妊娠 生野陽子に関するニュース

夏目三久、有吉弘行との熱愛に祝福の声が殺到も両者否定で、「ゴム事件が蒸し返されただけ!」の声

おたぽる / 2016年08月26日09時00分

お笑い芸人の有吉弘行と、フリーアナウンサー・夏目三久が真剣交際していること、さらに、夏目が現在妊娠中であることが23日に報じられたのだが、共演していた『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)では「お似合い」との声が多く聞かれ、これまでに何度も熱愛疑惑が報じられてきた2人なだけに、双方のファンからも反対の声はなく、祝福ムードに包まれているようだ。 有吉とい [全文を読む]

人気既婚女子アナの「妊活ライフ」を徹底比較!(1)フジ・生野陽子アナが子作りに消極的な理由とは?

アサ芸プラス / 2016年08月06日17時57分

「もしも妊娠したら、せっかくつかんだ夕方の帯番組を降板せざるをえなくなる。もう二度とこんな大役は回ってこない‥‥。そんな思いもあって、なかなか子作りに踏み切れないようです」(前出・番組関係者) フジの1期先輩には、すでに1児の母になった秋元優里アナ(32)がいる。夫は同局の生田竜聖アナ(28)で、生野アナと同じく職場結婚だった。「秋元アナが結婚を発表したの [全文を読む]

“玉の輿婚”大江麻理子、“地味婚”生野陽子……女子アナ界、プロ野球離れのナゼ?

日刊サイゾー / 2014年10月27日19時00分

大きな番組を担当している人気アナにとって、妊娠や出産などによる長期休養が想定される結婚は諸刃の剣。実際、結婚を機に退職する例はかなり多く、いろいろな事情から局に残り続けることは難しいのがうかがえる。しかし、番組で結婚報告を演出されたショーパンや、仕事に役立ちそうな相手をゲットした大江アナのように、結婚という転機をうまく乗り越えていく傑物も存在する。ファン [全文を読む]

夏目三久とのスキャンダルの代償は大きかった? 有吉弘行の“イジリ芸”がつまらなくなったワケ

日刊サイゾー / 2017年07月26日19時00分

昨年8月に端を発した「有吉弘行&夏目三久の熱愛・妊娠報道」以降、他の女性タレントとの恋愛にリアリティを感じられなくなってしまったのだ。 双方が否定したものの、「夏目が所属する大手事務所の圧力で揉み消されたが、2人が交際していたのは事実」というのが、世の大半の見方だろう。これまで芸能人の醜聞に関して何かにつけて毒舌を発揮していたにもかかわらず、この件について [全文を読む]

大異変!美女アナ「秋晴れ」知らずの“汗・涙”劇場!(1)加藤綾子は「朝の顔」に復活?

アサ芸プラス / 2016年10月29日17時57分

現在、メインを務めている夏目三久(32)に、有吉弘行との妊娠騒動が持ち上がった夏頃から口説かれ、ようやく引き受けることを決意したんです。カトパンは1年で再び朝の顔に復活することになります」(TBS局員) アナ界「鉄の掟」とも言われる「局アナはフリー転身後、1年間は他局に出てはならない」慣習こそ守っているものの、「めざまし」の裏番組とは“古巣フジ潰し”と受け [全文を読む]

フジ・加藤綾子アナ あの”退社騒動”で明るみになった内外争奪戦と婚活「フジの番組同士で取り合いも…」

アサ芸プラス / 2015年10月31日17時57分

局内では妊娠して退社が既定路線。加藤アナに後釜を任せれば番組は安泰です」 そこに「待った」をかけて争奪戦に参戦したのは、安藤優子(56)が司会を務める昼の情報番組「直撃LIVE グッディ!」だった。「視聴率1%台に沈み、大惨敗。救世主として加藤アナは喉から手が出るほど欲しい存在です。バラエティで見せる天然ぶりを生かしたコーナー企画まで提案しています」(制作 [全文を読む]

加藤綾子アナと枡田絵理奈アナ 仲良しトークの話題とは?

アサ芸プラス / 2014年11月05日09時59分

中には妊娠説や、『週刊文春』で『嫌いなアナ』1位になったショックが原因という話もありました。1位の理由は『頑張ってる姿が見えない』などですが、文句を言わず『局アナで一番忙しい』と言われている彼女には、少し気の毒な感じもします。最近、他局同期で仲の良いTBSの枡田絵理奈アナとよく相談し合っているそうで、『話題はフリー転身話では?』と噂されていますね」。(週刊 [全文を読む]

ショーパン、報道デビュー! 緊迫していたのは現場よりスタジオだった!?

アサ芸プラス / 2014年10月03日09時59分

挙式・披露宴は未定で、妊娠しておらず、結婚後も仕事を続けるという。 「その3日後には、移籍先の『FNNスーパーニュース』でデビュー、それもいきなり御嶽山の噴火取材で現場レポートするというものでした。あのショーパンが報道キャスターデビューということでなかなかの話題でした」(テレビ誌記者) その記念すべきデビュー、スタジオには、生野の参戦で内心穏やかではない“ [全文を読む]

フォーカス