は入団当初から誰よりも早く球場入りし、全体練習の前に個人練習を行い、準備を怠らなかった。阪神では鳥谷こそ、金本監督の意思を継げるただひとりのプレーヤーだった。 現役時代、ともにプレーし、後輩のそんな姿を見ていた金本監督。今季、金本監督が鳥谷に期するものは大きかった。監督就任早々、開口一番、「鳥谷が変わらなければチームも変わらない」と発言したことからも [全文を読む]

阿部慎之助「こんなにスリムなら捕手でエエやん」と江本孟紀

NEWSポストセブン / 2015年02月25日07時00分

「昨年は個人成績が悪すぎました。各選手には危機感があって今年は確実に数字が上がる。補強はしていないが、古馬の強さは安定しています」 一塁にコンバートされた阿部慎之助の評価も高い。 「肥満児だった阿部が見違えるほどスマートになっている。阿部が打つと相乗効果で打線全体が上向くでしょう。しかし、こんなにスリムになるならコンバートせんでもエエやんとも思いましたけ [全文を読む]

阪神、なぜタイトル獲得選手続出でも優勝できない?人件費高騰必至で財政事情に懸念?

Business Journal / 2014年10月14日18時00分

投打の個人タイトル争いを見てみると、阪神の選手層の厚さを感じられるだろう。 例えば、打撃部門には「打率」1位のマートンと7位の鳥谷敬、「本塁打」4位と「打点」1位のゴメスがいる。投手部門では「勝利」「奪三振」で1位のメッセンジャー、「奪三振」2位の藤浪晋太郎、「セーブ」1位の呉昇桓、「ホールドポイント」1位の福原忍と5位の安藤優也などが上位に名を連ねた。 [全文を読む]

開幕前に覚えておきたい“プロ野球”ツウになれる厳選裏ネタ(2)「“暴走セ・リーグ”編」

アサ芸プラス / 2014年03月12日09時57分

「米びつに手を突っ込んでひねったり、お手玉のようなものをスナップを効かせて地面に投げ捨てたりと、変わっています」(在米ジャーナリスト) いずれも個人トレーナーと相談して決めた科学的な方法論らしいが。 ■ラミレスがBCリーグで破格の厚遇を受けている 昨オフに横浜をクビになったものの、他球団からのオファーはなし。BCリーグ群馬入りし、プロ野球復帰を狙うことに [全文を読む]

阪神再建の切り札「GM制度」。中村勝広氏就任の真の狙いとは?

週プレNEWS / 2012年09月05日19時30分

大功労者の金本は、今や球団上層部ですら『辞めてくれ』とは言えない存在なんです」(前出・スポーツ紙デスク) 幸か不幸か、中村氏は金本と個人的なつながりはない。つまり、球団は汚れ役を任せようとしたのでは……という見立てだ。 「ただ、金本に関しては、球団サイドはファンが『辞めさせるな』と残留を支持すれば、手のひらを返して契約する考えのようです。仮に中村氏の就任が [全文を読む]

フォーカス