ケース 箪笥に関するニュース

マーク・ニューソン手掛けるアートとしての日本刀が誕生

FASHION HEADLINE / 2014年03月13日10時00分

aikuchiは、鞘(さや)のグラフィックパターン、鐔の加工法、紐、収納ケース、ディスプレイにいたるまで刀身以外のすべての刀装具デザインを職人の意見を取り入れながら制作された。刀身は、WOW の代表である高橋の生家であり、1700年代から続く刀匠「法華家」が手掛け、収納ケースは東北伝統の箪笥「岩屋堂箪笥」、刀装具のデザインは東北伝統の漆塗り「秀衡塗」の職 [全文を読む]

最小0.0005gの部品と格闘する国内最高峰腕時計の製作現場

NEWSポストセブン / 2016年12月17日07時00分

GSの中で最も大きいモデルでも、ケースなどを除いたムーブメント部分の径は3cm弱、厚さは6.5mm。その小さな空間に実に二百数十の部品が集積されている。 工房の熟練職人がそれらの部品の組立、調整、針やケースなど外装の取り付け、バンド付けなどの工程を分担する。なかでも最も重要なのがヒゲゼンマイの調整だ。ヒゲゼンマイとは、腕時計の中で往復回転運動をするテンプ [全文を読む]

ソーシャルプロダクツ・アワード2017大賞および特別賞が決定!【国内部門】大賞は「越前打刃物」、【国際部門】大賞は「フェアトレード・チョコレート」が受賞

@Press / 2017年03月03日10時00分

包丁の柄とケースに和食の板場をイメージした白木を使用、柄を握った時に木のぬくもりを感じることができるデザインとなっている。木の部分の加工には越前箪笥の職人が参加するなど、越前周辺の伝統産業を守る熟練した職人と、斬新なデザインの融合でこれまでにない新しいものが生まれた。地域全体の伝統産業の発展と後継者育成につながるビジネスの好循環を作り出している。【国際部門 [全文を読む]

【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

HANJO HANJO / 2016年11月02日09時24分

世界的なデザイナーが日本の木製家具をリスペクトし、デザインしたいと申し出て来るケースがあるなど、プロからも高い評価を受けている。これについては、日本製は“高品質で安心”という、家具にとっては最も優れた特質を備えていることが大きな要因になっているようだ。■需要堅調なアジア、インテリ層に一定のニーズ では、海外マーケットを国やエリア別に見ると、今後発展の可能性 [全文を読む]

“日本いいもの再発見”をテーマに、日本の伝統文化や職人の技から生まれた商品をご紹介するカタログ『Zekoo(ゼクウ)』の、ライトアップショッピングクラブ45周年記念限定特別企画。

PR TIMES / 2016年02月08日10時27分

ライトアップショッピングクラブ「マスミ鞄嚢」植村賢仁の豆アタッシェケース「マスミ鞄嚢」は日本の鞄産業の一大産地・兵庫県豊岡市で大正5年に創業した老舗。革製の本格アタッシェケースからアルミのトランクまで幅広いデザインの鞄を作り続け、昭和39年には東京オリンピックの聖火ケースの製作を依頼され、昭和59年には当時の皇太子様(現天皇陛下)へ御外遊用船箪笥をお作りし [全文を読む]

フォーカス