スタメン 鳥谷敬に関するニュース

鳥谷敬の扱いを巡り阪神チーム内に不協和音 ゴメスも不満

NEWSポストセブン / 2016年08月02日16時00分

開幕当初は1番に据えたルーキー・高山俊や4月からスタメンでマスクをかぶった原口文仁など若手の起用も功を奏して首位争いに加わっていたが、6~7月は2度の5連敗もあり最下位に転落した。完全に「超失速」モードである。 その間、遊撃手のレギュラーとして出場してきた鳥谷は打率.235。守備でも10失策と精彩を欠いていたのだから、本来ならスタメン落ちで当然のはず(成績 [全文を読む]

【プロ野球】守乱・阪神! 傷口をふさげ!! このままのペースだと年間失策は約380個!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月10日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■内野のスタメンは昨季から一変 失策の多さは、内野の陣容がガラッと変わっていることにも起因する。昨季と今季の開幕戦でのスタメンを見てみよう。 ■昨季の開幕スタメン 1(左翼):高山俊 2(中堅):横田慎太郎 3(三塁):ヘイグ 4(右翼):福留孝介 5(一塁):ゴメス 6(遊撃):鳥谷敬 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

ところで贔屓球団の開幕スタメンを覚えているだろうか? その時点ではベストメンバーであるはずの開幕スタメンだが、蓋を開けてみれば、ケガや不振などで打線のてこ入れを余儀なくされるのが常だ。 しかし、概ね、「メンバーの固定化」は強いチームによく見られる特徴だと、解説者・評論家などは分析している。 そこで今回、各球団野手の開幕オーダーと後半戦開幕オーダーを比較。 [全文を読む]

「重い枷」なくなり絶好調の阪神タイガース......「代打の神様」からサード、レフトのコンバートまで可能性が上がる鳥谷の「今後」

Business Journal / 2016年08月01日08時00分

18日のオールスター明けから「1点」「1点」「2点」「2点」「0点」と5連敗を喫していたが、鳥谷がスタメンを退いた24日以降は「8点」「5点」「9点」「10点」「1点」「8点」と、まるで“呪縛”から解き放たれたように爆発している。 相手関係もあるので一概には言えないが、それでも鳥谷の代わりとして出場している荒木郁也(.263)や大和(.230)が特別大き [全文を読む]

【プロ野球】新人の糸原健斗か守備の大和か。巻き返しの北條史也か。それとも西岡剛…。混沌とする阪神・遊撃争い

デイリーニュースオンライン / 2017年06月11日16時05分

大方の予想通り、開幕戦の遊撃スタメンに名を連ねたのは北條。しかし、期待に反してまったく調子が上がらない。そんな北條を尻目に、新たなる遊撃争いが巻き起こったというわけだ。 果たして、内野の要・遊撃のレギュラーの座をつかむのは誰か? ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■北條史也に代わり注目株の糸原健斗 ルーキーの糸原健斗が遊撃 [全文を読む]

【プロ野球】初めて手にした自由? 完全復活に懸ける鳥谷敬が過ごした「周りに支えられて」のキャンプ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日16時05分

この日、スタメンには名を連ねていなかった鳥谷だったが、サプライズで9番・指名打者として登場。藤浪からライトにクリーンヒットを放ったのだ。 「9番指名打者、鳥谷」とアナウンスされた瞬間、場内は万雷の拍手につつまれ、快音を残して鋭いライナー性の打球が飛ぶと、観客はどよめいた。 ただの紅白戦。しかも1打席の出来事ではあるが、昨シーズンの鳥谷の苦悩を感じとったフ [全文を読む]

【プロ野球】《阪神・超変革を振り返る》北條史也が台頭。超変革はショートから始まった! そして来季はどうなる!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月20日16時05分

耐え切れなくなった金本監督が、ついに鳥谷をスタメンから外す決断をしたのが、7月24日の広島戦(マツダスタジアム)だった。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■北條史也が実力で奪い取った 内野の要となるショートの世代交代は難しい。 特に鳥谷はキャプテンとしてチームを牽引する役目を担っていた。ショートから鳥谷を外すことは、チー [全文を読む]

【プロ野球】高山俊、原口文仁、北條史也 ~阪神の将来を担う成長著しい若手3選手~

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日17時05分

鳥谷が本調子でないこともあるが、鳥谷をほかのポジションに押しのける勢いで、ここ最近はスタメン・ショートの座を奪取している。 金本知憲監督から、「今の北條をスタメンから外すことはできない」と言わしめたことからも、将来への期待と信頼の高さがうかがえる。 光星学院高時代は甲子園でホームランを量産し、高校野球ファンを沸かせたスラッガー。プロの投球にも慣れ、長打も [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

横浜出身の甲子園出場者が3人スタメンに名を連ねている。いや、スタメンに横浜以外で甲子園に出場した選手がいないというべきか。 DeNAはもともと開幕戦には出場していない選手にも横浜出身者が多い。今年も地元戦略として横浜のエース・藤平尚真(横浜)を狙っていくのか要注目だ。 ■中日:2人 (中)×大島洋平(享栄) (二)◎荒木雅博(熊本工) (遊)×遠藤一星(駒 [全文を読む]

【プロ野球】連続出場記録が終わっても阪神・鳥谷は再び立ち上がる!

デイリーニュースオンライン / 2016年07月31日18時01分

限界を感じ、自ら当時の真弓明信監督にスタメンから外れることを嘆願したという。 体の限界以上に、メンタル面の限界を感じたからこその決断だったに違いない。 「さらし者にするわけにはいかない」 この言葉の意味するところは、自らの経験に照らし合わせ、メンタル面で滅入っていた鳥谷を思いやってのもの。 迷わず、金本監督は鳥谷を救うためにタオルを投げ入れた。 ■記録より [全文を読む]

【プロ野球】持っている若虎!阪神・北條史也に期待したいことは?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月18日16時06分

■内野の要として鳥谷からポジションを奪ってこそ 6月17日のソフトバンク戦から現在(7/13時点)まで、北條は20試合連続でスタメン起用されている。 マット・ヘイグ、今成亮太、新井良太。開幕前に、三塁のレギュラー争いが予想された3選手は、いまは1軍にいない。 プロは言うまでもなく実力の世界。結果がすべてだ。 北條の大先輩・鳥谷敬は今季、不振に苦しんでいる [全文を読む]

阪神のレジェンド鳥谷、年俸4億円のお荷物化…ミス尽くしで高校生以下でもスタメン外せず

Business Journal / 2016年05月20日07時00分

プロ野球・阪神タイガースの鳥谷敬選手が窮地に陥っている。 鳥谷の現在(5月18日時点/以下同)の成績は、打率.248、本塁打2、打点18。開幕直後には25打席連続ノーヒットで自己ワースト記録を更新し、併殺打8は読売ジャイアンツの村田修一選手と並んでセントラル・リーグのトップである。 これまで、打順は1番や3番が定位置だったが、今季は一時7番に降格するなど、 [全文を読む]

冴え渡った山本監督のWBC采配「カンにしか見えない」の声も

NEWSポストセブン / 2013年03月18日16時00分

続く相川亮二の打席には、スタメンを外れていた阿部慎之助を送って逆転に繋がった。 中国戦で中田翔をスタメンに起用すれば先制打をかっ飛ばす。台湾戦の最終盤では、ほとんど負けていた9回2死から盗塁のサインを出し、井端の同点打を引き出した。 オランダ戦に至っては、それまで5戦ノーヒットだった鳥谷敬を1番打者に指名。先頭打者ホームランを打つと、湿っていた打線がにわか [全文を読む]

【プロ野球】虎の真のチームリーダー・鳥谷敬(阪神)の背中が雄弁に物語ること。一つひとつを積み重ねる誇り。

デイリーニュースオンライン / 2017年06月04日16時05分

試合までの準備もいつものルーティンワークとしてこなし、金本監督にスタメン出場を直訴した。 さすがの金本監督もスタメンまでは認めなかったが、出場は抵抗なく受け入れたようだ。 金本監督も現役時代、岩瀬仁紀(中日)から左腕に死球を受け骨折したことがある。しかし、翌日の試合で先発フルイニング出場。久慈照嘉(現阪神守備走塁コーチ)から借りた軽量のバットを右手一本で振 [全文を読む]

【プロ野球】高山俊の足。左を並べた打順。踏ん張った能見篤史。阪神が「強すぎる広島」を倒した戦略とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月23日16時05分

■強いカープを倒すためには この6回戦では、ルーキーで左打者の糸原健斗を1番でスタメン起用。阪神は1番・糸原から6番・鳥谷敬まで5番の原口を除いて、5人の左打者を並べた。 これは、左打者への被安打率が高い九里対策。そして、中継陣に左投手がいない広島唯一の弱点をついた策でもあった。 この日の九里は左打者のインコースを厳しく攻めていたため、左打者も手をこまね [全文を読む]

【プロ野球】大和と俊介で「守って勝つ」! 華はなくとも腕がある。優勝に欠かせない2人の虎戦士

デイリーニュースオンライン / 2017年04月02日16時05分

今シーズン、スタメンが予想される内外野7人の野手のなかには、守備のスペシャリストと呼べる選手は見当たらない。 一塁は捕手からキャンプ中に急遽コンバートされた原口文仁。二塁はスローイング時に球を引っ掛けるクセを矯正中の上本博紀。三塁は、遊撃では名手も慣れないポジションに戸惑う鳥谷敬。遊撃は打撃・守備ともに発展途上の北條史也。 左翼は打球判断、スローイングと [全文を読む]

【プロ野球】陽川尚将と植田海。2017年にブレイクする阪神の若手野手はこの2人だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月15日16時05分

大会では、2番・遊撃でスタメンに名を連ね、通算打率.300を残したほか、6個の盗塁を決めて盗塁王にも輝いた。 そういう意味では、今春の宜野座キャンプで、もっとも勢いに乗って沖縄入りする選手かもしれない。 守備範囲の広さ、グラブさばき、捕ってから投げるまでの素早い動き、どれをとっても1軍レベル。いや、それ以上のものを持つ植田。そして、最大の武器である走塁は北 [全文を読む]

【プロ野球】《阪神・開幕スタメン予想》来季、阪神・金本知憲監督が目指す野球とは? そして、開幕オーダーは?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月11日16時05分

金本監督の目指す野球を念頭に置き、少し気が早いが開幕スタメンを予想してみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■スタメンはほとんど確定している!? 開幕スタメンとしてはまず、金本監督が唯一公言しているライト・福留とセンター・糸井に当確ランプが灯る。 外野の残された一角・レフトは、ルーキーイヤーに期待通りの活躍を見せた高山 [全文を読む]

プロ野球セ・パ「不良債権男」はコイツらだ!(1)パ最高年俸のオリックス・金子千尋は2年続けて低調な成績で…

アサ芸プラス / 2016年11月14日05時56分

ここまでの鳥谷は打率2割3分5厘、10失策と精彩を欠き、スタメン落ち自体はしかたのないものだった。しかし、それを判断したのが金本知憲監督(48)だったことから、波紋が広がった。 金本監督自身も、連続フルイニング出場記録を更新していた09年当時、似たような状況で試合に出続け、チームに迷惑をかけた過去がある。当然、阪神ファンも忘れていない。「試合後、報道陣から [全文を読む]

金本知憲監督バッシング 先陣を切るのはサンスポか

NEWSポストセブン / 2016年08月06日07時00分

キャプテン・鳥谷敬の5年ぶりのスタメン落ちの際に、金本監督が報道陣に向かって声を荒らげたのにしても、マスコミとのバトルが始まる先駆けにしか思えない」(同デスク) 夏の高校野球が開幕すると、阪神は“死のロード”に突入する。7月20日の甲子園では、対巨人3連敗が濃厚となった9回裏の阪神の攻撃中、5点ビハインドにもかかわらず勝った時に歌うはずの「六甲おろし」の [全文を読む]

フォーカス