制作 戯画に関するニュース

国宝「鳥獣戯画」のイラスト入りの先生スタンプ新発売

DreamNews / 2017年05月08日16時00分

甲乙巻が平安時代後期の成立、丙丁巻は鎌倉時代の制作と考えらいて、鳥羽僧正覚猷(かくゆう、1053~1140)の筆と伝まりますが、他にも絵仏師定智、義清阿闍梨などの名前もあがっています。 いずれも確証はなく、作者未詳。天台僧の「をこ絵」(即興的な戯画)の伝統に連なるものであろうと考えられています。 ■かわいいスタンプと手作りグッズのお店「すたんぷえん」につ [全文を読む]

国宝「鳥獣戯画」のイラスト入りのシャチハタネーム印新発売

DreamNews / 2017年04月12日09時00分

甲乙巻が平安時代後期の成立、丙丁巻は鎌倉時代の制作と考えらいて、鳥羽僧正覚猷(かくゆう、1053~1140)の筆と伝まりますが、他にも絵仏師定智、義清阿闍梨などの名前もあがっています。 いずれも確証はなく、作者未詳。天台僧の「をこ絵」(即興的な戯画)の伝統に連なるものであろうと考えられています。■かわいいスタンプと手作りグッズのお店「すたんぷえん」につい [全文を読む]

ジブリ最新作は映画ではなくCM!鈴木プロデューサーから今後の新作情報も

TABIZINE / 2016年03月15日18時00分

丸紅新電力の新料金プラン発表会で明かされた、ジブリ最新作映像となるCMの制作秘話から、気になるジブリの今後の新作情報までご紹介します! ジブリと電力料金プランがコラボ? 今回紹介された電力料金プランは、価格メリットの出やすいスタンダードのプランS、そしてプランG。 プランGの「G」はジブリの「G」。丸紅新電力とジブリのタイアッププランとなり、電気料金の一部 [全文を読む]

Eテレで大人気『びじゅチューン!』のグッズフェアが開催!

ガジェット通信 / 2017年01月12日09時00分

イラストレーターsakumaruさんが制作したどこかシュールで可愛らしいうさぎのキャラクターです。ロフト限定うさまるグッズも販売中。ゆる~い雰囲気が魅力のうさまるにぜひ癒されてください。 ・うさまる うさこ(S)ぬいぐるみ 1620円 ・うさまる うさこ(M)ぬいぐるみ 2160円 ・等身大ぬいぐるみ 6480円 ・特大ぬいぐるみ 86400円 ・きらきら [全文を読む]

描いたのは誰? 登場する動物たちにも意味はある? 謎多き国宝、鳥獣戯画の楽しみ方

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月03日11時00分

その為、他にも宮廷絵師説・絵仏師説・複数の制作者説など諸説があり、鳥獣戯画の作者に関しては未だ論議が続けられています。 ただ、寺院(京都の高山寺)に所蔵されていた事から、作者は絵仏師だとする説が有力視されているようです。が、甲・乙巻と丙巻、丁巻の作者が違うということは(成立の年代から見て)明らかである上に、甲巻に至っても(前半と後半で微妙に作風が異なるため [全文を読む]

信長はホトトギス、秀吉はサル、もちろん家康はタヌキ……戦国をおもしろく遊ぶ個性派アニメ『戦国鳥獣戯画』インタビュー!

おたぽる / 2016年10月21日13時30分

オリジナルアニメとあって、今後の展開や、そもそもどんな経緯を経てTVアニメ放送にまで至ったのか、気になるところを、制作を務める株式会社ILCAの広瀬基樹プロデューサーに聞いてみた!■海外展開も視野に、なじみがある画風に皆大好き戦国を―― オリジナルTVアニメなので、まだ放送を見ていない読者のためにも、まずは『戦国鳥獣戯画』がどんな作品なのか、説明からお願い [全文を読む]

リメイクに動物化、あの小説まで…10月アニメが熱い!

しらべぇ / 2016年10月03日08時30分

もちろん制作はタツノコプロ。「やっておしまい!」が聞けるのかと思うと、ワクワクしてこないだろうか。(2)本物のプロレスラーも参戦!画像は「タイガーマスクW」公式サイトのスクリーンショット伝説のプロレスアニメ、「タイガーマスク」もリメイクだ。東映アニメーション創立60周年記念作品として制作。新日本プロレスが全面協力し、同団体所属の実在のプロレスラーも実名で登 [全文を読む]

東電より年1万円も電気料金安いプランも!なぜ、あのジブリが異例のCM制作?

Business Journal / 2016年04月02日06時00分

丸紅は2月29日にスタンダードプランをすでに発表しているが、スタジオジブリとタイアップして、丸紅および丸紅新電力のイメージに合致するコマーシャルの制作を依頼したことをきっかけに、消費者の選択意識が鮮明に出る料金プランを新たに設けた。 従来発表していた内容は、電力消費量の多い顧客に価格メリットが出やすい「スタンダードプラン」(プランS)だったのに対し、新た [全文を読む]

ジブリが「鳥獣戯画」を使ったアニメ制作、800年前の作品なら著作権の問題はない?

弁護士ドットコムニュース / 2016年03月30日11時01分

鳥獣戯画の場合、正確な公表年月日も不明だと思われますが、制作されてから800年以上が経過していますので、著作権の保護期間が満了していることは間違いありません」唐津弁護士はこのように述べる。保護期間が満了しているということは、その著作物を自由に利用することができるのだろうか。「原則として自由に利用することができますが、まったく無制限に使えるというわけではあり [全文を読む]

「鳥獣戯画」がジブリアニメで動き出す!話題のCM動画が凄い

アサジョ / 2016年03月25日09時58分

「鳥獣戯画」はかねてよりプロデューサー・鈴木敏夫氏のほか、宮崎駿氏、高畑勲氏らが「いつの日か動かしてみたい」と惚れ込んでいたモチーフだそうで、今回のCM制作オファーをきっかけについに実現できたとか。鳥獣戯画の特徴である擬人化されたウサギとカエルがリアルに動く30秒の映像は見応え充分です。 ストーリーは、ジブリならではのちょっと意味深でハートウォーミングな内 [全文を読む]

ドラマ宣伝で実形式の”行方不明児童ポスター”を使用し物議

Wow!Korea / 2014年03月05日15時00分

最後の行には、ドラマ広報用に制作されたものであり、実際の事件ではない旨を伝えた注意書きはあるものの、「ただ通り過ぎるのではなく、もう一度しっかりと見てください。私たちのセッビョルを必ず見つけ出してください。RTお願いいたします」という説明文が加えられている。(RTとは、リツイート。イメージと文書を転送ツイートすることで、拡散させる意味)このツイートを見たネ [全文を読む]

依頼殺到中の画家・山口晃氏 対象見ないで描けるは本当か?

NEWSポストセブン / 2013年10月25日16時00分

成田国際空港旅客ターミナルや東京メトロ西早稲田駅のパブリックアート、三越百貨店百年記念の絵画制作、公共広告機構の「江戸しぐさ」のポスターなどなど。昨年十一月にはなんと、宇治の平等院に襖絵十四面を奉納した。 「初めに依頼をいただいたときは手にあまると言いますか、ぼくでいいんでしょうかと。まあ気にしすぎると筆が縮こまりますので、お叱りを受けるのを覚悟で、割と好 [全文を読む]

【書評】ピカソやミロも集めていた大津絵の強烈な自由さ

NEWSポストセブン / 2016年09月09日07時00分

大津絵の散逸・消滅を惜しんで代表的な画題を木版と型紙で制作し、わかりやすい解題をつけた。それがそっくり収めてある。天下の超希覯本を丸ごといただいたわけで、こんなお得な買い物はない。 「雷と奴」は人気のあったテーマの一つだった。大名行列の供先をつとめて威勢のいい奴だが、ここでは雷が怖ろしくて盥(たらい)をひっかぶってふるえている。お殿さまの威をかりて虚勢を張 [全文を読む]

内村光良も思わず男泣き! 自身初監督&主演映画の主題歌に桑田佳祐が新曲提供

Entame Plex / 2016年07月27日16時22分

そんな今作を制作する中で内村は、主題歌には中学生時代にテレビで見た「勝手にシンドバッド」で衝撃を受けて以来大ファンだという桑田佳祐しかいないと本人に作品のDVDと直筆の手紙を送付。両者は「夢で逢えたら」の初代オープニング曲をサザンオールターズが手掛けたときに初めて会い、その後も「ウンナンのホントコ」内の「未来日記Ⅲ・3人のクリスマス」にてサザンの「TSUN [全文を読む]

桑田佳祐最新曲が内村光良監督作品主題歌に ラブコール届く

dwango.jp news / 2016年07月27日11時32分

本作の制作を進める中で、内村監督が「この映画の主題歌は桑田さんしかいない」という熱い思いを作品のDVDに直筆の手紙を添えて送ったところ、DVDを観てから1週間後、桑田からの返事が書き下ろし楽曲『君への手紙』として届いた。 曲を聴いた内村監督は男泣き。桑田からの「最後は不覚にも泣けました。その根底には、御家族や共演者を見守る、とても温かく誠実なウッチャンの [全文を読む]

桑田佳祐、新曲が内村光良監督・主演作『金メダル男』主題歌に!

okmusic UP's / 2016年07月27日10時00分

本作の制作を進める中で、内村監督が「この映画の主題歌は桑田さんしかいない」という熱い思いを作品のDVDに直筆の手紙を添えて送ったところ、DVDを観てから1週間後、桑田からの返事が書き下ろし楽曲「君への手紙」として届いた。 曲を聴いた内村は男泣き。「最後は不覚にも泣けました。その根底には、御家族や共演者を見守る、とても温かく誠実なウッチャンの目線が感じられ、 [全文を読む]

幕末の鬼才絵師・歌川国芳とその系脈の浮世絵を一挙に紹介する『国芳イズム』【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年03月10日20時00分

■『国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション』 本書は、4月10日まで練馬区立美術館にて開催中の「国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション」の展覧会図録を兼ねて制作され、出展作品の全点を掲載する。悳のコレクションは、国芳の浮世絵のみならずその門人や小林永濯、尾形月耕、山本昇雲など国芳の系統とは違う絵師た [全文を読む]

朝日新聞社の「withnews」、月間3200万PV突破

PR TIMES / 2016年01月14日15時36分

■2015年12月の人気記事 ※シェア数はFacebookのみ大学生協に手描き「鳥獣戯画」登場 「完成度が高すぎる…」と話題(2万シェア)http://withnews.jp/article/f0151208000qq000000000000000W02j0401qq000012817Aまるで写真!自閉症の画家が描いた表紙が話題に 作者の父に思い聞く(1. [全文を読む]

フォーカス