生涯 上杉謙信に関するニュース

【独占インタビュー】東村アキコの新境地…待望の新作は3/6創刊の『ヒバナ』にて連載決定!

Woman Insight / 2015年02月27日17時45分

女性として生きていた謙信の生涯を、女性ならではの視点で描いてみたいと思いましたね。 WI 現代の女性が読んでもパワーをもらえる作品になりそうですね。 東 「謙信みたいにパワフルな女性が現代にいたら」って思いますけど、実は今の時代ってそういう女性、増えてますよね。そろそろ女の総理大臣が出てきてもおかしくないと思うし。「ウーマンパワー、見せつけてやろうよ」って [全文を読む]

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

女性でありながら、男性名を名乗り、生涯独身を貫いて治世をおこなったという「おんな城主」として知られた井伊直虎。大河ドラマが放映された後、どのくらい人気が上がるのか期待したいところです。【好きな戦国武将ランキング調査 調査概要】 調査方法:インターネットリサーチ 調査対象者:全国15歳以上男女(モニタス 「モニターズ」モニター)※中学生は除外 有効回答数:1 [全文を読む]

“美少年好き”な戦国武将たち 上杉謙信、武田信玄、織田信長らも、“男好き”だった?

Business Journal / 2015年06月09日23時00分

考えてみれば生涯、側室はもちろん正室ももたなかった謙信である。血を分けた子などいるわけがない。通説によれば、謙信は潔癖なまでに女性を近づけなかったとされているが、その理由は今もって定かではない。そのため、中には「謙信自身が女であったために女性を近づけなかった」という極端な説まであるくらいである。 また、軍神毘沙門天に憧れ、それを自らの旗印にまで掲げた謙信 [全文を読む]

「最強の戦国武将」は結局、誰だったのか? 「武勇、知略、動員力…」総合力は、この武将だ

東洋経済オンライン / 2017年06月01日10時00分

■「戦場で絶対に出会いたくない」武将たち【勇猛果敢さで最強】上杉謙信(1530―1578 越後国春日山城)上杉謙信は、生涯で70回の合戦に臨み、そのうち敗れたのはたったの2回のみと言われています。その恐れを知らぬ勇猛さは、敵味方双方を驚嘆させます。 [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

山楽:(京狩野の祖)徳川家に命を狙われ波乱の生涯を送るも、京都で探幽の画風を忠実に継承する。 それでは、1人ずつそれぞれが生きた時代を見ていきましょう! 「元信」の時代 狩野派の祖は狩野正信ですが、2代目元信のころに狩野派の基盤が固まっていったと言われています。 元信は1467年に応仁の乱が勃発する少し前頃に室町幕府の御用絵師として8代将軍・足利義政に仕え [全文を読む]

~英雄たちが、人生を託し救済を求めた信仰の謎を解き明かす~ 『戦国武将と念持仏』

PR TIMES / 2015年10月02日13時00分

死と隣り合わせの生涯を生きた戦国武将たち。 天下統一の夢を描いた彼らは皆、“念持仏”にすがり 超人的な力を得ようとした。 武将たちのが命運を託した“念持仏”とは一体なにか? その謎に迫る一冊。 [画像: http://prtimes.jp/i/7006/1797/resize/d7006-1797-803864-1.jpg ] 本書は、武将の念持仏との出 [全文を読む]

【おんな城主直虎】「故人」は白黒に 公式サイトの人物相関図に大きな変化

しらべぇ / 2017年03月12日10時00分

それがなければ、次郎法師は龍潭寺の尼僧としての生涯を全うしていただろう。桶狭間の戦い以降、関東甲信越と東海地方のミリタリーバランスは一挙に崩れた。北条、武田、今川が同盟と裏切りを繰り返しながらもそれなりの安定を保ってきたが、今川義元の死で制御装置が失われる。上杉謙信との闘争に一段落つけた武田信玄が、今川の本拠地である駿河に目をつけたのだ。その上、今川の家臣 [全文を読む]

「謙信は女性」「信玄は病人」説 両家当主はどう見る?

NEWSポストセブン / 2016年07月20日07時00分

──謙信は「不犯」を掲げ、生涯女性と交わらなかったという伝承があり、信玄は性豪とも言われる。その血は受け継いでいる? 上杉:そういうことは考えたこともありませんね。 武田:性豪といっても戦国武将がたくさんの側室を持つのは血を残すため。何も、快楽ばかりが目的だったわけではないでしょう。でも、私の場合は「もう一度、そういう時代に戻りたい」と言っておきましょう [全文を読む]

【新刊】ノンフィクション作家・門田 隆将氏 初のビジネス書『リーダーの本義』

@Press / 2016年06月17日11時00分

著書に『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)、『狼の牙を折れ―史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(小学館)、『甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか?本村洋の3300日』(新潮文庫)、『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫、第19回山本七平賞受 [全文を読む]

11/5は「いい男の日」!土方、幸村…歴史上のモテ男から学ぶ『いい男』とは【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年11月05日12時55分

≪モテエピソード≫「生涯を通じて3,733人の女性と交わった」という逸話の持ち主。貴族の女性だけでなく、町娘から91歳の女性まで相手にしたと言われています。彼のエピソードとして有名なのが、藤原氏が天皇に嫁がせるため、文字通り「箱入り娘」として育てていた高子をものにしたこと。他にも、女性の中で最も高貴な人物とされた伊勢神宮の斎王(天皇の代わりに伊勢神宮に仕え [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

「戦国自衛隊」「野生の証明」…名優・夏八木勲の軌跡

NewsCafe / 2013年05月26日12時00分

名優がまたひとり、生涯の幕を閉じた。個性派バイプレーヤーとして300本以上の作品に出演した夏八木勲、享年73歳。すい臓癌を患いながらも、周囲には病気を隠して仕事を全うしたという。夏八木は、一昨年に鬼籍に入った原田芳雄、昨年6月に世を去った地井武男とは俳優座養成所の同期という間柄。また先月14日には、大御所・三國連太郎が逝去したばかりである。各種メディアは" [全文を読む]

フォーカス