ヘリコプター 航空自衛隊に関するニュース

日本の“海軍力”はアジア最強 海外メディアが評価する海自の実力とは

NewSphere / 2017年06月01日11時30分

その象徴の一つが「事実上の空母」との呼び声が高い、ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」だ。5月中旬から戦後最大規模の外洋遠征中 で、26、27日には中国の進出が著しい南シナ海で「航行の自由作戦」を実施した米海軍ミサイル駆逐艦「デューイ」と共同訓練を行った。3月には、この「いずも」と同型の「かが」が就役。これで一回り小さいヘリコプター搭載型護衛艦「ひゅうが」「 [全文を読む]

【緊迫シナリオ】朝鮮半島有事、そのとき自衛隊は邦人3万人を救出できるか #1

文春オンライン / 2017年10月16日07時00分

そして自衛隊随一の空中機動力を誇る第12旅団のヘリコプター部隊だ。 海上自衛隊(海自)からは、大型護衛艦「ひゅうが型」2隻と輸送艦「おおすみ型」4隻。航空自衛隊(空自)からは、2機の政府専用機に加え、C-130とC1の輸送機が投入された。 翌午後6時。安全保障会議が開催。自衛隊の能力をもって在韓邦人の輸送を実施することが可能と結論された。また、在日アメリカ [全文を読む]

【画像】同時開催された横須賀サマーフェスタ&フレンドシップデーに始発で行ってきた!(前)

ガジェット通信 / 2016年08月17日16時00分

) ■ヘリコプター地上展示 ■特別機動船等体験乗船 ■横須賀音楽隊演奏 ■マリン教室(手旗・結索(ロープワーク)等) ■出店(飲食コーナー、お土産コーナー) そして8時15分頃になると、事前情報よりもかなり早い開場となった。コミケ同様、開幕ダッシュを仕掛ける人も居たが、屈強な自衛官に制止されていた。 というのも、今回のサマーフェスタでは最新鋭の護衛艦『いず [全文を読む]

山登り前に知っておきたい! 登山では、上空のヘリコプターを見つけても手を振っちゃダメ?

マイナビ進学U17 / 2016年04月18日12時02分

遭難したのでなければ、ヘリコプターに手を振らないこと。これは遭難者との区別がつかなくなってしまうため、救助隊の活動に影響を与えてしまうからです。ヘリコプターが上空を通ると、思わず見上げて、手を振ってしまいそうになりますが、通常の山登りを楽しんでいるときは、うかつに手を振らないようにしましょう。■登山者の安全を確保する、「山岳救助隊員」の仕事登山者の安全を確 [全文を読む]

フジワラ産業 空港や消防署などの新たな防災対策に「津波避難用昇降機」を開発

@Press / 2013年08月23日16時00分

津波から「人の命」を救うことを最重点課題として、津波避難タワーを始め緊急避難のための各種施設を開発・販売している環境・防災設備機器メーカーのフジワラ産業株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:藤原 充弘、以下「当社」)は、このたび高価な飛行機やヘリコプターなどの航空機および消防車・救急車やブルドーザー・油圧ショベルなどの特殊車両(以下「車両・航空機」) [全文を読む]

空自ヘリ不明:夜間の洋上で救助の捜索訓練中 機体消える

毎日新聞 / 2017年10月17日21時46分

浜松基地南31キロの太平洋上 機長ら乗員4人 17日午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)の南約31キロの太平洋上で、同基地所属のUH60J救難ヘリコプターが訓練中にレーダーから消え、連絡が取れなくなった。空自が救難捜索機などで周辺を捜したところ、ヘリの部品のようなものが洋上で見つかった。空自はヘリが墜落した可能性があるとみて、機長の花房明寛3等空 [全文を読む]

空自の救難ヘリ墜落か…4人搭乗、通信途絶える

読売新聞 / 2017年10月17日19時50分

17日午後5時55分頃、航空自衛隊浜松基地(静岡県)所属の救難ヘリコプター「UH60J」の通信が、同基地南約30キロの太平洋上で途絶えた。 防衛省によると、当時同機は訓練中で、隊員4人が乗っていた。同省で、墜落した可能性もあるとみて捜索している。 [全文を読む]

空自ヘリ:4人乗り、墜落か 海上に部品浮かぶ 浜松沖

毎日新聞 / 2017年10月17日19時47分

17日午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)の南約31キロの太平洋上で、同基地所属のUH60J救難ヘリコプター(乗員4人)が訓練中にレーダーから消えた。空自の救難機などが周辺海域を捜索したところ、洋上に航空機の部品のようなものが浮いているのが確認された。ヘリは夜間の救難訓練をしていたといい、空自が乗っていた隊員の捜索を続けている。【前谷宏】 [全文を読む]

4人乗り空自ヘリ墜落か=海上で機体の一部発見―静岡・浜松

時事通信 / 2017年10月17日19時41分

17日午後6時ごろ、浜松市から約30キロ南の沖合で、航空自衛隊浜松基地所属のUH60Jヘリコプターがレーダーから消えた。海上では部品らしき物が発見され、墜落した可能性がある。 防衛省によると、ヘリは当時、夜間の救難訓練を行っており、乗員4人が乗っていた。自衛隊のヘリが捜索に当たっている。 [時事通信社] [全文を読む]

警戒せよ! 日本がタイに高性能レーダーを輸出しようとしている!=中国報道

サーチナ / 2017年09月13日14時12分

日本はすでに武器輸出を解禁しており、フィリピン軍にヘリコプター部品や中古航空機を無償で引き渡す計画であるほか、東南アジアの複数の国が哨戒機「P-3C」の調達を希望していることを指摘。 「日本は徐々にこれらの国が依存を強めるよう動いている」と伝え、そしてこれは間接的に日本の軍国主義の拡大につながっていくと主張し、中国は日本の動きに高度に警戒しなければならない [全文を読む]

米空母2隻と護衛艦「ひゅうが」参加の共同訓練、日本が「脇役から主役に」と警戒―中国メディア

Record China / 2017年06月11日06時20分

外観は空母と同じで広い甲板を備え、ヘリコプターを最大11機搭載できる。同型艦の「いずも」「かが」「いせ」と同様に国際的には「準空母」とされる。 今回の共同訓練について、中国網は「日本の護衛艦『ひゅうが』が日米共同訓練に参加、改憲の加速が狙いか」との記事を掲載。「日米両国の空母3隻が出動して共同訓練を行うのはこれが初めて。この情報は特段変わった点のない情報に [全文を読む]

中国空母に日本の戦闘機が緊急発進、専門家が解読―中国メディア

Record China / 2016年12月28日19時00分

25日午後、艦載ヘリコプターが「『遼寧』と共に航行するフリゲートから」発艦し、宮古島領空約10キロに接近し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対処した。人民網が伝えた。 「遼寧」艦隊の遠洋訓練を日本が追跡・監視する問題について、軍事専門家の尹卓氏は「日本はここ数年、特に安倍政権以降、一貫して中国を戦略的ライバルと見なし、中国海軍の発展を注視し [全文を読む]

中国の空母「遼寧号」が宮古海峡を通過、「遼寧号は他国を超えるスピードで戦闘力形成」―中国専門家

Record China / 2016年12月26日12時30分

さらにこの中のフリゲート艦から飛び立った哨戒ヘリコプターが宮古島領空まで約10キロの地点を飛行、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したことも明らかになった。同紙はこの問題に関する複数の日本メディアの報道内容を伝えており、「広域実戦能力の引き上げ」や「トランプ次期米大統領をけん制する狙い」を指摘する声が上がったことを紹介、その上で中国海軍軍事学術研 [全文を読む]

過去最大規模!国際航空宇宙展が東京ビッグサイトで開催

Walkerplus / 2016年10月13日16時46分

屋外展示場では、ロッキード・マーティン社の最新ステルス戦闘機「F-35」モックアップや救難ヘリコプター、救難消防車などが展示される予定だ。ちなみに、「F-35」モックアップは、コックピットへの“搭乗体験”も予定している。 また、航空自衛隊のアクロバット飛行「ブルーインパルス」のミニバイク版「ブルーインパルスJr」も屋上展示場に登場。「ブルーインパルス」の所 [全文を読む]

リニア新幹線、「絶対にペイしない」(JR東海社長)のに税金3兆円投入を安倍首相が決断…異例優遇の事情

Business Journal / 2016年07月29日06時00分

サミット議長を務め終えた安倍晋三首相は、海上自衛隊のヘリコプター、航空自衛隊のC1輸送機、陸上自衛隊のヘリを乗り継いで広島市の平和記念館に到着。そこで米国のバラク・オバマ大統領を出迎えた。オバマ大統領は原爆資料館を視察し、原爆慰霊碑に献花。核廃絶に向けた演説を行い、坪井直広島県原爆被害者団体協議会理事長らと短い対話をした。ちなみに、原爆ドームは対岸から眺め [全文を読む]

北朝鮮に自衛隊の特殊部隊を送り込むことは可能か?専門家が分析

まぐまぐニュース! / 2015年11月08日18時50分

北朝鮮では対空火力の脅威が大きいので、Aチームがヘリコプターで移動できるのは、北朝鮮へ潜入する際の1回に限られる。 朝鮮人民軍には通信を傍受する能力があるので、Aチームは上級部隊の指揮を受けることができず、独立して行動しなければならない。 隠れ場所のない禿山が多いので、移動は夜間の徒歩に限られる。そのうえ道路が少ないので、政府側は1カ所の検問所で広い地域 [全文を読む]

在日米軍が謎の救助中止...御巣鷹から30年、新聞・テレビが報道しなかった日航機墜落事故のタブー!

リテラ / 2015年08月15日08時21分

実際に、米海兵隊が厚木基地からヘリコプターで救難に向かい、8時50分には現場についていた。 ところが、突如、帰還命令が出され、救助活動は中止になったのだ。しかも、日本側はなぜか墜落地点を把握できず、防衛庁が4回にもわたって全く別の墜落地点を発表するなど、混乱状態に。結局、日本の救助隊が墜落地点に到着したのは16時間後だった。 アントヌッチ中尉はそのまま在日 [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 日本航空写真家協会2014写真展「SKY MOMENTS」 期間:2014年12月11日(木)~12月17日(水)

PR TIMES / 2014年12月08日10時37分

ひと口に『航空』と言っても、航空機は固定翼機とヘリコプター、また民間機と軍用機に大別されるほか、スカイスポーツには曲技飛行をはじめ、グライダー、気球、スカイダイビングなど多種多様なカテゴリーがあり、会員はそれぞれの得意分野で活動しています。 当協会は1985年に設立され、現在会員数は12人。定期的にグループ展を開催しており、今回で18回を数えます。 さて [全文を読む]

占領された島を奪還せよ! 日本版海兵隊・陸自西普連の訓練に密着して見えたフルシナリオ

週プレNEWS / 2014年11月23日06時00分

【上画像】ゴムボートによる水路潜入、ヘリコプターを利用した離島間の移動(ヘリボーン)など、離島防衛に特化した特殊能力を持つ隊員たち【下画像】隊員たちのパッチは、荒波とパドルを表現した「水路潜入徽章」、下のダイヤモンドマークは「レンジャー徽章」。ともに厳しい訓練を経て与えられる STEP1 上陸・潜入・偵察 【001】ゴムボートで潜入部隊が島へ 先に泳いで [全文を読む]

陸・海・空自衛隊、“最難関”の離島奪回訓練実施 日本の防衛力の進化を、元米海兵隊員が指摘

NewSphere / 2014年05月23日18時15分

陸海空の3自衛隊は10日から27日にかけて合同訓練を行っており、海上自衛隊の艦船4隻、航空自衛隊の戦闘機やヘリコプターなど11機、陸上自衛隊の離島防衛部隊など、合わせて1300人が参加している。 【中国に占領された後の尖閣奪還を想定か】 訓練のシナリオは、他国によって日本の離島が占領された後、それを奪還するための上陸作戦となっている。尖閣諸島周辺で、領海 [全文を読む]

フォーカス