海猿 踊る大捜査線に関するニュース

映画界は今年も"大人の事情"ばかり......東宝&フジが『踊る4』『海猿4』投入へ

日刊サイゾー / 2012年01月05日08時00分

映画配給会社の東宝が、今年公開の映画に『踊る大捜査線』の4作目『踊る大捜査線 THE FINAL(仮)』と『海猿』4作目となる『BRAVE HEARTS 海猿』を投入する。「どちらも前作が2010年公開され、興行収入70~80億と大ヒットを飛ばしましたが、『踊る』は前々作(03年)の170億には届かず、東宝としてはかなり不満があった。その理由というのが、最 [全文を読む]

『踊る4』大コケ続きのSMAP香取慎吾がゲスト出演も織田と柳葉の不仲は継続中......

日刊サイゾー / 2012年04月13日08時00分

※画像は『踊る大捜査線4』公式サイトより【関連記事】・正式発表された『踊る大捜査線4』 公開直前に2時間ドラマの"隠し玉"も!?・映画界は今年も"大人の事情"ばかり......東宝&フジが『踊る4』『海猿4』投入へ・いよいよ動き出した映画『踊る大捜査線4』"雪乃さん"水野美紀はやっぱり出演不可能か・SMAPの壁は高かった! 惨敗ジャニタレ・ドラマの憂鬱・織 [全文を読む]

木村拓哉主演『PRICELESS』映画化決定? 『踊る』『海猿』を失ったフジの焦り

サイゾーウーマン / 2012年11月20日13時00分

フジテレビはドラマで好評だった作品を映画化してヒット作を作る流れを得意としており、これまで『踊る大捜査線』『のだめカンタービレ』『HERO』『ガリレオ』『SP』『海猿』『LIAR GAME』など多くの作品を製作し、いずれも大ヒットにつなげている。11月17日には、草なぎ剛主演で「ヤクザなのに介護ヘルパー」という対極の設定がウケた、『任侠ヘルパー』の映画版 [全文を読む]

フジテレビのドンが院政批判に答える #1

文春オンライン / 2017年07月22日11時00分

海猿』だとか『踊る大捜査線』の時代と今は違う。シニア時代の流れがありますから。 うちも前は決してドラマが強かったわけではなく、TBSが圧倒的でした。そのときは日テレがバラエティに強く、うちはまずそのバラエティで視聴率トップをとって、そこからドラマがどんどん当たるようになった。テレビ局は雰囲気産業ですから、1足す1が2ではなく、5にも10にもなる一方、ゼロ [全文を読む]

フジテレビがネット投資を加速「新・亀山モデル」つくれるか

NEWSポストセブン / 2013年01月25日07時00分

近年は『海猿』や『テルマエ・ロマエ』の映画を手掛けて、1本70~80億円と記録的な興行収入を上げたヒットメーカーだ。 そんな局にとって貴重な“稼ぎ頭”が、なぜ畑違いの新規事業を託されたのか。「『海猿』は原作者とケンカして終わり、『踊る~』は現場の軋轢によってファイナルを迎え、シリーズ映画で亀山氏の活躍する土壌がどんどん狭まってきている。そこで“世界の亀山モ [全文を読む]

正式発表された『踊る大捜査線4』 公開直前に2時間ドラマの"隠し玉"も!?

日刊サイゾー / 2012年01月07日08時00分

※画像はフジテレビ『踊る大捜査線』公式サイトより【関連記事】・映画界は今年も"大人の事情"ばかり......東宝&フジが『踊る4』『海猿4』投入へ・いよいよ動き出した映画『踊る大捜査線4』"雪乃さん"水野美紀はやっぱり出演不可能か・織田裕二が『踊る大捜査線』続編出演に乗り気なワケ [全文を読む]

フジテレビ日枝久氏が明かした社長人事の内幕

文春オンライン / 2017年06月11日07時00分

海猿』だとか『踊る大捜査線』の時代と今は違う。シニア時代の流れがありますから」 悪いのは視聴率だけではない。社の業績も振るわなかった。 「気が付くと今年は5期連続の減収減益、このままでは死んでしまう」 そう考えた日枝氏は、亀山氏を呼んで引導を渡したという。 「彼はやっぱり苦しかったんでしょうね。『結果責任はあるから、今回は外れてもらうよ』と言い渡すと、『 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松岡修造が“熱すぎて”次が思い浮かばず 『寒さを吹き飛ばすくらいアツイ有名人TOP10』

TechinsightJapan / 2017年01月20日19時00分

「熱い俳優」をイメージして『踊る大捜査線』の「織田裕二」、『ROOKIES』の「佐藤隆太」「市原隼人」、『テルマエ・ロマエ』の「阿部寛」、『海猿』の「伊藤英明」、『スクール ウォーズ』の「山下真司」などを予想するも当たらない。 他に「薄着のイメージがあるタレント」として「なかやまきんに君」「庄司智春(品川庄司)」、「スギちゃん」などを予想、さらに「暑苦し [全文を読む]

大切なのは信頼?愛情?感謝?リスペクト?日本ドラマのお似合い夫婦たち!

日本タレント名鑑 / 2016年05月31日11時55分

2002年にドラマ化され、複数回映画化された『海猿』の環菜も、夫を支え、夫の帰りを信じて待つ素晴らしい奥さまです。大輔の夢や救助に対する気持ちに触れ、自分の夢を取り戻しただけでなく、「人の命を預かる」という重い任務を背負った大輔を支えよう、待とう、信じようという強い気持ち。大輔にとって、もっとも心を強くしてくれる存在が彼女です。常に危険と隣り合わせな夫と [全文を読む]

絶不調のキムタク『安堂ロイド』異例制作陣の裏に、SMAP担当マネの“ゴリ押し”があった!?

日刊サイゾー / 2013年11月10日09時00分

完全に丸投げというわけではないですが、実質は『ROBOT』さんがやってますよ」(同) 「ROBOT」といえば、映画版の『踊る大捜査線』シリーズや、『海猿』シリーズなどを手掛けているヒットメーカーだが、ドラマに関わることはほとんどない。それがなぜ、今回は制作に加わる形になったのか。 「要は、飯島女史のゴリ押しですよ。先日、TBSとWOWOWさんが共同制作して [全文を読む]

「ここまでヒットするとは……」視聴率30%超えの『半沢直樹』長期シリーズ化へTBSが大慌て!

日刊サイゾー / 2013年09月13日09時00分

あまり強引に進めて、フジの『海猿』のように原作者と揉めるわけにはいかないですし……」(同) ただ、今回のドラマヒットで原作本が累計200万部を突破する恩恵は受けており、両者の話し合い次第でシリーズ化の可能性は残されている。 それでも問題はまだある。主演の堺のスケジュールと本人の意向が、あまり色よいものではないというのだ。 「堺さんは、さまざまな役をこなせる [全文を読む]

フジHD株主総会大荒れ…テレビ視聴率3位転落や業績低迷に、経営責任を問う声相次ぐ

Business Journal / 2013年06月27日19時00分

近年は映画事業部門に移り、『踊る大捜査線THE MOVIE』や『海猿』などテレビドラマの劇場映画版を次々にヒットさせ、昨年6月、常務に就任していた。●低迷する視聴率と業績 フジHDは、2013年3月期決算で企業の実力を示す経常利益が前年同期比9.8%減となり、最終的な儲けである当期純利益も48.8%もの大幅な減益となった。日本テレビHDやテレビ朝日が増益と [全文を読む]

『アイアンシェフ』の大コケ・打ち切りで、フジテレビ次期社長戦線に激震が!?「大多亮か亀山千広か──」

日刊サイゾー / 2013年02月14日09時00分

「それだけじゃなくて、ドラマから映画化してヒットさせたり、『海猿』シリーズや『テルマエ・ロマエ』などもヒットさせてますし、社に対する貢献度だけなら亀山さんのほうが上じゃないでしょうか」(前出・フジテレビ関係者) それを象徴するかのように、フジテレビの持ち株会社であるフジ・メディア・ホールディングスがベンチャーキャピタル事業会社として設立した「フジ・スター [全文を読む]

【フジテレビ】国内放送局唯一の自社運営コミュニケーションサービス 「イマつぶ」会員登録者数100万人を突破

PR TIMES / 2013年01月11日12時25分

「イマつぶ」は、サービス提供開始より、『笑っていいとも』『めちゃ×2イケてるッ!』『FNSの日/27時間テレビ』や『爆生レッドカーペット』『踊る大捜査線』『海猿』などの連動企画を通じ、視聴者にコミュニティを提供することで、放送局と視聴者との新たな“つながり”を築いてきました。本サービスは、番組の出演者やスタッフも参加するなど、放送局の自主運営ならではのサ [全文を読む]

踊る、テルマエ、ルンバ、LINEまで ヒットの法則を総ざらい

NEWSポストセブン / 2012年12月27日07時00分

* * * 消費の数字だけで見れば、今年ヒットしたコンテンツは、映画なら『海猿』『踊る大捜査線』『エヴァンゲリオン』、テレビドラマなら『相棒』などシリーズものが受けました。また、音楽でいえば嵐だったりAKBだったり……。 これらは、既に評価の定まった作品ばかり。消費不況が身に沁み、懐具合が寂しい中で、「安心・安全」なものを選ぶ消費者心理が働いていると思い [全文を読む]

WOWOW×TBSダブルコラボレーション 「ダブルフェイス 偽装警察編」

PR TIMES / 2012年08月23日09時29分

海猿』シリーズで圧倒的スケールの映像を描いた羽住英一郎が監督。『フラガール』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した羽原大介が脚本。『踊る大捜査線』シリーズ、『SP』シリーズ(野望篇、革命篇)などの菅野祐悟が音楽。最高のキャスト・スタッフで、前代未聞の豪華エンターテインメント作品が誕生する。<ストーリー(「偽装警察編」)>高山亮介(香川照之)は、若い頃に [全文を読む]

フォーカス