小説 神話に関するニュース

小説や映画、ゲームのルーツがわかる! 万物の起源 神話フェア

PR TIMES / 2013年02月21日16時24分

企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

『考える練習』発刊記念インタビュー 小説家・保坂和志が語る「文学とお金、そして革命」

日刊サイゾー / 2013年05月13日13時00分

小説家・保坂和志氏が4月に大和書房から『考える練習』を出版した。「考える」ことをテーマにした本だが、わかりやすい「ノウハウ」を教えるようなものではないという。では、無数の情報が氾濫する現代において「考える」とはどういうことなのか? 保坂氏にじっくりとお話をうかがった。――『考える練習』(大和書房)が発刊されたということで、文学論から人生論までざっくばらんに [全文を読む]

韓国の反日意識を支える「独島神話」

週プレNEWS / 2013年11月27日06時00分

「近年、韓国軍内部では、韓国が日本との戦争に勝利する架空戦記小説が大ブーム。みんなこぞって読んでは、『いつか日本を攻撃してみたい』と言うんだ」(絶対匿名を条件に答えてくれた韓国軍関係者) 論理的には通じない隣人と、日本はどう付き合っていけばいいのか。 (取材/小峯隆生、取材協力/柿谷哲也、世良光弘) ■週刊プレイボーイ49号「韓国の反日意識を支える“独島 [全文を読む]

【書評】『坂の上の雲』の旅順攻略戦は読み飛ばした方がいい理由

まぐまぐニュース! / 2016年12月06日16時32分

しかし、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんは、司馬によるこの作品を「素晴らしい小説」としながらも、「司馬自身が『史実である』と断っているのが大問題」とし、ある1冊の本を紹介しています。 『司馬さんに嫌われた乃木、伊地知両将軍の無念を晴らす』 西村正・著 高木書房 西村正『司馬さんに嫌われた乃木・伊地知両将軍の [全文を読む]

デビュー10年万城目学氏 「今後は深い霧に突っ込むのでは」

NEWSポストセブン / 2016年04月05日11時00分

神話を思わせる不思議な書名は、小説の舞台となる5階建ての雑居ビルの名前だ。主人公同様、万城目さんも、大学を出て勤めた会社を辞め、親類が所有する東京の雑居ビルで小説家をめざして投稿しながら管理人をした時期があるという。 「ほんとは、もう会社を辞めてたんですけど、親類には『東京に転勤になった』と嘘ついて、『そこから通っていいか?』って。引っ越してから、『実は [全文を読む]

なぜトップタレントは高級風俗嬢に堕ちたのか? 新堂冬樹の新連載小説が刺激的すぎる!「ハメを外して徹底的に書きたいですね」

週プレNEWS / 2016年03月14日06時00分

裏社会を描く「ノワール小説」の第一人者、新堂冬樹氏が『週刊プレイボーイ』13号(3月14日発売)にて新連載小説『ASK』をスタート。金、セックス、権力を求めるアウトローたちの実態を描く衝撃作だ。 そこで本人に新作への意欲と今後の見どころを伺った! ―今週号から連載が始まった『ASK』。トップタレントが高級デリヘル嬢になり、しかも値段は60分で数十万円! タ [全文を読む]

この発想マネしたい!イギリスで今年流行中の「クラシックな名前」とは

It Mama / 2014年11月07日08時30分

女の子25位のScarlett(スカーレット)はアメリカの小説『風と共に去りぬ』の女主人公の名前から!日本だと、さすがに『古事記』まで遡ると“イザナギノミコト”などとんでもなく長い名前になってしまいそう! でも『源氏物語』や『夏目漱石』の作品など古代・近代文学からであれば、現代の名前と近い場合もあるので、ヒントを得られるかもしれません。■2:神話の名前が人 [全文を読む]

“100年だけ実在した“王国を舞台に展開するおとぎ話と神話のファンタジー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月27日17時30分

古今東西さまざまな小説、マンガ、アニメがこれを下敷きに世界を紡いできたが、今ここにまた、新しい神話が誕生した。Webコミックアプリ「GANMA!」連載中の「月光譚フォルモーント」(大塚ヨウコ)。このたび『月光戦譚フォルモーント』(徳間書店)と改題されて待望の1巻が発売された。 舞台は1886年のバイエルン王国。突如あらわれた満月が空で煌々と輝き続けて60夜 [全文を読む]

世界史が苦手になりやすい理由って?

マイナビ進学U17 / 2016年08月18日12時01分

私も中学生の時、中国の春秋戦国時代を舞台とした小説を読んでいました。その小説を読んでから中国史に興味を持つようになり、世界史を勉強したいと思うようになりました。――外国の歴史を扱った小説や漫画を読むことが、世界史に興味を持つきっかけにつながると。丸山:そうですね。小説や漫画、映画のような、外国の歴史のイメージが湧きやすいものを手に取ってみるといいと思います [全文を読む]

ファンタジー作品に登場する「武器」の見方が大きく変わる一冊!「萌える! 神聖武器事典」2月29日発売

DreamNews / 2016年02月26日18時00分

神話や伝説を彩った神々の武器・武具を、B5版の大型サイズだからこそできる、迫力の大判イラストと充実のテキストで余さず紹介します!雷神トールの槌ミョルニル、魔の槍ゲイ・ボルグ、双子神アポロンとアルテミスの弓矢……西はヨーロッパからアジア、果ては日本やアメリカ大陸まで、神話や伝承に登場した世界中の神聖なる武具47本+αを、伝説のシーンを再現した美少女イラストを [全文を読む]

KADOKAWA×はてな の強力タッグによる “書ける、読める、伝えられる”場所の創出――新たな小説投稿サイト今冬リリースが決定!!

PR TIMES / 2015年10月07日16時51分

物語を愛する全ての人たちへ贈る――株式会社KADOKAWAと株式会社はてなは、誰でも自由なスタイルで物語を書ける、読める、お気に入りの物語を他の人に伝えられる、新たな「場所」の創出を目指し、新しい小説投稿サイトを共同で開発、今冬にリリースする予定です。 [画像: http://prtimes.jp/i/7006/1804/resize/d7006-1804 [全文を読む]

選りすぐりの優秀作品がここに集結!「フキダシ小説コンテスト」「童話&神話キャラコン」結果発表

PR TIMES / 2015年08月20日12時59分

ストーリーとイラストを組み合わせた新しい読み物のカタチ『STORIE(ストリエ)βテスト版』セガグループでコンシューマ事業を行う株式会社インデックス(本社:東京都品川区 代表取締役社長:濵田 康彦、以下 インデックス)は、誰でも無料で投稿・閲覧できる新しい読み物プロジェクト『STORIE(ストリエ)βテスト版』(URL:http://storie.jp/) [全文を読む]

村上春樹『騎士団長殺し』と映画『この世界の片隅に』[本は自己投資! 第8回]

Forbes JAPAN / 2017年03月31日17時10分

この小説を読み始めてすぐ気がつくのは、「私」が繰り返し「時間」に言及していることだ。「私は時間を味方につけなくてはならない」「いったいいつからものごとが悪い方向へ流れていってしまったのだろう?」「とにかく、どこかで流れが間違った方向に進んでしまったのだ。時間をかける必要がある、と私は思った。ここはひとつ我慢強くならなくてはならない。時間を私の側につけなくて [全文を読む]

参考文献は100冊以上! 「すごい小説」と専門家が絶賛する『エクサスケールの少女』刊行対談 【『ダ・ヴィンチ』番外編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月05日06時30分

これはすごい小説だなと。さかき漣(以下、さかき) ありがとうございます。私は多くの言葉やエピソードをダブルミーニングやトリプルミーニングで使い、作品全体を伏線だらけにしてラストまでもっていく、というのが好きなんです。知識面に関しては、自分がもともと興味があった文化芸術や神話、歴史、鉱石や宇宙については独学で何とかなりましたが、AIやシンギュラリティに関して [全文を読む]

ドイツ「最強」神話の崩壊

ニューズウィーク日本版 / 2016年08月17日16時00分

<難民問題やテロで混沌とするヨーロッパで、唯一政治も経済も安定していたドイツが、極右の台頭に揺さぶられている>(写真は、デュッセルドルフのパレードで登場した、EUと戦争・テロとの板挟みになる難民の姿をモチーフにした山車) 2022年のフランス大統領選をめぐる混乱を描いた、ミシェル・ウエルベックの近未来小説『服従』(邦訳・河出書房新社)。既存の政党への不信感 [全文を読む]

「めちゃロマンチックなタイトルw」山田太郎議員、秘書とのBL小説を“苦渋の決断”で容認にネット民沸く

おたぽる / 2016年07月13日14時00分

すると山田議員が所属している政治団体「日本を元気にする会」を応援する「日本を元気にする会を元気にするアカウント」(非公式/@tAtEJ128)が、「実は前回のコミケで山田太郎参議院議員と秘書の坂井氏のBL小説が発売されました」とツイート。さらに「これは山田議員の許可を得てのものです。山田議員にとっては苦渋の決断でしたが、それでも表現の自由を守りました」と [全文を読む]

世界一有名な?邪神「クトゥルー」をアナタはご存知?公募新人賞『第3回TANPEN AWARD』~「クトゥルー神話コミック」の募集を開始!~

PR TIMES / 2015年10月03日10時28分

[画像1: http://prtimes.jp/i/3670/489/resize/d3670-489-832463-0.jpg ]「クトゥルー神話」とは、アメリカの小説家ハワード・フィリップス・ラブクラフトの小説群を元にした架空の神話体系をいい、「はるか太古に外宇宙のかなたより飛来し、この地球に君臨していた旧支配者と呼ばれるおぞましき存在が現代に蘇る」と [全文を読む]

ついにスマートフォンでも読める!あたらしい読み物のカタチ『ストリエ(STORIE)βテスト版』アップデートのお知らせ~コンテスト&キャンペーンも同時開催~

PR TIMES / 2015年06月11日16時27分

[画像1: http://prtimes.jp/i/11240/13/resize/d11240-13-218662-1.jpg ]『ストリエ』は、マンガでも小説でもない新しい読み物の形式であるストーリーラインUI(特許出願中)を使った、イラストとテキストを組み合わせた作品を投稿できる新しい読み物プラットフォームとして、2015年5月11日よりβサービスを [全文を読む]

働くママこそ要注意!夫婦関係の危機「産後クライシス」を回避するヒント

BizLady / 2015年01月18日21時00分

■金原ひとみさんの小説『マザーズ』続いてご紹介したいのは、金原ひとみさんの小説『マザーズ』の一節。 [全文を読む]

ローマ人も著名人も絶賛の超弩級エンタメ! 高野和明『ジェノサイド』が100万部突破!

PR TIMES / 2014年05月23日16時45分

「このミステリーがすごい! 2012年版」(宝島社)、「週刊文春ミステリーベスト10」国内編1位を獲得した超弩級エンタテインメント小説、高野和明さん『ジェノサイド』は2013年12月に角川文庫より文庫化されました。 2014年4月より、杏さん、室井滋さん、ヤマザキマリさん、鈴木おさむさん、小島秀夫さん、中江有里さん、合計六名の著名人の推薦コメントを掲載した [全文を読む]

フォーカス