シリーズ 戯画に関するニュース

国宝「鳥獣戯画」のイラスト入りの先生スタンプ新発売

DreamNews / 2017年05月08日16時00分

また、当社の鳥獣戯画スタンプシリーズは、すべて所蔵元である栂尾山・髙山寺の公認、認定商品となっており、すべて高山寺の許可を得て作成、販売しています。また売り上げの一部は髙山寺へおさめられ、国宝の保護に役立てられています。日本最古の漫画とも言われ、幅広い人気を誇る鳥獣戯画の、他にはない、オリジナルアイテムとなっています。 今回は人気の絵柄と、先生スタンプと [全文を読む]

国宝「鳥獣戯画」のイラスト入りのシャチハタネーム印新発売

DreamNews / 2017年04月12日09時00分

また、当社の鳥獣戯画スタンプシリーズは、すべて所蔵元である栂尾山・髙山寺の公認、認定商品となっており、すべて高山寺の許可を得て作成、販売しています。また売り上げの一部は髙山寺へおさめられ、国宝の保護に役立てられています。日本最古の漫画とも言われ、幅広い人気を誇る鳥獣戯画の、他にはない、オリジナルアイテムとなっています。 市販のシャチハタは漢字のみですが、 [全文を読む]

株式会社カプコン「戦国BASARA(R)4」のコラボレーションキャンペーンとして京都の老舗米屋が戦国武将ゆかりの地のお米を詰め合わせた「武将米(R)」を2014年2月14日からインターネットで予約受付スタート

PR TIMES / 2014年02月14日17時33分

伊達政宗:宮城県産 ひとめぼれ 石田三成:滋賀県産 こしひかり島左近 :奈良県産 ひのひかり 柴田勝家:愛知県産 あいちのかおり商品は【戦国 BASARA(R)4 武将米シリーズ 価格3,000円(税別)】【完全受注生産戦国 BASARA(R)4 武将米シリーズ(家紋刺繍入り大風呂敷付き限定版) 5,000円(税別)】の2種類です。中身はお米を2合ずつ各武 [全文を読む]

格ゲー世界王者も足を運ぶ「高田馬場ゲーセン・ミカド」の“片手プレイ”格ゲー大会が話題に!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2017年05月11日14時00分

ミカドは格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズや『ギルティギア』シリーズの世界的強豪プレイヤーが多数通っており、近年は国内外のTV番組などでも取り上げられている有名ゲームセンター。 “片手のみ”を用いた大会は、とあるプレイヤーが「遊びながらスマホを見るため」に行っていた遊び方を大会として発展させたものだというが、ほかにも同ゲームセンターでは以前、店頭に [全文を読む]

カレルチャペックに春の紅茶「さくらセイロン」登場

Walkerplus / 2017年02月15日21時15分

さくら紅茶シリーズは、こだわりのおいしさはもちろん、山田詩子が描く鳥獣戯画アートも人気のポイント。今回、手ぬぐい専門店「かまわぬ」とのコラボレーションにより、明治時代から続く染めの技法で仕上げた贅沢な手ぬぐいも仲間入り。さらに、以前より人気の角豆皿にも、新しい桜アートが登場した。 海外の人への手土産にもぴったりの、”和”を楽しむ桜紅茶シリーズ。セットで揃 [全文を読む]

大切なお母様へ。母の日に贈りたい、新ギフトセット発売&送料無料キャンペーンスタート!

PR TIMES / 2017年04月24日10時18分

新しいギフトは、4/13(木)に発売し大好評をいただいている「まめぐい」シリーズが入ったものや、吉祥寺本店の特製ケーキと別注紅茶のセットなど、自信を持っておすすめできるものばかり。送料無料キャンペーンの対象ギフトはこの他に、鳥獣戯画のアートがポイントのさくら紅茶ギフトや、オリジナル缶入りのティーバッグアソートなど、大人気商品をセレクトしました。公式通販サイ [全文を読む]

パスザバトンがパンプスの余り革を使った、“マトリョーシカ”のようながまぐちをデザイン

FASHION HEADLINE / 2016年12月02日17時00分

パスザバトン(PASS THE BATON)のオリジナルデザインシリーズ「LovedLeftovers」に新作となる「GAMAGUCHI(がまぐち)」が登場。12月2日より京都祇園店で先行発売ののち、12月9日には丸の内店、表参道店でも発売される。 洋服や靴やバッグなどが製造されていく中で残ってしまった生地や革を利用して製作されたパスザバトンのオリジナルデ [全文を読む]

重文指定がない河鍋暁斎作品に「すぐ指定すべき」と美術史家

NEWSポストセブン / 2015年08月24日16時00分

「ナマで日本美術を観に行こう」と始まった大人の修学旅行シリーズ。今回は幕末明治に一世を風靡した絵師・河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)。狩野派の伝統技法から、遊び心溢れた戯画など、作風は多彩かつ広範。また、「日本建築の父」建築家ジョサイア・コンドルとの知られざる師弟関係など、その半生は驚きの連続だ。「日本美術応援団長」で明治学院大学教授の山下裕二氏(美術史家 [全文を読む]

【京都ホテルオークラ】伝統の技を 知って・見て・体験! 8月7日(金)文化サロン“美を写す”~「鳥獣戯画」絵はがきプリント体験つき~

PR TIMES / 2015年07月29日16時35分

また今回は、「体験型企画」特別3回シリーズの第一弾として、「鳥獣戯画」の絵はがきプリント体験つき。お客様ご自身で「鳥獣戯画」の絵をプリントしていただき、コロタイプ印刷の技法を疑似体験いただきます。京都の地に伝わる伝統の技に直接触れる貴重な機会は、夏休みを迎えたお子様やご家族にもおすすめです。 ◆イベント概要 [画像1: http://prtimes.jp/ [全文を読む]

猫の保護活動をサポートします。丸井錦糸町店に『ネコリパブリック』が期間限定で登場

PR TIMES / 2016年12月06日17時01分

[画像3: http://prtimes.jp/i/3860/1052/resize/d3860-1052-861890-4.jpg ] 猫・犬・人間、みんな食べられる、愛猫家の夢を叶える猫飯シリーズ。 [画像4: http://prtimes.jp/i/3860/1052/resize/d3860-1052-634863-6.jpg ] 大人気の歌川国 [全文を読む]

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(8)葛飾北斎の逆輸入が日本漫画に

アサ芸プラス / 2016年09月08日05時54分

陸軍猛犬聯隊で活躍する野良犬の黒吉が活躍する「のらくろ」シリーズは、昭和6年から11年も連載が続いた大人気漫画だった。その前、大正末期から昭和にかけては、一世を風靡した「正チャンの冒険」。この作品は朝日新聞社員の織田信恒が原作を書き、朝日新聞専属画工だった樺島勝一が絵を担当。「アサヒグラフ」で連載が始まり、「朝日新聞」に移ってタイトルも何度か変わったが、人 [全文を読む]

尾田栄一郎先生も絶賛! 話題のスーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』がスゴい10の理由

週プレNEWS / 2015年11月14日06時00分

スーパー歌舞伎シリーズは、そんな初心者でも楽しめるよう、セリフはすべて現代語。会話のスピードも現代劇と同じテンポで展開されるので「セリフがわかりにくい」「ストーリーが頭に入ってこない」といった心配は皆無! さらに、物語は『ONE PIECE』の中でも最も有名なエピソード・頂上戦争編。ファンならばおなじみのエピソードであるだけに、ストーリーも自然と頭の中に入 [全文を読む]

『和樂』編集長が的中させた2014年の大ブーム「○○文化」とは!?

Woman Insight / 2014年12月23日21時30分

WI 今年の『和樂』の企画で、これは特にヒットした、と感じたものはありますか? 橋本 何よりヒットしたのは「茶碗」「日本画」「仏像」の3テーマで別冊付録としてつけた、「原寸50図鑑シリーズ」ですね。 WI これはどのようなものですか? 橋本 各ジャンルの50の名品・名作を同じ縮尺で紹介するものです。茶碗と日本画は原寸で、仏像は10分の1スケールで掲載しま [全文を読む]

依頼殺到中の画家・山口晃氏 対象見ないで描けるは本当か?

NEWSポストセブン / 2013年10月25日16時00分

『親鸞』はシリーズも3作目ですし、一度資料を見て描いたのを覚えているだけのことです。いきなり『ムベンベ』(アフリカに生息しているといわれる幻獣)を描け、と言われても描けません」 展覧会場の片隅でインタビューを始めようとすると、当代きっての人気画家は取材陣のためにどこからかベンチを運んできた。あくまで謙虚で飄々とした受け答えに、なぜかたじろいでしまう。 絵が [全文を読む]

フォーカス