大学 秋元康に関するニュース

第24回「女子アナの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年10月06日18時03分

高島アナは小学校から大学まで16年間を吉祥寺の成蹊学園に通った。高校時代は同校の強豪ラグビー部のマネージャーを務める一方、かなりのやんちゃぶりも発揮し、度々雑誌に登場するなどスーパー女子高生としても知られていた。いわゆるリア充だった。 これは僕の持論だけど、一般に女子アナになるような人たちは、高校までは比較的優等生で、大学でハジける人が多いように思う。化 [全文を読む]

欅坂46のナチス軍服コスプレは秋元康の心象風景だったのか?

ニコニコニュース / 2016年11月28日12時00分

大学の頃やそれ以前もモテなくて、何かの残像というか思い残しみたいなものをのっけてアイドルに男の理想を躍らせては、いろいろな戦いをしてきてさ。 しかもその頑張ったぶんをフジテレビに全部持っていかれたと思ったら、今度は「全部自分でやるぜ」みたいな、チェキっ娘外したら「今度は秋葉原だ!」みたいなところがさ。やすす一代記っていうか、これはなかなかすごい人だなと。乙 [全文を読む]

自分の話がつまらないと感じている人必見! 秋元康も絶賛した“話し方”のテクニック本

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月03日15時00分

獨協大学在学中、フジテレビバラエティプランナー大賞入賞をきっかけに放送作家として活動する。同大学を卒業後、秋元康氏に師事。「うたばん」「アッコにおまかせ! 」「週刊AKB」などのテレビ番組の企画・構成を手掛ける。テレビ番組制作以外にも、企業PR、コンテンツ制作、コンサルティング業のほか、動画番組、イベントの司会など、幅広い分野で活躍中。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】秋元康が堤幸彦監督の還暦祝い「34年来の盟友です」

TechinsightJapan / 2015年11月15日13時55分

堤幸彦さんが大学を中退して放送業界に入った当初は、アシスタントディレクター(AD)をしていたが仕事ができずによく怒られたという。そんな苦労を経て、1985年に日本テレビ『コラーッ!とんねるず』のディレクターを務める。その番組の構成作家にやはり駆け出し時代の秋元康がいた。 1986年には2人で会社『SOLD OUT』を立ち上げる。堤さんは後に同社を離れ『株 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】秋元真夏「乃木坂を離れる気はない」。欅坂46との対談には前向き「アイドル論語ります」

TechinsightJapan / 2015年08月26日11時40分

秋元真夏は2011年8月21日、乃木坂46第1期生オーディションに合格して暫定選抜メンバー16名に入ったが、その年の9月22日には大学受験へ向けて学業に専念したいとの理由で活動休止を発表している。翌年の春、大学に合格すると復帰に向けてレッスンをはじめ、10月8日に4thシングル『制服のマネキン』の選抜メンバーとして発表され活動を再開した。 ほかのメンバー [全文を読む]

完全に天狗? 秋元康が「もうやりたいことがない」と放言した後に語った「将来の夢」が神レベル

tocana / 2015年08月18日09時00分

秋元は大学入学後、アルバイトとして放送作家の活動をスタートさせた。『ザ・ベストテン』(TBS系)、『夕やけニャンニャン』『とんねるずのみなさんのおかげです』(どちらもフジテレビ系)などヒット番組を手がける一方、作詞家としても活躍。美空ひばり「川の流れのように」、小泉今日子「なんてったってアイドル」、おニャン子クラブ「セーラー服を脱がせないで」などを担当し [全文を読む]

Salyu「話したいあなたと」第一回:オカモトレイジ(OKAMOTO’S)

NeoL / 2015年01月20日18時00分

でも、やりたいことを見つけられないやつはとことんダメになる」 ——中高から大学生みたいな生活を送るような感じなんですかね。 レイジ「そう、ホントに大学みたいでしたね。自由だけど、自由をはき違えるとロクなやつにならないっていう。俺が父親に言われて印象的だったのは、『勉強しないでバンドやるんだったら、勉強するやつが東大に行くレベルでがんばらないとダメだよ』って [全文を読む]

森川美穂 アイドルデビューから29年…大学准教授への意外な転身

WEB女性自身 / 2014年11月06日19時00分

あれから29年……彼女は現在、大阪芸術大学演奏学科准教授としてヴォーカル実技を指導しているという。「’07年に非常勤講師で始めて、今年で8年目になります。教えるということは難しいですね。今の学生はいわゆる“ゆとり世代”ですから。彼らのダメなところを頭ごなしに否定せず、なぜできないのか、どうしたらいいのかを考えてもらうようにしています」音楽番組「ザ・トップテ [全文を読む]

相葉雅紀『貴族探偵』大惨敗で嵐メンバーに”ドラマ撤退説”が浮上

デイリーニュースオンライン / 2017年06月05日12時07分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

乃木坂46・秋元真夏、白ビキニ姿に「コラじゃないよね?」 フロント入りも決定で「真夏の時代、きた?」

おたぽる / 2017年02月07日09時00分

しかし、乃木坂46への未練が断ち切れなかった秋元は、大学進学後、乃木坂46の番組収録やライブ公演に同行。そして、12年、『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京系)の収録中に、サプライズ復帰することが発表され、それ以降は毎回、選抜入りを果たすなど、人気メンバーとして活躍し続けている。ちなみに、姓は同じだが、総合プロデューサーの秋元康とは全く血縁関係はない。 「秋 [全文を読む]

ジョブズやディズニー…仕事でくじける前に思い出したい「社長の言葉」

BizLady / 2016年11月30日18時00分

愚かであれ」 これは、Apple創始者であるスティーヴ・ジョブズ氏が、スタンフォード大学の卒業式に招かれ、卒業生たちに贈った言葉です。起業して成功した話や、失業した話、生と死についてなどの話をした最後を、こう締めくくりました。 ジョブズ氏が好きだった雑誌の、最終号に掲載された写真の下に書いてあった言葉だそうです。常に自分もそうでありたいと、言葉を添えました [全文を読む]

トラブル続きのSNH48、今度は「4000年に1人の美少女」に整形疑惑で大炎上!

日刊サイゾー / 2016年09月16日19時00分

それ以前には、SNHから派生したBEJのメンバーで、「4万年に1人の美少女」と呼ばれた蘇杉杉(スー・シャンシャン)が、公式プロフィールでは2002年生まれの14歳とされていたのに、実際には1997年生まれで、大学を1年休学してから名前を変えてデビューしており、本当は19歳の大学2年生であることが暴露されている。 独立したはいいがトラブル噴出で、これからS [全文を読む]

ディーン・フジオカ、突然のブレイクの陰に秋元康の暗躍…最強タッグの壮大な計画

Business Journal / 2016年03月02日07時00分

しかし、米シアトル大学卒で、その後もアジア諸国を旅して、日本語はもちろん英語、インドネシア語、中国語など5カ国語を操る国際派である。インドネシア人の妻を持ち、双子の一男一女の父親。 そんな彼が突如、日本でブレイクを果たした裏には、意外にもおニャン子クラブやAKB48など多くの人気アイドルグループを生み出した名プロデューサー、秋元康氏の存在があるという。 フ [全文を読む]

【SMAP解散騒動】懸念されるメリー喜多川の暴走…三代目、EXILEが標的に!?

デイリーニュースオンライン / 2016年01月21日08時00分

大学卒業後、大手新聞社に入社。社会部記者として警視庁や司法関連を担当する。震災を契機に独立し、現在はフリージャーナリストとして週刊誌などで活躍中 [全文を読む]

「タモリ本」の真打ちで明かされた、知られざる“空白の7年間”。その生き方こそ、今後の日本社会の参考になる

週プレNEWS / 2015年10月20日06時00分

「中洲産業大学教授」や「インチキ外国語」など70、80年代にタモリがやっていた芸も見ることができました。 一方で、近年の『いいとも!』では進行を中居正広や鶴瓶に任せていたように、この番組でもママ役の宮沢りえに番組を回させつつ、鉄道企画などの趣味的なコーナーもやっていた。昔のタモリと今のタモリを交ぜたような番組だったと思います。 個人的には、タモリと文化人の [全文を読む]

秋元康が語るTVの未来と“刺さる”コンテンツの極意

Smartザテレビジョン / 2015年04月10日09時00分

秋元は大学在学中から放送作家として活動を始め、「オールナイトフジ」('83-'91年、フジ系)「夕やけニャンニャン」('85-'87年、フジ系)の構成を担当して高視聴率を獲得する一方、作詞家としても数々のヒットを飛ばしてきた。'05年からは“AKB48”を立ち上げ、劇場、インターネット、そしてテレビとメディアを駆使して国民的アイドルに育て上げるなど、常に [全文を読む]

お酒を飲んだらこうなります…美女アナ16人の酔っぱらい度を徹底比較(1)NHK鈴木アナは酒量が凄い

アサ芸プラス / 2015年02月19日09時55分

大学(明大)時代から合コンで鍛えられて、とにかく酒が強かった。新人時代は朝の生放送が終わったあと、昼間からビールジョッキで豪快に飲んでいました」 だが、昨年離婚をしてからは、おとなしくなってしまったという。 「結婚前は毎日飲んでいたのに、今は子供もいるので、週1日。誰からも飲みに誘われず、1人飲みが多いそうです」(日テレ局員) 女子アナ界の頂点に君臨し [全文を読む]

AKB48総支配人の脱法ハーブ吸引&不倫疑惑にファン騒然、グループへの影響は?

メンズサイゾー / 2013年11月20日17時25分

その数日後には、マンモス大学の理系研究員だという別の女性と同じホテルへ。同誌によると、女性とホテルに入る前にも脱法ハーブを吸引していたとのことだが、ハーブは性感を高める作用があるものも存在し、セックスの前に使いたがる者は多い。まさか、AKBの総支配人がメンバーと同世代の女の子と「不倫キメセク」をしているのだろうか。しかも、このホテルは戸賀崎氏の自宅から数百 [全文を読む]

『もしドラ』の岩崎 夏海氏と山下 淳一郎ダブル講演!なぜ今ドラッカーが求められるのか 「一生に一度は学びたいドラッカー」セミナー開催

@Press / 2012年11月21日17時00分

東京芸術大学建築科卒。大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』、『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。現在は、作家として株式会社吉田正樹事務所に所属。2009年12月、初めての作品となる『もし高校野球の女子マネージャーがドラッ [全文を読む]

話題の“社会現象アニメ”『魔法少女まどか☆マギカ』とAKB48の共通点とは?

週プレNEWS / 2012年10月19日17時00分

この2000年代最高のアニメの魅力を、現役大学講師を務める学者芸人・サンキュータツオ氏に語ってもらった。 *** 普段アニメを観ない人は、このかわいい絵を見て「ただの萌えアニメでしょ」っていう先入観を持つかもしれません。でも、そう思った時点で、すでに演出の意図にだまされているんです(笑)。このかわいいキャラたちが展開する意外なほど重いストーリーに触れたとき [全文を読む]

フォーカス